suisyaban さん プロフィール

  •  
suisyabanさん: 村の水車番
ハンドル名suisyaban さん
ブログタイトル村の水車番
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suisyaban
サイト紹介文水車小屋のおじさんは見た! 村の暮しは今日も快調!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/01/02 14:13

suisyaban さんのブログ記事

  • ミサイルが飛んできたら?
  • 弾道ミサイル落下時の避難方法などが政府から発表されたそうだが・・・大変なことになった・・・すでにお隣の鳥取県では住民参加のミサイル避難訓練も行われたらしい・・・一気に戦時体制の様相になった・・・北朝鮮から発射されてから島根県に着弾するまでの時間は、4〜5分程度だそうだ・・・高齢者ではとても逃げ切れない・・・第一・・田舎ではミサイルから身を守るだけの避難場所も無い・・・裏山の畑の脇には、昔、いサツマイ [続きを読む]
  • 地区の介護施設
  • 朝の6時半から地区の奉仕作業の日である・・・交流センター周辺と地区にある顔ご施設周辺の草刈りが主な仕事だが・・・私の集落は、地区内にある介護施設の草刈りが受け持ちだった・・・廃園になった地区の保育所跡を介護施設として利用されているが・・・広い・・・もともとが、保育児と高齢者との交流を図る目的の、全国でも珍しい施設だった・・・急激な山間部の人口減少のあおりを受けて・・・折角の施設も、まだ木の香も抜け [続きを読む]
  • 秋海棠のおやつ
  • 裏庭から、台所の後ろに掛けて秋海棠の花が盛りである・・・裏庭の秋海棠は、私の子供のころからいつも目にしていた花である・・台所の後ろには、母が大事にしていた、九輪草が一面に生えていたが・・・いつの頃からか無くなっていた・・・母が亡くなってからだろうか・・?九輪草が姿を消すと・・・地続きの裏庭から秋海棠がいつの間にか侵入して来ていた・・・ちなみに、秋海棠は多少、お茶をたしなんでいた父が大事にしていた花 [続きを読む]
  • こんなところに台湾の花
  • 庭の高砂百合の花が咲きだした・・・家内の実家の庭に咲いていたのを、所望して帰ったものである・・・花が咲き終わってから、大量の種子を持ち・・それが風に乗って飛散するので・・瞬く間に高砂百合だらけになる・・結構花はきれいだが、繁殖力の旺盛な百合である・・この調子なら・家の周囲が高砂百合だらけになるかと思ったが・・・何年かしたら、同じ地面には生えなくなった・・野菜のように厭地現象でも起こすのだろうか・・ [続きを読む]
  • 女性の綺麗な島根県
  • 夕方、家内と菜園の野菜採りに行く・・・昼の内に、トマトやカボチャ、オクラなどは仕事の合間に私が採って置いたが・・・ピーマンやキュウリ、ナスは取る人、受け取る人と、分担制でなければ畑が狭いので運び出せない・・・ニュースなどで見ると、関東地方は長雨の影響で野菜類が高騰しているそうだが・・・わが家の自家野菜は豊富である・・どちらかと言うと、駄農の部類に入るわが家の野菜が豊富だと言うことは・・・他家の自家 [続きを読む]
  • いざ出陣の構え
  • 盆が過ぎると、コシヒカリは急に色づき始める・・・秋が足音を立ててやってくるような気配だ・・・稲穂の上をトンボが舞い・・夕方にはカナカナセミの鳴き声がかまびすしい・・・廊下の端をコウロギの跳ねる姿を発見・・・収穫の秋は、農家の戦場である・・・農家の戦場も近頃は近代化されて、歩兵の姿は無い・・春のトラクター、田植え機から始まって、刈り取りのコンバイン、運搬の軽トラックと・・すべて乗用である・・ちなみに [続きを読む]
  • 母の誕生日と終戦記念日
  • 8月15日・・・お盆の中日だが・・今日は亡くなった母の誕生日でもあった・・・生前の母は、8月15日の自分の誕生日が来るといつもぼやいていた・・・今では、8月15日を終戦記念日とか・・全国戦没者追悼記念日・・とか呼んでいるが・・・私の子供の頃には、敗戦記念日 と呼んでいる人も沢山いた・・・「先祖の供養で忙しいお盆の日に生まれたことも不幸だったが・・よりによって、誕生日が敗戦記念日になるとは・・・私は [続きを読む]
  • 盆団子
  • お盆と言えば・・・盆団子だけは忘れられない・・・子供のころから、盆団子だけは必ず食べていた忘れられない味である・・・仏壇やお墓に供えて・・・盆の中日の朝食には、家内中で盆団子を食べるのが我が家の盆の習慣である・・・白玉団子を、砂糖醤油で戴くのが定番の盆団子だ・・一口大の盆団子は、若い頃にはいくらでも食べられた・・・大家族となると、大きめのどんぶりに盛られた盆団子がみるみる内に減って行く様は・・お盆 [続きを読む]
