ネコ助 さん プロフィール

  •  
ネコ助さん: カナミっつあんのブログでGoo!
ハンドル名ネコ助 さん
ブログタイトルカナミっつあんのブログでGoo!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saisyohagoo_1959/
サイト紹介文単身赴任になって、家庭菜園から、日曜大工・DIY・工作関係の紹介が増えました〜
自由文家庭菜園の様子(実家・自宅・赴任先の人吉)を載せていましたが、最近は日曜大工・DIYです。50過ぎのオヤジが単身赴任時間の余生を楽しんでいる様子です。ホームページも作っています。良かったらお立ち寄り下さい。
ホームページのURL
http://heartland.geocities.jp/nyankororin_mike_tama/index.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/12/23 13:33

ネコ助 さんのブログ記事

  • 熊本県美里町のフォーレストアドベンチャーに行ってきました!
  • 2017年9月13日(水)前日からの休み2日目今日は、山都町の通潤莊をチェックアウトするやいなや『フォーレストアドベンチャー』に直行ここは、熊本県美里(ミサト)町の緑川ダム湖畔に、2015年5月オープンした、フォーレストアドベンチャーです地図の様に、緑川ダム湖を見下ろす、美里ガーデンプレイス家族村にあります。美里町とは、2004年に、中央町と砥用町が合併した町で、3333石段・地獄の超きつい日本一の石段 [続きを読む]
  • ジャンボニンニクとジャガイモの植え付け
  • 2017年9月10日親父が一人暮らしになると、先ずは、庭に草が生え始め、そして菜園は雑草に覆われる〜まさに松尾芭蕉の奥の細道 『夏草や兵どもが夢の跡』の言葉が出てきます。「三代に渡って栄えた藤原氏だが、蝦夷の攻撃を受け滅ぶと、それも一時の夢と消え、今では草が生い茂るばかりだ。」まあ、それは一般家庭も同じ、どこの空き家の庭も、放置菜園もこんな感じです。でも、うちには未だ強者の親父(92)が生きてい [続きを読む]
  • 薪割り
  • 2017年9月2日(土)前回までは、山から実家に持ち帰り、小径木は家に持ち帰り、大径木は実家の納屋に降ろしていることを繰り返していました。いよいよ、薪ストーブ用の薪割りにかかりました。 実は、薪割りは小学生の頃からやっていたので、要領は分かっていました先ずは、薪割り台座を作りますなるべく平面(綺麗な円筒形)で、径が揃っている丸太と、鉄杭を4本準備し、4隅に杭を打ち込み固定します 薪割り要領① 丸太 [続きを読む]
  • 山都町 八朔祭り 行ってきました!
  • 2017年9月3日山都町の八朔祭りは、この時期地元テレビのニュースになるお祭りですが、実際に見るのは初めてでした。ただ、八朔といえば、柑橘類のハッサクみかんが浮かび、『ハッサクみかんの産地でもないのにどうして、ハッサクの祭り』の疑問は、子供の頃からずっとありました。そこで、これを機会に調べてみました。『八朔』=(ついたち)の読みで、時期的には稲穂が実り始める旧暦の八月朔日と分かりました『目的』=当 [続きを読む]
  • 薪ストーブの薪伐採②
  • 2017年夏〜今日も、伐採と丸太の搬出に汗を流しました。前回の報告の様に、落ち葉・腐葉土の搬出により、歩きやすくなりました。 この日に先ずやった事は、昔の畑の上がり口の傾斜部分への階段づくりです。滑って尻餅を着いたら、それだけで腰を痛めます。孟宗竹を切って、簡易な階段を設置しました。今回も、ハプニング的なところだけ載せます。これは、切断してもダルマ落とし的に、綺麗に積み重なったままです。 理由は、 [続きを読む]
  • リモコンスイッチを修理するの巻!
  • 2017年8月27〜29日先ずは昔話から〜約45年も前の僕が中学生の頃、11PMというエッチな番組が始まりました。同級生同士では、『藤本義一が一番エッチとか、いやいや大橋巨泉、愛川欽也が面白い!』とか、ともかく翌日の話題についていくためには、観なきゃいけない両親が早く寝ないかと心待ちにしながら、イヤホーンとタオルを準備して寝るのを待ちました。いよいよ寝ました。二階の階段から暗くなった1階を見下ろし [続きを読む]
  • 土づくり・腐葉土の収集
  • 2017年夏昨年の母の入院・死去で、親父(92歳)は、一人暮らしとなり、体力的にも力仕事が出来なくなりました。そうなると、一人息子の自分に降りかかって来たことがたくさん出てきます。その一つが家庭菜園の管理です。草取りもそうですが、作の出来が悪くなり、土がだんだん痩せていっているのがわかります。そこで、基本的な土づくりから取り組むことにしました。もちろん購入堆肥をたくさん入れても良いのですが・・・・ [続きを読む]
  • 薪ストーブの薪伐採①
  • 2017年春〜夏2016年4月の熊本地震被災の自宅改装に合わせて、かねてからの羨望の『薪ストーブ』の設置を、リビングに計画しました。僕の中での薪ストーブは、単なる贅沢品ではありませんそれは、実家の山の管理、雑木の処分という燃焼器具でもありました。この写真は、祖父祖母の食糧難の時代、戦前、戦中に山を開墾し作ったという、地形に添った細長い(元)畑です。子どもの頃は、実際、ここで大豆やカライモを作って [続きを読む]
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展!
