セブの民宿 さん プロフィール

  •  
セブの民宿さん: セブの楽しみ方
ハンドル名セブの民宿 さん
ブログタイトルセブの楽しみ方
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cebujis/
サイト紹介文セブ島のレストランやマリーンスポーツ,格安アイランドホッピングなどのご紹介とセブ島情報
自由文セブ島移住をお考えになっている方に情報提供をしています。セブ島観光や移住体験をしたいときはご一報ください。各安のアイランドホッピングやマリーンスポーツもご案内いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/12/21 07:29

セブの民宿 さんのブログ記事

  • グローバル社会に生きる子供たち
  • 子ども養育について英語の教育についても、セブという地域は利便性があります。セブにいるフィリピン人のほとんどは、アメリカ映画などを字幕なしに鑑賞しています。セブというリゾート地域でのんびり語学留学というキャッチフレーズで、多くの語学学習者がセブにやってきます。近頃、幼児と若い方が一緒にセブへ移住を考えておられる方が多くいます。目的は子どもの英語の教育です。 覚えるのが早いです小さい頃から英語圏に身を [続きを読む]
  • 移住先と生活水準
  • 海外移住とその生活水準日本で生活をしていると、地方と都市部のライフスタイルの差があまりないようにみえると思いますが、こういった開発途上国においては顕著です。都市部は、経済的に豊かであれば、快適に暮らすことができます。プールつきの一軒家を借りて、ドライバーとメイドを雇い、ショッピングモールで友達とショッピング、男性はゴルフやスキューバダイビングなどのレジャー、ときには、高級リゾートに赴いて熱帯の自 [続きを読む]
  • セブ島移住体験
  • 海外移住先セブには多くの外国人が移住をしていて日本人の移住も毎年増えています。気候が安定していて、物価が安く、治安が良いセブ!でも直ぐには決めずに最低1週間の体験をしてからお決めになる事をお勧めいたします。 自分の目と肌で感じてください海外移住で一番大事なことは何の目的で移住をするかです。例えば日本での定年後の生活が不安、子供たちの世話になりたくない、第二の人生をスタートしたい、ボランティアをやっ [続きを読む]
  • ボランティア活動をする方が増えました。
  • ボランティア組織日本でもNGO、NPOを装って営利事業をしている組織も少なくないと思われます。フィリピンでも日本を相手にしてNPOを表に出し実際は違っている組織もたまに見かけます。組織を維持するために寄付金を集めるのは理解できますが営利を目的にしないようにしないといけません。最近は孤島や施設などに日本人がボランティア活動をしている方が目立つようになって来ました。 皆のお母さん一戸建ての家には一人のお母さん [続きを読む]
  • 日本人男性もヤキモチ焼きが多い
  • フィリピ―ナと日本人フィリピン人に騙されたとよく耳にしますがそれは一般的な事です。自分の子供より若いフィリピン人と付き合える事自体がおかしいです。騙されていると認識をしたうえで付き合えばよいと思います。中年外国人と若いフィリピン人がショッピングしているのをよく見かけます。日本ですとお祖父さんと孫と歩いているようなカップルでも此処では普通に見えてしまいます。 日本人の嫉妬フィリピナ―はヤキモチが多い [続きを読む]
  • 老後の不安はありませんか!
  • 老後の計画現役で活躍なさっている皆さん!老後の事を考えて不安はありませんか!いずれ私たちは誰かのお世話にならなければなりません。子供、連れ添い、老人ホーム、のいずれかを選択しなければならない時が来ます。その時に自分一人だけの場合はどうしますか? 迷惑をかけたくない息子夫婦に気を使いながら生活をする事がいやだと考える方も少なくないと思います。老人ホームは入居するのにまとまったお金も必要ですし、毎月の [続きを読む]
  • お父さんを知らない子供たち
  • 日本語を話せないない日本人日本がバブル成長時期(1980年代後半)、多くの新日系人が誕生しました。日本へはジャパユキとして興行査証で出稼ぎ、中には身ごもって帰国したフィリピン女性も少なくありません。観光や仕事でセブに来てフィリピ―ナに妊娠をさせ逃げるように帰国した話も耳にします。このようなケースで生まれた子供は日本語は話せませんが日本人の血を引いています。 お父さんを知らない子供たち10数年前、アメリカ [続きを読む]
  • より豊かな生活を求めて!
