mantis さん プロフィール

  •  
mantisさん: アメリカ名門大学留学
ハンドル名mantis さん
ブログタイトルアメリカ名門大学留学
ブログURLhttp://ameblo.jp/meimonkoryugaku/
サイト紹介文アメリカのトップランクの大学に留学する方法
自由文特に地方の進学校の高校生に読んでいただきたいBlogです。現役留学生からの賛否両論のコメントが多数寄せられています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2009/12/29 13:16

mantis さんのブログ記事

  • 危なっかしい日本の大学入試改革
  • 今の中学3年生の大学受験から大学入試が変わる・・・。 「文部科学大臣の諮問機関である中央教育審議会(以降、中教審)では、2012年から大学入学者選抜の改善をはじめとした高校教育と大学教育の円滑な接続について議論を行ってきました。中教審は2014年12月にこれらを取りまとめた“答申”を文部科学大臣に提出しています。中教審の答申を受けて文部科学省から発表されたのが「高大接続改革実行プラン」です。現在、このプラン [続きを読む]
  • 長文読解力
  • 皆さんが使っている英語の長文読解の教材は大学受験問題の参考書だと思いますが、果たして、それで本当の英語読解力がつくのでしょうか? そのやり方で英語ネイティブの13歳児以上の英語の読解力がつくのでしょうか? そもそも1ページに満たないような英文が「長文」なのでしょうか?長文とは、元来、何ページもあるような物語や小説を指すのではないでしょうか?http://www.learnoutloud.com/Audio-Books http://www.loyalbooks [続きを読む]
  • 米国名門大学の資産運用
  • 長年にわたって、すばらしいパフォーマンスを上げている大学基金ですが、資産規模はハーバード大学基金が345億ドル(1ドル110円換算で約3兆8000億円)、エール大学基金が255億ドル(約2兆8000億円)です。ハーバード大学では、年間の寄付金額は800億円程度なので、これまでの運用実績から巨大な基金に成長したことが分かります。ちなみに日本の大学の場合では、東京大学の基金が約100億円、慶応義塾大学が約481億円、早稲田大学 [続きを読む]
  • 柳井財団の認識不足が招く思わぬ結果
  • 世界ランキング上位のアメリカの大学(70%が私立大学)に外国人(日本人)が合格するには年間700万円の学費を払える経済力が必要なので事実上「富裕層」しか入れない。どんなに優秀でも学費が自己負担できない外国人(日本人)をアメリカの名門大学は合格させない。従ってNeed-basedのFinancial Aidを申請して応募した途端に合格は不可能になる。世の中、そんなに甘くはない。蛇足だが柳井財団がアメリカの大学に「合格が決 [続きを読む]
  • 偏差値49〜57.3で入れるUCLA
  • SAT Mathのスコアが500(偏差値49.0)〜599(偏差値57.3)のFreshmanが多いのがUniversity of Californiaの特徴です。このレベルの学生の割合はUC-Berkeley 12%UCLA 18%UC Santa Barbara 22%UC-Davis 23%UC-Irvine 30% 0%の大学はCalifornia Institute of Technology 0%MIT 0%Harvey Mudd 0% アイビーリーグなどのトップ大学はHarvard 1%Yale 1%Princeton 1%Brown 2%University of Pennsylvania 2%Stanford 2%D [続きを読む]
  • アメリカ超一流大学完全入試マニュアル
  • いろんな本が出ていますが、この本が良いと思います。 アメリカ超一流大学完全入試マニュアル Amazon その他参考になりそうな本アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) Amazonグローバル化時代の大学論1 - アメリカの大学・ニッポンの大学 - TA、シラバス、授業評価 ... Amazon 10歳から身につく 問い、考え、表現する力 ぼくがイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書) Amazon 英語で一流を [続きを読む]
  • 柳井さん孫さんの勘違い
  • 柳井財団、孫財団が「アメリカの名門大学」進学を唱道し、多額の寄付をされておられますが、私は、止めたほうがいいと思います。何故なら余計なことだからです。 アメリカの大学に行くべきは「富裕層」の優秀な高校生なのです。日本の富裕層の高校生が、アメリカに行かずに日本の大学に行こうとするため、結果として東大、慶応などのトップ大学に進みたい中間層、低所得層の高校生を排除してしまっている。言い換えれば彼らから教 [続きを読む]
  • 日本の大学が世界ランキングで上位に入れない本当の理由
  • いろいろなことを世間では言われていますが、本当の理由は「大学がお金がない、貧乏だから」です。国際化していないからだ、なんていうのは最大の嘘。その嘘を信じているとしたら信じるほうが悪い。「日本の大学は総じて貧乏なのでお金持ちのアメリカの大学には太刀打ちできない」のです。 日本では受験のための塾で貧困層や中間層の子供と富裕層の子供とがグチャグチャになって必死で競争する。挙句の果てに入った大学では貧困層 [続きを読む]
  • 開成高校のアメリカ名門大”合格実績”
