十兵衛 さん プロフィール

  •  
十兵衛さん: FXの毎日配信
ハンドル名十兵衛 さん
ブログタイトルFXの毎日配信
ブログURLhttp://jube3.blog.fc2.com/
サイト紹介文今日使える売り買いの価格を毎日更新中!
自由文仕事、生活、その合間にできるトレードでどれだけのことができるのかを暴露!
稼ぎも上場??
ん〜ぼちぼちっす^^;
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2009/12/15 23:33

十兵衛 さんのブログ記事

  • 8月21日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年8月21日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  方向感と売買の優位戦に変化が出ています。ユーロドルでは上昇に対する反発局面の確認、ドル円は日足にて新規売りサインの発生があり、大きなマーケット環境の変化に伴う時間足の売買の優位性が出されています。先週もこの時期としてはありがたい大きな利益の獲得に成功しました [続きを読む]
  • 抵抗線判断、良くも悪くも収支に影響
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+1809.91ドル(約19万6000円の利益)今週もこの時期としてはラッキーパンチと表現できるような強い方向感に、利益を上げる結果となりました。火曜日、ポンドドルでは急落による広い下げ幅を見せましたが、日足ミドルでの抵抗が懸念されたため運用は見送り、その後もチャンスを得られず、強い下落を取りこぼしています。一方、ユーロドルではポンドドルと同じ判 [続きを読む]
  • 2017年8月18日(金)  朝採れDay’s Report
  • 円相場下落傾向、目先は売値決定待ち。 目先、サポートラインのブレイクが確認されているユーロ円と新規売り前兆サインの発生が確認されているドル円は売値確定待ち。日足の方向感から売りの優位性は低く、強気の運用はトレンドが確定するまで待ち、入口はリスク回避優先の判断で当たりたい。既にトレンドを決めているポンド円は下降トレンドの継続が期待されています。本日の運用は週を跨ぐポジション保有とならぬよう注意しまし [続きを読む]
  • 2017年8月17日(木)  朝採れDay’s Report
  • 引き続き早い戻しに警戒。 方向感をつけていたユーロ円・ドル円・カナダ円は、早い戻しによりその動きを落ち着かせています。ポンド円とカナダ円はサインによる新規ポジションが予約されているものの、引き続き早い戻しに対策したポジション管理で当たりたい。本日はフランスの失業率に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《※こち [続きを読む]
  • 2017年8月16日(水)  朝採れDay’s Report
  • 重要指標多数、リアクションに警戒。 ポンドドルは急激な為替変動に対応できず、異常値を付けた地合いに目先運用は見送られています。ユーロ円とカナダ円は日足サインとの合致からトレンドの発生・継続を期待。本日は重要指標の発表が多数、イタリア・ユーロのGDP、イギリスの失業率、アメリカのFOMC議事録に注目です。翌3時発表のFOMCにより、就寝時間中の急激な為替変動が予想されます。寝る前のポジション管理は高い意識で取り [続きを読む]
  • 2017年8月15日(火)  朝採れDay’s Report
  • 日足抵抗線の接近、位置を把握。 週明けは方向感を落ち着かせるマーケット展開。各通貨、新規エントリーチャンスの待ちとなりますが、底値に日足サポートの接近しているユーロドルとユーロ円・ドル円、日足ミドルの接近しているポンドドルとカナダ円は新規売りに慎重な見方。ポンド円は上値に日足ミドルが接近しており、新規買いに慎重な見方がされる予想です。本日はドイツのGDPとアメリカの指標が重なる21時半に注目です。詳し [続きを読む]
  • 8月14日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年8月14日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  先週はサマーバケーションの影響を警戒する中、この時期としては珍しいトレンドの発生に大きな利益を上げる一週間となりました。動きのついた地合いに、今週も強いトレンドの発生を期待したいところですが、依然として運用には慎重な見方。この時期は利益の追求よりも、最大リス [続きを読む]
  • トレンド発生に利益大。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+2458.77ドル(約26万8000円の利益)今週は、ユーロドルを除く通貨にて傾きをつけ、トレンドを捉えた運用が利益に繋がり週間トータルはプラス収支となりました。週初からサマーバケーションの影響に警戒し、運用は慎重に進められ、ポンドドルやユーロ円下落追随では利益の取りこぼしが悔やまれました。しかし、今週の獲得利益により、7月から積み重なった損失 [続きを読む]
