りょうちゃん さん プロフィール

  •  
りょうちゃんさん: 風まかせ「風太郎」日記
ハンドル名りょうちゃん さん
ブログタイトル風まかせ「風太郎」日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ryoutyann4286/
サイト紹介文愛媛の松山で気ままなおっさんのヨット(風太郎、Y-30S)ライフです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/12/25 23:45

りょうちゃん さんのブログ記事

  • 倉橋島海の駅へ
  • やっぱりお盆を過ぎると朝晩の暑さは幾分和らぎますなじゃあヨット泊しても大丈夫??って事でやって来ましたお気に入りの「倉橋海の駅」昼過ぎはまだ暑いのでタープを張って凌ぐ奥様は日陰から一歩も動きません・・・ところが、楽しみにしていた桂浜温泉が定休日!!    http://katsuragahama-spa.com/月曜日は定休日だったぁ〜!こうなりゃ仕方無いので港の中でザブン!序でに船底もゴシゴシ(;'∀') (この辺が貧乏性ですな [続きを読む]
  • ロシア人御一行様ご案内!
  • 実は最近回転計の動きがオカシイ事に気が付いていたエンジン音では2000rpm程度だと思うのに回転計の指示は1600rpmだったり1000rpm程度の回転でも指示は0rpmだったり。2GMエンジンの回転計の仕組みはエンジンのフライホイルに付いているギアの回転をセンサーで電気的なパルスとして検知して回転計に指示させるもの。動く部分の無いセンサーはまず壊れないので、問題は回転計だろうと思いコンコンと叩いてみた・・・・すると! [続きを読む]
  • 恐ロシア〜
  • 余りに暑いので今日もヨットで散歩に。。。。さて、エンジンを掛けるか。。。ん?! スロットルレバーが動かない。。なんでかな〜ってエンジンを見ると。。。。何と!!スロットルレバーのシャフトが錆び付いてる!!KURE556を吹き掛けてやると直ぐにスムーズに動くようになった。だけど、何故錆びたの??心当たりは有るけれど、それは又判明してから書きますね。そんな事をしていると外でロシア語が聞こえる!?出てみるとロシ [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑いですねえ毎日 (-_-;)はっきり言ってマレーシアより暑いです、もう熱帯です。エアコンが一日中回りっぱなしです。では海の上なら涼しいのでは?曇りの日を選んでBlueを出しましたやはり風に当たると涼しいですぶらりと野忽那島にやって来ました。久々です、皿山の展望台に登ってみましたが風が無くて汗だく(;^_^A以前は島のお年寄りが毎日散歩に登ってましたが現在は誰も登った形跡がありません。別の日には友人のシーホッパで [続きを読む]
  • 続々 Jelita初クルージング
  • さて、ブロン島の探検村の若い衆に頼んでバイクで買い物に連れて行って貰うモチロン未舗装のでこぼこ道を上がったり下がったりしながら15分で村の中心に到着黄色の星印がアンカリング場所で青い丸が中心地ここが中心地 (;^ω^)民家が数軒あるのみ乗せて貰ったバイク買い物も無事に済ませて船に戻り出航(ウイスキーの瓶には蜘蛛の巣が張っていたので買うのは止め)周囲のジプシー漁船は今日も船内でノンビリしている島に上陸する [続きを読む]
  • 続 Jelita初クルージング
  • 続きもう少しで岩山に打ち付けられそうな状況に半分パニック土砂降りの雨(スコール)なので一瞬カッパを着ようかと思ったが、とてもその余裕は無い、キャップだけを被ってバウに行く。見ればアンカーチェーンが左方向に出ているのでバウを左に向けるようにラットを握っているSさんに言うが、舵が全く言う事を聞かないらしく悪戦苦闘している。アンカーチェーンが緩んだ隙を見て少しづつ巻き上げて行くと船もやっと風上を向き出し [続きを読む]
  • Jelita 初クルーズ
  • またまたやって来ました赤い飛行機に乗ってエアーアジアのお陰で日本ーランカウイ(マレーシア)の往復が5万円程度でできます。(決して回し者ではありません)今年だけで3回目ですが、やっと艇の購入が決まり、保管場所も決まりました。ランカウイロイヤルヨットクラブ!!E桟橋の一番先端にBavaria42 Jelita未だ10歳の若い娘です。このE桟橋には大先輩の海潮音(森さん)やCIMA(松浦さん)が居てD桟橋には秋津洲も居ます。夕方 [続きを読む]
  • 花丸の見送りと整備