  • 高齢化社会国内での団塊の世代の大量定年退職者の増加時代を迎え、定年退職者個人としては、その後の人生、残された余暇をどのように使おうかと思慮されている方は多いことと思います。子どもを育て上げ自由になった身で何をしようか、夫婦でどんな共通のライフスタイルを築こうかと考えられている方、健康状態、趣味、自己啓発、家庭事情、個人の目標、移住・定住希望者にはそれぞれのご希望があると思います。 各年齢層のバラン [続きを読む]
  • フィリピンで気を付けたい病気
  • セブの毒アリ日本ではヒアリ(毒蟻)でニュースになっていますがセブ島では十数年前から生息しています。小さなアリでも赤い蟻には気を付けてください。差されると痛みとかゆみがしばらく続き腫れますが虫刺されの薬を何度も塗っていると収まってきます。タオルなどに付着していると大変なことになります。Baygon(ゴキブリスプレーで退治できますが巣を見つけた場合はお湯や水で溺れさせることです。 熱帯性疾病セブで考えられる [続きを読む]
  • セブ島も女性も変わってきました!
  • 変わってきた女性も生活も日本で住んでいる時は、フィリピン女性と言えばフィリピンパブに勤めている女性しか見かけませんでした。セブ島に住んでみると、此方の中流家庭は思っていたのとは違ってました。 自宅にプール日本では気候もありますが自宅にプールのある家はとても少ないです。フィリピンでは中流以上の家には普通にあります。 中流家庭フィリピンに住んでみると一般家庭の実態が見えます。部屋の広さも数も多いです。中 [続きを読む]
  • 年金だけでは不安の方に朗報!
  • セブ島近辺の海セブ島の海は透明度が高く10m先の海底が除けるくらいです覗けます。セブの海にはカラフルな多くの観賞用魚が生息しています。 珊瑚やイソギンジャクシュノーケルで覗くと、そこは巨大な水族館です。珊瑚やイソギンジャクの周りには多くの魚が集まっています。ポイントを変えると大型なナポレオンと出会う時もあります。 人気のあるクマノミ日本で人気のあるクマノミは多くの種類がいます。イソギンジャクと自分の身 [続きを読む]
  • 日本と海外の違い
  • 日本との違い海外にロングステイ、海外移住をした時に良く感じる事のなかに、私たちの常識とその国の考え方の違いです。例えば、フィリピンで車の中からタバコの吸殻など捨てる方をたまに見かけます。始めてみた時は怒りを感じましたがしかし、現地の方に聞くと全ての人がその行動に対して悪いとはいいません。何故かというとゴミを捨てる事は清掃をする人に仕事を与える考え方。これは単なる屁理屈で理解できませんでしたが、最 [続きを読む]
  • 海外から見た日本と今と昔
  • 海外から見た日本日本に居てマスコミ情報だけで判断する日本と海外から日本を見た場合は少し違うような気がいたします。海外から見た場合は情報も日本以外からも入ってきますので第三者的な見方ができるからだと思います。日本にいたときのフィリピン日本に住んでいる時のフィリピンは途上国で貧しい国のイメージで見ていました。ジャパユキさんと言われ安いサラリーで出稼ぎに来ているフィリピ―ナの見方です。その当時はまさか中 [続きを読む]
  • セブ島で第二の人生の扉をノック!
  • セカンドライフ定年になられ日本で一人寂しく過ごされている独身男性の方も多くいると思います。子育てが終わりご夫婦でゆっくりの時間を過ごしたい方も多いでしょう。 人生の扉を叩いてみませんかセブ島に在住している日本人は大勢います。フィリピン女性と結婚をして第二の人生をエンジョイなさっている方が多く見かけます。ご夫婦で空気のきれいな山の方へ移住なさっているヨーロッパの方々が多くいます。 自然災害が少ないセ [続きを読む]
  • 可愛いフィリピ―ナ
  • フィリピ―ナフィリピンパブがめっきり少なくなった日本、全盛期に比べると働いている女性の年齢も高く、日本人と結婚をして定住者査証を持つ方が多くなりました。フィリピンへ来ると若い女性が出会いを待っています。 混血女性が多いフィリピンにはピュアーなフィリピン人とスペイン系、中国系、アメリカ系のハーフの方が多くいます。 美人の条件フィリピン美人の条件には色白、美肌がかなり大きいポイントとなります。夕方から [続きを読む]
  • 英語留学は飽和状態のセブ島
  • 人気のセブ島セブ島を選ぶ理由の中でも格安で英語が学べて比較的治安が良いことのようです。英語留学者が急増していたセブ島ですが最近は閉鎖に追い込まれている学校が目立ってきました。以前は多くの英語学校が進出していましたが昨年あたりから飽和状態になり今後は大型校だけになりそうな気がいたします。 留学から就労へ一日6〜8時間のワンツーマン英語レッスンを受けて寮費、食費込で月20万円くらいが多いです。6ヶ月間英語 [続きを読む]
