十兵衛 さん プロフィール

  •  
十兵衛さん: FXの毎日配信
ハンドル名十兵衛 さん
ブログタイトルFXの毎日配信
ブログURLhttp://jube3.blog.fc2.com/
サイト紹介文今日使える売り買いの価格を毎日更新中!
自由文仕事、生活、その合間にできるトレードでどれだけのことができるのかを暴露!
稼ぎも上場??
ん〜ぼちぼちっす^^;
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2009/12/15 23:33

十兵衛 さんのブログ記事

  • 2017年3月23日(木)  朝採れDay’s Report
  • サインと運用へは慎重な見方。現在、全対象通貨でサインの有効性が維持されています。しかし、運用へは慎重な見方、方向感の弱いユーロドルとポンドドルはトレンド待ち、ポンド円は日足サポートの抵抗が懸念され、目先運用は見送りが有効。その他円相場では再下落が期待される一方、カナダ円では下落に対する反発が加速するなど、ドル円とユーロ円を含め下げ止まりへの警戒感も持って取り組みたい。詳しくは下記のダウンロードから [続きを読む]
  • 2017年3月22日(水)  朝採れDay’s Report
  • 日足サポートブレイク、売り強気。カナダ円は日足サポートブレイク及び日足にて新規売りサインの発生が確認され、下落継続が濃厚、売りポジション保有に対し強気の見方がされています。ドル円での再下落の動きが日足サポートを一時ブレイク、現在、ブレイクが明確化するか反発に至るのか、そのせめぎあいにあり目先運用は様子見。本日は日本の金融政策決定会合議事録に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Rep [続きを読む]
  • 2017年3月21日(火)  朝採れDay’s Report
  • マーケットの方向感、様子見。ユーロドルとポンドドルはレンジ突入を決め新規サイン待ち。下落に対する反発局面にあるドル円とカナダ円は再下落の動きを待ちたいところ。特にカナダ円は異常値後・運用リスク・日足抵抗線などの不安要素を持ち合わせており、運用へは弱気の姿勢。ユーロ円は売りサイン発生にて運用中、入口、運用リスクの高まりが懸念されたためロット調整がされています。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDa [続きを読む]
  • 3月20日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年3月20日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  現状、依然レンジの展開を見せる日足により、1時間足での運用は引き続き抵抗線での反発には警戒したいところです。しかし、カナダ円では日足にて売り前兆サインが確認されているなど、大波の変化の可能性を持ち合わせています。今週は日足の動向に注目、レンジ継続とレンジブレ [続きを読む]
  • レンジ相場、損失軽減を果たすも収支回復は見込めず。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、−719.45ドル(約8万1000円の損失)今週は振れ幅の広いレンジ相場に複数のサインが発生、その主が見送り判断となりレンジの往復による想定される損失の軽減を果たしました。しかし、応用判断による運用はリスク回避の観点から、僅かな利益獲得のチャンスを生かせず、ダマシサインによる損失をそのままに週を閉じ、トータル収支はマイナスとなりました。矢印サイン [続きを読む]
  • 2017年3月17日(金)  朝採れDay’s Report
  • 上昇トレンド継続へは期待と警戒。ユーロドルとポンドドルでは上昇トレンドが確認されており、その継続への期待から運用が実施されています。しかし、日足レンジ相場継続に伴う不安要素が警戒され、ポジション管理には応用2の適用と日足抵抗線でのリミット設定が取り入れられております。本日の運用は週を跨ぐポジション保有とならぬよう、決済までをイメージして取り組みましょう。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s [続きを読む]
  • 2017年3月16日(木)  朝採れDay’s Report
  • 引き続き日足抵抗線を意識。直近、大きく振れる地合いにて新たなサインの発生が確認され、複数のポジション予約また保有に至っています。いずれも先に控える日足抵抗線での反発を想定したポジション管理を考えておきたい。ドル円とユーロ円でもサインの発生が確認されておりますが、ポジション保有に対し不安要素の強い環境での運用は見送り。本日は日本とイギリスの公定歩合発表とアメリカの指標の重なる21時半に注目です。詳し [続きを読む]
  • 2017年3月15日(水)  朝採れDay’s Report