  • 迎え盆の風習
  • 今日は迎え盆・・・と言ってもわが家では別に迎え盆としての行事は無い・・・スーパーなどで、盆用品売り場を覗くと、迎え火用のおがらが売ってあるのを家内も何に使うか知らなかったので、わが家だけが迎え火などの盆行事をやらなかったわけでもないらしい・・・子供の頃、我が家でもお盆を迎えるときには、精霊棚を作って、牛や馬に形どったキュウリや茄子を飾っていた・・・今思うと・・・他郷の禅宗の家から嫁して来た大祖母が [続きを読む]
  • お花の自給率
  • 今日は12日、・・・子供の頃には、お盆を迎える2〜3日前になると背戸の牛の飼い葉を刈る山に入って女郎花の花や鬼百合の花を採って帰っていた・・・盆前の忙しいお父母のお手伝いとして欠かせない仕事だった・・・女郎花を捜し歩いた背戸の草山もすっかり荒れて・・・女郎花どころか大藪になっている・・・其の内に、女郎花を活けた花筒の水がうんこの様な匂いを発するようになると敬遠されて・・・山から女郎花を採って帰る仕 [続きを読む]
  • 北朝鮮の地図
  • 台風5号の後の天気がどうもしっくりしない・・・梅雨空の様な天気である・・・お盆前には、墓掃除から家の周囲の草取りなどで天気が待たれるのに・・・罪な天気である・・・お盆前の墓掃除は一応済ませていたが・・・わが家ではお墓に付近の谷から山水を引いている・・その水元がイノシシにやられて水槽が壊れていた・・・今日は、お盆の準備にと、水元の水槽の修理をして、お墓に引いてある水道を回復した・・・お墓の花は・・・ [続きを読む]
  • 最強の強壮剤
  • 知人から、貰い物だが・・・と黒酢ニンニクを、お裾分けで戴いた・・・テレビなどで宣伝されている黒酢ニンニクは、カプセルに入って飲みやすくなっているが・・・お裾分けの黒酢ニンニクは、形状は売れれている生のニンニクの形のままである・・色が黒いだけだ・・・イオンのお店で展示されていた黒酢ニンニクと同じに見えるが・・その黒酢ニンニクには高価な値が付いていた・・・皮をむくと・・・中からは、真っ黒に変色したゼリ [続きを読む]
  • 山村ならではの食材
  • 新芽を食べようと撒いておいた蕎麦が、昨日来の雨のせいで急に大きくなった・・・そばの新芽は、盆前に種を蒔いていた今の時期に、青物の少ない農家の貴重な食材だった・・・湯掻くと、鍋の中で青くなり、ほのかに蕎麦の香りが楽しめる・・・そば栽培農家ならではの食材だった・・・知人から家内が蕎麦種を少し戴いていたので、畑の隅に蒔いて置いたそばが食べごろになっていた・・・カイワレ大根の蕎麦編である・・・あまり市販さ [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • 台風5号のお陰で急に夏の終わりが宣言されたような感じになった・・・一日留守にしていたわが家に夕方帰ると・・・夕立でもあったのか、背戸の山は靄に包まれて煙って見える・・・秋がすぐそこまで来ているような気配だ・・・夏と言えば若者の季節だ・・・秋と言えば・・・やっぱり年寄りの季節である・・・いよいよ出番が回って来たような高揚感がある・・・ギラギラした太陽より・・清々とした月の光に包まれるのが幸せ感がある [続きを読む]
  • 台風すらスル―する
  • 迷走台風5号の進路が気になっていた・・・昨夜から、有線放送でも台風への備えを怠りないようにと・・頻繁に放送されている・・・2〜3日前から台風の進路予想を見ると・・・わが郷土を直撃しそうな予想だった・・・ようやく稲穂も垂れだして来た・・・中間の作柄予想では、今年は102〜3だそうである、・・・豊作の年だ・・・直撃なら・・・豊作も危ない・・!と思っていたが・・・昼前の台風情報を見ると・・・大分、進路がずれ [続きを読む]
  • マムシの猛毒
  • 今までイノシシ被害とは無縁の、安全地帯にあった隣りの田んぼにイノシシが出没した・・・出入りした場所を探して見ると・・・県道を横断して県道沿いの家屋の庭先をよぎり・・・大川に掛かった歩道橋を通って田んぼに入っていた・・・けもの道・・・処の話ではない、完全に人間の生活道路を悠々と往来している・・・大川にかかる歩道橋を渡ったら・・いよいよ電牧線の張ってある内側に入り込まれる気配である・・・電牧線は夜間だ [続きを読む]
  • 新しい芙蓉の花