  • 日本のある新聞が6月1日の朝刊で開成高校の2017年の米国名門大学の「合格者」数が20名だと大騒ぎしていますが、実際には6名が重複して合格していたに過ぎないのが真実のようです。開成が5月26日現在のデータとして公表したものを見れば、それが分かる。 ところが日本のその”一流新聞”は4月28日に改正が公表したほうのデータを「意図的」に採用し6月16日に報道した・・・・・。http://kaiseigakuen.jp/wp/wp-c [続きを読む]
  • 日本がナイジェリアのような国になる!
  • 小中学校では最近、生徒同士が英語でコミュニケーションする、という授業が行われているようなのでyoutubeでアップされているものをいくつか観てみました。結論から言うと、方法が間違っていて、何も身につかないと思います。それどころか「英語ができる」と勘違いしてしまい、大げさに言えば将来の日本はメチャクチャになる・・・・・。英語レベルがアフリカのナイジェリアのようになったら国家は破滅する。 &n [続きを読む]
  • 漢字を廃止し英語の公用語化を推進せよ
  • 7世紀ころより日本は「漢字が公用語」となり、不幸にして、支那文明に束縛されて精神の自由を奪われてきた・・・・・・・。 喜怒哀楽などと私たちは感情表現すら漢字なしではままならない。私たちの心のあり様は、漢字に変換された途端、本当の感触を失い、別次元へと旅たってしまう。 故渡辺昇一氏も言っておられたと思いますが、漢語表現は居丈高であり本来の日本人の心を表さない。一億抜刀 米英打倒、万世一系  [続きを読む]
  • 醜悪な国フランス
  • フランスは美しい国、自由平等の国?とんでもない。醜悪で絶望に満ち満ちた国である・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 自由平等博愛の美名のもと、フランスには地獄のような「掃き溜め」があることをご存じだろうか?かってのナチのユダヤ人強制収容所と同じような収容所が多数あるのです。 例えばドーバー海峡に臨むカレー市に忽然と出現した難民キャンプ、その名もCalais 'Jungle' migrant campです。2016年 [続きを読む]
  • 日本を日英バイリンガル社会にすべき理由
  • 日英バイリンガル教育は時代の必然であると思います。コンピューターの急速な発展により英語の公用語化は歴史の必然でしょう。特にサイエンス、政治、外交、経済分野では英語が世界共通語とならざるを得ない。 但し、条件がある。日本語を”やまと”ことば、に純化することを徹底する事。 日本の大和言葉を美しく話す―こころが通じる和の表現 Amazon 日本語とは何か?バイリンガル化反対派、日本語擁 [続きを読む]
  • 大量の中国人学生がいる大学
  • 以下の25大学は留学生(但し大学院含む)の人数が多い全米トップ25大学です。数値は留学生の在籍数。ほぼ確実に、その30%以上は中国人です。UCLAを例にとると大学院、学部合わせておそらく3千人以上の中国人が在籍しているでしょう。留学生の40%以上が中国人という大学もあるようです。 皆さんが応募する場合は、留学生で溢れかえる大学ではなく「高い偏差値の学生の割合が高い余り知られていない大学」を選んだ [続きを読む]
  • ”東大よりハーバード”という考えは時代遅れ
  • 2007年ころまでは、アメリカの大学に行くならハーバード、イエール、プリンストンかUCLA,UC-Berkeleyにしか応募しない、なんていう人が多かったようですが、2007年あたりから中国人留学生が「爆発的」にアメリカに殺到し始め、そのために「著名」大学の合格率が軒並み下り始めました。そういう事情を知ろうともせず、「東大かハーバード」しか考えていない、とばかりに、むやみやたらに「著名大学」だけに応募するのでは [続きを読む]
  • ハーバードには凡庸な学生が多い?
  • 日本国内でハーバードは天才集団、全米一、世界一と信じている人がおおぜいいるような気がします。ハーバードは天才集団、全米一、世界一なのでしょうか?もし本当なら、何を根拠としているのでしょうか? 実はハーバードにはSAT Mathのスコアが500〜599だった学生が1%もおり600〜699だった学生が20%もいるのが実情で、データから見るとハーバード学生の学力レベルはUniversity of Illinois Urbana Champaig [続きを読む]
  • 一般のアメリカ人でも知らない書類
  • 「School Profile」は、通常、「学校」が作り、大学に提出しますので親、生徒は、その存在を知らないことが多いようです。ところが、この書類は本人の合否に大きな影響を及ぼすものです。 アメリカの大学に、「まったく存在を知られていない日本の高校」、からアメリカの名門大学に応募する場合は決定的影響を与える・・・・・・・・・と私は思います。 アメリカの名門校の例https://www.andover.edu/Academics/College [続きを読む]
  • 日本の私立大学卒に未来はない
  • The Times Higher Educationの世界大学ランキングは文部科学省が施策策定の指標の一つとしている有力なランキングで、毎年新聞でも取り上げられて東大が何位になった、ということが話題になります。とことが日本の私立大学の慶応、早稲田が話題に上ることはまったくありません。 アメリカは私立大学の学生の割合は37%しかありませんが日本は70%が私立大学の学生という。「歪」な状態です。。韓国も日本と似た状態で歪 [続きを読む]
  • 中学受験で英語が入試科目になる日は近い
  • 「英語(選択)入試」実施中学は、2014年に15校、2016年は64校、2017年には95校に達します。2020年以降は、おそらく全部の中学入試に英語が加えられるでしょう。 その場合、文法より「聞く能力、話す能力」に重点が置かれるようになるはずです。しかし日本では、この2つの能力は過去何十年にもわたり「軽視」されてきています。その結果、2つの能力をいかに身に着けるかの方法が確立されていません。 私はInterna [続きを読む]