  • 2017年8月11日(金)  朝採れDay’s Report
  • 円相場、下降トレンドの継続に期待。 ドル円は下降トレンドの発生を確認、その他円相場は下降トレンドの再開に至っています。ユーロ円は未だ日足抵抗線での反発の動きが警戒され運用は見送られています。ユーロドルとポンドドルはレンジの展開、新規サイン待ちとなります。本日の運用は週を跨ぐポジション保有とならぬよう注意しましょう。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポー [続きを読む]
  • 2017年8月10日(木)  朝採れDay’s Report
  • 反発局面に運用は様子見。 直近、方向感を付けたポンドドルやポンド円、ユーロ円は強い反発局面に入っております。カナダ円は未だ下降トレンドにありますが、異常値後の早い反発が警戒されています。いずれも下落に対する抵抗を落ち着かせるまでは運用の見送りがされます。本日はアメリカの指標が重なる21時半に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから [続きを読む]
  • 2017年8月9日(水)  朝採れDay’s Report
  • 足元は下落傾向、新規売りは慎重な見方。 ポンド相場は下落の動きを強め、その他通貨でも下落傾向のマーケット展開に新規売りの条件が揃っております。しかし、異常値を警戒した応用3や日足抵抗線などの不安要素は無視できず、ユーロ円の下落追随とカナダ円の基本エントリーは見送られています。本日はアメリカの指標が重なる21時半に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日 [続きを読む]
  • 2017年8月8日(火)  朝採れDay’s Report
  • 進展弱く、じっくり様子見。 週明けの値動きは落ち着いており、進展の弱い状況に目先はじっくりと様子を見たい。運用中またはポジション予約中の通貨もありますが、日足の方向感及び日足抵抗線付近での反発に警戒した運用判断を用いたい。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《※こちらのレポートの内容はマーケット分析の参考であり、トレー [続きを読む]
  • 8月7日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年8月7日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  今週は先週ほどのボラティリティの急変は見せない予想、しかし、引き続き流動性の低下リスクには警戒が必要です。急激な為替変動を促す重要指標の発表はありませんが、アメリカの指標が重なる時間帯には注目しましょう。また、お盆が迫っており行事ごとでお忙しいことと思います。 [続きを読む]
  • レンジ相場に捕まりリスク拡大。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、−1102.50ドル(約12万2000円の損失)今週は8月らしいマーケットの動きとなり、運用は難航しました。ユーロドルやポンドドルは流動性の低下による変動の弱い地合いによりポジション保有期間が長期化しました。また、指標の影響を受け一時的にボラティリティを高める為替変動により、市場は上下に大きく揺さぶられ、レンジ相場内での有効サインの発生が多数発生 [続きを読む]
  • 2017年8月4日(金)  朝採れDay’s Report
  • 新規運用は抵抗線の位置を把握。 直近、複数のエントリー条件が確認されておりますが、ポンドドル・ポンド円・ドル円は日足抵抗線の位置に注目、ラインの位置を把握したポジション管理を考えたい。※ポンドドルは日足にて新規買いサインの発生が確認されており、抵抗線の解除・移動がされています。本日はアメリカとカナダの失業率に注目、また、週を跨ぐポジション保有とならぬよう気を付けましょう。詳しくは下記のダウンロード [続きを読む]
  • 7月31日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • ※【業務お休みのお知らせ】8/1〜8/3はお休みを取らせていただきます。期間中のレポートは配信されませんので予めご了承ください。【2017年7月31日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  ここのところサマーバケーションの影響を感じさせるマーケットの展開に苦しい運用が強いられていますが、損益の回復に焦らぬよう、目先、8月第三 [続きを読む]
