takatan23 さん プロフィール

  •  
takatan23さん: ボクはかんちゃん!
ハンドル名takatan23 さん
ブログタイトルボクはかんちゃん!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takatan23
サイト紹介文松山のフレンチブルドッグです。食べ歩きが好きなかんちゃん父の生活をカメラPENで切り取ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/01/02 10:44

takatan23 さんのブログ記事

  • フレンチ
  • 料理ってやっぱり奥深いとあらためて思った。かみさんがグループで訪ねて美味しかったらしく、その店に息子も誘って家族で行った。初めて訪ねる店はオーダーの仕方やおすすめがわからないので、カジュアルであってもフレンチは敷居が高い。でも支払いを済ませて店を出る時には充実感がありまた来ようと強く思った。生ハムとサラミ水ナスのマリネ鶏レバーペーストフォアグラのテリーヌ仔羊のローストどれもメニュー名が長いのでどん [続きを読む]
  • 冷しかけそば
  • 今年は体温より高い気温を観測する松山。暑い夏にそうめんや冷やし中華より食べたいのは冷たいつゆのかけそば。丹原の墓参りのついでに両親を連れて西条の蕎麦屋に行った。ここのかけつゆは、冷たいのにかつおの香りが濃厚。結構いい素材を使わないとこの厚みはでないと思う。(使ったことないけど)その上にナスの揚げ浸しの油がサッと浮いていて、出汁のコクを高めている。ナスはほんのり甘みがあってかなりうまい。お出汁だけで [続きを読む]
  • 潮干狩り
  • 数年前まで水質検査で下位にランキングされていた梅津寺海岸。今ではなんとそこで潮干狩りができる。しかも採れるのは確保にテクニックを要するマテ貝だ。昨シーズン初めて梅津寺海岸でマテ貝が採れることを知り、僕の作業を横で見ていた見知らぬ親子にベテラン扱いされた。砂地に小さな呼吸穴を見つけ、塩で蓋をして静かに待つ。塩分にビックリしたマテ貝が穴から頭を出したところで素早くつまむ。でもそこで強く引っ張るとちぎれ [続きを読む]
  • 息子たちと焼肉
  • 東京出張の機会に二人の息子たちとご飯を食べた。食う機会もなかろうと焼肉を選択する。庶民的な店だが「孤独のグルメ」で井之頭五郎氏が唸っていた店に行った。「わさびカルビ」は、炙る程度の焼きで本わさびを乗せて醤油で食べる。これは焼肉というより、お刺身。肉の脂とわさびがとても相性がよい。「丸」は太もものあたりの肉だ。すでに塩味がついていてレモンを絞ってパクリ。うまいぞ〜まったく。一番うまかったのはコレ。ホ [続きを読む]
  • ほんとの田舎で食べる田舎うどん
  • 最近ハマったうどんがある。そこは西条市山際のかなり辺鄙な山里にある。民家の大広間に靴を脱いであがり、完全セルフのうどんを食べさせてくれる。自分でかける熱いお出汁は飲み干せるほど柔らかくてうまい。さらにうどんは極太で、茹でたてだけにツルツルでグミのような弾力が優しい。ほんのり甘い小麦の味を感じる。いつ来ても「う〜んうまい」と唸りながら食べてしまう。このうどん1杯200円。営業は金・土曜日の週2日間、11時 [続きを読む]
  • チョコレート
  • とある食事会にこんな素敵な差し入れをいただいた。有名なショコラティエ「ピエール・ルドン」が作る贅沢なチョコ。もちろん僕だけにいただいたものではなく、みんなで少しづつ食べた。同席の女性たちは「これがどう、あれがどう」と中身が何かということがとても気になるらしく、大騒ぎだ。 甘党ではない僕には 正直 どうでもいいけど、味はやはり繊細でレベルの違いを感じた。このチョコを買うに際して箱まるごという極めて大人 [続きを読む]
  • ウグラ
