ラム子 さん プロフィール

  •  
ラム子さん: トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記
ハンドル名ラム子 さん
ブログタイトルトルコから石灰棚を眺めながら生活する日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lamukonolokanta/
サイト紹介文トルコ、パムッカレにて犬2頭、ときどき羊と暮らしているグータラ主婦の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/12/20 12:18

ラム子 さんのブログ記事

  • 嬉しい再会
  • 今日のパムッカレ昨夜、数年ぶりに日本からのお客様に再会しました。3回目かな?ブログで夫の訃報を知り、5年前に撮影して下さった写真をフォトフレームに入れて、プレゼントしてくださいました。クスリの副作用で、体重が、一気に15キロ増量したころから、私は写真に映るのを避けてきたせいか、夫とのツーショットが、殆どないので、大変嬉しいです。昨夜5年前こうやって、いつまでも、記憶に留めていただき、心から感謝してい [続きを読む]
  • 幸せの図
  • 今日のパムッカレ家族......羨ましいな。私もこんな家族に憧れたっけ。子供は出来なかったけど、夫さえいれば、良いと思っていた。時々、記憶がフラッシュバックされる。幸せ気分のときに、頭を過った不吉な予感。このまま私達は、一緒だよね?こんなに、何もかもうまくいっているときに抱いた不安。もともとネガティブ思考の私だからかと、一蹴したっけ。 [続きを読む]
  • 味覚がおかしい人達
  • 今日のパムッカレ残念ながら、日本食というと、寿司、天麩羅しか思い浮かばない外国人が多いようだ。一括りにしては申し訳ないけれど、うちに訪れる欧米人は、味覚が????な人ばかり。日本食は醤油をかけるべしと、先入観を持っている人が大半。また、白米をどうやって食べていいか分からないから、取り敢えず、醤油をかけるのだ。味がないと食べられないからだ。トルコでも、キッコーマン醤油は買えるけれど、非常に高い。一リ [続きを読む]
  • 最後だとわかっていたなら
  • 私がお邪魔しているブログから、転載です。ノーマ・コーネット・マレックさんというアメリカの詩人(すでにお亡くなりになっています)が、10歳で亡くなってしまった息子さんへ送った詩。アメリカの同時多発テロ後、世界中に広まったようです。“最後だとわかっていたなら”あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたらわたしは もっとちゃんとカバーをかけて神様にその魂を守ってくださるように祈っただろうあなた [続きを読む]
  • 生まれて初めての〜
  • 今日のパムッカレ生まれて初めて、ガーデニングをした。基本、虫が大嫌いなので、土いじりは避けて来た。オヤジ(夫のこと)は、毎年この季節になると食堂やオフィスに花を植えていたのだ。なので、今年は私が意思を受け継ぐことにした。オヤジ、喜んでくれたかなあ・・・。こんなんでも35本植えた。腰が痛くなったよ。昨年、オヤジが植えた薔薇が満開です。 [続きを読む]
  • 新車がやってきた!
  • 今日のパムッカレトルコで運転するか悩んだ。運動神経も鈍く、運転も上手い部類に入らない私が果たして左ハンドル、マニュアルをこなせるかどうか、不安だった。夫の形見の自動車。7人乗りなんて、私には不要。売却するか悩んだけれど、とりあえず、ケントが生きている限りは、病院へ行くために使うから、残すことにした。ATVは去年、売却したので、どうしても、村内移動のための車両が必要だった。これから、暑くなるので、墓参 [続きを読む]
  • あなたも私も裁判所♪
  • 今日のパムッカレ日本でどれだけの人が裁判所に関わったことがあるのかな?トルコでは、裁判所は日本より、もっと身近な存在である。だいぶ前に日本から若い弁護士夫婦が来てくれ、別れ際に名刺を渡しながら、「何か困ったことがあったら、相談してください。あ、でも、日本じゃ、弁護士事務所に相談する人は特殊ですからね〜」と。確かに、私の家族も親戚も弁護士にお世話になったという話は耳にしたことがない。ところがトルコで [続きを読む]
  • 守りたい