  • フィリピ―ナと結婚
  • フィリピ―ナと結婚国際結婚はお互い文化や習慣が違う男女が結ばれるのですから同じ国の方より大変なのは当たり前です。私は妻と生活の拠点を日本に置いてた場合は上手く行ってなかったのではと考える時があります。ここセブを拠点としたからうまくいってるのだと考えます。 日本での生活日本の場合、年齢が離れていると周囲からは余り良いイメージでは見られないと思います。でもセブでは歳が離れての国際結婚をしている方が多く [続きを読む]
  • セブ島を満喫するには(保存版)
  • セブ島の魅力セブ島といえば海、マリーンスポーツ、それにアイランドホッピングです。 スルパ島スルパ島は上陸費やコテージレンタルが安くBBQも可能です。少し波が高い時でもこの島は大丈夫です。あまり混み合いませんのでゆっくりできる島です。BBQが可能な島です。上陸費は1人150ペソでコテージは200ペソです。 カオハガン島最近は中国人と韓国の観光客が多く日本人観光客が圧倒されていますが人気の島です。この島もバ [続きを読む]
  • フィリピン美女とお付き合い
  • 移住目的フィリピンで移住を決めるにはいろんな目的があると思います。特に定年を過ぎた方の場合はゴルフや英語を学ぶなどの目的が多いようです。 独身移住目的のひとつには第二の人生をエンジョイする目的で来る方も多くいると思います。中には若いフィリピン人を奥さんに迎えて余生を送りたいと考えてる方もいるでしょう。また自身が介護を要した時を考えて一緒に生活をしてくれる女性を探す場合もあると思います。 相手の選び [続きを読む]
  • 第2人生の選択肢
  • セブ島のロングステイあなたのリタイア後の人生の選択肢として、フィリピンセブ島でロングスティを考えてみませんか!フィリピン政府では、フィリピンでの長期滞在者を促進しております。セブ島の美しい自然の中で、日本で生活していては、味わえない幸福感を味わってみませんか!何故、移住を望むのでしょうそれは、一つに日本人が忘れてしまった大切なモノがフィリピンにはあるのです。あなたの子供の頃の日本を振り返ってみてく [続きを読む]
  • セブ島の楽しみ方
  • 女性同士の旅女性同士の観光が多いセブ島です。青い空と海を求めての旅です。 女性だけの旅行最近増えてきた女性だけの旅行。セブ島はマニラのイメージと違って治安も良く、安心して海が楽しめるからです。 皆で楽しんで男性抜きの女性同士の旅行は楽しそうです。白い珊瑚の砂浜と海と青い空は最高! マリーンスポーツを楽しむ風を切って進むボートはとても気持ちがいいで、ストレスを解消してリセットできる瞬間です。 パラセーリ [続きを読む]
  • フィリピ―ナの休日
  • 珊瑚の砂浜と海日本は夏休み!国内旅行より安いセブ島旅行!アイランドホッピングの素晴らしさは空と海と魚と白い砂浜です。 ギャル女性同士のホッピングが人気です。若いっていいですね!周囲を気にしないで楽しめる貸し切りボートのホッピングです。 島でお食事お好みに合わせた食事を用意してお昼です。BBQも楽しめます。島によっては飲食物を持ち込むことができないのでご注意ください。 癒しの海時間によっては満ち潮、引き [続きを読む]
  • カラオケ店の女性たち
  • 日本のお店が集まっているASFツナ通り日本人通りと言われるくらい日本食レストランや日本式カラオケ店がある通りです。日本人経営のお店なので日本の料金体系も似ており安心して楽しめるお店が多いです。 KTVの交流旅行者を除いてお客さんは殆んどが同じ客が飲み歩き廻りをしているのが実態です。接待する女性も以前はそこの店、あそこの店に勤めていた!と店を転々としています。 女性同士の交流同じお店で働いていた友達が移 [続きを読む]
  • セブ島生活は安くはありません
  • 第二の人生定年になられ日本で一人寂しく過ごされている独身男性の方!新しい人生の扉を叩いてみませんか!セブ島に在住している日本人は独身男性を含め大勢います。フィリピン女性と結婚をして第二の人生をエンジョイなさっている方も多く見かけられますが計画を立て行動をしないと危険です。フィリピンだから安くと考えたら大間違いです。 物価の安さ日本での年金生活は国民年金で月7万円〜で、当然貯蓄を切り崩しながらの生活 [続きを読む]
  • 海が似合うフィリピ―ナ
  • フィリピ―ナの休日フィリピ―ナは海が近くにあるので泳ぎが得意かというと意外とそうでもないです。それは肌が日に焼けることを嫌い、フィリピンでは色白がステータスと考えられているからです。 お久しぶり女性同士のアイランドホッピングが最近増えています。日本人客も女性同士が目立ちます。できればツアーでなく仲間だけのプライベートが楽しいです。フィリピ―ナと海いつも明るい性格は日本人にとってうらやましくなる時が [続きを読む]