鈴木酒店 さん プロフィール

  •  
鈴木酒店さん: 酒ゲーム☆鈴木酒店
ハンドル名鈴木酒店 さん
ブログタイトル酒ゲーム☆鈴木酒店
ブログURLhttp://osake.eshizuoka.jp/
サイト紹介文静岡市駿河区にある小さな酒屋さんの、お酒関連の話と地元ネタ、そしてオタク系趣味な話とかのブログ
自由文ブログとかまだまだ初心者です。宜しくお願い致します。

ショッピングページ(現在工事中)
http://www.sake-online.com/
ツイッター始めました!
http://twitter.com/sake_online
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/01/02 23:53

鈴木酒店 さんのブログ記事

  • 裏鈴木酒店 『とある酒屋の超萌酒会 6th』
  • 月イチ以上当店の座敷部屋で開催している会、裏鈴木酒店。普段は静岡の地酒がメインテーマでちゃんと酒屋してるのですが〜、年に一度だけね、オタクな酒屋の力を100%中の100%解放して開催してるパーリーがこれだ【とある酒屋の超萌酒会 6th】そう、今年で6回目になります (過去の様子は一番下にあるリンク先参照)ラインナップは当店製作のオリジナル萌酒もたくさんあるですが、その他は主に昨年8月の…夏コミ最終日に秋葉原で [続きを読む]
  • 【入荷】臥龍梅の高コスパな純米大吟醸雄町!
  • 毎年人気のこの商品が今年も入荷してきましたこれ、コストパフォーマンスがホントすごい大吟醸なだよね【臥龍梅 純米大吟醸 備前雄町】「備前雄町」(びぜんおまち)というのは岡山県の酒造好適米(お酒用のお米)のことで、数多くの酒米の祖先にあたる有名なお米なのです旨みがある味わいだったり熟成向けだったりとか言われてたりします。あとお燗にも良いよね雄町臥龍梅の三和酒造さんではこの雄町を純米大吟醸という最高ランク [続きを読む]
  • 裏鈴木酒店:ベアードと愉快な地ビール達♪
  • 普段は地酒がテーマでやること多いですが、先日は半年に1回くらいやっている地ビール(クラフトビール)の会でした、当店の座敷部屋で開かれる裏鈴木酒店【裏鈴木酒店:季節限定ベアードビール&アオイビール&バイエルマイスター】当店でずっと前から販売してて人気の【ベアードビール】今回はそんなベアードビールの中の〜「季節限定ビール(秋から冬に発売された限定品)」をメインにしつつ、この4月はベアードビールの定番ビー [続きを読む]
  • 【本日発売】県内だけで販売、エスパルス缶とジュビロ缶!
  • 今年も静岡サッカー応援ビールが本日販売開始となりましたサッカー王国であり、サッポロビールの工場もある静岡だからこその、『静岡県内だけでの限定販売』だぞ『ジュビロ磐田応援缶』と『清水エスパルス応援缶』中身はどちらも同じ「サッポロ 麦とホップ The gold」の350ml缶そして今年も、1缶につき1円の売上げ金が各クラブチームへ寄付されます! 貴方の応援が直接寄付(間接的だけどw)できてしまうのです2月にご予約の案内 [続きを読む]
  • 【入荷】高コスパ!英君の特別純米袋吊り雫♪
  • 今年もこれの発売を待っておりました(゚∀゚)これ、コストパフォーマンスが凄くって私も大好きな英君なんです【特別純米 袋吊り雫酒】「袋吊り雫酒」っていうのは、いわゆる醪(もろみ)を搾る行程でその醪を「酒袋」という袋にすくい入れ、その酒袋を文字通り空中に吊すんです。そうすると浸透によって酒袋から自然に濾(こ)されて出てきたお酒がゆ〜っくり雫のようにポタポタと滴り落ちてくるわけです♪そうやってとても丁寧に時 [続きを読む]
  • 大改造!! 劇的ハリネズミの家(完結編)
  • 『寝床の入口が狭い!てかいろいろ狭いから!』と、住民がオーナーの指にガシガシ噛みついてくる家…。前回お伝えしましたが、そんなクレームが入っていたハリネズミのうに氏の家をこの度、匠(たくみ)を呼んで大改造致しましたそれを一気にご紹介してみたいと思います(ちなみに前回のお話はこちら → 【大改造!! 劇的ハリネズミの家(前編)】)まずベースになっているのは小動物御用達の三晃商会(SANKO)の「シャトルマルチ [続きを読む]
  • 【入荷】限定99本!富士錦三年熟成純米酒
  • 今年も超〜極少の限定99本しか販売されてないらしいこれが入荷してきました【富士錦 三年熟成純米酒 平成25酒造年度】(写真は22酒造年度の時のもので、右の写真が新聞紙の中身です)新聞にガッチリくるまれてるこちらは、ふくよかな味わいで定評のある「富士錦酒造」さんの純米酒で、なんと3年間低温でじっくり貯蔵されたものなんです酒造年度についてだけど、この冬に造られた新酒が「平成28酒造年度」になるので、その3年前って [続きを読む]
  • 5.3 地酒も楽しめる♪ 由比桜えびまつり
  • 今や静岡のビッグイベント!! …なんでも7万人くらい来てるみたいよ【由比桜えびまつり】ゴールデンウィーク中に開催される美味しいイベントのこれ。その名の通り、駿河湾でしか獲れない桜えびが主役です桜えびや生しらすの無料プレゼントなんてのもあるんだけど、これな…、なんでもこの行列は朝6時頃からでき始めるらしく、ぶっちゃけそれに並ぶのはあまりオススメしません…(だって1,2時間は並ぶことになっちゃうから)一昨年の [続きを読む]
  • 惚れ直したぜ!! ベアードの「帝国IPA」
  • 沼津発祥のクラフトビール(地ビール)の「ベアードビール」首都圏をはじめ全国的にも実は知名度が高くてとっても人気だったりするんですさてそんなベアードビールには、その時その時の旬なフルーツを使ったビールや長期熟成・度数が高いビールなど、このブログでも紹介している「季節限定品(数量限定)」ももちろん人気なわけですが〜、年中通して販売している「レギュラー品の定番ビール」もとっても美味しいんですよ現在、定番 [続きを読む]
  • 【入荷】杉錦、県知事賞受賞記念の純米大吟醸!