  • この春、掛合のFさんから頂いた芙蓉の苗に花が来た・・・うれしや・・・わが家の前からあった外来の赤い芙蓉はもうだいぶ前から咲きだして・・・ぼちぼち終わりごろである・・・わが家には、赤い花の芙蓉だけだと聞いた、Fさんは3株も芙蓉の苗をわが家の届けてくださった・・芙蓉の株だけではない・・・種もたくさんいただいた・・・種は、ポットに撒いたが・・今では20センチほどに成長している・・・3株もいただいたので庭 [続きを読む]
  • 猪の道路横断
  • 隣りの田んぼにイノシシが入ったと知らせがあった・・・隣りとは共同で電牧線を張っているので急遽電牧線の見回りに歩いたが・・・異常は無い・・・イノシシの入った形跡も見当たらなかった・・・もう一度確かめると・・・電牧線で囲った田圃の他に・・隣り家には国道を挟んだ河原に面した田圃がある・・・国道と、河原に面した石垣に守られている田圃なので、いままでイノシシの被害などあったことも無い田圃である・・・イノシシ [続きを読む]
  • 河野太郎外相
  • 朝からテレビでは改造内閣の顔触れが紹介されている・・・その中でも、外相に起用された河野太郎氏に注目したい・・・丁度良いタイミングと言うべきか・・・今朝の新聞の地方版に、「韓国学生、竹島資料館訪問」と出ていた・・・竹島と言えば・・・解決の先が見えない様に思えて一県民としては嘆きの島である・・・まさか武力で解決するわけにもいかないだろう・・・今回の韓国の学生の竹島資料館への訪問は、両国間の岩盤の一郭に [続きを読む]
  • 盆掃除
  • 今日から我が家は盆掃除に入った・・・お盆まで少し早いような気もするが、台風接近も考えて今日から始めた・・・昔から、田舎では、盆前になると家の周囲の掃除、家屋の掃除、お墓の掃除、仏壇の飾りつけなど・・お盆に備えて準備していた・・・昔の農家は、仕事に追われていた為に毎日の掃除などはどだい無理な話だった・・・よく・・掃除もされていない町屋の玄関などを見た人が・・「農家みたい・・」と汚いことの例えに話され [続きを読む]
  • 脱原発
  • 福島原発の事故から6年経った・・・溶け落ちた燃料デブリらしきものがようやく発見できたようである・・確かなことはまだわからないらしい・・・発見できても・・・取り出すことが又難題である・・・取り出しても・・その後の処理ではもっと大きな難題が待ち構えている・・・一体何時になったら安心出来る時代が来るのだろうか・・?原発は人間社会にとっては、やはり大きな重荷だった・・・今からでも遅くは無い・・・多少の不自 [続きを読む]
  • 金糸瓜の本漬け
  • 朝からむしむしと暑い・・・・水路の草刈りをしていたが、途中から屋内作業に移行する・・丁度・・下漬けして置いた金糸瓜の本漬け時期が近付いていた・・・下漬けして置いた金糸瓜を桶から上げて・・・しばらく日陰干し・・・酒粕と砂糖を合わせて準備・・・下漬けした金糸瓜を酒粕とサンドウイッチ状に重ねて容器に詰め込む・・・このまま、半年ぐらいは冷暗所で寝かせて置けば・・・出来上がるはずだが・・・何しろ初めての金糸 [続きを読む]
  • ホリエモンロケット・・・
  • ホリエモンロケット・・・として注目されていた日本初の民間ロケットでの宇宙空間を目指した実験ロケットは失敗したようだ・・・折りしも・・・昨日の深夜には、北朝鮮のICBMの発射実験成功のニュースが流れたばかりである、大陸間弾道弾の発射技術と宇宙開発ロケットの発射技術はほとんど同じだそうだから・・・北朝鮮では、すでに宇宙開発技術も持ち合わせているだろうか・・?日本の民間ロケット開発は将来的には宇宙ビジネ [続きを読む]
  • 眼科でデート
  • わが家の庭先のハスの花が今朝見ると沢山花開いている・・・まだ、お盆には早い・・・今から咲きだしたら、肝心のお盆には、我が家のハスの花は品切れになりそうである・・・世の中は、人間の都合では動かないことはわかっていたが・・・阿弥陀さんの手前でもままならないことがあるものだろうか・・?朝一で、家内と眼科へデートだ・・・私は緑内障・・家内はドライアイと何とか症の定期的な治療の為である・・・この頃は、若い頃 [続きを読む]
  • 花の名前が判らない
  • 三つ上の姉の所からもらった花がある・・・姉の所では、舅さんが大事にされていた花と聞いていた・・・裏庭の木立の下で、夏になるとピンクの球状になった花を咲かせていた・・・あまり手入れもいらないそうである・・木立のあちこちに咲いていた・・・一本だけ苗を貰って帰って、裏庭の銀木犀の下に植えて置いた・・・植えたあくる年には、早速一輪の花が咲いた・・・以来・・・4〜5年にはなる・・・今では3〜4本に増えた・・・ [続きを読む]