simasetu さん プロフィール

  •  
simasetuさん: 売れない主婦作家生活
ハンドル名simasetu さん
ブログタイトル売れない主婦作家生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/dolpfin0218
サイト紹介文主婦、ときどき同人誌作家。かるーくそううつ気味。趣味で声楽とピアノをしてみたり。あれこれのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/01/02 12:17

simasetu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • クリスマスイブに戦争詩についての集まり
  • ご無沙汰しました。例によってID忘れのため、マイページに入れずこちらの更新は怠っておりました。24日、クリスマスイブなのに、文学学校で「戦争詩」について考える集まりに参加してきました。文学学校は私にとって、やはりサンクチュアリです。 今のきな臭い政治の動きに対して、何が出来るのだろう、あるいは原発にしても。本当に、何も危機感を持たない人たちがいます。アベでいいんだ、あれくらいでないと日本がダメ [続きを読む]
  • やっと次作に
  • お久しぶりです。ふだんは歌ブログにたむろしていて、小説から遠ざかっていると、このブログもなんか敷居が高い気がして、見るのも怖いような?変ですが、書いている人のブログも読みたくないって感じになります。今回も11月末の締め切りに向けて、なかなか始動できなかった。先々週くらいにA4一枚分くらいは書いていたが、主人公のアウトラインが定まらず。あれこれ本を読んだり、FBを覗いたりーああこれ大変な世界です。よ [続きを読む]
  • 64号合評会 無事終了
  • 本日午後、近鉄上本町で 無事に合評会が開かれました。まだ暑さの残る中、駅構内だが半分外みたいなカフエのテラス席で汗を掻きながら 真剣に小説について語る我々。近くの席の人からはガン見されました。席を変わる人もいて、ご迷惑だったと思います。でも新しく同人になる人も参加して、 少し厳しめの意見も飛び交い、充実した時間。そのあとの、ビールとお好み焼きが美味だった。私は、久々に合評会のあとに、ほっとするだけ [続きを読む]
  • 黄色い潜水艦64号 発行!
  • 黄色い潜水艦64号が発行されました。作品を書き、編集し、同人の皆さんと校正のやりとり、PDF担当のAさんにデータを送る。印刷が出来て、発送と、3か月がかりの作業を終えて、ほっとしています。      87P 領価500円墓地の上の陽だまり                  天野律子マスケラ                         島田勢津子溜池と鉱石ラジオ                   [続きを読む]
  • 一億総活躍って?
  • この言葉を聞くたびに、え? なんの話? なにそれ? という気持ちになる。今の日本では、活躍どころか普通に生活するのもやっと、という人は結構いるのだ。それに、こんなことを政治のスローガンにするなんて、恥ずかしい。企業年金にしろ国民年金にしろ、この額でどうやって暮らしていけるのか、という額だ。その血税をあんなに私的に乱用していた知事がいて、参院選。今度こそ、改憲をねらう自民党に愛想づかしが起きるはず、 [続きを読む]
  • 書きました!
  • 約1ヶ月、休みつつ、書きついで潜水艦64号の作品を書きました。書いたとたんに、ああ、あれを入れないと! ということに気付いたりもしますが。ま、取り合えず。ある一つのことについても、人はホントに、それぞれ違うことを思い、考えているのだなあ、と思うこの頃。こだわる所と、譲れるところ。譲れることを多くした方が、楽だと思うけど。同人の方たちの作品も届き始め、一番焦る時期です。楽しみであるはずの声楽も、基本 [続きを読む]
  • 権力者はお飾りがお好き
  • なんか、今小説のことを考えていると「権力者」と「お飾り」という言葉が出てきました。男社会でのし上がるのは、よほどの力と才覚のある、女か、黙って何も言わず、何もせず。微笑んでいられる「お飾り」になれる女だと。私の小説の主人公は、思っていることをはっきり言い、行動する女性。でも、結局権力のある男から、忌み嫌われ、無駄に警戒されて、干されてしまうわけです。どこかに正義はあるのかな。 [続きを読む]
  • 書き始めました
  • 5月末締め切りに向けて、昨日から書き始めました。モデルはいるけど、直接取材はできないし、今どこで、何をされているのかわかりません。彼女の日記はある。(公開ブログ)でも、それをそのまま使うわけにはいかない。(当然!)でも、彼女のこと気になるし、とても惹かれる要素がある。想像力で補わないと。描き切れるだろうか。新しいエディタを使ってみたので、絵文字も入れてみた。 ブログを見ていると、ある日突然、終 [続きを読む]
  • 第6回夜がらす忌、無事に開催されました
  • 今年も夜がらす忌が開催されました。川崎さんのお墓も お花で一杯になり 札幌の中野朗さん中川明典さんが、出版された「川崎彰彦傑作撰」も供えられました。その後夜がらす忌は26人が参加して、それぞれの川崎さんとの思い出や思いを語りました。下は、Aさんによるギター演奏。高田渡、「生活のガラ」楽しいひと時でした。その後、郡山城址で、お花見もしました。また来年、どなたでも、ご参加ください。 [続きを読む]
  • プロ並み?