  • 先月行われた県内での地酒のコンクール『静岡県新酒鑑評会』において藤枝の地酒・杉錦が吟醸の部と純米吟醸の部両方で第一位の県知事賞をダブル受賞されました(その時の結果とかはこちら → 【平成29年 静岡県新酒鑑評会の結果発表キタ!】)それで今回、その受賞を記念してこちらのお酒が数日前に限定発売されました【杉錦 純米大吟醸 県知事賞受賞記念版】まずこちら、そのコンクールに出品して受賞したお酒そのもの…ではあ [続きを読む]
  • 【入荷】幻のお米「短稈渡船」の臥龍梅純米大吟醸!
  • 酒通の方々が毎年固唾をのんで注目しているこの超〜限定品が今年も入荷致しました【臥龍梅 短稈渡船 純米大吟醸 無濾過生貯原酒】これ、「短稈渡船」と書いて「たんかんわたりぶね」って読む、お米の名前なんですこのお米は、酒米の王様として知られている「山田錦」(やまだにしき)の…実は父方にあたる酒米でして、滋賀県にわずかに残されていた種もみを数年がかりで増やしてもらいそれを使っている、とっても貴重なものなんで [続きを読む]
  • 【入荷】新しいタイプの富士正、純米吟醸誉富士!
  • 富士宮市の酒蔵「富士正酒造」さんからこんな新酒が入荷してきました【富士正 あさぎり蔵出 純米吟醸 誉富士】老舗酒蔵の富士正酒造さんは平成23年10月から『朝霧高原 あさぎりフードパーク』の中に新しい酒蔵を新設し、若手の杜氏や新しいコンセプトのもとで今いろいろチャレンジしている酒蔵でもあります杜氏は南部杜氏の八重樫次幸さん。なのでその朝霧高原の新しい酒蔵で造られたお酒が「あさぎり蔵出」であり、このオシャレな [続きを読む]
  • 静岡ホビーショーまであと1ヶ月となりました!!
  • 模型クラスタの皆様こんにちは。年に一度のプラモデルの祭典、『静岡ホビーショー』がいよいよ一ヶ月後と迫ってきました全国、…いや、全世界からたくさんのモデラーやオタク、メーカー関係者が静岡に集まります私もこのホビーショーの時が一番楽しく仕事をしてるかもしれないくらいに当店のブースも賑やかになり、た〜くさんの方々がブースに覗きに来て下さいます…お〜っと当店鈴木酒店のブースはホビーショーの会場内にはござい [続きを読む]
  • 【入荷】スッキリ甘口のうすにごり生酒です♪
  • 昨年新商品として登場しちょっと注目されたのがこの、春っぽくて可愛らしいラベルの高砂です。富士宮の地酒ね【富士高砂 純米旨口 うすにごり生】そう、「うすにごり」ってことなのでかる〜く濁っている感じですまた、甘さ辛さを示す日本酒度の数値もマイナス4という甘口の純米酒となっていて、甘みや旨みが濁り成分と相まって柔らかくまろやかな感じなんですよ しかも生酒だからフレッシュな飲みやすさも有り♪なおお米は「五百 [続きを読む]
  • 【予約開始】今年も出るよ♪ あの静岡麦酒の缶!
