ネコ助 さん プロフィール

  •  
ネコ助さん: カナミっつあんのブログでGoo!
ハンドル名ネコ助 さん
ブログタイトルカナミっつあんのブログでGoo!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saisyohagoo_1959/
サイト紹介文単身赴任になって、家庭菜園から、日曜大工・DIY・工作関係の紹介が増えました〜
自由文家庭菜園の様子(実家・自宅・赴任先の人吉)を載せていましたが、最近は日曜大工・DIYです。50過ぎのオヤジが単身赴任時間の余生を楽しんでいる様子です。ホームページも作っています。良かったらお立ち寄り下さい。
ホームページのURL
http://heartland.geocities.jp/nyankororin_mike_tama/index.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/12/23 13:33

ネコ助 さんのブログ記事

  • 手づくりナタ③(柄(取っ手)・鞘(さや)づくり完成編)
  • 2016年12月4日(土)写真の記録を見たら、母の危篤の電話が鳴る前日の事でした。暢気にこんな事して居たんですね。さて、刃物づくりは、刃物だけでは終わらないのがやっかい?楽しみでもあります。それは、(柄(ツカ=取っ手)と鞘(さや)です。どちらもこれ無しには、危ない取り扱いとなります。ストックの3年乾燥の樫の枝から適当なモノをツカに使う事にしました。ナイフとカンナで樹皮を剥いで白い肌を出します。まだ [続きを読む]
  • 手作りナタ②(焼き入れ・仕上げ研ぎ編)
  • 2017年1月中旬さあ、やっと焼き入れ前の研ぎが終わった。鎬(しのぎ)部分は、焼き入れ後にはもう研がない〜酸化鉄のままにしておきたいので、今の内にと仕上げ研ぎまで鏡面仕上げ〜一方、刃の部分は焼き入れ前だから、切れる刃にはしていない。中研ぎ段階でストップし、焼き入れのタイミングを待っていた。焼き入れ前の水桶準備〜長モノなので、園芸の土桶を利用した。樹脂製なので、熱い鉄を投げ込めば、底に穴が空くかも? [続きを読む]
  • 手作りナタ①(鍛造編)
  • 2016年11月年末を控えて、職場で不要品の整理がされた。その時出てきたのが、昭和53年購入(38年前)のシールがある壊れた裁断機(ペーパーカッター)。『コレダッ!鋼鉄製!これ使える!これで青龍刀みたいなナタを作ろう!』ネジを外して、さっそく頂いた。支点の穴はカットしなければならないが、刃渡り45cmは確保できる。帰宅後さっそく、ディスクカッターで穴の所で斜めに切断した。グラインダーで、面取り。2 [続きを読む]
  • お正月早々、包丁を研ぎまくりました!
  • 2017年1月2日元旦に実家で会った姉から、包丁研ぎを頼まれました。開けた包みを見ると、和包丁・洋包丁が多数。『いつでも良いから、研いで・・・』じゃ、いつ研ぐ?今、この三が日しか時間無いでしょ!ってな訳で、のんびり寝ていたいのに起き出しました。実は、和包丁の鉄製の刺身包丁や出刃包丁は、サビだらけでした。元日の実家で、予めサビを落として持ち帰りました。訳あって研ぎの場所は、玄関先にしました。先ずは道 [続きを読む]
  • ローリータンクへの排水バルブ取付け!
  • 2016年12月21日2015年度末、新規就農研修生の新たな作物(麦・大豆・ソバ・ゴマ等の畑作物)研修ほ場約40aを整備した ところが、ここには水道施設がなく、防除や手洗いの水にも事欠くと予想され、予め500リットルのローリータンクを設置していた。普通の購入したローリータンクには、排水口(写真左)しか付いていなく、4月の震災前には蛇口を取り付けて研修生を迎えていた。ところが、『この生活用の蛇口 [続きを読む]
  • 親父のために、転倒防止手すり付き段差昇降台作ったぞ〜!
