ぷらな さん プロフィール

  •  
ぷらなさん: ぷらなの写真日記
ハンドル名ぷらな さん
ブログタイトルぷらなの写真日記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/reica2008
サイト紹介文セイコーなどの腕時計の紹介。 ライカなどで撮影した写真日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/12/30 23:52

ぷらな さんのブログ記事

  • マミヤワイド
  • ひょんなことから入手したマミヤワイド。レンズシャッター機を修理に出すのもと考えたが、結局修理に。本日修理上がり、桜の撮影に間に合う!当時は、オリンパスワイドを皮切りに35mmレンズ搭載のレンズシャッター機が発売された時代。1957年発売。マミヤ35IIIのボディを流用、重厚なボディ。レンズは新設計のセコール35mm/F2.8だが、実際はプロミナーなのである。お買い得なカメラなのです。 [続きを読む]
  • 7フィートのプロポーション ヘクトール73mm/F1.9②
  • ということで、修理上がりのヘクトールで早速試写してみる。F4から9くらいに絞り込んだ通常の使い方では、意外に「しっかり」とした描写なのだ。ノンコーティングの戦前のレンズなので、もうちょっとフレアっぽく写るかとも思ったんですが、意外としっかりと写る。発色だって悪くない。F9F6.3F6.3F1.9絞り開放をためしてみる。意外とこれも悪くないのです。73mmの開放1.9はピントが予想以上に浅い。フレアっぽくなるので1段は絞り [続きを読む]
  • 7フィートのプロポーション ヘクトール73mm/F1.9②
  • ということで、修理上がりのヘクトールで早速試写してみる。F4から9くらいに絞り込んだ通常の使い方では、意外に「しっかり」とした描写なのだ。ノンコーティングの戦前のレンズなので、もうちょっとフレアっぽく写るかとも思ったんですが、意外としっかりと写る。発色だって悪くない。F9F6.3F6.3F1.9絞り開放をためしてみる。意外とこれも悪くないのです。73mmの開放1.9はピントが予想以上に浅い。フレアっぽくなるので1段は絞り [続きを読む]
  • 7フィートのプロポーション〜ヘクトール73mm/F1.9
  • 憧れのヘクトール73mm/F1.9をGETクラカメブームの時代には高すぎて手の届かなかったレンズ。ライカA型に付いたまま出てきたモノだが、もうおそらく何十年というスパンで使われずにしまわれていた個体だろう。入手時には、中玉にカビがたくさんあり、良い状態では無かった。直ぐに専門店へ修理に出し、今日戻ってきたものだ。幸いに、中のカビはきれいにクリーニング出来たようで一安心。経年で、コバ落ちがけっこうあったが、補修 [続きを読む]
  • 7フィートのプロポーション〜ヘクトール73mm/F1.9
  • 憧れのヘクトール73mm/F1.9をGETクラカメブームの時代には高すぎて手の届かなかったレンズ。ライカA型に付いたまま出てきたモノだが、もうおそらく何十年というスパンで使われずにしまわれていた個体だろう。入手時には、中玉にカビがたくさんあり、良い状態では無かった。直ぐに専門店へ修理に出し、今日戻ってきたものだ。幸いに、中のカビはきれいにクリーニング出来たようで一安心。経年で、コバ落ちがけっこうあったが、補修 [続きを読む]
  • 台北でセイコーモンスター
  • イベントがあり、去年出来た三井アウトレットへやって来ました。食事が人気で、ラーメンやカツのお店が人気との事。何気なく見ていたら、セイコーのアウトレットを発見!広告モデルは台湾の王力宏ですね〜台湾だと高いんだろうなぁと思いながら見ていると4R搭載のモンスター発見!しかも日本製!曜日切り替えが英語と中国語でかっこいいよぅ!円高なので、さらに安く感じて衝動買いです!他にも廃盤のちょっと珍しい限定のブライツ [続きを読む]
  • 台北でセイコーモンスター
  • イベントがあり、去年出来た三井アウトレットへやって来ました。食事が人気で、ラーメンやカツのお店が人気との事。何気なく見ていたら、セイコーのアウトレットを発見!広告モデルは台湾の王力宏ですね〜台湾だと高いんだろうなぁと思いながら見ていると4R搭載のモンスター発見!しかも日本製!曜日切り替えが英語と中国語でかっこいいよぅ!円高なので、さらに安く感じて衝動買いです!他にも廃盤のちょっと珍しい限定のブライツ [続きを読む]
  • 写真家のニコンSP
  • ニコンSPは使ったことがなかった。もっともクラカメ全盛期には高価過ぎて、とても買えるカメラではなかった。デジタル時代になる前は、ebayでくたびれたニコンSを入手して使っていた。当時はまだ元箱入りのSが出たりする事もあり穏やかだったが、ライカブームにつられてレンジファインダーニコンも高価になっていったのは記憶に新しい。その後、S2、S3、S4と使ったが、どれも手に馴染まず全て手放してしまった。フォクトレンダーの [続きを読む]