  • 今日のパムッカレ最近はツーリストも増え、日照時間も長くなってきたので、閉店時間が遅くなってきた。いつもなら、オヤジ(夫のこと)が隣のオフィスにいたので心強かったのだけれど、オヤジ亡き後、ちょっと心細い。透析を受けるために早起きする義兄に、隣のオフィスで、閉店まで待ってもらうのは心苦しいので、私は大丈夫と帰ってもらっている。閉店後、後片付けで残っていると、食堂のドアの入り口だったり厨房の入り口だった [続きを読む]
  • トルコで人生初だらけ
  • 今日のパムッカレトルコに来てから、人生初体験ばかり。犬を飼ったのも初めてだったし、ラジオ、テレビ出演、雑誌取材(レトリバーファン♪)を受けたり。裁判所に通ったり、弁護士雇ったり。夫と死別したり。あ、これは、普通、何回も経験しないよね。手術入院でハラキリもしたっけ。ビジネスクラスにも乗れたね。で、今回、人生初めて、畑を耕した。トウモロコシの種を撒くんだ。オヤジのトレーナー上下を着用し作業中♪手前から [続きを読む]
  • 新顔と衣替え
  • 今日のパムッカレ私が留守中に新顔が居候していた。衣替えの季節、もうオヤジ(夫のこと)の服を入れ替えることもないんだな。毎年、この季節になると、オヤジは大量の花を買ってきては、鉢植えに勤しんでいたっけ。去年の画像でも、どこかで死を予感していたのか、昨年バラの苗を地中に埋めた。おかげで、私は上のような作業をしなくて済んだんだ。ミニisaもジャケットを脱いで、春の装いとなった。 [続きを読む]
  • もう二度と嵐は来ない
  • 今日のパムッカレ毎年一度は日本へ里帰りしていた。ケントを飼う前は2ヶ月滞在なんてときもあったっけ。トルコの空港へ降り立つと、床屋の匂いをプンプンさせたオヤジ(夫のこと)がいつも出迎えてくれた。そして、家に戻ると、部屋は散らかり放題で、そこはまるで嵐が過ぎ去った後のようだった2ヶ月前に干した洗濯物も同じ場所にあった。まず、掃除をしてから、床についた。夫には、私が留守中は義父母のところで寝泊りしてちょ [続きを読む]
  • 帰って来ました!
  • 今日のパムッカレ帰って来ました!といっても、もう一週間経つかな・・・。トルコ航空、関西便廃止につき、ほぼ満席状態。おかげで、4列シートを使って眠れず・・・・。機内ガラガラ状態のときは、赤字だろうなと、トルコ航空の行く末を心配したもんだ。満席でも半数以上はトランジットみたい。帰国して2.3日グダグダやっていたら、ツーリストがいきなり増え『只今混みあっておりますので、しばらくお待たせしてしまいますがよ [続きを読む]
  • 真実を伝えるべきかどうか(マジメ編)
  • 今日のパムッカレ母が入院しています。しかも、遠方の大学病院。去年の12月に一時帰国した際には、自宅におり、そこそこ元気でした。私には、骨粗鬆症で弱っていることにしていたみたいです。真実を伝えるかどうか悩んだのは、私の家族でした。夫に先立たれて、悲しみに暮れる私に告げることを控えていたのです。実は母の病状を先月、実姉が私に母からゴーサインが出たとのことで、メールで知らせて来ました。というわけで、日本 [続きを読む]
  • トルコの超日常風景
  • 今日のパムッカレまず、『夫が私を守ってくれた』にて、私の稚拙な文章力のために、誤解をされた方が多く、申し訳ありません。今の段階で事実を載せるわけにもいかず、苦肉の策の例えだったのです。自宅に泥棒が入ったわけでもなく、ましてや、100カラットのダイヤなんて、持っていませんから!さて、今日の本題 トルコの超日常風景です。トルコの街を歩いていると、必ず目にする光景です。誰も珍しがって、写真なんて撮ったり [続きを読む]
  • 真実を伝えるべきかどうか・・・
  • 今日のパムッカレ肉屋で骨をいただくことがケントの日課だった。ところが!!最近、その肉屋が、歩いて数分の距離のところへ引っ越しした。そんなこともつゆ知らず、ケントは肉屋の前でひたすら骨を待っている日々が続いている。食堂で使う肉は電話で注文し配達してくれるので、わざわざ出向かなくてもいいのだ。 [続きを読む]
  • 両親へ、ありがとう!の日
  • 今日は結婚記念日。11回目の結婚記念日を一人で迎えるだなんて想像もしたことが無かった。そして、今日は私の誕生日でもある。両親へ産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。いつも見守ってくれて、ありがとう。いつも応援してくれて、ありがとう。トルコへ行かせてくれて、ありがとう。isaと結婚させてくれて、ありがとう。今、母は入院中だ。大切な人を失って、後悔のどん底にいる私にどうか、チャンスをください。 [続きを読む]
  • ラム子の食堂がポケモンストップだった!