  • 2016年12月17〜18日母親の退院、自宅生活と合わせて、福祉器具のレンタル業者から借りて設置した実家の、手すり付き段差昇降台。田舎の家の造りは、この手の段差が高い床が多い。高床式?かもしれないが、高齢者には危ない段差!12月上旬。母親の死去と共に、契約期間も消滅し、撤収となった。91才の親父には、再び45cmの段差が現実のものとなった。特に、降りる時の転倒は、骨折→寝たきり・・という予測がされ [続きを読む]
  • 菊芋掘ったぞ〜!
  • 2016年12月3日そもそも菊芋を作ろうと思った切っ掛けは、妻と父親が糖尿病と分かってからです菊芋 は、天然のインスリンといわれ、今はブームになっているとか・・・春に、2畝、総延長15m位に、菊芋先生からもらった種芋を植えていました夏には、ぐんぐん伸びて3m位にも伸び、秋には黄色いはなを咲かせました(本当に、花びらの長いヒマワリの小さな花の様です)冬になり落葉、幹も枯れていよいよ掘りとりです自家の畑 [続きを読む]
  • 猫(寅次郎)を彫る〜仕上げ・完成!祝:300件目の投稿!
  • 2016年7月18日三連休でどうにか完成させたい思いはありましたが、親戚の葬儀で没頭出来たのは最終日のみでしただから、早朝から、彫り始めました。ほとんど彫刻刀での細部の削りとなり、ご近所にも迷惑を掛けない静かな朝です。寅次郎の顎の下、喉の余計な膨らみを削ぎ落とし、口元も 浮世絵の助六 みたいに、キリッとさせました。 指先(爪)がやっかいです。材の榧(カヤ)の木が、細部の表現に、ついてこない〜 ついて [続きを読む]
  • 猫(寅次郎)を彫る〜中削り
  • 2016年7月9日雨が降れば、うっとうしいし、晴れたらいきなりムッと、蒸し暑いでも、出来る時に彫らなければ・・・という焦燥感で朝7時から作業場(駐車場)へ〜ノミを振うと、直ぐに、汗ダラダラところで、『あの人は、荒削りな人』・・・とか遣うが、中削りとは余り言わない。でも、ちゃんと工作方法用語では、『荒削り(主として工作物の仕上げに要する取り代(シロ)を残して切削すること)を施した後、加工によるひずみや熱 [続きを読む]
  • 猫(寅次郎)を彫る〜荒彫り
  • 2016年6月下旬我が家で一番新しい家族の『寅次郎』・・・猫の紹介ではありません。1年ぶりの彫刻のモデルになって貰いました。イメージは・・・『目標の獲物に向かって、お尻をモゴモゴして、今にも飛びかかろうと構えている瞬間』ですが〜なかなか、思いどうりのポーズはとってくれません。アレコレ、体勢をイメージに矯正しようとすると、『なにするんだよ〜』てな顔つきでガブリッと噛まれ〜プリッと、どこかに逃げて [続きを読む]
  • 鍋の取っ手の修理!!
  • 2016年6月5日また、やっちまった鍋って修理するのって自問しながら、『鍋に穴が空いた訳でもなく、取っ手が壊れただけなら、修理してもいいんじゃ?』と自答して、新しい取っ手を作ってみました患者は、取っ手と鍋の固定部分の耐熱プラッスチック部分は欠けてグラグラ状態〜鍋の種類・デザイン・会社によっても、『取っ手取付部』は様々な方式がある。これは、ねじ込み固定の取っ手先ずは、鍋接合部の熱カバー部分の油の固形 [続きを読む]
  • 自転車通路拡幅
  • 2016年5月18日4月から、農業大学校研修部では、社会人の新規就農研修生として57名が入学し、それまでの45名程度から、大幅に増員した しかも、プロ経営者コース(11名:毎日)と実践農業コース(46名:月・水・金曜日)の受講とあって、週3日は、ほ場までの移動に、30台の自転車が全て使われてしまう事態となった。ところが、この自転車置き場は、旧男子寮の通路を利用しており、屋根を支える鉄柱 [続きを読む]
  • 木製スモーカー(燻煙器)にバージョンアップ!
