十兵衛 さん プロフィール

  •  
十兵衛さん: FXの毎日配信
ハンドル名十兵衛 さん
ブログタイトルFXの毎日配信
ブログURLhttp://jube3.blog.fc2.com/
サイト紹介文今日使える売り買いの価格を毎日更新中!
自由文仕事、生活、その合間にできるトレードでどれだけのことができるのかを暴露!
稼ぎも上場??
ん〜ぼちぼちっす^^;
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2009/12/15 23:33

十兵衛 さんのブログ記事

  • トレンドは継続せず、大きく負け越し。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、−870.79ドル(約9万7000円の損失)今週は週を通して方向感の弱いマーケット展開となりました。鈍い地合いでの新規サインでは、サイン発生後の一時的な傾きが確認され、大きな損失の発生はありませんでした。しかし、先週サインによる利益拡大を狙った応用判断での運用が立て続けに損切、週間トータルは大きく負け越す結果となりました。詳しい結果はこちらをご覧 [続きを読む]
  • 2017年6月23日(金)  朝採れDay’s Report
  • レンジ横ばいの展開、引き続き様子見。昨日に引き続き、弱いマーケット展開に運用は様子見。いずれの通貨も新規サイン待ちとなっています。本日はフランスのGDPに注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《※こちらのレポートの内容はマーケット分析の参考であり、トレードを推奨するものではございません。【ランキングに参加していま [続きを読む]
  • 2017年6月22日(木)  朝採れDay’s Report
  • 鈍い地合いに新規サイン待ち。マーケットは鈍い横ばいの展開に、多くの通貨が新規サイン待ちです。サインの有効性が維持されているポンドドルも強い反発局面を迎え、レンジの見立てを強めています。カナダ円は新規売りしサインの発生にポジション保有がされていますが、反発幅の広がりに運用リスク量が懸念され、運用はロット調整が用いられています。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓ [続きを読む]
  • 2017年6月21日(水)  朝採れDay’s Report
  • 方向感の弱いマーケット展開。昨日、上昇トレンドの継続が期待された円相場は早い方向転換を見せ、現在は方向感の弱いマーケット展開にあります。ユーロドルとポンドドルは売りサイン・売り前兆サインが確認されているものの、運用には弱気の見方。異常値後の値動きや、抵抗線での反発が警戒されています。本日は日本の金融政策決定会合議事録と黒田総裁の発言、イギリス中央銀行金融政策委員ハーデン氏の発言に注目です。詳しくは [続きを読む]
  • 2017年6月20日(火)  朝採れDay’s Report
  • 円相場上昇傾向強め、一斉買い。週明け、円相場は上昇傾向を強め、先週の金曜日に見せた強い反発幅を回復。ユーロ円とドル円、カナダ円は上昇トレンドの再開が確認されており、一斉に買いポジションを保有しております。未だ再上昇の動きに至らないポンド円でも、反発幅の回復の動きにより再上昇を示唆、買いポジションの予約がされています。いずれも日足にてレンジ相場が確認されており、早い反発の動きには警戒。また、複数同時 [続きを読む]
  • 6月19日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年6月19日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週、上昇の動きを見せた円相場は金曜日の強い反発を経て、週明けは再上昇が期待されています。しかし、目先運用は資金管理の観点から弱気見方、リスク量が懸念されロット調整または見送りが求められます。今週は大型指標も少なく、テクニカルに素直な値動きが予想されます。要 [続きを読む]
  • 抵抗線判断が結果に影響。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+484.39ドル(約5万3000円の利益)今週は円相場でのトレンドが利益に繋がり週間トータルはプラスとなりました。しかし、日足抵抗線を基準とした決済判断の後、継続するトレンドを追えたかどうかが収益に大きく差をつけています。今週は運用スタイルの違いが利益額に強く影響し、無裁量ルールではその判断が結果的にデメリットに働きかけたと言えます。しかし、利 [続きを読む]
  • 2017年6月16日(金)  朝採れDay’s Report
  • 円相場現状、買い弱気の見方。円相場は新規買いサインの発生が確認されています。しかし、日足の動向から買い強気になれないため、時間足での明確なトレンド発生を見るまでは、慎重なポジション管理で取り組みたい。本日は日本の金融政策発表に注目です。また、週を跨ぐポジション保有とならぬよう注意しましょう。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウ [続きを読む]
  • 6月12日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。【2017年6月12日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  6月に入り方向感を落ち着かせる動きに、日足サインへの信頼性も低下、運用意欲は後退しております。各通貨、ポジション保有に対する不安要素を持ち合わせるトレード環境に [続きを読む]
  • 週初の予想、大幅にハズレ利益減。
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+334.21ドル(約3万9000円の利益)今週は週初の予想とは異なるマーケットの展開に運用は難航。週間トータルはプラス収支となりましたが、その背景は決して順調とは言えませんでした。特に、カナダ円は想定リスクの高まる地合いにリスク回避の判断が用いられ [続きを読む]
  • 2017年6月9日(金)  朝採れDay’s Report
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。 ポンド相場、目先売りは慎重な見方。ポンド相場は早朝、広く窓を開けており、目先は窓埋めの動きを警戒。鈍いマーケット展開が予想されることから、売り運用は慎重な見方がされています。本日はカナダ円の失業率に注目です。 また、本日の運用は週を跨ぐポジション保有とならぬよう注意しましょう。詳しくは下記のダウンロ [続きを読む]
  • 2017年6月8日(木)  朝採れDay’s Report
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。 円相場は下げ止まりを示唆。円相場は下降トレンドに対する強い反発が確認されています。内、ポンド円は先行してレンジ相場突入、その他通貨もレンジ移行への見方を強めていることから、下げ止まりが示唆されています。本日は日本のGDPとユーロの公定歩合発表に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s [続きを読む]
  • 2017年6月7日(水)  朝採れDay’s Report