  • 季節野菜のグリーンサラダメニューにはこう書いてあるが、まあそこはとりあえず頼むか的な注文をしてこういう風に出てくるとテンションがあがる。シンプルなフレンチドレッシングで生野菜をワシワシ食べる。味も食感もメッチャおいしい。家では食べない野菜を食べられるのはうれしい。ちなみにのっかっている茶色のチップはごぼう。この黒毛和牛イチボの牛肉ももちろんうまい。料理って見た目が大事だよね。さらにこの店、こだわり [続きを読む]
  • かんちゃんとドライブ
  • 涼しくなってきたのでかんちゃんをドライブに連れ出した。近所の散歩とは違い、知らない場所では軽快な足取りだ。それが結構うれしい。場所は東予運動公園。贅沢な施設を貸し切りで散歩する。疲れたかんちゃんを車に残し、セルフのうどん屋で昼食。この頃うどん屋ではあたたかいのと冷たいのと同時に二種類注文するようになった。そういう人は珍しいみたいで必ず聞き返される。かけうどんはかつおだしが強く効いていてうまい。麺も [続きを読む]
  • 誕生日
  • 本日かんちゃんは12歳の誕生日を迎えることができました。これもひとえに皆さまからのご厚情の賜物と思っております。ブログの更新はままなりませんが、次回はお正月にお目にかかれば幸いでございます。フレンチの仲間がたくさんいます! [続きを読む]
  • 宮島のあなごめし
  • 先日は高知でうな重を食べたけど、今度は広島であなごめしを食べた。人生初のあなごめしはうな重とは全く違う食べ物だった。あなごからとったダシで炊きこんだご飯の上に、これでもかというくらい焼きあなごを敷き詰めている。あなごは歯ごたえがあってとても香ばしく、タレは甘くなく控えめだった。あなごもご飯もかなり多めなので満腹になる。うまかったよ〜。愛媛でもあなごはたくさんとれるので、家で白焼きを食べたりするけど [続きを読む]
  • シメのらーめん
  • 飲み会があった。飲みながらたくさん食べたのに、ひとはなぜらーめんを食べに行きたくなるのだろう。いや昨夜は自分からではなく、先輩に強く腕を引っ張られたのだ。前から気になっていた台湾ラーメン(中辛)をやってしまった。自家製麺はストレートのやや細麺で、味がしっかりしていて僕好み。適度に辛いスープはシメに相応しく、幸福感が罪悪感を包み込んでしまったよ。翌朝載った体重計の数字が「今まで生きてきた中で一番重い [続きを読む]
  • うな重食べた
  • 高知にある口コミの評価が高い店でうなぎを食べた。開店の17時ちょうどに店につくと30席ほどある店内は先客ですでにいっぱい。相席を承諾した僕らは最後の席に案内され、満席の札が掲げられた。ネットの口コミや店内の張り紙に、「注文を受けてから焼き始めるので時間がかかる」との断りがあるので覚悟はできていたつもり。でも30分待てども1時間待てども自分たちのうな重は来ない。店内にいたので自分の順番までの到達度合いがわ [続きを読む]
  • 行列ができるラーメン
  • 都会の人気店ではよくある風景だけど、松山で行列ができるラーメン屋はそれほどない。豚骨ベースのラーメンは黒と白の2種類。黒は焦がしにんにくのマー油。白は鶏油がかかっているらしい。麺は博多ラーメン風の自家製麺。麺のコシ、香りは高く、白と青のコントラストのあるネギの美しさ。豚骨にもかかわらずスープは臭みがまったくなく、コク深くすっきりしたうまさがある。スープをほぼ飲み干したのに後から喉が乾かない、って言 [続きを読む]
  • 結婚式
  • グレースガーデンアルベラで結婚式。式場の雰囲気も食事もオシャレだ。昔はゴンドラで会場に降りてきたりしてたけど、時代とともに演出も変わるもんだ。(自分たちが乗ったわけではない)とにかく結婚式はみんなが笑顔になるのがいいな。シャッターをどこで切っても絵になるんだよね。社内結婚のお二人。どうぞ末永くお幸せに。(掲載許可はもらってます)フレンチの仲間がたくさんいます! [続きを読む]
  • 鍋焼きうどん
  • 松前町筒井にあるさくやの鍋焼きうどん。鍋焼きうどんを注文する時土鍋に入ったあつあつのうどんをイメージしているとアルマイト製の鍋で出てきて、うわっと思うことがご当地愛媛では度々ある。フレンチの仲間がたくさんいます! [続きを読む]
  • グローバルコミュニケーション?