  • 2016年2月〜3月2016年1月に作った  段ボール製 燻煙器 は、これでも十分使えたでも、研修生や学生の加工授業のために、数年間は使える頑丈なモノ〜つまり木製で作り直そうと、思い立った。果たしてその期限は3月いっぱいというのも、4年目満期も近く、異動可能性大を意識した。せっかくなら、バージョンアップしよう改善点①=前面に、開閉ドアを作り、食材の出し入れ、反転等の作業性を良くする。②=天板を開閉 [続きを読む]
  • 原木栽培シイタケ新規参入者研修会4回目・修了証書頂きました!
  • 2016年2月28日(日) またまた、遅れての報告です! いよいよ、最終の原木栽培シイタケ新規参入者研修会となりました。この日は、開講すぐ実習。森産業(株)の森竹所長から、シイタケ菌糸の活着調査や雑菌の侵入具合の調べ方を習いました。※以下、メモ起こしです。尖ったドライバーで樹皮を剥ぐと、薄い黄色がかった色の菌糸がビッシリとはびこっています。地面に着いたところには、土中まで菌糸が伸びて、土まで一緒 [続きを読む]
  • シイタケ苗木植え〜
  • イノシシにやられてしまった畑の利用をどうするかは、今後の農地利用にとっては、やっかいな問題だ!放置すれば、数年で木が生え出すだろう〜親父と相談して、クヌギを植えて、シイタケ栽培の原木を確保する事にした。そのためというわけではないが、『原木シイタケ』の講座を受講していた。原木シイタケ新規参入者研修会2回目原木栽培シイタケ新規参入者研修会 3回目親父と一緒に、カントリーパークの農協植木市で、クヌギの苗 [続きを読む]
  • 原木栽培シイタケ新規参入者研修会 3回目受講しました!
  • 2016年1月31日(日)ちょっと、遅れての報告です!前回 2015年11月29日の、原木栽培シイタケ新規参入者研修会 2回目から、早くも2ヶ月が経過しようとしていました。仕事が休みの1月31日・日曜日とはいえ、参加するためには色々と調整が必要ですね!さて勇んで出発し、午前8時には、林業研究指導所に到着しました!午前中は、講義で、林業研究指導所の研究員から、『しいたけの生理生態、栽培スケジュール』 [続きを読む]
  • 楽しい燻製〜ベーコンと卵の燻製完成!
  • 2016年1月29日2月01日は、においの日 ということで、なんとか今日中のアップを急いでいます。くまもと農業アカデミー:第2回 技術研修?畜肉加工 実習:ベーコンの製造(南稜高校)あれから1週間〜受講者各自による燻製づくりのために急いで作った手作り段ボール燻煙器29日、いよいよ、火が入れられました※僕自身は不在だったため、写真を撮影して貰っての報告です!1週間味付けのため漬け込んでいた調味料を洗 [続きを読む]
  • 手作り段ボールスモーカー(燻製器)を作ったぞ〜!
  • 2016年1月25〜27日製作先週の1月21日、くまもと農業アカデミー・農産加工講座が南稜高校で開催され、畜肉加工:ベーコン製造が行われた。その一貫としての、薫製づくりは、完成品の試食はあったものの、時間の都合で実習では仕込みを行い、各自持ち帰り、漬け込み期間を1週間おいて、自宅で薫製を作り上げること〜つまり、宿題となってたみたいだ。今週になり、職場では関係の先生から燻煙の話題が出始めていた。さあ [続きを読む]
  • 鉈(ナタ)の取っ手づくり
  • 2016年1月9〜10日2009年(平成21年)から3年間続けた単身赴任時の鍛冶屋通い〜異動もあって、それは終わった。このナタは、その禁断症状が出て、どうしてもトンチンカンやりたくて、我が家の駐車場で炭を熾して作ったモノ〜(アンタも好きね〜)ところがこのナタには解決しなければならない、問題点があった。それは、取っ手の部分。玄関のアルミ製ドアバーが折れたのを材料に作っていたモノ。アルミは柔らかいイメ [続きを読む]
  • 初仕事?日頃出来ない事にハマリ ハードディスクデータ復活!