  • 2017年8月10日今日は、午前中にお休みを頂き、かねてより計画の『エヴェアンゲリヲンと日本刀展』を観に、熊本県立美術館分館に行きました。ところがなんとまあ、一番乗りをめざして勇んで出かけたのは良いけど、開館時間を9時からと勘違いして、30分も待つ羽目になりました!まあ、お陰で一番乗りでした。最初のお出迎えは、映像による『日本刀の製作工程』でした。ネットでは何度も観る工程ですが、2回も観てしまい [続きを読む]
  • ゴーヤジュース!マズイ〜もう一杯!
  • 2017年8月5日今年もグリーンカーテンには、毎年食べきれないほどのゴーヤがなります。料理で食べるのも飽きるから、ほとんどは毎年ゴーヤジュースにして居ます。 忙しい時のジュースはミキサーで作り、土日に時間がある時にはジューサーってパターンかな?ゴーヤのワタをスプーンでかき出し、適当に刻みボウルで待機。後は、ジューサーで一気にジュースに。ゴーヤを搾ると、泡が立つのが不思議?やっかいモノです。保存容 [続きを読む]
  • 竹照明作ったぞ〜!
  • 2017年6月〜7月実は、前々回報告の、 物干しハンガー の孟宗竹の余りが転がっていました。妻がそれを見つけて、『この竹で、竹照明を作りたいから、半分に割って、節も皮も出来るだけ削って、薄くしておいて!』・・・・とリクエストしてきました。『おやおや、”竹明かり”に影響されらしたつばい!オレにふって来るとは、都合のイイヤツ!』と、前作の物干しハンガーは、全く喜んでくれなかったので、内心やる気は湧かな [続きを読む]
  • 壁掛け扇風機の配線、隠したぞ〜!
  • 2017年7月8日熊本地震で風呂場がやられて、その復旧工事の余波は、洗面所・脱衣所に及んで、否応なしに新しくなりました。震災前には、壁掛けの扇風機で風呂上がりに涼んでいたので、やはり必需品、壁に取り付けました。とりあえずの設置なんで、延長コードで床に這わせていましたが、どうも見苦しいし、足にも絡むそこで、目隠し配線をすることにしました。ホームセンターに走り、配線コードと、配線隠しのカバー、コンセン [続きを読む]
  • 竹製 60ピン物干しハンガー 作ったぞ〜!
  • 2017年7月1日物干しハンガーって、日ざらし野ざらしのため、老化で壊れて当たり前。洗濯ばさみなら取り替え工夫もありますが、本体の枠が折れると、どうしようもない普通なら廃棄でしょうそこで、孟宗竹のストックがあったので、竹製の物干しハンガーを作ることにしました先ずは、使える洗濯ばさみを外しました。再利用、追加モノもあり、カラフルです。竹照明製作のため保管していた、90cmの孟宗竹ストックを材料にしま [続きを読む]
  • プリンターヘッドが認識されない?洗浄してみました!
  • 2017年6月17日パソコンを持ち始めて、プリンターはどうしても必需品インクも高いし、本体ももう4台くらい買い換えた維持費の高い周辺機器だ数年前に、5台目のとして奮発して買ったキャノンのMX893複合機。順調に使っていたら、去年の震災後、突然『プリンターヘッドの種類が違います(U052)』とエラーが出て、パッタリと印刷できなくなった震災後の改装等もあって、いろいろ忙しくて、数ヶ月放置していたもしか [続きを読む]
  • ズボンのウェスト拡張縫製の挑戦!
