紫陽花ちゃん さん プロフィール

  •  
紫陽花ちゃんさん: 紫陽花ちゃんのきまぐれ日記
ハンドル名紫陽花ちゃん さん
ブログタイトル紫陽花ちゃんのきまぐれ日記
ブログURLhttp://ajisaichan.blog23.fc2.com/
サイト紹介文大人のピアノ、お買い物や趣味など自分の備忘録として、つらつらと書いています。どうぞよろしく♪
自由文子供の連弾と共に20数年ぶりに再開したピアノに自分がはまり、今や、音検3級、英国王立音楽検定のピアノ実技グレード5、音楽理論はグレード4を取得し、音楽全般を学んで楽しく弾いています。もっと弾けるようになりたいと思いつつ、技術はあまり進歩していません。弾ける時はアップライトで、夜中なら電子ピアノで練習しています。音楽(ちと古い洋楽など)と映画や絵画も好きです。別の顔は野球少年母です。どうぞよろしく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/12/21 22:05

紫陽花ちゃん さんのブログ記事

  • あんぱんっぽい、ちぎれパン
  • 酒粕酵母はこの方の方法に習って起こしてみました。 初心者でも簡単★ペットボトルで酵母作り by クック6FUOSM☆*酒粕、水、スターターに先日の自家製レーズン酵母液ちょっと、糖分ははちみつちょっと。起きたんです。今まで失敗続きだったのに。酒粕酵母で作るパンといえば、あんぱん?あんぱん作り方わからないけど、最初のパンから冒険!ちぎりパンにあんこ入れればいいんじゃないかとσ(^_^;)分量(1斤がちょうどうちのホー [続きを読む]
  • カンパーニュっぽいパン!
  • 自分で起こしたレーズン酵母液が元気な方だと思ったので、昨日、カンパーニュ風パンを作りました。前種作らないパターンで、かつご飯入りです。備忘録なので、安定するようならクックパッドに登録しますが、まだ改善余地ありです。発酵かごは無いので、セリアで買ったプラざるです。プラボウル付きで100円。籐のみたいに振るい粉がつかないので、オリーブオイルで内側を湿らせて、ざるに強力粉をつけました。焼く時に、パン側に粉 [続きを読む]
  • 保険! だった。次回もか?!
  • 保険のCMを見ると、ピアノの発表会の曲を変更した時の自分とかぶる。何故かブラームスの存在が元彼の方(=捨てられる方の保険)って感じでσ(^_^;)保険のブッフェのCMで、「幸せにはきっと保険が必要だ」っていう正論?というか元彼の悲しさを吹っ飛ばすようなドライなコピーが出て終わる(苦笑)。「猫ふんじゃった...のもっと大変な感じに...」(曲を決めた時のブログ)その後、ずっとブラームスに取り組んでいたのだが、バッハ [続きを読む]
  • 先発完投でなくてもσ(^_^;)...なパン作り
  • レーズン酵母起こしはとりあえず、先日書きましたが、これは酒粕酵母起こしの備忘録です。酒粕酵母は起きなかった、でも工夫でパンにした酒粕酵母液作りは結果から先に言いますと、今回四回目の失敗です。4回失敗したら、やはり別の方法を考えるしかないです。野球だったら「酒粕!お前、二軍で調整して来い!」って感じでしょうかσ(^_^;)?このままでは終わりにしたくありませんが、形としては仕切り直しです。この酒粕(一ノ蔵 [続きを読む]
  • 初めての自家製酵母パン!
  • いつか細かく整理して、美味しいパンを追求していきます。(ピアノの練習記録を主に書いていたブログがどんどん変わっていっています笑)焼きたてのパン、食べる幸せ♪酵母液からの実験でパン作りo オイルコーティングされていないレーズンo 練り粕と言われる酒粕この2つで酵母液をそれぞれ作って、ホームベーカリーで天然酵母な食パンを作ります。備忘録なので雑ですみません。できるだけ、後に改良していくつもり。失敗の少ない [続きを読む]
  • まだ構造が理解できてない...押さえなくていいところ。
  • ブログにクラリネットのカテゴリも作りました。不定期に教えていただいてます。ぼちぼちと練習しています。まだレッスン3回目。ハープと合奏したいと思っている曲「アフトン川の流れ」で、指導していただきました。前回と今回の間に新しい「マウスピース」を購入しています。リードは最初に買ったものがあり、まだこれ、というのは選んでないし、選べるレベルでもないです笑。o 楽譜に私のレベルにあった、ブレスの位置を確認。o [続きを読む]
  • コネの裏技?!象印のホームベーカリー
  • 私はこのホームベーカリーを買って、パンを作り始めたのはこの家に引越してすぐの頃でした。もう15年越えてます。過去のブログに購入記を書いてたかな?と思ったらその頃のブログ、作ってたサイトが消えたんだ笑。いくつかお引越ししてしまうとせっかく備忘録で書いていたものがみんななくなっちゃいますね。当時から、いろんなレシピを試しながら作っていましたが、こんな裏技は使ったことがありませんでした。「すぐにこねを行 [続きを読む]
  • 脱力と重力と柔軟性
  • ヴァイオリンのレッスンの覚書手首、指先の脱力、柔軟性が、右手のボーイングでも大事。上げ弓、下げ弓に腕だけ、持つ指だけでなく、どうやって柔らかく手首や指弓を使えるかが音色に。左手の手のひらにふんわりと右手を下ろす、上げるの練習。左手の毎日の練習。指の独立。曲は次の曲に。移弦の練習。この方の2曲目が今回の練習曲。1曲目が練習の移弦の部分。何言ってるかわからないけど笑、自分のレッスンでちゃんと指示を受け [続きを読む]
  • 指の独立、プラス手首など。あー、長いトリルが...
