haya さん プロフィール

  •  
hayaさん: パワフル!ロックギター・キングダム
ハンドル名haya さん
ブログタイトルパワフル!ロックギター・キングダム
ブログURLhttp://wildevergreentree.com/haya.deaf/
サイト紹介文聴覚障害者がロックのギタコピに悪戦苦闘!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/12/21 06:41

haya さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論10
  • ギタコピを始める前の3つの確認事項今回はギターコピーを行う際必要な譜面の読み方についてまとめてみたいと思います。私がギターでやることと言ったら、スコアブックやGuitarProのタブ譜を弾いてみることぐらいしかできないんですが、今後は五線譜の方も眺めて、色々と自分なりの解釈を行うことが増えるかもしれません。さて、ギターコピーの際、私は音程よりもリズムで悩むことが多いです。これは各音符の長さについて、16分音符 [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論09
  • 困惑と破綻のドミナントワールドこれまでメジャーのツーファイブⅡm7→Ⅴ7→Ⅰ△7マイナーのツーファイブⅡm7(♭5)→Ⅴ7→Ⅰm7を学びましたけど、今回はそれらをアレンジした使い方を勉強します。まずは、Cメジャーキーのコード進行で、Ⅰ△7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ△7をアレンジしてみます。コード名をいうと、C△7→Am7→Dm7→G7→C△7ですね。まず、Ⅰ△7からⅥm7の間に何か盛り上がるギミックをコードでやろうとする場合、C△ [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論08
  • メジャーは単純!マイナーは複雑…今回はダイアトニックコードの復習みたいな感じになってしまうんですけど、あの時のダイアトニックっていうのは、メジャーキーを前提に展開したじゃないですか。今回はこれをマイナーキーでやってみようというテーマです。…って始めると、何だかとても単純そうに思えて、だったらメジャーと一緒に説明すれば済むはずなんですが、わざわざ別に章立てて取り組もうっていうのは、それなりにややこし [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論07
  • 一挙に7個、スケール追加‼ チャーチモードどうも世の中には、不器用というか、要領が悪いというか、傍から見ていると、じれったくなるような人がいるもので、私が実はソレなんです。数を数えるときには、たいていは1個ずつ数えるし、途中で分からなくなったら、また最初からやり直します。時間がかかるのなんの。定規で長さを測るにしても、必ず始点を0 mmに合わせてから測ります。それがたとえ、1メートルのものさしで、2センチ [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論06
  • コード生成ツール「ダイアトニック・コード」ダイアトニック・コードは、スケールの音階を使って作られたコードのこと…。例えば、「Cメジャースケールのダイアトニック・コード」は、C=ドから始まるドレミファソラシドの中から、音を選んで、ドの上に音をひとつおきに積み重ねていくコードのことをいいます。キーがCの時、ドミソがCというダイアトニック・コードで、その時のレファラは、レがDですからDm、その時のミソシは、ミが [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論05
  • ペンタトニック・マンネリズムからの脱却弾き語りの途中で、簡単なギターソロを挟むようになった、少年の頃の私は、ギター雑誌で「ペンタトニックスケール」に出会います。タブ譜通りに弾いてみるのですが、どうもうまくいきません。ゆっくりしたフレーズはこなせるのですが、速いフレーズはとてもとても…。聴き取りの力が弱かったせいか、以下のフレーズが、私の耳には「ピロピロピロピロ」と聴こえるだけで、どうやって弾いてい [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論04
  • 基本のスケールをとりあえず四つドレミファソラシドはスケールの基本です。今回はちょっとスケールについて勉強しておこうと思います。ギターのフレットは半音進行だから、全音の場合、2フレット移動し、ミとファ、シとドのように半音の場合は、1フレット移動となります。つまりこうです。この 全全半全全全半という並びがメジャースケールであって、スケールのドの音をルートと呼びます。私がスケールのことで混乱しはじめるのは [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論03
  • 世の中には、トニー・マカパインみたいに、ピアノをやらせてもギターをやらせても、物凄いレベルの人っているものです。彼らの頭の中って一体どうなってんだろ、と舌を巻くばかり。私なんかずっとタブ譜オンリーでギターを弾いてきたので、五線譜なんか全然分からないです。スコアなんか見てても、タブ譜しか目に入んなくて、すぐ真上に五線譜があるっていうのに、もうなんかモザイクが掛かったみたいにぼんやりしてて、タブ譜上へ [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論02
  • どーしてもハーモニクスが苦手なのだ。感音性難聴でギターを弾くってことで困るのが、アンサンブルができないことと、ピッキングのアタックがないレガートなプレイ(ハマリングオンやブリングオフなど)が聴こえないこと、そしてハーモニクスが聴こえないこと、などがあります。まあ、極論として、ギター全部がダメなんだと言うこともできますが、それじゃ何もできなくなってしまいます。ハーモニクスっていうのは、各弦上のあるポイ [続きを読む]
  • Guitarpro6 私なりのレビュー
  • 以前からGuitarpro5というスコアエディタを使っていたのですが、最近バージョン6に買い替えました。5でも別に不服はなかったのですが、Rock and roll overをスコアサイトからダウンロードした際、マイナーな曲のせいか、ギターパートのスコアしかなかったんですね。つまりベースもドラムもなく、ただひたすらギターをかき鳴らして終わるスコアだったわけです。そこでリズムパートを手入力する羽目になったんですけど、ベース譜の出 [続きを読む]
  • よく解ってない私に捧げる音楽理論01
  • 聴覚障害には、軽度・中等度・高度・重度という区別がありまして、私は重度の難聴者です。言葉を獲得してから聴こえなくなったので、そこそこ明瞭に喋れていますが、かなり重い難聴です。そのため学校の音楽の成績は、暗澹(あんたん)たるもので、五段階評価は「1」しかもらったことがないと思います。小学校の文化祭のステージでアコーディオンを弾いたことがありました。先生がビデオに撮って給食時間に観せてくれたのですが、私 [続きを読む]
  • 過去の記事 …