鞠小路 さん プロフィール

  •  
鞠小路さん: 鞠小路日記
ハンドル名鞠小路 さん
ブログタイトル鞠小路日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/marikoji-style
サイト紹介文京都市河原町で着付け教室鞠小路スタイルを運営している講師の毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供818回 / 365日(平均15.7回/週) - 参加 2009/12/29 19:04

鞠小路 さんのブログ記事

  • 毎日着る長襦袢の普段のお手入れ方法
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の小林です。 毎日着物を着てる私たち。家に帰って着物を脱いだら、日々どんなお手入れをどうしてるのか、長襦袢のお手入れについてご紹介します。 長襦袢の日々のお手入れ 半衿だけ洗う長襦袢は着物の下着ですが、その下には肌着も着てるので、大量に汗をかいた!とかでなければ頻繁に洗わなくても大丈夫です。 ただ、衿元だけは汚れやすいので、毎回ではなくてもこまめに洗うといいです。私 [続きを読む]
  • 【きものの学校 着物を知る】2回目は「糸」についてのお話
  • こんにちは!鞠小路スタイル京都教室の中尾です 4月から、【きものの学校 着物を知る】のレッスンを担当させていただいております! この【着物を知る】は、着付けの実技はありません。全12回、ひたすら座学のレッスンなのです。 【きものの学校 着物を知る】どういう講座かというと・・・日本人の衣服である「きもの」。その「きもの」が失われつつある現代にあって、「きもの」とは何であるのか、 特徴歴史仕組み技術 見分 [続きを読む]
  • 着物で山に行きました!
  • こんにちは。鞠小路スタイル京都教室の中尾です 着物を着てみたいなーとお思いの皆さん! もし着られるようになったら、どんな所へ出かけてみたい!と思いますか? お友達とおしゃれなレストランへ展覧会を観に美術館へクラシックコンサートを聴きに 想像するだけでも楽しそうですよね 私は今でこそ着物を毎日着ていますが、すこし前までは、皆さんと同じく 着物 イコール おでかけ用の服 という位置づけだったので、ちょっとお [続きを読む]
  • 着物の収納方法のご紹介
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の江原です。 生徒さんによく聞かれるのが、着物の収納についてそこで、私の収納をちょっとだけご紹介しますね 着物の収納方法 桐箪笥に収納する着物と順番 上の桐ダンスは結婚後しばらくして、置けるスペースと買えるチャンスがあった時に購入したものここには、上段から、私的に「ええもん」順に収納しています。最上段は振袖・・・未婚女性の第一礼装です。娘が着るまで大事に保管しておき [続きを読む]
  • きものの学校「自分で着るを徹底解剖!」2回目のレッスンの様子をご紹介
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の江原です。 鞠小路スタイルの着付けの手順を、きものの構造と身体の構造を読み解きながら徹底的に解説していく【きものの学校 「自分で着るを徹底解剖!」】。 実際にどんなレッスンをしてるのか、今回は2回目のレッスンの様子をご紹介します。 1回目の様子はこちらhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-12252027823.html きものの学校「自分で着るを徹底解剖!」2回目 着付けにおける『 [続きを読む]
  • 人に着物を着せる【着せつけ体験レッスン】お試し感覚でどうぞ♪
  • こんにちは。鞠小路スタイル京都教室の中尾です 着物が好きな皆さん! 自分で着物が着られるようになったので、今度は違う事がしたい人に着物を着せてみたいと思ったことはありませんか?鞠小路スタイルでは、【着せつけ体験レッスン】をしています! 自分で着るのではなくて、【人に着せる体験レッスン】なんて、少し珍しいでしょう? いきなり申し込むのは不安申し込んでしまう前に、どんな雰囲気か確かめられないかな… そん [続きを読む]
  • 初夏から盛夏に向けて、単衣や夏着物を着る季節が来る前に準備しておくこと
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の江原です。 もうすぐGW。ここ数年は、GWあたりは初夏のような暑さですね。洋服も春物から初夏の装いへ変化をする時期。着物も夏に向けた準備をする時期です。 特に着物は洋服と違って、「ない!」となっても、反物から着物へ仕立てる期間が必要です。今日から夏物!と思った時にだしてきて慌てないためにも事前に準備をしておくと安心です。 そこで今回は、毎年私がこの時期にしている準備に [続きを読む]