  • ピアノの発表会は5月です。あとひと月くらい。長いトリルが前回のレッスンで私は指2本の動きだけで頑張ろうとしていて汚いことが。指は隣同士の指で指関節だけで動くより、離れた指を2本使って、柔らかく手首の回転(ひねり)も加えた形で行く方がいい。頭でわかっても、自分の手はいうことを聞きません。Youtubeを見てもあんまり手首まで動く必要のない簡単なトリルみたいで笑、他の人は苦労してない。タラタラタラタラの速い [続きを読む]
  • 科学的なことがわからなくても、自分の目で見たかったり笑...
  • 酒粕から酒粕酵母を起こして、パンを作りたいと思ったんですが、どうも、いないのか、起きないのか、ブツブツしてきません。現在3作目にもトライしていますが、作り方がまずいのか、選んだ酒粕が食用加工として殺菌されているのか。「天然酵母の観察日記を書くアドバイスのページ」「酵母を顕微鏡で見る(UCCA 手作りパン教室さんのブログ)」こういうのを見てると、容器の中で起こる変化を自分の目で見たくなったりします笑。誕 [続きを読む]
  • パンの本を買う
  • ピアノの本、バイオリンの本...。そう簡単に本読んでうまくなるわけではありません笑。体の使いの本もいろいろ増えてます笑。最近、パンのこと、ググったりはたくさんしていたのですが、本はありませんでした。でも、古本で一冊ゲットしました。まだ読み始めたばかりです。【中古】 パン「こつ」の科学 パン作りの疑問に答える /吉野精一(著者) 【中古】afb価格:649円(税込、送料別) (2017/4/4時点)こんな感じで結構安く売って [続きを読む]
  • ちぎりパン、今度は雑穀米で
  • ピアノのレッスン備忘録だったブログも、あちこちに話題が発散してますね笑。すみません、パン作りが増えてきたので、カテゴリをパンってのを追加しました。これまでの料理に入ってます。そのうち、直します。いや、これからのものだけ分類します。今日は昨晩に2次発酵を冷蔵庫で行った、ちぎりパン作ってレシピアップしています。 寝て待つ2次発酵♪雑穀米入りちぎりパン by ajisaichan雑穀米ブレンドは生協で買っている15穀米 [続きを読む]
  • 甘酒パン、そして酒粕酵母起こしなど...
  • 実験失敗1:甘酒を水の代わりに入れた少なめのドライイーストで天然酵母コースで焼くパンは作ったけど、分量に問題があったのかあまり膨れなかった。おいしかったんだけど。パンに詳しいお友達にちょっと失敗したパンの分量眺めてもらったのだけど、ご飯が多すぎるのではと。クックパッドでみた量だったのだけど、あそこ、たまに本当にそれで成功するか?という分量のものもあるので、見間違えか、たまたまその人のその時の条件で [続きを読む]
  • 指弓と次回練習曲など...
  • 左手の弦を押さえる方もぐちゃぐちゃですが、本日のレッスンの覚書を。弓の動き。きたない音がいつまでも出てる。指弓の練習をして、指で弓の制御がもっとできるようにならないときたない音が出続ける。次の練習曲には移弦があるので、ひじや腕でなく指のコントロールで綺麗に。まだまだ基本ができてないし、指の独立。いろいろ課題が山積み先生のYouTubeにもありました。指弓について運弓のこつ少しずつ曲や練習の難易度が上がり [続きを読む]
  • ちぎりパンにも挑戦で
  • 無印良品のこれが良いと読み、買いました。ホーローの保存容器です。クッキングシートを引いて、使えば焼きまで、活躍!(二次発酵完了の頃)(綺麗にちぎりパン完成!)(三個食べた後。容器に戻して、食卓に出してもいい感じ。膨らんでるから、蓋はできないけど)こんな感じで、一斤分のパン生地でちぎりパンを作る時に、ベンチタイムに休ませる時には、密閉の蓋がある。オーブンで二次発酵もできるオーブンで焼きもできる完成したもの [続きを読む]
  • ドライイースト入れに
  • ドライイースト。最近パンをよく作るのでホームベーカリー一回分ずつになってないドライイーストを。ドライイーストを天然酵母コースで焼いて少量にしたり、膨らみが不安で少し多めに入れてみたり、3gの袋になってるとゴミも増えるし、加減しにくいから嫌いなのだ。かといって、毎回、ジップロックに先を折って使ってる袋のままは使いにくい。ネットを検索すると、小さめのハチミツ用の容器に入れてるというのも見つけました。大き [続きを読む]
  • 家に増える楽器演奏のための、身体の本
  • けっこう長く続いていたおばさんのための筋トレ?カーブスをやめ、現在は楽器にかかわることが私の運動だ笑。この本を読んでいます。ヴァイオリンです。ヴァイオリンを弾くための 身体の作り方・使い方 基礎編【送料無料】【smtb-u】価格:3240円(税込、送料無料) (2017/3/2時点)ここにきて、身体が指が全然動かなくて、運動神経のなさ、不器用さで落ち込んでいましたので、この本にある、スロースターターのあるある!な現実の部 [続きを読む]
  • まじめなパンは少ないんだけど...
