Route463 さん プロフィール

  •  
Route463さん: Route463「ゴルフメモ帳」
ハンドル名Route463 さん
ブログタイトルRoute463「ゴルフメモ帳」
ブログURLhttp://ameblo.jp/route463/
サイト紹介文無理なく気持ちよく振り切れて、腰に優しいそんなスイングを求めて日々精進しています。79歳。
自由文歳を重ねてなお一層、上手くなりたいという気持ちは強くなっている。気づいたことがあると、以前はメモ帳に手書きしていたが、今はスマホのメモ帳に入力している。時代は変わった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/12/26 02:29

Route463 さんのブログ記事

  • ゴルフ向上塾 世界巡り(1)
  • モー・ノーマン「手首が右太ももの上に来たらグリップエンドを上に向ける」、この言葉に触発されて、それについて詳しく知りたくなった。 ネットが発達した今、触手をちょっと世界に向けて伸ばせば、見たこともないすごい画像にたどり着く。 ゴルフに関する情報の質と量でいうと、わが国を除き、アメリカと韓国が双璧をなしている。 そこにたどり着くには、キーワードとして、アルファベットかハングル文字を入力す [続きを読む]
  • これでゴルフが楽になりました
  • モー・ノーマンのスイング動画から学んだヒントによって、私のゴルフ哲学が変わった気がする。 そんなに大きな力を使わなくても、クラブを楽に振れるので、ゴルフが突然簡単になったかと思えるほどの心境になったからである。 そのヒントとは、 グリップが右太ももの上に来たら、グリップエンドを上左後方向(青い矢印の方向)に向けなさい というものである。上の画像を見てみよう。 ビジネスゾーンにお [続きを読む]
  • モー・ノーマンからヒントをもらう
  • モー・ノーマン(Moe Norman)は、カナダ出身のプロゴルファーで、数多くの優勝を飾っている。 プロ仲間の一人リー・トレビノは、「モーほど正確にボールを打つゴルファーは他にいない。彼はボールをいつも芯で捉え、ボールがどこに行くかを知っている」と賞している。 最近、私はできるだけ体重移動しない打ち方を心掛けてやっているが、長年沁みついたクセはなかなか消えなくて、何かいい方法はないかと、悩んでいた。 [続きを読む]
  • Rotaterをゴルフ練習ツールに応用
  • 韓国語版Youtubeをチェックしていたら、今まで見たこともない不思議な用具を使ってゴルフスイングの練習をしている映像が私の目に飛び込んできた。「えっこれ何?」と興味を持った。 その用具は、Rotaterという商品名であることが分かった。もともとは、肩の周辺をストレッチするためのツールとして、アメリカで開発されたものらしい。 それを韓国ではゴルフレッスン用のツールとして応用したと思われる。 動画を観 [続きを読む]
  • 今やっていることはこれです
  • 今私がやっていることの基本哲学は、腰痛に悩やまされながらもまだゴルフをやりたいと願う79歳の自分に適合した「安全で楽しいスイング」を身につけることにある。 この「安全で楽しいスイング」は、イ・ボミさんのスイングYoutubeと、Goldonegolfの板橋さんのレッスンYoutubeがほぼベースになっている。 忘れそうなのでメモとしてここに残すこととした。アドレスでは、やることが多いので、次のことをルーティン化し [続きを読む]
  • 骨盤を前傾させ、筋肉でやさしく包む
  • 積年の腰痛が少しでも改善するならと思い、フィットネスクラブに入り衰えた筋肉を鍛えることにした。 若くて可愛い女性トレーナーが付き、マンツーマンで鍛えてくれている。 猫背で骨盤が後ろに傾いている姿勢の悪さが腰に負担をかけている。 彼女はゴルフに詳しいわけでないが、トレーナーとして腰痛改善の視点で丁寧に指導してくれている。 彼女の指導:〇アドレスでは骨盤を前傾させて、 周りの筋肉を使っ [続きを読む]
  • Goldonegolfの教え
  • 前回に続き、ちゅうさんのスイングを作り上げているGoldonegolf主宰板橋コーチのゴルフ哲学ともいえる極意を私なりに理解して、練習場で実際にやってみた結果、腰痛予防としてもあわせてアドバンスがあったので、以下に紹介する。 Goldonegolf レッスン動画 ブログランキングに参加しています。ここを していただけると、ありがたいです。 ↓ ↓ ↓にほんブロ [続きを読む]