  • 日足抵抗線を強く意識。直近、複数のサインの発生が確認されておりますが、いずれも日足抵抗線を強く意識した運用判断で取り組みたい。ユーロ相場は接近する日足ミドルを警戒、目先は不安定な地合いが警戒されますのでエントリーの位置はしっかりと選びたい。ポンドドル、ポンド円、カナダ円は底値に控える日足サポートでの抵抗を想定したポジション管理を考えたい。本日はイギリスの失業率とアメリカの指標の重なる21時半、早朝 [続きを読む]
  • 2017年3月14日(火)  朝採れDay’s Report
  • ユーロ、上げ止まりに警戒。上昇トレンドの継続が期待されていたユーロ相場は、直近、強く反発を見せる地合いに運用意欲は後退、上げ止まりが警戒されています。新規買いサインの発生が確認されたポンドドルと先週の買いサインの有効性が維持されているカナダ円も、直近、強い反発局面にあり目先運用は見送りが有効と考えています。いずれの通貨も明確な方向感を待ちたいところ、運用には根拠の弱いマーケットとなっています。詳し [続きを読む]
  • 3月13日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年3月13日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週木曜日は複数通貨で上昇の動きが確認されるも金曜日の指標の影響は強く、今週明けのトレードはその動きに素直になれない慎重なものとなっています。特に、ドル円とカナダ円による目先運用はリスクの拡大が懸念されるため注意が必要です。運用額の調整または許容範囲の損失に [続きを読む]
  • エントリーの悩ましい地合いで利益獲得。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+949.06ドル(約10万8800円の利益)今週は金曜日の相場にどう対応したかがポイントとなりました。特にドル円とユーロ円、ユーロドルは日足ミドル付近での不安定な地合いが警戒され、下記結果の応用判断による運用はトレンドの初動を見送り、リスク回避が優先されました。その後の傾きは応用1で対応、出遅れ感が否めないものの手堅いプラス収支を確立させていま [続きを読む]
  • 2017年3月9日(木)  朝採れDay’s Report
  • 円相場、上昇の動きに期待。ドル円は上昇トレンドの発生が確認され、その継続への期待感から応用1による買いポジションが保有されています。同じく買いサインの発生と一時的な強い上昇の動きを見せたユーロ円は、異常値後の鈍い地合いまたは早い戻しが警戒され、目先運用は見送り。その他円相場ではレンジ上昇局面にて買い前兆サインが確認され、新規トレンドの発生に期待されています。いずれも上昇傾向にありますが、買い運用に [続きを読む]
  • 2017年3月9日(木)  朝採れDay’s Report
  • 複数の新規サイン、仕掛けは選別。昨晩の乱高下する動きにて複数の新規サインの発生が確認されております。しかし、ユーロ円はすでにレンジへの戻りを確認、ドル円は先行き不安定な地合いが予想されるなど、目先のポジション予約は選別して仕掛けていきたいところです。新規サイン発生通貨の内、ユーロドルとカナダ円は下降トレンド発生が期待され売り予約が入れられています。本日はユーロの公定歩合発表に注目です。詳しくは下記 [続きを読む]
  • 2017年3月8日(水)  朝採れDay’s Report
  • ポンド下落、期待と不安の双方あり。下降トレンドが確認されているポンドドルとポンド円では売り運用中です。下落継続に伴う利益拡大が期待されるものの、ポンドドルでは応用4の観点から、ポンド円では日足レンジ相場の早い戻しなどが警戒され、下降トレンド継続の動きに対し不安要素も持ち合わせています。従っていずれの運用も応用2を取り入れ、損失発生リスクゼロで対応中。本日は日本のGDPとアメリカのADP雇用に注目です。詳 [続きを読む]
  • 2017年3月7日(火)  朝採れDay’s Report
  • 円相場売り、日足レンジ相場を意識。レンジ下落局面にて売りサインが確定しているポンド円とカナダ円は日足レンジ相場の継続を意識したポジション管理が有効です。底値に控える日足サポートでの反発の動きや目先の早い戻しを想定しておきましょう。売り前兆サインが確認されるポンドドルは応用4の観点から運用は弱気の姿勢です。本日はユーロのGDPに注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認くだ [続きを読む]
  • 3月6日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年3月6日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週はトレンド相場の発生に利益の上がる一週間となりましたが、今週明けの動きを見ると、その継続・勢いへの見込みは弱い印象。レンジ突入を果たしたドル円とポンドドルは鈍い地合いを警戒、日足ミドルラインとの距離を詰めているユーロ円とユーロドルは、目先の不安定な地合いに [続きを読む]