  • 2016年元旦皆様、明けましておめでとうございます!年末年始は、酒とテレビばかりに惚けて居ないと、以外とポッカリと空いた時間があるものです。そんな時、悪い癖で、また始めてしまうのです。さて、このノートPC。人吉の単身赴任時代に、ワンコイン(500円)で購入し、メモリーやHD:ハードディスクの容量をアップして、4年間使っていた FMV−S8215 です。3年間の単身赴任も終わり、たくさんの思い出の写 [続きを読む]
  • 今年最後の日曜大工
  • 2015年12月30日晦日になっても、大晦日も妻は仕事。仕方なく一人で、アチコチ掃除をしていたら、リビングとサンルームへの入り口の床が、すり切れそうになっている事に気付きました。ここは、サンルームが洗濯物や餌場のため、人もペットも毎日何十人・匹と通る要所となっています。そこで、補修的に床を補強する事にしました。その床材とは、スミテック社の硬質塩ビ床材(@税込み334円=厚さ3mm・45.7cmの正方 [続きを読む]
  • 御用納め〜なのに来年の準備に汗をかく!
  • 2015年12月28日今の職場は早くも4年目となり、忙しかった年も、今日で御用納めのとなった。ホントに、忙しかった。通常の仕事に加えて、台風15号被害〜復旧ハウス申請〜そして、来年度から取り組もうとしていた『プロ経営者コース』新設のための予算要望〜一部可決での準備等、例年にない仕事が重なった。『プロ経営者コース』は、1年間の研修期間とし、一人1棟のハウスの栽培管理をやってもらい、収支も自分でやっ [続きを読む]
  • 原木シイタケ新規参入者研修会2回目
  • 2015年11月29日親はシイタケ栽培をやっていましたが、今は高齢となりやめてしまいました。その作業は、子どもの頃からやってましたが、もう40年以上も昔の事〜しっかりした技術を今のうちと、自分の定年を見越して、『原木シイタケ新規参入者研修会(全4回講座)』に参加して勉強です!研修は毎月1回の日曜で、今日は2回目の現地研修です。※このブログは、聴き取りメモを、自分自身の防備録としてまとめましたので、 [続きを読む]
  • 段ボール除草に精出す休日!
  • 2015年11月23日連休最終日〜勤労感謝の日なんで、日頃の勤労を癒す一日にしたかったが〜朝からジッとして居れない性格〜どうにかならないものか!天気予報では午後から雨が降るかも?と言う。『段ボールを栗園に敷いたら、濡れて密着する〜これはチャンス到来!』※栗園は年に3〜4回も草刈りしなければならない。除草剤は使わない。かといって除草シートを貼るには、膨大なお金が要る。光を遮断すれば草は生えない。なら [続きを読む]
  • 大分県豊後高田 昭和の町 行ってきました!
  • 2015年11月21日職場のバス旅行で、アフリカンサファリと豊後高田の『昭和の町』に行ってきました。この蔵づくりの建物は、もともと農協の穀物倉庫だったのを、『昭和ロマン蔵』に改装したものでした。駄菓子屋の夢博物館・昭和の絵本美術館・昭和の夢町三丁目館・レストラン旬彩〜がありますが、紹介順は入り交じっていてあしからず!昭和34年(1959)生まれの私は、どっぷりと昭和を生きてきたと言っても資格はある [続きを読む]