  • 2013年に登場した、居酒屋でしか飲むことができない樽専用ビールの静岡麦酒。で、2年前かな、試しに「缶」で発売してみたら限定数が一瞬で完売してしまったというこれが今年も1回だけ限定発売されます【サッポロビール 静岡麦酒<缶>】静岡麦酒(しずおかばくしゅ)は、静岡県焼津市にあるサッポロビール静岡工場で造った鮮度抜群なビールでして、また、麦芽100%という贅沢な内容できめ細かい泡と爽やかな後味が人気だったりしま [続きを読む]
  • 【入荷】お待たせしました!志太泉のシダ・シードル♪
  • 思えば1年前にこっそりと登場し、その内容等に驚いていた刹那、あっという間に完売になってしまった例のアレが今年も入荷してきました【志太泉 純米発泡酒 「シダ・シードル」】シンプルだけどなんかカワイイこのお酒名前シードルってなってるけど、これ、れっきとした日本酒なんです白く沈殿しているのは、日本酒のもとになっている醪(もろみ)成分でして、これの作用によって瓶の中で微炭酸な発泡性が生まれて詰まってますwあ [続きを読む]
  • 大改造!! 劇的ハリネズミの家(前編)
  • 『寝床の入口が狭い!てかいろいろ狭いから!』と、住民がオーナーの指にガシガシ噛みついてくる家…。その様子は前回の記事参照ではありますが…、ともあれ、4月と言えば引っ越しシーズンハリネズミのうに氏の家も引っ越しとか大改造することにしました前回の記事はこちら → 【シェアハウスしてる同居人から苦情が入りました…】では、まずは家そのもの!ということでこちらに大幅バージョンアップ小動物御用達 三晃商会(SANK [続きを読む]
  • 美味しい酒粕、まだ有ります(^o^)
  • 例年のこととは言え、今年も『酒粕ブームで甘酒ブーム』でしたね! 当店の酒粕は美味しくて評判なので今年もた〜くさん売れました栄養たっぷりだし美容や健康にも良いですしね4月に入ってから暖かくはなってきましたが、実はこの時期になってくると「最後の買いだめ!」って感じで逆にいつも以上に売れたりしますw …確かに酒蔵ではそろそろ酒造りも終了するので酒粕ができなくなりますしね。でも、まず皆さんにご案内している [続きを読む]
  • シェアハウスしてる同居人から苦情が入りました…
  • ここだけの話、私とシェアハウスしてる同居人のこの方から最近無言の苦情をいただいております…ハリネズミのうに氏。…時には暴力的になることもさて、無言のクレームながらもその理由はだいたい想像がつきまして、うに氏がデカくなったことにより家が狭くなった件(-_-)ご覧のように家の出入り口よりもすでに大きいw(とはいえ、よくしたもので…出入りする時はハリをしまって匍匐前進でうまく入っていってます。…てか、これで [続きを読む]
  • さぁ無礼講の時間だ!年に一度の限定ベアード
  • お花見の席はやっぱり「無礼講」だよね♪というわけで瓶のラベル自体が既にお花見パーティーなこれが入荷しました【無礼講時間 ストロングゴールデンエール】ビールの名前自体も既に無礼講(笑)。このビールは、ベアード・ブライアン氏が日本独特の文化である「ブレイコウ」、…つまり、『地位や身分に関係なく、お酒を楽しく飲もう。本音を言ってもあとでお咎めなしね♪』という文化にリスペクトして生まれたビールなんだってさ [続きを読む]
  • 2倍に成長したうにw
  • ハリネズミのうにですが、先日の体重測定では300グラム超えてました322グラムあっという間に2倍…っていうか3倍近くに育っているうに氏ですwひと月で50〜70グラムくらい増えてるですかねなんでもハリネズミの男の子の平均体重は400〜600グラムみたいで、かなりの個体差もあるみたいだけどうちのうにもまだまだ成長しそうwんま、ほとんど運動してないですしね(ちなみにハムスターの平均体重は50グラムとか大きいのでも100グラム [続きを読む]
  • 【入荷】高コスパな正雪!純米吟醸吟ぎんが♪
  • 一升瓶で三千円切ってるこの正雪はすっごいコストパフォーマンスだと自信持ってオススメできます今年の新酒が入荷しました♪【正雪 純米吟醸 吟ぎんが】そう、この正雪はかなりオススメでして、『吟ぎんが』(ぎんぎんが)って言う岩手県産の酒造好適米を贅沢に50%まで磨いているにもかかわらず一升瓶で三千円切ってるという凄さなんです 精米歩合50%と言えば「純米大吟醸」と名乗ってもいい規格だ味わいはまさに正雪らしさがあ [続きを読む]
  • 惚れ直したぜ!! ベアードの「島国スタウト」
  • 沼津発祥のクラフトビール(地ビール)の「ベアードビール」首都圏をはじめ全国的にも実は知名度が高くてとっても人気だったりするんですさてそんなベアードビールには、その時その時の旬なフルーツを使ったビールや長期熟成・度数が高いビールなど、このブログでも紹介している「季節限定品(数量限定)」ももちろん人気なわけですが〜、年中通して販売している「レギュラー品の定番ビール」もとっても美味しいんですよ現在、定番 [続きを読む]
  • 見覚えのある場所が!! 静岡聖地アニメ.1
  • 今や日本を代表するクールジャパンの筆頭でもある『アニメーション』。そして、その作中の舞台を実存する地域や場所で展開することでリアリティや親しみや興味も湧かせる感じにもなっている〜『聖地アニメ』原作者や監督とかがそこ出身だったり、地方自治体がアニメ制作会社に積極的にアピールしてたり、作品の世界観にそこがピッタリだったりとか、まぁ様々な理由や大人の事情なんかがあるかもですが…、いづれにしても『町おこし [続きを読む]