  • トレンド発生に利益拡大。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+2027.21ドル(約23万1000円の利益)今週はトレンドをとらえた運用が大きく利益をもたらしました。また、レンジ内トレードにより発生が想定される損失も半分に抑えることができ、稼いだ利益をより手堅いものとしています。ただ、基本プロセスや無裁量ルールに絞ったエントリーを実施された方は、ポンドドルとカナダ円のトレンドには乗れず、下記応用判断込みの [続きを読む]
  • 2017年3月3日(金)  朝採れDay’s Report
  • 新規ポジションはリスク量を要チェック。多数の通貨にてトレンドの発生が確認され、その継続が期待されております。トレンド相場の継続を狙った新規ポジション予約が有効なタイミングとなりますが、運用リスク量の把握には意識を向けて取り組みましょう。本日は日本の失業率、イタリアのGDP、アメリカのISM非製造業指数に注目。また、週を跨ぐ運用とならぬよう決済の段取りを考えておきましょう。詳しくは下記のダウンロードから「 [続きを読む]
  • 2017年3月2日(木)  朝採れDay’s Report
  • トレンド継続に期待、抵抗線付近注目。ポンドドルにて下降トレンド、ユーロ円とドル円にて上昇トレンド、傾く地合いでの運用が進行中です。いずれも日足レンジ相場につき、ポジション管理は日足抵抗線へ意識向けて取り組みたい。本日はイタリアとユーロの失業率、カナダの GDP に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《※こちらのレ [続きを読む]
  • 2017年3月1日(水)  朝採れDay’s Report
  • 運用リスク量に注意。直近は複数通貨にて上下幅の広い地合いが確認されています。運用ルール上、上下幅の広い地合いでは運用リスクを高める危険性があり、トレードへの参加には見送りやロット調整などのリスクコントロールが必要です。ドローダウン発生の阻止を目的に、新規ポジション保有については運用リスク量に注意して取り組みましょう。本日はドイツの失業率、アメリカのISM製造業景況指数、カナダの公定歩合に注目です。詳 [続きを読む]
  • 2017年2月28日(火)  朝採れDay’s Report
  • 不安定な値動きに注意。週明けはサインに対し逆行する動きが目立っています。先週金曜日、下落の動きを加速させた円相場は強く反発する動きが確認できます。これにより、ユーロ円・ドル円はレンジ突入を決め、サインの有効性を維持しているポンド円とカナダ円でも運用リスクを高めています。新規サインの確認されているユーロドルとポンドドルは日足ミドル付近での不安定な値動きに注意、サインによる目先の運用には弱気の見通しで [続きを読む]
  • 2月27日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年2月27日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  今週は、直近、円相場の下落が継続した場合、日足チャートへの影響とその変化に注目されます。特に、ユーロ円日足にて新規サイン発生を見るか、反発によりサポートの位置の調整を必要とするのか、日足の動向により1時間足の売買判断は大きく異なりますので、高い意識で取り組み [続きを読む]
  • ユーロ円、利益を取り逃がす見送り判断。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+471.97ドル(約5万3300円の利益)今週は多くの通貨が鈍いマーケット展開となり売買チャンスに恵まれない一週間となりました。そんな中、ユーロドルによる売りポジションが下降トレンドをとらえ、収支をプラスに向かわせました。しかし、同じく下降トレンドの発生が確認されたユーロ円では、日足抵抗線での反発が警戒されたことから見送り判断、このリスク回避行 [続きを読む]
  • 2017年2月23日(木)  朝採れDay’s Report
  • 【2/24(金)〜2/26(日)お休み】・24日配信の朝採れ・Day's Reportはお休み。・週末配信の週刊・マーケット見直し動画とレポートは、本日の配信となります。強い反発に目先運用は見送り。ユーロ円では下落の動きを加速させ一時は日足サポートを割る動きに至ったが、その後の早い戻しが確認されています。カナダ円はレンジ下落局面にて売りサインの発生、日足ミドルを割る動きを見たがユーロ円同様に早い戻しが確認されています [続きを読む]
  • 2017年2月22日(水)  朝採れDay’s Report
  • 【2/24(金)〜2/26(日)お休み】・24日配信の朝採れ・Day's Reportはお休み。・週末配信の週刊・マーケット見直し動画とレポートは、2/23(木)へ前倒ししての配信となります。新規運用判断は抵抗線に注目。直近の地合い、複数の新規エントリー条件の確認がされております。しかし、ドル円新規買いとユーロ円下落追随を狙う売りは、日足抵抗線での影響によりエントリー直後の早い逆行の動きが懸念されます。目先エントリー条件 [続きを読む]