ケロ さん プロフィール

  •  
ケロさん: おしゃべりな写真達
ハンドル名ケロ さん
ブログタイトルおしゃべりな写真達
ブログURLhttp://raindance20091216.blog111.fc2.com/
サイト紹介文僕が写真を撮ること。 それは、頭の中に浮かんだイメージを誰かに伝えること。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/17 13:45

ケロ さんのブログ記事

  • じいちゃんと写真
  • じいちゃんの写真を撮ろうとすると、いつも真面目な顔でカメラを睨んでいた。だから、じいちゃんの写真はどれも同じ。真面目だったのかな。何をするにも真剣で、曲がったこ [続きを読む]
  • なにかがそこに
  • 僕の目の前を風が横切った。ふわりと枯葉が舞い上がり、風の後を追うように流れて落ちた。そっか、僕には見えない何かが通ったんだ。悪戯好きの神様かな。立ち止まってくれ [続きを読む]
  • やってみれば簡単なこと
  • 運命には抗うこともできず、ただ受け入れるしかない。そんな風に思っていないか。世の中には逆らえないもの、逃げきれないものがある。そう思い込んではいないか。違うんだ [続きを読む]
  • 窯編仮名
  • 見えるか、アレ。ほらあれや。優雅に飛んでるやろ。けどな、本人は頑張っとんやで。いや、たぶんやけどな。まてや、絶対やなんて言うてへんやん。俺も鳥の気持ちなんてわか [続きを読む]
  • 僕も人だから
  • 晴れた日には手をかざして空を見上げ、雨の日には水溜まりを飛び越えて歩く。その時を楽しむって、それほど難しくない。ただ、僕にそんな余裕がないだけ。駅まで飛ばす自転 [続きを読む]
  • 一日の始まり
  • スーツを着込んで時計を確かめる。ドアノブを回すと、一日が始まった。玄関に続く廊下で気持ちを切り替え、今日の予定を頭の中で整理する。大丈夫、失敗する要素は見当たら [続きを読む]
  • 続く足跡
  • ひとりだけの足跡。ちょっと悲しいな。去年の夏は、並んだ足跡が続いてたのに。でも考えたって仕方ない。僕の横に君は居ないんだから。“今何時だっけ”僕は時計を確認して、 [続きを読む]
  • 光の雫
  • 透明な光があふれる日曜日の午後、零れてきた光の雫を掌で受け止める。燃え尽きる瞬間の線香花火のように雫はチッと小さな音を立てて弾けた。さわさわと風が木々を揺らす。 [続きを読む]
  • 今を楽しむ
  • 風が気持ちいいだろ?木漏れ日の中を歩くって、ちょっと贅沢なことだと思うんだ。街の真ん中では無理だからね。こうして自分の時間を持てるから、今この場所を歩いていられ [続きを読む]
  • あなたの抱えているもの
  • さぁ、お座りなさい。僕があなたの話を聞きますから。もちろん、最後まで聞きますよ。大丈夫。途中で言葉を挟んだりしないから。誰にも言えずに抱えていたこと、全部僕に話 [続きを読む]
  • ご機嫌
  • 鼻歌なんぞ口ずさみながら、軽い足取りで登っていく。ご機嫌だね。何か良いことでもあった?でも教えてはくれない。僕を見てニッコリとするだけ。まぁいいけどね。君がご機 [続きを読む]
  • 海と砂浜と波
  • 砂浜にしゃがみ込み、足元をじっと見つめている。でも、なにも無いよ。綺麗な貝殻があるわけでもなく、生き物がいるわけでもない。ただ、爪先にかかる波を見ているだけ。と [続きを読む]
  • 公園と静けさ
  • 子供の声がしない公園って寂しい。なんでだろうね。広いと感じてしまうからかな。それとも、僕が歳をとったからかな。なんでだろうね。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪こんばんは、ケロです。 [続きを読む]
  • 憧れの場所?
  • ここだろ?君が行ってみたいと言ってた場所。憧れる程じゃないと思うけど、どうかな。そうか、見てるだけで楽しいんだ。僕は人混みが苦手だから、用が無い限り近付きたくな [続きを読む]
  • 同盟
  • 「あっ、あそこにいたぞ」。「あれ? でも、どう見ても一人だよな」。「誰だよ。 あいつに彼女が出来たなんて言ったのは。 寂しく、ひとりで飯食ってんじゃん」。「まて [続きを読む]
  • お互いの気持ち
  • 僕は、遠ざかる君を見送っていた。顔を見なくても、怒っているのが分かる。と言うか、また怒らせちゃった。朝になれば、何事も無かったかのように、普通におはようと挨拶を [続きを読む]
  • 正当化
  • 人間の欲求は止まるところを知らない。なんてこと、誰が言ったんだ?まぁ、その通りだけど。でも、中古だからいいでしょ。と、自分に対する言い訳を考えてみる。そう、言い [続きを読む]
  • カラスとキツネ
  • 怖いもの知らずとは少し違う。ずる賢い。ってことかな。ほら、あのカラスのようにね。そう言って君は軽口をたたいてるけど、俺の何処がカラスなんだよ。なんて失礼なことを [続きを読む]
  • 鍵をかける側なのか、鍵を開ける側なのか、いったい、君はどっちにいるつもりなんだ。でもさ、鍵を持っているだけじゃダメなんだよ。何処の鍵なのか、それを知らなけりゃ意 [続きを読む]
  • ひといき
  • 愛を語らっている……なんてわけじゃなく、疲れたって感じ。なぜわかるかって?だって、さっきまで喧嘩してたもん。エサの取り合いかなんかで揉めてて、その後は、空中戦が繰 [続きを読む]
  • 世間は意外と冷たい
  • 冬の間は少なかった自転車。ちょっと暖かくなるとこれだ。いや、別にいいんですけど、僕の止めるところが無いってだけ。仕方がないので少しずつずらしていくと、お決まりの [続きを読む]