  • 2月末締め切りの小説を出したと思えば、もう3/24の締め切りが!先週末に歌のコンサートを終えて、文章教室の講座も今期は終了。それぞれ打ち上げも楽しく終えて、やっと3月の締め切りに向けて書き始めた。しかしあと10日と思うと、焦りが。昨日は夫と近所の映画館に「家族は辛いよ」を観に行った。面白かったし、笑えたけど。締め切りが、心にひっかかってーーーこちらは10枚くらいの掌編と決めて、大体これで行こうというのは決め [続きを読む]
  • 夜がらす忌の案内
  • 今年も川崎彰彦を偲ぶ、「夜がらす忌」の季節がやってきました。川崎さんの読者の方は、お気軽にお立ちより下さい。花見は、郡山城址の公園。市民会館(旧図書館)の近く、小野十三郎の詩碑なあたりです。お墓参りと第6回夜がらす忌のご案内 桜の季節が近づいてきました。川崎彰彦を偲ぶ「夜がらす忌」とお墓参りのご案内です。今年の夜がらす忌は、川崎彰彦の七回忌になりますので、墓前の法要、お参りの後、お食事をしながら皆で [続きを読む]
  • oh quante volte
  • すみません、歌ブログネタをこちらにアップしてしまいました。今度練習する曲です。昨日はUチューブ埋め込みに失敗して、全画面表示でした。Oh quante volte  アンナ ネトレブコ の動画を貼り付けてみます。オケが伴奏のように入っているのもあるけど、基本前半はレチタチーヴォのよう。まだ楽譜が届いてないので。適当なことを書いています。後半も、カデンツア、ムズそうですね。これ一曲で一年がかりかも?="https://www.you [続きを読む]
  • 原稿、仕上げる
  • 2月末締め切りの小説、30枚を、昨夜ようやく仕上げた。ほぼ出来ていたつもりが、10日ほど前の修正が保存できていなかった。一昨日は、一日かけて修正と書きこみ。昨夜は最終的な校正チェックをした。春めいていきたからか、それ以前からか、明け方に目ざめることが多くなる。ずっと、睡眠不足で、あたまがぼーっとしている。そこへこの締め切りがあって、肩も凝るし体調悪い。昨日はオペラ講座でしたが、なんかテンション低くて、 [続きを読む]
  • 書きました~~
  • 午前中、家事を終えてから、小説にとりかかった。先週、印字していたのを、見直す。わりと勢いに乗って書いていたため、文章を見直す。乱暴なところを、書き足す。お昼をはさんで、2時くらいまで書きました二月末締め切りなので、まだ余地はある。でも、これでいいのか? 不安な面も。今回、人に巻き込まれた話で、その人をあまり好きではない 話を書いている。これで悪口小説にならんければ、いいのだが。そういうふうに、結論 [続きを読む]
  • 合評会無事に終了
  • 今日の午後、なんばの「英国屋」本店にて、「黄色い潜水艦63号」の合評がありました。一番若かったメンバーも還暦を迎え、親の介護などもあって、参加者は少なくなりました。難波から、近鉄に乗り換えて、大和郡山に通った頃は遠くなった。作品が多かったので 午後1時に集合。朝の10時過ぎに家を出て。二次会は西友のなかの居酒屋。東京からの同人も駆けつけて、二次会の会場に向かう時はいつもわくわくしていた。やっと厳しい [続きを読む]
  • 映画を観ました。
  • 黄色い潜水艦63号、発行されました。2016年に入り、新年の記事を書こうと思いつつ、はや20日経ってしまいました。今日、各方面への発送の準備を終えて、明日、郵便局さんが取りに来てくれます。63号については、また画像入りで、紹介いたします。新年から二本の映画を観ました。ロバートデニーロ主演の コメディー 「マイインターン」。面白かった。笑えるし、気が晴れた。元気で魅力的なシルバー世代の生き方を描くと [続きを読む]
  • うらたじゅん鉛筆画展〜川崎彰彦の『くぬぎ丘雑記』 