  • 6月5日、地元松山の「池川ヨット工房」の池川さんが遂に自作のヨット「花丸」で世界一周の航海に出発した。Sさんのヨットでお見送り一緒に見送りに出ていたSundayⅡの朝井さんから写真を頂きました。奥様と二人で5年ぐらい掛けて地球を一周するらしい。現在位置http://ikegawa-yacht.com/池川ヨット工房のHPで息子さんがブログを更新中です。松山が少し寂しくなります。『体力のあるうちに』と出航の動機を語っていましたが、同年 [続きを読む]
  • 小豆島ー瀬戸内海クルージング
  • 1月末に事故が有って3月初めに小豆島の岡崎造船に修理に持ち込み以来何だかんだで忙しくとっくに修理が終わっているのに取りに行けなかったが、やっと暇になりクルーのM内ちゃんと嫁との3名で引き取りに向かった。高松からフェリーで土庄へ小豆島まで1時間の船旅土庄では岡崎造船の営業部長のSさんが迎えてくれて琴塚へ早速Blueに乗り込み準備が出来たらすぐに出航小さく手を振って見送ってくれるSさんが写ってます。ピカピカのパ [続きを読む]
  • 台湾レース参戦記
  • 運よく知り合いの紹介で乗り組むことができた先月の小笠原回航航海だったが、良い事は続くもので今回はヨット仲間のお誘いで台湾レース(台琉友好親善国際ヨットレース)に乗り組むことができた。乗り組むヨットはCOCORIN TEGETEGE(エリオット52)2本マストの木造レース艇バウスプリットも戦闘的!!5月9日15時沖縄本島の南東にある与那原マリーナに立ち寄ったところで合流する。ゼッケンNo1は直前のアリランレースに出た時のも [続きを読む]
  • 小笠原レース艇の回航
  • 本土から南に500マイル遥かに離れた小笠原は簡単に行ける場所ではないヨットマンにとって憧れであり目標の一つ小笠原に何時かは行きたいと周囲に公言していたら今回運よくヨット仲間から誘ってもらって小笠原レースに参加する油壷のヨットを回航するのに乗せて貰える事になった。ヨットはSWAN40 艇名ビターエンド頑丈な造りの良い船です。前回3月に見た時は未だ整備中で上架していた。ラダーシャフトに少し問題が有って外して置い [続きを読む]
  • 桜満開
  • 関東では先週に満開の知らせがあったが何故か温暖なはずの松山の桜は蕾のままやっと昨日松山の桜も開花、ここでは人も木もの〜んびり。暫くお天気が悪かったが久し振りに雨が止んで温かい南風が吹き昨日はアンカレッジマリーナのクラブレースでシンシア(J29)に乗せて貰った。スタート前写真はアンカレッジマリーナHPからお借りしましたたった3艇のレースでのんびりムードが漂う中、スキッパーだけは気合が入っているスタート前さ [続きを読む]
  • 第3回 広島 牡蠣食べ放題ツアー
  • 今回で3回目の広島牡蠣食べ放題クルージングBlueは修理中なのでSさんのEppyDippy艇で参加今回もギャル2人が参加するが何故かヨットには乗らずフェリーで行くと言う!?何故だ!!結局ジジイ3名で出発!!高気圧の真ん中でお天気は良いが風は無しこのアザラシの被り物は実用品です。常に島と島の狭い処を通りたがるオーナーのSさんを何とかなだめ乍ら無事にやって来ました沖ノ島希望通りに走っていたら間違いなく何度も座礁します。 [続きを読む]
  • 啓蟄
  • 今年の1月末無残な姿のBlue無残に引き千切られたパルピットも全部外してスッキリ相手との話も付いたのでそろそろ修理に持って行く事に行先は小豆島にある製造元の岡崎造船朝の9時に島マリンを出航、一路東を目指すこれから満ち潮なのでもう少しすると追い潮に変わるはず後ろを見るとパルピットやオーナーズチェアーが無いので開放感があって海が近くに感じる楽しいけれど不安も少しライフラインも無いのでスッキリ!!程なくして舟 [続きを読む]
  • 日本製の幻想
  • 何故か同じタブレットを2つ持ってます。Lenovoと言う中国製です。買って1年ちょっとで壊れ、修理するより新品買った方が安いので同じものが2台それに懲りてスマホは日本製の富士通arrows m3 にしたところこれも半年で壊れました・・・・・と言うか海外旅行でシムを入れ替えようとしたら抜けなくなった。半年なので無償で修理してくれるかと思いきや1週間も待たせた上に『基盤が破損していますので交換すると3万円です』と言われ・ [続きを読む]
  • タイ−マレーシア極楽クルージング
  • またまたやって来ました赤い飛行機に乗って!寒い日本を脱出!!お天気は曇りの様ここはタイのプーケット島 早朝の到着ですタクシーで20分 プーケット島の北東にあるヨットヘブンマリーナここで今回お世話になるカタマランヨットUMINEKOと合流早速目的の艇探し開始ババリア38の見学  フル装備ですぐにでもクルージングに出られます。まだ前のオーナーが居て色々話が聞けた。装備が充実している分値段も充実しています。こちら [続きを読む]
  • オーマイガー!な話
