すたーだすときっど さん プロフィール

  •  
すたーだすときっどさん: こちら、きっどさん行政書士事務所です!
ハンドル名すたーだすときっど さん
ブログタイトルこちら、きっどさん行政書士事務所です!
ブログURLhttp://ameblo.jp/stardustkid0627
サイト紹介文大阪市西区阿波座に開業した「ケイアイディ行政書士事務所」のきっどさんのブログです。
自由文内容証明作成やクーリングオフ対策を中心にやっている「ケイアイディ行政書士事務所」のHPの方も宜しく。http://kid.rdy.jp/

地下鉄阿波座駅から時々走って2分と15秒です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1077回 / 365日(平均20.7回/週) - 参加 2009/12/17 23:01

すたーだすときっど さんのブログ記事

  • 造幣局桜の通り抜け 2017年は4月11日から
  • ?サ??ケエ??ョ?。???ッ????ャア????????????????。???ョ????ィョ??ッ???????????ョ?????ォ?」イ????????、??ョ????????ア??シ??ク??サ??ゥ???????????ェ????????ゥ????????ェ????サ???イ??????????????セ????。???」??ス?????ェ?????ュ?????ェ??シ??? [続きを読む]
  • 意味がわかると怖い話2465「結局」
  • あ〜あ…2月かぁ… かっわい〜女の子にぶつかられ様に 『これがナイフだったらテメェの命はなかったぜ』 ってチョコ渡されてぇ! ドンッ! 「イテッ!」 「これがナイフだったらテメェの命はなかったぜ」 ダッ! …マっジかー!!!?Σ(○Д○;) ちょ、願いかなったぁ(*>∀<*)/ チラッとしかみえなかったけどめっちゃ可愛かったんですなけど (*´Д`*) を? [続きを読む]
  • 《解説編》意味がわかると怖い話2464「バイト」
  • 遊園地の着ぐるみのバイトを始めた語り手。真夏の暑い中、冷房の効いていない蒸し風呂状態の部屋の中で、着ぐるみも脱がずに居続けることは普通の人間ならまず不可能に近い。 そんな蒸し風呂状態の部屋の中で、着ぐるみも取らずに座っていた『猿の着ぐるみ』を着た「誰か」休憩上がりにちらっと見えた仕種から、挨拶をしてくれた、と語り手は思っている。 しかし、以後、園内で猿の着ぐるみを見掛けていない。仕事終わり [続きを読む]
  • 民泊関連許認可セミナー 
  • 本日は、今話題の「民泊」のセミナーでございます。 ♪コンニチハーこんにちわ〜 それは万博や!でも今大阪には本当に♪世界の国から〜人が押し寄せております。阿波座周辺のオフォスビルも既に民泊されてる所が多いとか! ただ民泊ビジネスはまだまだちゃんと許可を取っていないモグリ営業が多い。この辺りは深夜酒類提供営業許可の取得と近いものがあって、お上が徹底した取締りを行っていないのが原因か? [続きを読む]
  • 《解説編》意味がわかると怖い話2462 「代用品」
  • 元ネタは「鬼子母神」伝説。鬼子母神は元々、人の子を食べていたんだけれど、ある日自分の子を隠され、子を失う悲しみを知り、子を守る神様になったとされる。その時、人の子の代わりに食べるようになったのが柘榴で、そこから「柘榴は人肉の味がする」と言い伝えられる。さて、語り手が言った最後の台詞。これは柘榴を食べた感想である。つまり、語り手は人肉を食べたことがあり、「もっと手軽に人肉を食べれないか?」と考え、鬼 [続きを読む]
  • 意味がわかると怖い話2461 「画家」
  • オレには知り合いの画家がいる。そいつが完成した絵を見にこい、とうるさいからそいつの家に行ったんだ。しかしびっくりしたなー。前会ったときは色黒だったのに、しばらく会わないうちに色白になってたよ。オマエ栄養足りてないんじゃないか?っていうぐらいにな。あいつに完成した絵を見せてもらった。それはそれは素晴らしい東京タワーの絵だったよ。でもなんか少し赤の部分の明るさが変じゃないか?と思ってたらアイツが倒れた [続きを読む]