  • ◆うらたじゅん鉛筆画展    〜川崎彰彦『くぬぎ丘雑記』の挿絵と思い出〜12/1(火)〜1/15(金)川崎彰彦『くぬぎ丘雑記』(2002年/宇多出版企画)収録の鉛筆画に加え、新作も予定です。(今回はすべて非売となっております)◆トーク <要予約 800円>宇多滋樹×うらたじゅん 『川崎彰彦さんの思い出』12/13(日) 18:00〜19:00詳細→長谷川書店ブログ鉛筆画展&トークの会場の長谷川書店は◎阪急京都線・水無瀬駅の改札 [続きを読む]
  • 小説、書きました
  • 11月末締め切りの小説を、今日仕上げる。先月、ほぼ出来ていたのを、置いていた。少し置いて見直すと良いのはわかっているが、なかなか出来なかった。今回、読み直すのが、怖くて。もし、違う方向に行っていたらどうしようと。でも、今日読み直して、うん、これでいいと思った。エピソードを、足したり、書きこんだり。細かい手直しをして、33枚の作を仕上げた。「天使の糧ーパニス・アンジェリクス 」タイトルも気にいっている。 [続きを読む]
  • コンサート終了
  • 女声合唱のコンサートがぶじに終わりました。他のパートを聞くこと、弱音で響きを合わせること。いつもそれで苦労しているけど、今日は自然とハーモニーの一部になることができたと思う。ボブチルコットのジャズミサ、などから、キリエ、サンクトス、アニュウスデイ。私も宗教曲は好きなので、その旋律の美しさに魅せられるように、静かにうたうことが出来た。クリアな高音もよく当たっていた。女声合唱で合わせてきた人たちが突出 [続きを読む]
  • 祈り
  • パリの多発テロから 三日経ちました。私は、土曜日はオペラ講座に行き、昨日は入院している義母を見舞いました。今日も歌レッスンでした。音楽も文学も、芸術に触れたり、楽しむことができるのは、平和な環境があるからです。日々を脅かされずに過ごすことが どんなに大切なことか。今の日本はいろんな問題を抱えているけれど、平和です。暴力には暴力 戦いや武力に返ってくるのは 争い、武力でしょう。戦後70年もの間、日本 [続きを読む]
  • 書いています
  • 気持ちの良い秋晴れが続きますね。ちょっと、陽射しがきつすぎて、昼間は暑いですが。それでも、湿度が低い、こんな天気が2か月ちかく続くなんて!35度の酷暑も さぶーい冬も仕方ないですね。いまのうちに秋を堪能します。といっても、連休もどこにもいかず、週に一度の 講師としてのお仕事、同じ日の合唱、声楽レッスン、文学賞のボランティア、家事、と地味〜に暮らしております。そして、最近は、書いています。いつからと [続きを読む]
  • 書いています
  • 8/20までに、10枚までの掌編小説を仕上げないといけなくて。掌編と思うと、余計考えてしまって、昨日はネットでイメージになる風景を、探して。うんうん、唸りながら、書きはじめる。10枚だと余計難しい面がある。今日の午前でどうにか、先が見えてきた。自分のイメージの貧困さにめげるが。8/16日までには、30枚くらいある作家、作品紹介文。を10枚にまとめる。これは、できたら、です。そして、ドーンと来ました [続きを読む]
  • 黄色い潜水艦62号発行
  • 黄色い潜水艦62号が発行されました。うらたじゅんさん〜道草日記〜や、天見三郎さん〜天見文庫〜が7月に、もうブログで紹介してくださったというのに(どちらのサイトにも、このページのブックマークからいけます。)紹介が遅くなりました。ご興味のある方は、上記のアドレスまでお申し込みください。送料込み500円分の切手でお分けしています。小説吾一                   天見三郎天の川       [続きを読む]
  • 戦争法案反対!
  • 衆議院国会で、強引に可決に持って行った 安保法案。目の前で、あんなに多くの 反対の声があがっているのに 強硬に採決されたこと怖い 人たちが 国を牛耳っています。日本が戦争に向かった時代の軍部のような。昨日、いつも購読している新聞の方が集金に来られてた。私より10歳くらい上なのに、暑い中を走り回っておられる。戦争法案に反対する署名で、駅前にも立たれている。私には、そんなことはできないが、せめて家族の [続きを読む]
  • 過去の記事 …