  • 先日の午後、ヨットを係留している島マリンヨットハーバーからの電話。『ハーバーの中でモーターボートが暴走してあんたのヨットが大変な事になってるよ!直ぐに来て!』雨の中取り敢えずハーバーに向かうと、入り口付近から既にガソリンの匂いが立ち込めている。海面を見るとBlueは後ろのアンカーロープが切れているようで90度右を向いて水路を塞いでいるが、傾いている様子はなくちゃんと浮いているのでまず一安心。テンダーボー [続きを読む]
  • 梅田のスナック「コックピット」
  • 今年の大寒は1月20日(金)流石に大寒です 今朝は松山でも最低気温が−2℃だと言うてます 寒い〜!!なので海に出るのは止めて陸で遊びます以前から一度行きたかったスナックヨット乗りが集まる場所が梅田のスナック「コックピット」オーナーは柳内義博氏、ヨット遊友で世界を一周した人。常連のテッチャンに段取りをお願いして久々の梅田です。その前に(今回はスナックに行く為に2泊3日です、気合入ってます)午前中は実家のあ [続きを読む]
  • 初乗り
  • 明けましておめでとうございます。今年もヨット三昧の年になる事と思いますが宜しくお付き合いをお願い申し上げます。正月2日は恒例の護国神社への初詣百円のお賽銭で家内安全、海上安全、金運向上、世界平和を祈願 (厚かましいわ)さて、3日はお天気よし、風よし、気温よし、の絶好の初乗り日和仲間を誘うが、夫々挨拶回り、風邪、会社、とコトゴトク断られ、結局一人の散歩となった。ハーバーに着くと快晴で穏やかな海面、良い [続きを読む]
  • 二神島散歩
  • ここの所気温が急に下がり海に出掛ける気がしなかったが、昨日は久々のポカポカ陽気で風も適当な予報だったので散歩に行く事に。瀬戸内海では一年中ヨット遊びが出来ますが私は晴天で最高気温が10度以上だったら出掛ける事にしています。真夏のように汗もかかず風もしっかり吹いてくれるので、ドジャーをセットしてバイクに乗るような服装をすればまったく寒くありません。昨日は17度もあったのでドジャーも要らず薄いダウンのジャ [続きを読む]
  • アメリカズカップ (LOUIS VUITTON AMERICA'S CAP)
  • 11月19日 午前10時やって来ました遠路遥々松山から夜行フェリーに乗って、小倉経由 福岡は小戸市民ヨットハーバー!!ここはレース艇AC45の停泊地 到着してまず目に付いたのがこの図ありゃ、我がソフトバンクが吊るし揚げられているどうした!? (イジメか?)作業者が何だかごそごそ・・何か故障か??フランスチームのパドックは落ち着いている皆で昼飯の相談をしている (フランス語だったからよく解らない)何とか日本チー [続きを読む]
  • スッキリした話
  • 瀬戸内海のヨット乗りにとって風の方向よりも気にするのは潮流の方向5ノット程度で漂うヨットには2ノットで流れる瀬戸内海の潮流は何よりも大きな意味を持つ現在ではパソコンに日時さえ入力すればあらゆる場所の潮流の強さと方向を表示してくれるので、出掛ける前にそれを見て出れば快適なクルージングが約束される。海上保安庁 海洋情報部http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/curr_pred/しかし、「地元」の者としては月齢や [続きを読む]
  • 尾道は遠かった・・
  • 爽やかな季節紅葉でも見に行くかと奥方に希望を聞けば、尾道が良いと仰って尾道までは約40マイル強なので平均5ノットで行ければ8時間まあ少し遠いが早く出れば大丈夫だろうと考えて結局、起きるのが遅く、買い物に立ち寄り、出航は10時となった軽い向かい風の中メインセイルだけ上げて機走で北を目指すイスラム教徒ではありませんところが当日は大潮で、丁度10時から逆潮で1.5〜2.0ノットの潮が尾道から松山に向けて流れている実際 [続きを読む]
  • 恒例 秋のクルージング
  • 毎年 春と秋にお隣のアンカレッジマリーナクルージングクラブからお誘いを頂く。今回の目的地は松山から真北に位置する広島県の上蒲刈島にある県民の浜。温泉も宿泊施設もあり、無料の大きなポンツーンがある。(写真はHPから借用)島マリンからは何時ものED艇とBlueが参加松山沖で4艇が合流して一路北を目指すが風が北東風(7〜8m/s)の為、途中から北北西に針路をとってセイリング♪ED艇では船が嫌いなクーン譲が不機嫌な表情B [続きを読む]
  • アンカレッジマリーナレース
  • 今年はレースに縁が無く、ロングクルージングと重なったり台風でキャンセルになったり。今回、友人艇のシンシア(J29)に声を掛けて貰ってこれが今年初めてのレース。前日にスキッパーがドタキャンとなって3名だけだし、結構風が吹いてるのでスピンも止めてクルージング気分のお気楽参加。コースはアンカレッジマリーナ沖から鹿島と野忽那島を回って帰って来る11マイル強の島回りで、風は北東から10m/s。スタートから鹿島迄の上りこ [続きを読む]