  • 写真家のニコンSP
  • ニコンSPは使ったことがなかった。もっともクラカメ全盛期には高価過ぎて、とても買えるカメラではなかった。デジタル時代になる前は、ebayでくたびれたニコンSを入手して使っていた。当時はまだ元箱入りのSが出たりする事もあり穏やかだったが、ライカブームにつられてレンジファインダーニコンも高価になっていったのは記憶に新しい。その後、S2、S3、S4と使ったが、どれも手に馴染まず全て手放してしまった。フォクトレンダーの [続きを読む]
  • 修理戻りの金色ペンタックス
  • 2月の中古カメラ市で格安で買った金色ペンタックスKXフィルム一本撮りきらないうちにミラーアップしてしまい修理へ出していた。ペンタックス修理では有名な長谷川工作所。オーバーホールが必要とのことで修理を依頼。3ヶ月かかってようやく戻って来た。さっそく作動させてみる。ペンタックスって、こんなになめらかに動いたっけ?という印象。操作感が元のとは全然違う!又、ファインダーを覗いてみると以前より一段分くらい明るく [続きを読む]
  • 修理戻りの金色ペンタックス
  • 2月の中古カメラ市で格安で買った金色ペンタックスKXフィルム一本撮りきらないうちにミラーアップしてしまい修理へ出していた。ペンタックス修理では有名な長谷川工作所。オーバーホールが必要とのことで修理を依頼。3ヶ月かかってようやく戻って来た。さっそく作動させてみる。ペンタックスって、こんなになめらかに動いたっけ?という印象。操作感が元のとは全然違う!又、ファインダーを覗いてみると以前より一段分くらい明るく [続きを読む]
  • バンコクでiphone6
  • 30度超えの五月のバンコク。仕事を終えてエンポリアムの上階屋外のワインバーは景色も良く最高。2日目MBKでセイコーを探すが、やはり定価で、香港の方が圧倒的に安かった。同行者がiphone を見たいというので、MBKの4階へ。iphone SE は正規店に近いところでも在庫がないそうだ。iphone は店によって値段がマチマチで、なかなか難しい。同行者が以前iphone 5を買ったというお店が安そう。売り子のお姉さんが超美人現地の同行者に値 [続きを読む]
  • バンコクでiphone6
  • 30度超えの五月のバンコク。仕事を終えてエンポリアムの上階屋外のワインバーは景色も良く最高。2日目MBKでセイコーを探すが、やはり定価で、香港の方が圧倒的に安かった。同行者がiphone を見たいというので、MBKの4階へ。iphone SE は正規店に近いところでも在庫がないそうだ。iphone は店によって値段がマチマチで、なかなか難しい。同行者が以前iphone 5を買ったというお店が安そう。売り子のお姉さんが超美人現地の同行者に値 [続きを読む]
  • 香港でセイコーサードダイバー!
  • 香港到着時間があったので、旺角へ久々の先達広場。今回は、復刻されたというセイコーのサードダイバーが売っているか見に行った。三年前に同じところでスーペリアダイバーの黒を買ったのを思い出す。このスーペリアは海外出張時にいつも使っている。もちろん今回も。復刻サードダイバーは、国内物がなく、海外のみの販売。たまにオークションで出回るが、全4色まだ見た事が無い。当初は品薄と聞いていたので、あるか心配だっだけ [続きを読む]
  • 香港でセイコーサードダイバー!
  • 香港到着時間があったので、旺角へ久々の先達広場。今回は、復刻されたというセイコーのサードダイバーが売っているか見に行った。三年前に同じところでスーペリアダイバーの黒を買ったのを思い出す。このスーペリアは海外出張時にいつも使っている。もちろん今回も。復刻サードダイバーは、国内物がなく、海外のみの販売。たまにオークションで出回るが、全4色まだ見た事が無い。当初は品薄と聞いていたので、あるか心配だっだけ [続きを読む]
  • オリエントファイネス〜オリエントの凄さ〜
  • この時計はもうちょっと評価されても良いと思うのは私だけ?オリエントファイネス国産自動巻で最も薄い機械厚を誇るファイネスです。機械の厚み3.90mm昭和42年発売の当時の最高級機。この薄さは昭和49年のシチズン8100まで抜かれることなく、記録保持した時計です。これはオリエントの底力というか凄さでは?とおもいます。有名なグランプリ100の実質的な後継機といわれています。この時計はデザインもおしゃれで、薄型機械ゆえに [続きを読む]
  • セイコー マーベル〜時計のお話〜
  • ブログではあまり書かないので、時計のお話を。セイコーマーベル 1956年(昭和31年)発売戦後も10年、混乱期が過ぎ腕時計も国産が頑張ってきた時代の時計マーベル。戦後の国産腕時計の代表格です。セイコーの腕時計の基礎となったといっても過言ではない時計です。当時としては、完成度も高く、海外製品に引けをとらない時計です。ちなみに、このマーベルからベルトコンベアによる製造作業が開始されました。マーベルはさまざまな [続きを読む]