浦田関夫です さん プロフィール

  •  
浦田関夫ですさん: こんにちは浦田関夫です
ハンドル名浦田関夫です さん
ブログタイトルこんにちは浦田関夫です
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kmjcp/
サイト紹介文浦田関夫です
自由文地域の情報を自由に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供431回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2009/12/19 16:25

浦田関夫です さんのブログ記事

  • 3月議会最終日
  • 今日は、3月議会の最終日です。市長・市議選後の初議会でもあり、峰市長の初議会でもありました。峰市長への市民の期待と冷めた目での議員が多い中での3月議会でした。さらに、「副市長選任」でつまずき、「緊急質問」の事態となりました。私は、議案についての反対討論に立ちます。 気になるのは、27日(月)予定されている「玄海原発特別委員会」の開催です。「九電による説明を受ける」ということになっています。しかし、 [続きを読む]
  • 来月から副市長不在へ
  •  昨日、議員控え室に入ると「議会運営委員会」の中止の突然のお知らせ、理由は「協議する案件がなくなったから」というものです。 峰市長は、昨日までに「副市長の議案」を議会に提出する予定でした。それが突然「提案中止」となったものです。 議会運営委員会は、予定通り開かれたものの、議長からは「9時20分頃峰市長から提案断念の報告があった」と報告、詳しい説明はありませんでした。 今朝の佐賀新聞(写真)によると、 [続きを読む]
  • 旧大島邸開館間近です
  •  現地視察で、「旧大島邸」を見学させて頂きました。移築前の雰囲気をそのままに復元されています。移築前の建物に数回訪ねていましたのでその雰囲気を感じました。当時の茶室は使えない状況でしたが、新築に近い状況に復元されていました。加えて、準備室やトイレが追加されて、使い勝手が良いようになっています。トイレの手洗い場には、中里さんの焼き物が使われています。 庭も当時のままの復元がなされていました。4月の開 [続きを読む]
  • 呼子の朝市通り
  •  昨日は、産業経済分科会で「呼子の朝市」を現地視察しました。呼子の朝市は、全国三大朝市ともいわれています。しかし、近年出品者が減少し出品者に支援をしようという予算が計上されています。 出品者への支援も大事でしょうが、観光客を増やす取り組みも必要ではないかと思います。近年、交通網が整備され、「日帰り」が増え、宿泊者が少なくな鳴っています。 [続きを読む]
  • 区の総会
  •  昨日は、大事な会議を欠席して地元の区の総会に出席しました。生産組合、上場開発、水田圃場整備、一般会計、農村環境、特別会計と多くの会計があります。その監査として報告と意見を述べるのが役割です。最後に、3月議会報告をさせてもらいました。新しい峰市長に注目が集まっています。総会は、午後5時頃で終わり、7時頃まで懇談会です。 新しい役員さんも決まり、新年度が動き始めます。春を感じる時です。 外は雨です。朝 [続きを読む]
  • 「共謀罪」の危険性をアピール
  •  昨日は、安倍自公政権が「戦争法」(安保関連法)を一昨年9月19日に強行しました。このことから毎月19日を「戦争を許さない行動日」として大手口でアピール行動を行っています。 安倍首相がすすめている「戦争準備の総仕上げ」としている、戦前の「治安維持法」と同じ法律を「テロ等対策準備法」という東京オリンピック・パラリンピックを理由に「テロ対策」を掲げて「共謀罪」対策として強行しようとしていることをアピー [続きを読む]
  • 原発の「新安全神話」
  •  「玄海原発3,4号機の再稼働を一日でも早く」と国と九電の意を受けて、岸本英雄玄海町長と玄海町議会はまっしぐらです。 ここには、三つの「安全神話」にどっぷりとつかっています。①「世界一厳しい規制基準をクリアーした」という安全神話です。 田中原子力規制委員会委員長でさえ「絶対事故がおきないとは言わない」といってはばからないのです。②原発は、温暖化防止のために二酸化炭素を排出しない「クリーンなエネルギ [続きを読む]
  • 多くの首長が原発に懐疑的
  •  昨日は、県内の市町の首長と知事が玄海原発の再稼働について意見をのべる「GM21」が開かれたそうです。明確に「反対」を述べた首長は3人だそうですが、「容認」を述べた首長も多くがエネルギーのあり方、使用済み核燃料のあり方、福島事故の現状、避難計画、事故が起きた場合の責任の所在などを理由に懐疑的な発言がほとんどです。 唯一、賛成の立場を表明したのは玄海町です。玄海町は、裕福な「交付金」が振る舞われるのに [続きを読む]
