鞠小路 さん プロフィール

  •  
鞠小路さん: 鞠小路日記
ハンドル名鞠小路 さん
ブログタイトル鞠小路日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/marikoji-style
サイト紹介文京都市河原町で着付け教室鞠小路スタイルを運営している講師の毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供865回 / 365日(平均16.6回/週) - 参加 2009/12/29 19:04

鞠小路 さんのブログ記事

  • 代表田中のグループレッスン 東京でのレッスンの様子
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の小林です。 今月東京教室で、代表田中による1回完結のグループレッスンが開催されました。 人に着せる着付けのお悩み相談会自分で着る着付けのお悩み相談会きものを知る 最新版着付け講師のための相談会 レッスンを受講された方から大満足!受けてよかった!という声を聞いています。 「人に着せる着付けのお悩み相談会」「自分で着る着付けのお悩み相談会」の2講座を続けて受講されたKさん [続きを読む]
  • 着物の重さが鍵  無重力着付け誕生物語(3)
  • 鞠小路スタイル代表の田中です。 鞠小路スタイルのオリジナルの概念である『無重力着付け』それがどうやってうまれてきたのかを 連続で綴っています。 その1着付けが気持ちいい!? 無重力着付け誕生物語(1)その2着物の着心地にフォーカスする 無重力着付け誕生物語(2)その3着物の重さが鍵 無重力着付け誕生物語(3)←当記事 着物の重さがこの着付けの鍵わたしにとって 言葉はとっても大事。なにをやろうとしているの [続きを読む]
  • 【季節に合わせた着物の衣替え】夏に着る着物の素材と仕立て方
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の江原です。 皆さんの中には「着物は一年中同じものを着ている」と考えてらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 着物は仕立て方で季節の衣替えをします着物は形が一つなので、そのように思われるかもしれませんが、着物も洋服と同じように季節に合わせて着るものを変えています。ただ、冬は長袖、インナーやアウターを増やして暖かくする。夏は半袖やノースリーブ、インナーもア [続きを読む]
  • 夏までに浴衣の着付けと半幅帯の結び方を練習しておきましょう
  • 夏しか着ないから、浴衣の着付けは毎年忘れませんか?着物の着付けをせっかく覚えても、久しぶりに着ようと思ったらすっかり忘れているってことは、とてもとてもよくあることです。せっかく覚えたのにもったいないですよね。特に浴衣は夏にしか着ないから、どうしても久しぶりに着ることになります。普段着物を着る人でも、長襦袢の衿が無い状態での浴衣の衿をどうしたらいいのか悩むことがあります。 浴衣の着付けを早めに練習し [続きを読む]
  • きものの学校「きものを知る〜基礎編〜」1回目の内容をご紹介
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の江原です。鞠小路スタイルが「着付け教室」の枠を飛び出して「きもの」からアプローチをする『きものの学校』その、一講座「きものを知る〜基礎編〜」は全12回オール座学という今までになかった講座です。 この講座ではどんなことをするのか?1回目の様子をご紹介します。 『きものを知る〜基礎編〜』講座では何を学ぶか?全体像をつかむ。まずはじめはオリエンテーションです。 今、きものが [続きを読む]
  • プロの着付け師さんも受講♪着物を着せ付けるもっといい方法
  • こんにちは。鞠小路スタイル京都教室の中尾です。 鞠小路スタイルは、「他の着付け教室とは違うね」との声をよく聞きます。他校で習った経験がある方は特に思うそうです。 鞠小路スタイルと他の着付け教室の違い手順が違う他校の手順に比べ、鞠小路スタイルの手順は圧倒的にシンプルです。また、手順の言葉は動作が主体になっていて、「布を何センチ出します」といった言い方はしません。指示も明確で、布やひもをどこに当てるのか [続きを読む]
  • 着物の着心地にフォーカスする『無重力着付け』誕生物語(2)
  • 鞠小路スタイル代表の田中です。 鞠小路スタイルのオリジナルの概念である『無重力着付け』それがどうやってうまれてきたのかを 連続で綴っています。 その1着付けが気持ちいい!? 無重力着付け誕生物語(1)その2着物の着心地にフォーカスする 無重力着付け誕生物語(2)←当記事 さて、ヒアリングの結果 気持ちいい着付けの正体が見えてきて安心した反面心配なことがでてきました みんなどんな着物の着心地を感じているんだ [続きを読む]
  • きものの形と着付けの変化について学ぶ独自視点の「きもの史」
  • こんにちは。鞠小路スタイル東京教室の江原です。 きものの学校「きものを知る〜基礎編〜」では、かつて京都で二度だけ開催された「キモノのミカタ」講座で行った『きものの歴史』についても行います。私自身、個人的にも一番熱が入るくらい大好きな回です。 日本だけじゃない。世界中の衣服は変化していることに気づく着物に関わるとよく耳にする「日本人は昔から着物を着ていたから」というこの「昔」って、一体いつなんだろう・ [続きを読む]
  • 絞りの浴衣ってどんなもの?種類や作り方など
  • こんにちは、鞠小路スタイルです。 鞠小路スタイルでは、現在絞りのゆかた展を開催中。今回はその絞りの浴衣について、ご紹介したいと思います。 絞りの浴衣ってどんなもの?絞りの浴衣というのは、その名の通り絞って柄を付けたもの。有名なのは有松鳴海絞(ありまつなるみしぼり)です。(今回教室でご紹介しているのも有松鳴海絞の浴衣です。) 有松鳴海絞とは 有松鳴海絞とは、愛知県の有松・鳴海地域を中心に生産される絞り [続きを読む]
  • 着付けが気持ちいい!?『無重力着付け』誕生物語(1)
  • 鞠小路スタイル代表の田中です。ブログを書くのは何年ぶり?という状態ですが まったく新しい『無重力着付け』についてみなさまにお伝えするには生みの親であるわたくしが書かないといけないでしょうというわけで少しずつお伝えしてまいります。 その1着付けが気持ちいい!? 無重力着付け誕生物語(1) ←当記事その2着物の着心地にフォーカスする『無重力着付け』誕生物語(2) すべての始まりは 今から3年前の2014年6月。 [続きを読む]