  • リスク回避の見送り判断、損失軽減。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、−1109.44ドル(約12万3000円の損失)今週も方向感のつかない地合いに負けトレードが多発、収支回復の期待できるトレンドにも恵まれず、週間トータルはマイナスとなっております。しかし、想定リスクの拡大が予想される運用の見送りや、指標発表前のエントリーの回避が、損失額の軽減を果たしております。これから迎える8月もサマーバケーションの影響を受ける [続きを読む]
  • 2017年7月28日(金)  朝採れDay’s Report
  • 方向感の弱いマーケット展開。 マーケットはレンジの展開、カナダ円を除き新規サイン待ちとなります。カナダ円は日足の方向感に対し逆向きの売りサイン発生、運用は弱気の見方がされています。本日は日本の失業率、フランス・カナダ・アメリカの GDP に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《※こちらのレポートの内容はマーケット [続きを読む]
  • 2017年7月27日(木)  朝採れDay’s Report
  • ユーロ相場の上昇に期待。 ユーロドルとユーロ円は日足の方向感と合致する新規買いサインが発生、トレンド相場移行への期待が高まっています。しかし、ユーロドルは異常値をつけているため、目先は方向感の弱まりも懸念され運用は見送られています。本日はアメリカの指標が重なる21時半に注目です。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレポートはこちらから》 ダウンロード 《 [続きを読む]
  • 2017年7月26日(水)  朝採れDay’s Report
  • FOMC声明、リアクションに要警戒。 現在、複数の新規サインの発生が確認されております。日足サインとの合致が見されるユーロ円とカナダ円はトレンド発生を期待、ポンドドルとポンド円は日足レンジ相場継続に伴う早い戻しを警戒した運用を考えたい。本日はイギリスのGDPと翌3時発表のFOMCに注目されます。特に明日早朝発表のFOMC声明によるマーケットへのリアクションには要警戒、寝る前のポジション管理は高い意識をもって取り [続きを読む]
  • 2017年7月25日(火)  朝採れDay’s Report
  • 方向感を落ち着かせる展開、運用見送り。 明けより方向感を見せていた通貨はその動きを落ち着かせる反発局面に入っております。反発幅の広がりによるリスク量の拡大が懸念され運用は見送り、運用へ参加される場合はロット調整が必要です。ポンドドルは新規サインによるポジション予約中、上値日足レジスタンス付近では反発の動きに備えたい。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Report」をご確認ください。↓今日のレ [続きを読む]
  • 7月24日(月)、週刊・マーケット予報です。
  • 【2017年7月24日 週刊・マーケット予報】※こちらの動画の内容はマーケット分析の参考であり、トレードを 推奨するものではございません。  今週もますますの不安定な地合いには警戒、サマーバケーションに向け市場参加者の減少に伴う流動性の低下には警戒です。また、指標の影響による急激な為替変動にも注意、流動性の低下する時期ほどボラティリティに変化が見られやすくなりますので、それらが予想される指標発表に [続きを読む]
  • 不安定な地合い、応用判断が効果を発揮。
  • こんにちは。早速、運用の結果報告です。今週の損益は、+458.48ドル(約5万1000円の利益)今週は週を通してボラティリティが大きく変化する不安定なマーケット展開となりました。しかし、カナダ円の見送りサインや指標の影響を警戒した基本エントリーの見送り、運用リスク拡大を懸念したロット調整、利益拡大を狙ったトレンド追随など、応用判断が効果を発揮し、不安定な地合いでの利益獲得を果たしました。詳しい結果 [続きを読む]
  • 2017年7月21日(金)  朝採れDay’s Report
  • 反発幅の広がり、運用リスク量調整。 現在、複数の新規運用条件が揃っておりますが、ポジション保有には慎重な見方がされています。ポンドドルとカナダ円は前兆サインが確認されておりますが、運用リスク量の懸念されるトレード環境にポジション予約は弱気の仕掛けがされています。ユーロ円応用1での運用においては、ポンドドルとカナダ円同様にリスク量への懸念及び応用3の観点から見送り判断が取られています。本日の運用は週 [続きを読む]
  • 2017年7月20日(木)  朝採れDay’s Report
  • 指標発表の影響に注目。 ユーロ相場は予想を外す強い反発の動き、これによりユーロ円はレンジ移行、ユーロドルは買いサインの有効性が維持されているものの、リスク量が懸念され買いは見送られています。本日はユーロと日本にて金利関連の指標が発表されます。指標発表によるマーケットの影響に注目し、時間を把握したチャートチェックのスケジューリングを取っておきましょう。詳しくは下記のダウンロードから「朝採れDay’s Repo [続きを読む]