mantis さん プロフィール

  •  
mantisさん: アメリカ名門大学留学
ハンドル名mantis さん
ブログタイトルアメリカ名門大学留学
ブログURLhttps://ameblo.jp/meimonkoryugaku/
サイト紹介文アメリカのトップランクの大学に留学する方法
自由文特に地方の進学校の高校生に読んでいただきたいBlogです。現役留学生からの賛否両論のコメントが多数寄せられています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/12/29 13:16

mantis さんのブログ記事

  • Phonetic Alphabetを習得する簡単な方法
  • 昔と違って、今はITのアプリがありますから、優れたアプリを選んで、それを集中時に活用すれば1年以内でphonetic alphabetを習得できます。 既に指摘したようにphonetic alphabetは少なくとも3種類もあり、混乱状態にあります。選択を誤れば、何がなんだかわからなくなって途中で挫折します。そこのところが「最大の難所」です。 最善のphonetic alphabetはhttp://www.macmillanenglish.com/pronunciation/interactive-phonemic [続きを読む]
  • Phonetic Alphabetの効果
  • このブログを読んでいる中高生の皆さんの中で英和辞書の「発音記号」をちゃんと理解して、それで単語の読み方、発音の仕方を記憶するようにしている人が、いったいどれほどいるでしょうか? おそらくゼロにちかいんじゃないでしょうか? 発音記号、phonetic Alphabetは実は威力が大きく、これをマスターすることは非常に価値があります。 先日も、ある会社の経営者がアメリカやイギリスでプレゼンテーションをしなければならない [続きを読む]
  • 安全・安心が売り物の日本の大学
  • Georgia Tech student shot dead by police on camp なんとまあ、恐ろしい。 Times Higher Educationではランキング33位のGeorgia Techのキャンパスであろうことか学生が警官に銃で射殺された・・・・。東大(46位)よりランキングが上の大学だ。 US Newsの全米ランキングでも34位だ。 そうだ、日本の大学が世界一になれるランキングがある!それは「安全なキャンパス世界大学ランキング」だ。日本の大学は、こういった事 [続きを読む]
  • 国外逃避のすすめ
  • 日本も貧富の格差が拡大し、中産階層が事実上壊滅状態になりつつあるのではないか?と思います。日本もアメリカ型社会になってしまった。都市部の貧困地域の学校が荒廃していく。この社会現象は個人の善意や努力ではどうしようもない。学校は立ち直れない。日本の「公立」の初等、中等教育はいずれ全面崩壊する。教職員組合が頑張れば頑張るほど崩壊のスピードが増す。 富裕層は、国外脱出し、英米の富裕層向けの学校に行くべきだ [続きを読む]
  • フォニックスなんかドブに捨てろ!
  • 日本の従来の「学校」の英語教育は学習すべき内容の学習順序が逆なので誰一人として英語ができるようにはならなかった・・・・・・・。 英語ができるようになる?それはどういう意味なのか?そこのところの理解がおおかたの人は誤解をしているのではないだろうか? 難解なむずかしい小説、論文を理解するには難しい単語を覚え、難しい文法を学習しなければならない。誰しもがそう考える。 しかし、どの言語でもそうだが、人間が最 [続きを読む]
  • 大学生以上は見込みなし?