  • 2017年5月上旬中年になると、腹は出るばかり〜そして入らなくなる洋服は増えるばかりもう4〜5年前の事ですが〜『農業大学校は、ともかく汗まみれになるから、作業服が欲しいなあ〜』と言っていたら、妻は日を置かずして気前よく4本もの作業ズボンを早速買ってきてくれましたしかし、よく見ると全てMサイズ『なんでMなんか買ったのLでないウェストと入らんよ』それに対して妻曰く。『だってコレ、特売で安かったもんゴム [続きを読む]
  • 手づくりナタ③(柄(取っ手)・鞘(さや)づくり完成編)
  • 2016年12月4日(土)写真の記録を見たら、母の危篤の電話が鳴る前日の事でした。暢気にこんな事して居たんですね。さて、刃物づくりは、刃物だけでは終わらないのがやっかい?楽しみでもあります。それは、(柄(ツカ=取っ手)と鞘(さや)です。どちらもこれ無しには、危ない取り扱いとなります。ストックの3年乾燥の樫の枝から適当なモノをツカに使う事にしました。ナイフとカンナで樹皮を剥いで白い肌を出します。まだ [続きを読む]
  • 手作りナタ②(焼き入れ・仕上げ研ぎ編)
  • 2017年1月中旬さあ、やっと焼き入れ前の研ぎが終わった。鎬(しのぎ)部分は、焼き入れ後にはもう研がない〜酸化鉄のままにしておきたいので、今の内にと仕上げ研ぎまで鏡面仕上げ〜一方、刃の部分は焼き入れ前だから、切れる刃にはしていない。中研ぎ段階でストップし、焼き入れのタイミングを待っていた。焼き入れ前の水桶準備〜長モノなので、園芸の土桶を利用した。樹脂製なので、熱い鉄を投げ込めば、底に穴が空くかも? [続きを読む]
  • 手作りナタ①(鍛造編)
  • 2016年11月年末を控えて、職場で不要品の整理がされた。その時出てきたのが、昭和53年購入(38年前)のシールがある壊れた裁断機(ペーパーカッター)。『コレダッ!鋼鉄製!これ使える!これで青龍刀みたいなナタを作ろう!』ネジを外して、さっそく頂いた。支点の穴はカットしなければならないが、刃渡り45cmは確保できる。帰宅後さっそく、ディスクカッターで穴の所で斜めに切断した。グラインダーで、面取り。2 [続きを読む]
  • お正月早々、包丁を研ぎまくりました!
  • 2017年1月2日元旦に実家で会った姉から、包丁研ぎを頼まれました。開けた包みを見ると、和包丁・洋包丁が多数。『いつでも良いから、研いで・・・』じゃ、いつ研ぐ?今、この三が日しか時間無いでしょ!ってな訳で、のんびり寝ていたいのに起き出しました。実は、和包丁の鉄製の刺身包丁や出刃包丁は、サビだらけでした。元日の実家で、予めサビを落として持ち帰りました。訳あって研ぎの場所は、玄関先にしました。先ずは道 [続きを読む]
  • ローリータンクへの排水バルブ取付け!
  • 2016年12月21日2015年度末、新規就農研修生の新たな作物(麦・大豆・ソバ・ゴマ等の畑作物)研修ほ場約40aを整備した ところが、ここには水道施設がなく、防除や手洗いの水にも事欠くと予想され、予め500リットルのローリータンクを設置していた。普通の購入したローリータンクには、排水口(写真左)しか付いていなく、4月の震災前には蛇口を取り付けて研修生を迎えていた。ところが、『この生活用の蛇口 [続きを読む]
  • 親父のために、転倒防止手すり付き段差昇降台作ったぞ〜!
  • 2016年12月17〜18日母親の退院、自宅生活と合わせて、福祉器具のレンタル業者から借りて設置した実家の、手すり付き段差昇降台。田舎の家の造りは、この手の段差が高い床が多い。高床式?かもしれないが、高齢者には危ない段差!12月上旬。母親の死去と共に、契約期間も消滅し、撤収となった。91才の親父には、再び45cmの段差が現実のものとなった。特に、降りる時の転倒は、骨折→寝たきり・・という予測がされ [続きを読む]
  • 菊芋掘ったぞ〜!
  • 2016年12月3日そもそも菊芋を作ろうと思った切っ掛けは、妻と父親が糖尿病と分かってからです菊芋 は、天然のインスリンといわれ、今はブームになっているとか・・・春に、2畝、総延長15m位に、菊芋先生からもらった種芋を植えていました夏には、ぐんぐん伸びて3m位にも伸び、秋には黄色いはなを咲かせました(本当に、花びらの長いヒマワリの小さな花の様です)冬になり落葉、幹も枯れていよいよ掘りとりです自家の畑 [続きを読む]
  • 猫(寅次郎)を彫る〜仕上げ・完成!祝:300件目の投稿!
  • 2016年7月18日三連休でどうにか完成させたい思いはありましたが、親戚の葬儀で没頭出来たのは最終日のみでしただから、早朝から、彫り始めました。ほとんど彫刻刀での細部の削りとなり、ご近所にも迷惑を掛けない静かな朝です。寅次郎の顎の下、喉の余計な膨らみを削ぎ落とし、口元も 浮世絵の助六 みたいに、キリッとさせました。 指先(爪)がやっかいです。材の榧(カヤ)の木が、細部の表現に、ついてこない〜 ついて [続きを読む]
  • 猫(寅次郎)を彫る〜中削り
  • 2016年7月9日雨が降れば、うっとうしいし、晴れたらいきなりムッと、蒸し暑いでも、出来る時に彫らなければ・・・という焦燥感で朝7時から作業場(駐車場)へ〜ノミを振うと、直ぐに、汗ダラダラところで、『あの人は、荒削りな人』・・・とか遣うが、中削りとは余り言わない。でも、ちゃんと工作方法用語では、『荒削り(主として工作物の仕上げに要する取り代(シロ)を残して切削すること)を施した後、加工によるひずみや熱 [続きを読む]