  • 腰に優しいゴルフを求めて
  • 昨年の夏、お尻から腰のあたりに痛みが出だした。MRIでは軟骨がすり減って神経を痛めている検査結果は幸いなかったが、50年以上も腰に負担のかかるゴルフをやり続け、その上、骨盤後傾の悪い猫背姿勢で生活をしてきたのだから、腰まわりの骨、筋肉、筋膜はとっくに悲鳴をあげ、結局は加齢(79歳)による筋力低下が腰痛の原因とされた。 病院は湿布と痛み止め薬を処方しただけだった。 ここで、ゴルフを終わりにしたくな [続きを読む]
  • テコの原理をゴルフに応用、それが4時半
  • テコを使うと、重いものや大きいものを、少ない力で動かすことができる、この原理は昔、物理の時間で学んだ。 ゴルフにこの原理を応用すると、重いクラブを、高齢者や女性の少ない力でも動かすことができる、となる。 腰痛に悩む私にはありがたいこと。 このことを教えておられるのが、Goldonegolf主宰の板橋コーチです。 以前から板橋コーチの動画レッスンはよく観ていて、それを練習に取り入れるようにして [続きを読む]
  • 右足前を見て,フォローまで振れ
  • 練習場でシャフト試打会があった。 ドライバーと9アイアンを打たせてもらった。 シャフトメーカーの社員(インストラクタ?と思われる)が、私のスイングを見て、直ぐに欠点を指摘してくれて、試打会というよりレッスンとなった。----------お客様は、ダウンスイングからインパクトにかけて、上体が左に動いて(突っ込んで)います。 これではボールの捕まりが良くなくて飛距離が一定しません。 なので、右足 [続きを読む]
  • タイガーウッズからの贈り物
  • お年玉は、イ・ボミのアイアンショット画像だったが、今回は全盛期のタイガーウッズのアイアンショット画像です。 複数枚の画像を重ねて作画するレイヤー機能を使っているので、まだ未熟もあり、一枚を仕上げるのに、何時間もかかる始末である。 今回取り上げるテーマは前回に引続き「本当のダウンブローとは」である。 まずは次の画像を見てみよう。トップ切り返しからハーフウエイダウンまでのクラブの動きを描い [続きを読む]
  • お年玉はイ・ボミのアイアンショット
  • あけましておめでとうございます。 私からのお年玉は、2年連続賞金女王イ・ボミのアイアンショットです。それにしても女子プロって、一般的に成人男子に比べて体力的に劣るのに、どうしてあんなに飛ばせるのか? 真中幾造さんは、彼のゴルフ理論の中で、彼女たちは重いクラブを、重力0に近くなるように工夫してスイングして、腕にかかる重さの負担を極力軽減することによって、ヘッドスピードを上げていると解説してい [続きを読む]
  • 体重移動+ヘッドを感じて振る
  • この画像はイ・ボミのドライバー、切返しから今まさに体重移動が完了したところ。 ゴルフスイングには、このような「体重移動」が必要である。 とくにアイアンは、ダウンブローで打っていくので、「体重移動」が絶対に必要である。 イ・ボミの体重移動には、腰と膝が太もも1本分左へスライドしている。 私には想像以上にしっかり体重が移動しているように映るが、凄いのは胸がまだ右を向いていることであり、 [続きを読む]
  • 「ベッドを感じて振る」に徹する
  • 「ヘッドを感じて振っていく」を私は大切にしている。 なぜならば・・・いつも同じ(正確な)スイングプレーン上でクラブを気持ちよく振っていける再現性に優れていると思うからである。 その結果として、〇ミート率がよく、ミスが少ない〇手打ちでないので、自然にタメ が生まれる〇身体への負担が少なく、高齢者 の自分にも合っているなど、いいところが多い。 イメージ的には次の画像のように常に気をヘッドに [続きを読む]
  • 左足かかとで地面を蹴り上げる
  • 最近、100ヤード以内のショットがショートして、それがスコアを崩す原因となっている。 犯人は、捉まりの悪い抜けたボール、ロフト通りの距離が出ないのだ。 それが私の悩みである。 そんな折、ネットで吉田一尊(かずたか)プロコーチのことを知った。 彼の教えの一つに、「地面からの反発力を利用して足を蹴り上げ、ヘッドを加速させる打法」がある。 左足拇指丘を踏み込んで切り返した後、インパクト [続きを読む]
  • 左手首角度の保持にこだわる