  • 緊張の最終回!実技と座学試験の様子 【講師養成コース】
  • こんにちは。鞠小路スタイル京都教室の中尾です 着物が好き好きな着物を仕事につなげたい自宅でマイペースでできる仕事がしたい そんな皆様におすすめの【講師養成コース】 京都教室で昨年12月にスタートしたクラスが、先日最終回を迎えました。最終回は、修了認定試験です。実技と座学をみんなの前でレッスンしていただき、講師としての基準に達しているかどうか採点します。 こちらのクラスは、代表田中が担当↓ いつもは明る [続きを読む]
  • 銀座結びや短い名古屋帯の結び方のおさらいプラス、アレンジで遊ぶ
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の小林です。 中級コースでいろんな帯結びやフォーマルな着物の着方など習ったけど、しばらくやってなくて忘れた!という人やあまり着物を着る機会がないので継続的に着る機会をつくりたい定期的に着物仲間とおしゃべりしたいという人に、月に1回のおさらいコースがおすすめです。 おさらいコースは2か月で1つのテーマをレッスンします。3・4月のテーマは、「変わり結びで遊ぶカジュアルおしゃ [続きを読む]
  • 浴衣を着せ(着付け)てあげるときのお悩みポイントをご紹介
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の小林です。 以前に「浴衣を着せ(着付け)てあげるときの着崩れなどのお悩み」をご紹介しましたが、今回は着付け(着せつけ)をするときのうまくいかないお悩みポイントをご紹介いたします。 以前にご紹介した記事はこちら浴衣を着せ(着付け)てあげるときの着崩れなどのお悩み 浴衣を着せ(着付け)るときのお悩み 布が動かない!浴衣を着せるとき、着物との違いはまず「素材」です。 [続きを読む]
  • 着物でのお食事で気を付けることや、対策について
  • こんにちは、鞠小路スタイル京都教室の浅井です。 着物を着られるようになったら、せっかくなのでお出かけしてほしいなぁと思います。お出かけといったら『お食事』。着物関係のイベントも、ランチ会だったり、お食事する機会が多いように思います。 着物でお食事。気を付けるポイントは? ①着物はおうちでお洗濯できないものも多いです。汚さないように気をつけましょう。 ②腕をのばしてお皿やお醤油などを取るときは、袂が垂れ [続きを読む]
  • 着物で出かける機会がない、という方におすすめの中級コース
  • こんにちは、鞠小路スタイル京都教室の浅井です。 せっかく着物を着られるようになったのに、着る機会がないという方も多いようです。一緒に出掛ける相手が洋服だと、着ていきづらいというのもあるかも。でも着ないと、着付けの手順を忘れてしまうんです。もったいないですよね。 着物を着る機会として、中級コースがおすすめです。 『習い事』は着物を着て出かける絶好の口実です堂々と着たらいいんですけどね。着物を着ていると [続きを読む]
  • 鞠小路スタイルのレッスンで最高だと思うコースは【無重力】!
  • こんにちは鞠小路スタイル京都教室の中尾です 私は今でこそ、講師としてレッスンを担当していますが、もともとは受講生として鞠小路のありとあらゆるレッスンを受けていました。ざっと挙げると… 初級コース中級コース着せつけ入門コース着せつけ中級コース講師養成コースきものの学校 着物を知るきものの学校 自分で着るを徹底解剖!きものの学校 人に着せるきものの学校 人に着せる 無重力編研究コース全部で10コースも!ありま [続きを読む]
  • 【京都・東京教室】着付け教室無料説明会 お気軽にご参加ください
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の小林です。 毎月、京都・東京両教室で、参加費無料の教室説明会を開催しています。 着付け教室説明会には、こんな人が参加してくれています。 着物が全く初めてで、いきなりレッスンに申し込むのは不安な方自分で着物を着られるけど、鞠小路スタイルのレッスンを受けてみたいすでにレッスンを受講中で、次に何を受けようか相談したい生徒さん 着付け教室には、敷居が高いイメージを持って [続きを読む]
  • 袋帯の二重太鼓結びってどんな帯結び?おすすめなシーンなどご紹介
  • こんにちは、鞠小路スタイル京都教室の浅井です。今日は袋帯についてのお話です。 袋帯の二重太鼓結びってそもそもどんな帯結び?和装といえば思い浮かべるのはお太鼓姿、という方も多いのではないでしょうか?このお太鼓結びをよく見ると、外側の帯が二枚重なっていますね。これが袋帯の二重太鼓。一枚だったら、名古屋帯の一重太鼓です。袋帯ってどんな帯?帯の形は大きく分けると3種類。奥から、袋帯…帯の幅30cmくらい、長さ [続きを読む]