  • 峰市長も福島の実相に触れるべき
  •  今日の佐賀新聞です。山口?義知事は、20日福島の原発事故の状況を視察するそうです。秀島佐賀市長もフクシマを視察しています。 峰市長は、私が「フクシマの現状に触れるべきだ」と福島原発の視察を進めましたが、「4年前の県議時代に国内外の原発を見ている」としてフクシマへ足を向けるとは答弁しませんでした。 フクシマの現実を見ないでどんな判断ができるのでしょうか。今日の朝日新聞では一面で、前橋地裁で「福島原発 [続きを読む]
  • 福岡方面へはストップの可能性も
  •  先日私の一般質問で、玄海原発の避難経路について「二丈バイパスを使った福岡方面への避難は渋滞すればストップさせられる可能性がある。福岡県と佐賀県が了解している」と発言しました。 そのことで一時、議事がストップしました。 唐津市が昨年11月に国の指針に基づき佐賀県と協議してつくった「避難行動計画見直し」が唐津市のHPに紹介されています。 それによると「国道323号,203号の避難を採用する。また、佐賀県 [続きを読む]
  • 「一定のレベル」とは
  •  昨日の伊藤一之議員の一般質問で、寺田総務部長は、現在の原子力防災計画について「安倍首相も承認された防災計画であり一定のレベルある」と答弁しました。 「一定のレベル」がどの程度のものかは判断が分かれるところですが、今の原子力防災避難計画は「緒についたところ」ではないかと思われます。 避難受け入れ自治体との個々の協議はされていません。市民が避難する場所と経路をどれだけの住民が知っているでしょうか。5 [続きを読む]
  • 私の一般質問が終わりました
  •  昨日、私の一般質問が終わりました。一問目の「峰市長の政治姿勢」については、選挙中に訴えられていたことが市長に就任して次々と「後退」していることに注文を付けました。二問目は「玄海原発」についてであります。峰市長の「条件つき賛成」の「条件」は「安全性の確保」であると答弁しました。私は、田中原子力規制委員長も「絶対安全ではない」といっていることを示し、再度質問しましたが「議会の意見も聴いて判断」という [続きを読む]
  • 今日は、一般質問です
  •  一般質問は、市政に関する問題を市民の目線で市政に反映させるために議員が市民の付託を受けて取り上げます。質問内容は3問です。項目と質問趣旨は、昨日のブログに書いておりますのでご覧ください。 今日の質問者は5人の予定で5番目です。1人70分(答弁も含めて)です。早く終わる人もおられるので、私の登壇時間はよく分かりませんが、午後3時より早まるのではと思っています。インターネットでも有線テレビでも視聴できます [続きを読む]
  • 明日、一般質問です。
  •  一般質問は、今日が二日目です。今日は、福島なおみ議員が行います。11時ぐらいではないかと思われます。私は、明日の午後3時すぎではないかと思われます。質問項目と質問趣旨は以下の通りです。 1,峰市長の政治姿勢について  【質問趣旨】 峰市長は、「私が唐津を変える」と公約して市民の付託を得て市長に就任された。その公約は重いものがある。 財政が厳しい中でどのような手法でこの公約を具現 [続きを読む]
  • 玄海町はやっぱり「白血病」が多い
  •  3月11日に東与賀公民館で「原発学習会」ありました。「原発なくそう!九州玄海訴訟」の弁護団の東島浩幸弁護士が「フクシマを二度と繰り返さないために」というテーマで話がありました。 その中で、玄海町はやっぱり白血病が多いことが報告されました。 玄海原発が運転する前の1969年から2012年までの死亡原因を厚生労働省の資料にもとづき調査した報告書が表として示されました。 厚労省が発表している死亡者の原因別統計を [続きを読む]
  • やっぱり「不起訴」は不当
  •  坂井俊之前唐津市長が政治資金規正法違反の疑いで告発されて、佐賀地検が「不起訴」とした決定に佐賀地検不服審査会は「不起訴不当」と決議を出しました。 これで、佐賀地検は再捜査して起訴するかどうかを判断します。 唐津をよくする会の木村眞一郎共同代表が明らかにしたものです。 坂井前市長が代表を務める自民党支部に企業・団体からの献金を坂井氏の個人後援会に全額寄付していたことが「迂回献金」となると告発したも [続きを読む]
  • 東日本大震災から6年