  • 今日のパムッカレラム子の食堂がポケモンストップだった!そういえば、だいぶ前に、ここはポケモンがいっぱい出てくると言われた。ポケモンGOのことは知っていはいたものの、何のことかさっぱりわからなかった。で、先日、ここはポケモンストップだと言われ、見せてもらった。実は数年前に、食堂と釣り合わないから撤去しようと私が言ったら、isaが、これは自分の母親(マリア様)だから、このままにしておくと頑なに拒んだのだ。i [続きを読む]
  • 夫が私を守ってくれた
  • 今日のパムッカレ先日、人生2番目に最悪(一番最悪とは夫の死)というような出来事があった。短気を起こした末の自業自得とも言えるようなことなんだけれど、ここはトルコだからね、そして私は外国人。身の上をわきまえるべきだった。いつも暴走する私に歯止めをかけてくれていたのは、他ならぬ夫。そして、夫を失い、危機感ゼロの私に降りかかった顛末。自分の浅はかな行動が裁かれるのか?と、不安な夜を過ごした。ところが、一 [続きを読む]
  • 遂にバレンタインシリーズ最終回
  • 今日のパムッカレ今日はバレンタインデーもう2度と、夫からもらえないんだな。【訂正】父ちゃんに→父ちゃんを【注】エコという名の画像リサイクル実施中!本当にあと10年、いえ、ずっとずっと、画像使いまわししたかった。(毎年、夫から花束を贈ってもらう場面だけ更新し、ケントとエフェスの会話だけ、コピペして使いまわししていました。)夫には内緒にしていたけれど、多分、知っていたかな?日本のバレンタインデーは女性 [続きを読む]
  • 思い出を拾い集める旅に出た
  • 今日のパムッカレ思い出を拾い集める旅に出る、なーんて旅と呼べるものか分からないけれど、夫との思い出の地へショートトリップした。ちょうど、イズミル(パムッカレから3時間ほど)にいわゆる冬休みが終わったので、イズミルの大学に戻る姪に便乗し、その兄である甥に一緒に連れてイズミルに連れて行ってもらったのだ。私はホテルにケントと一緒に泊まり、翌日、甥に迎えに来てもらい、パムッカレに戻った。3年前の2月。結婚 [続きを読む]
  • エフェス失踪から2年
  • 今日のパムッカレエフェスが失踪してから、ちょうど2年経った。死別も辛いけれど、生き別れも切ない。今はどうしているのかな?ちゃんとご飯を食べさせてもらっているのかな?寒くないかな?もう、二度と会えないのかな?編みぐるみ師ののこちゃんが、今度はエフェスを作ってくれた。いつも、ありがとう!ちょっとアルパカに似ているような気もする?強面だけれど、優しさを兼ね備えた凛々しいエフェスの特徴を掴んでくれています [続きを読む]
  • ケント今年2回目の癲癇発作
  • 今日のパムッカレ1月28日土曜日夕方17時30分ごろ、ケント今年2回目の癲癇発作。前回は1月8日。朝から、アジア系で賑わった食堂。ケントが台湾人と中国人の二つのテーブル、背中合わせの間でうずくまっていた。なんでそんなところに?と、思った瞬間、ケントが私に近づいて来た。そして、徐々に身体全体が痙攣した。日曜日は社員が休みなので、土曜日で良かった。私が厨房にいたので、ケントは助けを求めにお客さんの傍に [続きを読む]
  • 5回目の月命日
  • 今日のパムッカレ旧正月で、韓国人、中国人の旅行者が多い。なので、食堂もちょっと忙しい。今日1月31日は、夫の月命日。昨日、お花を買って来たので、御墓にお供えした。草ボウボウに見えるけれど、これは麦。何となく、春の足音が聞こえそう。昨夜は夢に夫が出て来た。 [続きを読む]