  • 英語を正しく発音できるかできないか?について、あくまで印象だが、大学生以上は「修正の可能性がない」と思います。もう、どうしようもない。反面、高校生以下は、何とかなる。特に小学生ともなると一部はネイティブ並で、驚異的ですらある。 モタモタしていたら、今の大学生以上は、15年、20年後には、そういた小学生の「下で」顎で使われているのではないだろうか? 「あなた、その英語の発音どうにかならないの?」「ち [続きを読む]
  • パッとしない本・その2
  • 「教えてみた米国トップ校」のP72まで何とか読み進んだが、中身がつまらないせいかなかなか先に行けない。分かり切ったことをくどくど並べ立てられ、うんざりだ。 ようやく第一章「総合人物評価の落とし穴」の終わりP72まで読んだが、時間を浪費させられたという腹立たしさしか残らないような陳腐な内容だ。 そもそもアメリカのトップ私立大学など日本人にとっては「よその国」の大学であり、しかも、日本人が入学できるのは一 [続きを読む]
  • パッとしない本
  • 「教えてみた米国トップ校」という本が出版されたので読み始めたけれど、30ページほど読んで感じたのは「パッとしない」ということだ。何かが変だ、という印象、「違和感」、を拭えない。 教えてみた「米国トップ校」 (角川新書) Amazon 例えば世界大学ランキングのことにP34で触れているがTimes Higher Educationのランキングが登場しない。文科省が政策指標としているのは、このTimes Higher Educationのランキングであるにも [続きを読む]
  • 英語は一部だけに必要なもの
  • 科学オリンピックを目指す人数は年により若干の変動がありますが、数学は3,600名、物理は2,000名。化学は4,100名で、合計9,700名です。これら9.700名は謂わば将来日本のサイエンスを担う”エリート”と言っていいでしょう。 文系を含めても実社会で英語が必要なのは1学年あたりせいぜい1万人くらいだと思います。 これらの英語を必要とする人達の英語力さえ高いレベルにもっていけば日本は安泰なので [続きを読む]
  • 日本の最高レベルの英語力
  • 科学オリンピックには生徒の他にメンターが引率します。何故メンターか?実はそのメンターは”英語版の試験問題を生徒の母語に翻訳し,試験問題の内容を把握したうえ,自国生徒の答案を採点する”という重要な役割を負っている。メンター無しで日本の中高生は世界の舞台では”自立して闘えない”のです。日本の参加者は”翻訳”という膨大な作業を誰かに手伝ってもらわなければ問題を理解し回答することができない。 これからも英 [続きを読む]
  • 2017年度版世界大学ランキング・東大の凋落が始まった
  • 怖れていたことが起きた。これを見てニンマリとしている国がきっとあるだろう。 日本のトップ大学出身の官僚や財界人に教育行政を一任していたら2020年以降、東大、京大はあっという間に100位から転落するだろう。ミサイルの脅威は防げても、教育の荒廃という日本人の内面の崩壊を防ぐのは難しい・・・。 正直なところ、日本の大学は「もうダメ」だと思います。最大の懸念は日本の大学教員の職場環境があまりにも劣悪なた [続きを読む]
  • イギリス名門大学進学準備クラスについて(ご案内)
  • イギリスの大学UCL(University College London)は2017年のTimes Higher Educationの世界大学ランキング15位です。このランキングではOxford1位、Caltech2位、Stanford3位、Cambridge4位、MIT 5位、Harvard6位、Princeton7位、Imperial College8位、ETH Zurich9位、UC-BerkeleyとUniversity of Chicago10位、Yale12位、University of Pennsylvania13位、UCLA4位そしてUCL15位です。東大は39位、京大は91位 [続きを読む]
  • オックスフォードやケンブリッジに進学する日本人の数
  • オックスフォードには2014年から2016年の3年間で9名が入学しています。平均すると毎年3名が入学している。ケンブリッジには2013年から2015年の3年間で17名が入学しています。毎年5〜6名が入学している。一方中国、韓国、インドなどのアジア諸国からはどの程度が入っているのか?       オックスフォード       ケンブリッジ       (2014〜16年)     (2013年〜1 [続きを読む]
  • スイスの著名校の進学実績はパッとしない?