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。 円相場、下落継続に期待。円相場は下降トレンドが発生、目先はトレンド継続が期待されています。しかし、いずれの通貨も日足抵抗線でのリアクションには注目、抵抗を意識したポジション管理で取り組みたい。現在、日足ミドル付近を推移しているポンド円は、不安定な地合いが警戒されるため、目先運用見送り。本日はユーロのG [続きを読む]
  • 2017年6月6日(火)  朝採れDay’s Report
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。 レンジの展開、運用は慎重な見方。週明けの地合いは方向感の弱いマーケット展開。サイン発生後の強い反発が確認されていることからレンジ相場を想定、運用は慎重な見方がされています。先週に引き続き、レンジ相場の継続を警戒した判断で発生リスクを抑えたい。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確 [続きを読む]
  • 6月5日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。【2017年6月5日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週は方向感の弱いマーケット展開にマイナス収支となりましたが、直近、日足の方向性と合致する新規サインにトレンドの発生が期待されています。先週の稼ぎにくい鈍い動きが [続きを読む]
  • ポンドドル、レンジ100%回避。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、−319.16ドル(約3万6000円の損失)今週は週を通してレンジの展開に利益チャンスには恵まれず、負けトレードの目立つ運用にて週間トータルはマイナスとなりました。順張りでは勝つに難しい一週間となりましたが、週明けのエントリー通貨及び価格の選別、リスク量を制限した資金管理、また、ポンドドルではレンジの往復を100%回避することに成功するなど、損失 [続きを読む]
  • 2017年6月2日(金)  朝採れDay’s Report
  • ※6月13日から15日はお休みとなります。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。 レンジ相場移行・継続に警戒。直近、複数の通貨にてサインの発生が確認されていますが運用には慎重な見方。レンジ相場への移行や継続の動きに警戒した運用判断で取り組みたい。本日はアメリカの失業率に注目です。また、週を跨ぐポジション保有とならぬよう決済までの見通しを立てた運用にしましょう。詳しくは下記のダウン [続きを読む]
  • 2017年6月1日(木)  朝採れDay’s Report
  • リスクの高まりを懸念、運用はロット調整。直近、トレンドや新規サインの発生が確認されておりますが、反発幅の広がりによる運用リスクの高まりが懸念されており、ユーロドルを除く通貨での運用はロット調整がされています。本日はイタリアのGDPとアメリカのADP非農業部門雇用者数増減・ISM製造業景況指数に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダ [続きを読む]
  • 2017年5月31日(水)  朝採れDay’s Report
  • 円相場、下落の進行に期待。ポンド円とドル円はサインの有効性が維持された状態での安値更新により下落再開の判断、更なる進行が期待されています。カナダ円は未だレンジ相場ですが、日足サインとの合致から下降トレンドの発生に期待されています。本日はイタリア・ドイツ・ユーロの失業率とカナダのGDPに注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウ [続きを読む]
  • 2017年5月30日(火)  朝採れDay’s Report
  • ユーロ売りは慎重な見方。直近、強く下落するユーロ相場ですが、いずれも日足サインに対し逆向きであるため、運用は慎重な見方がされています。ポジション保有に至っているユーロ円は応用2及びリミット設定の適用、ユードルは応用4の適用にて様子見がされ、目先運用は売値確定待ちです。本日は日本の失業率とフランスのGDPに注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポート [続きを読む]
  • 5月29日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年5月29日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週金曜日の値動きを経て、直近の地合いでは複数通貨でサインの有効性が維持されています。しかし、新規エントリーには慎重な見方、日足の方向感や応用3・4の観点に注目しましょう。また、ドル円とカナダ円は日足ミドルラインの接近による不安定な地合いが警戒されています。 [続きを読む]
  • レンジ回避判断で利益額縮小。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+1492.05ドル(約16万6000円の利益)今週はカナダの上昇とポンドドル・ポンド円・ユーロ円の下降トレンドを捉えたポジションが利益に繋がり、週間トータルはプラス収支となりました。しかし、先週の強いトレンドを経て、今週はその高まったボラティリティの調整を警戒、レンジ相場での運用回避行動が取られ、出遅れエントリーや見送り、早い決済により利益額が [続きを読む]
  • 2017年5月26日(金)  朝採れDay’s Report
  • ユーロ円運用長期化。ユーロ円は火曜日発生の買いサインにてポジション保有中。日足の方向感より上昇トレンドの発生が期待されましたが、方向感の定まらないマーケット展開に運用は長期化しています。現在、時間足ミドルの接近が確認されており、手動決済を視野に入れたポジション管理で対応したい。本日はアメリカのGDPに注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこ [続きを読む]
  • 2017年5月25日(木)  朝採れDay’s Report
  • レンジの展開、トレンド発生待ち。依然、レンジの展開。方向感の弱い地合いとなっています。サインの有効性が維持されているドル円とポンドドルはトレードに対し多数の不安材料を持ち合わせており運用は見送り。サインによる運用の実施はトレンド発生待ちとなります。本日はイギリスのGDPに注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《※ [続きを読む]
  • 2017年5月24日(水)  朝採れDay’s Report
  • 目先運用は慎重な見方。直近、新規サインの発生が確認されておりますが、日足抵抗線や方向感及び応用4の観点により、目先新規ポジション保有には慎重な見方がされています。明確なトレンドの発生を確認してから判断を出したい。本日はカナダの公定歩合発表とアメリカのFOMCに注目です。FOMCは早朝の発表であるため、寝る前のポジション管理は高い意識をもって取り組みたい。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report [続きを読む]