  • 先週、クックパッドのレシピ作成デビューしました笑。まだ4つしか登録してないし、これまでほとんど見て作るだけだったんだけど、無料だとお気に入りに登録できる数に制限があるんで、それならいっそ備忘録としてつくれぽとかアレンジレシピは登録しちゃおうということで。ホームベーカリーで作るパンだけです。料理、最小限のことしかできないし、器用じゃないしね。酒粕とか甘酒とかその辺を入れたパンも作りたいなって思ってま [続きを読む]
  • 指が開かない
  • ヴァイオリンはFメジャーのスケールで、自分の左指は何て開かないんだろうというところで困っている。指の独立も問題だが、先生のいう人差し指と中指の間を開いて、小指を遠くまで伸ばすことが全くできない。音階やアルペジオでの訓練や、肩甲骨やあちこちを意識しても進展している感じがまるでない。正しい音程を出すために前の音を早くあきらめてしまって、次の音に全力でとりかかるっていう方にばかり、気持ちがいってしまって [続きを読む]
  • 和音
  • 昨日はピアノレッスンでした。いつも躓くところ。和音です。私は手が大きくないのもあって、和音は一生懸命に、それも同時に同じ大きさで鳴らせるようにっていう感じにがんばってしまうことが多く。それがたとえバロックのカデンツであっても、聴かせたい音がソプラノ(一番高い音)であっても、指の特性で親指で打鍵する音が耳障りに。譜読みや初見ならまだしも縦のつながりだけでなく、メロディとしての横のつながりを大事にして [続きを読む]
  • まだまだ読めてないけど...
  • 昨年ですが、お友達に勧められて、「シーモアサンと大人のための人生入門」という映画を観ました。まだロングランで上映中だし、内容には触れないようにします。ピアニストからピアノの先生になっている方のドキュメンタリー映画です。そのシーモアさんのすでに出版されている本「心で弾くピアノ」という本を最初は図書館で借り、これは手元に置こうということで購入しました。厚いんです。長いんです。いいことも書いてある。でも [続きを読む]
  • ヘ長調。ヴァイオリンだと...
  • 今日はヴァイオリンのスカイプレッスンでした。レッスン記はとりあえず書くかどうか未定の保留で。音階でヘ長調。ピアノだと1つだけフラットで難しくない調ですが、ヴァイオリンだと、楽譜は読むのには困りませんが、左手の運指は何か難しいです。不器用で手が小さいからかもしれませんが、4の指(小指)が下りの音階で攣りそう。ちょっとだけWikipediaを調べてみました。ヘ長調抜粋しますと、「ヴァイオリンにとっては、必ずし [続きを読む]
  • でこぽん入りなご飯ぱん!
  • 蜜柑やでこぽんなど、柑橘系の頂き物が多い我が家です。どう食べるか検索するとパンでも食べられそうなことがわかりました。「 みかん大量消費に★みかん食パン★ HB 」ただ、うちの象印のホームベーカリーはちょっとくせがある。私はご飯入りのパンしかもう作らないつもりなので、それを考えながら、この方などのレシピをみながら決めました。この量で初挑戦です。でこぽんの知名度が高いのでブログタイトルはでこぽんになってい [続きを読む]
  • 没後250年は
  • 私の習っているピアノの先生は、夏にお楽しみ会を開催してくださることが多いです。結構、楽しみで、普段練習しない曲、普通発表はできないレベル笑の楽器演奏、なんでもあり、な催しです。えー、普通に吹いてあんなに綺麗な音を出せるんだーってびっくりするような小学生の女の子のソプラノリコーダーの演奏があったり、移調楽器なはずなのに吹くということだけが共通の違う種類の管楽器をお披露目している大人の男性がいたり。私 [続きを読む]
  • 弾けない時は頭...その2
  • 聴くこと以外は読むことができる。まず、イタリア協奏曲というのは今日の通称で、「イタリア趣味による協奏曲」と記されていた曲だったようです。前に曲を選んだ時にブログに書いていたかな?と思って調べたら書いてなかった。下書きでやめてしまったようで。バッハはドイツから外に出ていない。イタリアに行ったこともない。電気もなかった時代です。楽譜を手に入れたり、音楽会に出向いたりする以外は得られない時代。イタリアで [続きを読む]