  • 著名なスイスの2校の「英国」の名門大学Oxfordへの進学実績は、まったくと言っていいほど冴えないものです。 Oxford 2014~2016の3年間の合格者数Institute Le Rosey      0名Leysin American School 1名 Oxfordへの進学実績だけで学校を評価すべきではないとは言いながら、この数値から判断する限り、生徒全体のアカデミックレベルは、そんなに高くないんじゃないかな〜と考えざるを得ない。お [続きを読む]
  • 中露北朝鮮vs日米英韓・オーストラリア
  • ロシアは中国と一緒になり、アメリカの北朝鮮攻撃に「対抗」するつもりだ。プーチン大統領が、そうアメリカに警告を発したと、つい先ほどロイターが報道したようだ。 憲法改正の前に日本が焦土と化す恐れあり!米軍は韓国防衛で日本の防備が手薄になる。日本人は銃をとって国を護れるか? 北朝鮮が第一撃を東京に加えて中枢を麻痺させた後に沖縄に中国軍が侵攻し、北海道にロシアが侵攻した時、わずか24万人規模の自衛隊が持ち [続きを読む]
  • 言語を選び取る時代に突入した
  • 日本人だから日本語ができて当たり前。だから英語ができるだけじゃ駄目であって、英語プラス日本語の両方ができるバイリンガルが理想の姿である・・・・・・・・・。 こういった考え方は、しかし2000年までの話であって、日本人だからと言って英語しかできなくともいいではないか?という時代に入ってしまった気がしてなりません。 いや、それどころか2030年ころには「まともな」日本語を話せる人間は「希少種」になって [続きを読む]
  • 敵基地反撃能力
  • 9月29日早朝のミサイルは、その気があれば東京に着弾させることができたわけで、次回は、その可能性がある。その為に政府が取り得る方法は敵基地反撃能力の用意しかない。 今回、イージス艦は何をしていたのか?なぜ軌道予測をして領土を横切る前に日本海側で撃墜しなかったのか?手をこまねいて見ていただけなのか?北海道の自衛隊は、その時どう反応していたのか? 首相は、国民に向かって、次回、このような軌道でミサイル [続きを読む]
  • 英語保育園や英語幼稚園の有効性
  • 今、凄まじい勢いで日本国内の幼稚園、保育園が「英語化」しています。そして、その中には良質な教師が教えるところがあり、生徒の何人かはネイティブレベルに近い対話ができるように育っている・・・・・・・ように見える。あくまで宣伝用ビデオを見ての話ですが。 しかし、問題は、そこからで、折角身についた英語が日本の小学校、日本の中学校、日本の高校に入った途端、全てが消滅してしまう可能性がある。 昔から幼児期にア [続きを読む]
  • 日本がアメリカに勝てない理由
  • 「人材が勝負を決する 時代に日本では思うような資金調達ができない」 確かに、その通りだと感じます。さらにスピードが違い過ぎる。 どう転んでも日本はアメリカに勝てそうもない。頼りにすべき日本の製造業も陰りが見える。 おそらく一番言いたいのは「東大や慶応など、日本の名門大学出身の経営者では日本は勝てない」「日本は研究者、技術者は一流だが経営者は三流」ということでしょう。 数年以内に日本人の優れた研究者、技 [続きを読む]
  • 高度な知識・技能が必要な職業はなくなる
  • 医者や弁護士、薬剤師、公認会計士、航空機のパイロットなど、高度な知識を技能を必要とする職業は2045年以降は消滅する可能性が高い。今12歳の人間が28年後に40歳になるころだ。 物事は予測より早まることがあるから、中学受験を経て医学部に入り医者になった途端に「失業」するかもしれない。 公認会計士や薬剤師も同様だ。薬剤師の失業問題は、もっと早く起こるだろう。 自動車の自動運転が実現化し、人々が自動運転 [続きを読む]
  • 高学歴・高技能者の仕事がなくなる日の到来
  • 2017年8月26日日経朝刊に「202X年、人余り再び?」という記事が掲載されています。こういた「観測記事」が出始めたなら、数年後には「現実化」することが多い。 2017年は人手不足で完全失業率が3%を割り、有効求人倍率は1.51倍に達している。そのため産業ロボットの生産は2017年4〜6月に前年の1.5倍ほどになった。即ち人手不足分野ではロボット化が進行している。 一方、一般事務、会計事務の「有効 [続きを読む]