  •   2万1000人以上が犠牲になった東日本大震災は、今日で発生から6年を迎えました。 東北3県を中心に襲った津波や東京電力福島第1原発事故で、今も約12万人が全国に散らばって避難しておられるそうです。 特に、福島原発事故の影響で避難生活は更に長期化する見通しです。 私も震災があった年の7月に宮城県塩釜市へ9日間ボランティアで行きました。 私が現地で見たのは、自然災害の前に為す術がないまま住宅などが無 [続きを読む]
  • きょう議案質疑します
  •  3月定例議会の議案質疑も三日目です。議案質疑をします。共産党は公明党の次にします。持ち時間は30分です。福島なおみ議員が初めて議会の壇上に立ちます。私も質疑します。11時過ぎになるのではと思います。テレビとインターネットで視聴できます。 写真は、質疑する前に現地調査をしている福島議員の様子です。 [続きを読む]
  • 森友問題解明に拒む自民公明
  •  連日マスコミで報道されています「森友学園」問題について、自民党と公明党は解明にするための「関係者招致」に反対しています。 国民の財産をタダ同然に売却しておいて、「違法性がない」と言いはりそれを証明する記録は「破棄した」と開き直っています。 森友学園には数々の疑惑が上がっています。単に土地売却だけではありません。安倍夫人が名誉校長に就任(その後辞退)して森友学園の広告塔となっていました。 学校建設 [続きを読む]
  • 電話一本で再稼働に同意伝達
  • 岸本英雄玄海町長は、昨日九電の瓜生道明社長に電話し、玄海原発の再稼働に同意することを伝えたそうです。 県主催の県民説明会が終わり、県議会も田周辺市の議会も議会の最中なのに一方的に「同意通告」には納得できません。 しかも「電話一本」途は、そんな軽い扱いをしていいのでしょうか。 万一の事故が起きた場合、玄海町だけですむ問題ではありません。周辺自治体の意見もよく聞いて判断されるべき問題ではないでしょう [続きを読む]
  • 「公益通報制度」知らない25% 
  •  唐津市が市職員に昨年に次いでおこなた「職員の倫理意識アンケート」の結果が議員に知らされました。 対象者は、正規職員のほか非常勤職員を含め1716人で回答率は98%です。 市は、職員の入札情報漏えい事件が発生したことを受けて、「職員の倫理に関する取り組み」を行ってきました。 アンケートでは、「職員の倫理行動規準」を「知らない」という職員が9%、約1割の164人がいました。 さらに、「公益通報制度」について [続きを読む]
  • 竹木場消防分団総会
  •  3月の第一日曜日は、竹木場消防分団の総会です。早朝から「春の火災訓練」を終えて、昼からは団員が一同に集まって一年の総括と新年度の方針を決めます。 私はあいさつで、熊本震災における地域消防団が住民の適切な誘導で犠牲者を出さなかった事例を紹介し、玄海原発の再稼働が議論されるなか、避難場所への誘導や避難所での運営が課題になるのではと話しました。 このように消防団が日頃の訓練の積み重ねで地域住民の守り手 [続きを読む]
  • 完全休養日でサーカス見物
  •   昨日は、選挙後初めての「休養日」をもらい福岡にシルク・ドゥ・ソレイユのサーカス「トーテム福岡公演」を観にいきました。 猿やカエルに扮した人が跳びはねる姿や半径1.8?の円台の上でローラースケートを履いた男女が高速で回転する姿に空中ブランコでは、息を呑む演技に目が釘付けになりました。 これまでのサーカスは、究極の技を披露するのが多かったのですが、どれもが物語があって納得する演技で、あっという間の2時 [続きを読む]
  • 原子力は「準国産エネルギー」?
  •  昨日の市議会は、資源エネルギー庁、原子力規制庁、内閣府(原子力防災担当)の関係省庁から原子力行政について説明を受けました。 資源エネルギー庁は、原子力を「準国産エネルギー」と再生可能エネルギーと同じ位置づけであることを説明しました。 2030年度目標として、再生可能エネルギーを13〜14%へ原子力を11〜10%と「自給率24.3%目標としています。 ウランは、全て外国から輸入しているのに「なぜ準国産」なのかと聞 [続きを読む]
  • 説明責任は安倍首相にある
  •  連日、国有地払い下げ問題で国会審議が行われ、多くの国民は注視しています。マスコミも連日報じています。それはなぜか?国有地をタダ同然に売却しながら、積算根拠も示さずその経緯については「破棄した」と隠ぺいに隠ぺいを重ねる国の説明を国民は納得していないからです。10億円近い国有財産を売却した経緯を「廃棄処分」するような政府に国の財産を預けることはできません。 問題なのは、この問題解決に安倍首相が国民の疑 [続きを読む]