  • 僕の部下のお姉さんはオーストラリア在住の元松山人。何とずいぶん前から「ボクはかんちゃん!」の読者だったらしい。その彼女から「ブログの更新頻度をもっとあげろいっ」との暖かいお言葉をいただいて俄然やる気が出てきた。遠い異国の地でこんな拙いブログが読まれているなんて、なんとうれしいことか。松山の香りが届けられるようネタを探さなくてはいかんなー。香りと言ってもまた食べ物で申し訳ない。家具のアイソウの隣にあ [続きを読む]
  • 立ち食いステーキ
  • 息子と一緒に行くはずだった立ち食いステーキ屋。事情で二人で行けなくなったので躊躇していたら、小太りで中年のおっさんが結構いるから一人で行っても大丈夫だと息子に背中を押された。その通りに店内は一人客が多い。グラム単位で肉を注文すると目の前でカットしてくれ、しばらくすると好みの焼き加減で提供される。大きめにカットした肉塊をガブリと口に頬張り、ギュシュギュシュと噛み砕く。口中にアミノ酸がほとばしると妙な [続きを読む]
  • 迫力のあるうどん
  • 去年の夏に新居浜市にオープンした文化施設「あかがねミュージアム」を初めて訪れた。遠出をするからには道中でいただく食べ物とセットでプランニングするのが我が家の習わしである。うどん茶屋志道で食べたうどんは、まさに名は体を表すような力がこもったものだった。海老天ぶっかけ麺はかなり太めで強いこしがある。すすって噛もうとしても結構な抵抗があるので長い時間口の中がうどんでいっぱいになる。するすると喉に落ちてい [続きを読む]
  • 塚田農場 松山上陸
  • 千葉にいる息子がかつてアルバイトしていたので、柏にある塚田農場を訪ねたことがある。料理もよかったが、従業員の接客レベルが高くとても好印象なお店だ。松山の一号店はのぞかなければなるまい。特製味噌をつけて食べるお通しのきゅうりはうまかったな〜。宮崎の食材を使った料理はとてもうまいのだが、定番の料理は前回書いたので省略する。じとっこ鶏炭火焼きの残った脂で作ってくれるハート型のガーリックライスはおまけ。き [続きを読む]
  • 年始のご挨拶
  • 新しい年が始まりました。かんちゃんはまだまだ元気ですが、最近寒くて気乗りがしないのか散歩に行かない時があります。二人の息子たちも帰省して家族揃ってのんびりとした新年を迎えています。本年も引き続きご愛顧の程お願いします。フレンチの仲間がたくさんいます! [続きを読む]
  • 新宿荒木町界隈
  • 先月東京に遊びに行った時、友人が連れて行ってくれた荒木町にある「和食こんどう」。人気店で、近くに住んでいる友人が何度トライしても予約がとれなかったらしい。今回友人も初めての来店。なんでもミシュラン一つ星の店だそうだ(ミシュラン掲載店は僕も初めて)牡蠣にポン酢ジュレかけお刺身白子の天ぷら鯛茶漬け店の雰囲気、味、見た目のエレガンスさ、接客、そしてコスパ、なるほど〜と思うお店だった。料理もお酒もうまかっ [続きを読む]
  • ハンバーグ
  • 学生時代に一人暮らしを始め、お袋に教えてもらって作った料理がハンバーグ。ずいぶん長い間得意料理は何かと聞かれると、ハンバーグと答えていたような気がする。なのでハンバーグは自分好みのスタイルが確立されている。それはぽってりと肉厚があって柔らかく、あま〜い味、単純なのだ。アパホテル裏あたりにある「KOJI」では、ハンバーグが看板料理だ。これがまさに自分好みで結構気に入っている。ポン酢をかけて食べる和風ハン [続きを読む]
  • 神楽坂の滑り台
  • 神楽坂を歩いていたら公園に滑り台を見つけた。こんな素敵な滑り台を誰が考えるのだろう。成田空港のターミナルでも素敵なシーンに出会えて、思わずシャッターを押した。フレンチの仲間がたくさんいます! [続きを読む]