  • 前回勉強したキム・ヒョージュさんのスイングに見られる左手首角度の保持とリリース(解放)、それによってプレーン上をなぞるように走っていくヘッドの正確な質量の増量化、これは明らかにボールの強さを生み出し、飛距離の適正化につながっている。トップでできた左手首の角度をできるだけ長く保持するよう、練習した。とくに有効だったのは、上から俯瞰の左手首の角度のイメージあった。左膝を右に寄せる動きを加えるとプロみた [続きを読む]
  • トップでの手首の角度をキープ
  • 練習場主催のコンペが近日挙行される予定である。 ここでは、ダフらない、特にアイアンショットでは絶対にダフってはならない、これを目標にしてプレイしたいものである。 そうすれば、スコアは自ずとついて来るものと思っている。 では、ダフらないためにはどうすればいいのか? 私の答えは、第一にトップでできた手首の角度を固定しておくことであると思っている。 逆にダフったときは、手首の角度が緩 [続きを読む]
  • 松山英樹 スイング分析 芹沢信雄解説
  • 先生に教えてもらったスイングは、松山英樹プロがやっているものに近いとのことだった。 そこで、松山英樹プロのスイングを知りたくて、ネットで調べたら、芹沢信雄プロが解説しているToutubeに辿りついた。 私のレッスン用ということで「共用」させてもらった。 この映像を何度も見て、何かしらヒントをつかみたいと思っている。 ブログランキングに参加しています。ここを していただけると、ありが [続きを読む]
  • 体重移動、この形を体に覚えさせる
  • 久しぶりに練習場のプロにレッスンをお願いした。 ダウンスイングでの体重移動において上体が左に突っ込んでしまうことが多いので、それを診てもらった。 上体の突っ込みを恐れて、体重移動を抑えるのは本末転倒である。 プロが言うには、切り返しで、左腰を左に単に移動させると、これが上体の突っ込みにつながるとのこと。 プロの教えは、次の通りであった。上の画像を見ながらメモしたい。 1.左足を [続きを読む]
  • 1位:左手首を甲側に折らない
  • 練習していてミスショットが出る。 ここが良くない、あそこが悪かった、あれこれチェックして修正する。 チェックしたこと、それを順番にみてみよう。 〇ヘッドの芯をボールに届かせる ために、体とボールの距離を常に 一定に保つ。 距離が1ミリずれても芯でボール をとらえることはできない。 〇テイクバックは正拳突きの要領で 右肩を後方に引く。 トップでスマホ画面が見える。 フェイス開くが怖が [続きを読む]
  • そっちへ行っちゃダメよ
  • 「そっちへ行っちゃダメよ」母が息子に言い聞かせた。 そして付け加えた。 「テレビで女子プロのスイングを超スローモーションで観たことがあるでしょ」 「お母さんはあれを観ていて、どのプロたちも頭が動いていない、・・いつも感心しているのよ」 「彼女たちも修行時代には、立ち入り禁止(Keep out)といわれる「そっち」に入り込んで、痛い目に遭ったと思う」 「一生懸命に練習して、そっちへ行くこ [続きを読む]
  • 私は、この三角形をチェックしている
  • ポール・クリーマー(下の画像)のハーフウエイダウン(一番右)、黄色の三角形を見てみよう。黄色の三角形は、インサイドインのスイングをした時、後方から見れば必ず見えるものである。 逆に言えば、インサイドインのスイングをしたければ、後方から三角形が見えるようにスイングすればいい。 下の2枚のキム・ハヌルさんにもきれいな白色の三角形が見える。アメリカで活躍している男子プロチェ・キョンジュさんにも黄 [続きを読む]
  • 「この形」、できるのがプロです
  • この形とは下の画像、韓国の女子プロゴルファー、キムハヌルさんのもの。これは、インパクト直前のスイングを切り取った「形」である。 私の見る限り、プロゴルファーたちは男女を問わずこの形になっている。 ということは、この形ができないとしたら、プロとしてやっていけないという意味でもある。 だから、この形の裏には長年かけて積み上げられてきたプロならではの何かが隠されているはずである。 「その [続きを読む]
  • 3パットが減るかも知れない!!
  • 「ゴムチューブ」を買いたくて、ネットチェックしていたら、偶然にプロのパッティング軌道が身に付く、「入るストローク」矯正器のページに入り込んでしまった。 ヒントをいただいた。 やってみると具合が良かった。 次の実戦で3パットがクリアできるかもしれないと思った。 プロゴルファー金谷多一郎さんの推薦文を紹介してみたい。----------「正しいパッティングとは、首の付け根を基点とした振り子運動で [続きを読む]