南まい さん プロフィール

  •  
南まいさん: ぐるっと!世界一周。
ハンドル名南まい さん
ブログタイトルぐるっと!世界一周。
ブログURLhttp://ameblo.jp/mai-minami/
サイト紹介文女ひとり旅本発売中! 『独女世界放浪記』世界一周だいたい50カ国、510日 著:南まい/画:倉田真由美
自由文女ひとり旅世界一周本発売中!!
『独女世界放浪記』(ひとりおんなせかいほうろうき)
〜世界一周だいたい50カ国、510日〜
著: 南 まい
画: 倉田 真由美
出版社: ポプラ社

1年のつもりが気付けば510日間。
女ひとり旅で貧乏バックパッカー約50カ国まわってきました!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/01/04 15:13

南まい さんのブログ記事

  • 最高!カリブ海ビューのお部屋だよん♪
  • イェーイ!カリブ海ビューのお部屋だよん♪ カンクンではこんな素敵なお部屋に泊めていただきました。バルコニーに出たら180度カリビアンブルーの海が広がってまーす(≧▽≦) ひとりでテンション上がって、ひとりでムービー撮ってキャアキャアしてました。 こんないいお部屋に泊まってるけど けっきょく仕事で海にも入れないし、バルコニーで一緒にお酒飲む人もいないしベット2つあっても、ひとつは物置きなんですけどね。笑 [続きを読む]
  • ユカタン半島のマヤ人のお家に行ってみたよ♪
  • トゥルム遺跡や、世界的ビーチリゾート・カンクンのあるユカタン半島は、メキシコ湾とカリブ海との間に位置する半島です。 メキシコの右端のしっぽのほうね。ここはとっても観光スポットが多くてメキシコの見どころが点在。 ユカタンとは現地語で、「お前の言っている事が分からない」と言う意味なんだそう。外国の貿易商がこのユカタン半島で現地人に、地名を聞いた際に、意味が分からず 『ユカタン!』と言ってしまった事が由来 [続きを読む]
  • カリブ海とトゥルム遺跡のコントラスト最高?
  • たくさん、たくさんメキシコのマヤ遺跡を巡った結果。 だんだんどこも似てるなって思えてくるんですが・・・笑 ここだけは違ったんです!! 今回行った中で一番素敵で感動した遺跡が、、 トゥルム遺跡 カリブ海に臨むトゥルムは、遺跡とカリビアンブルーのコントラストが最高!! めっちゃきれいなのーヽ(*'0'*)ツ トゥルム遺跡は、紀元後1,000〜1,400年頃に栄えたマヤの城塞都市で「トゥルム」とは城壁という意味。 スペイン [続きを読む]
  • メヒコのピラミッド巡ってます♪
  • メキシコの世界遺産9つを巡っています まず始めにメキシコピラミッドの代表選手テオティワカン遺跡 実はここは2回目なんですよね。初めては世界一周の時に。 こちら太陽のピラミッドは登れるようになってるんですが高低差は65m、247段の階段になっていてきつい、きつい! 上からの景色は素晴らしいんですが今回は下から眺めて終了にしました。 ちなみにここはその昔、めっちゃくちゃ巨大なマヤの帝国が築かれていてその規 [続きを読む]
  • 4回目のメキシコ!やっぱ大好き?
  • 4回目のメキシコ大好きなメキシコに久々に来れて幸せまいちゃんです(^^)最近、カリブ海に行きたい熱が強まっててゆっくり中南米を旅したい気持ちも沸いたりしててそんな中、メキシコの仕事をいただきおおっ!やたー♪ってウキウキ飛んできましただってね、メキシコには私の大好きなマヤ遺跡がいっぱいで……なーんてね!実は、実のところ大きな声では言えませんが遺跡にさほどトキメキません。笑これって旅してみて気付いたことで [続きを読む]
  • アムステルダムは不思議がいっぱい!
  • オランダの首都アムステルダムに、いってきたよー アムステルダムは、運河沿いに立ち並ぶ建築群の美しさが有名な水の都。 アムステルダムという名前は、13世紀にアムステル川をダムでせき止めて街を築いたことに由来するそうです。 それ以来アムステルダムは、自由な貿易港として発展し、たくさんの移民を受け入れてきたことで、様々な国の文化が融合するコスモポリタンな雰囲気の街です なんというか・・・ とにかく自由!みん [続きを読む]
  • オランダと言えば、まずは風車!!
  • 初めてのオランダで、さっそくこれぞオランダ!!という風景を見ることができました。 いやん、めっちゃ風車が回ってる!ヾ(@°▽°@)ノ キンデルダイクの風車群 ここは風車のオンパレード!たくさんの風車がずらっと並んでいて、ほんとに美しい景色 船でも遊覧できるようになっています。 まじ、きれい ・・・ですが、風車がこれだけ回っているということは、風がものすごく強いということ。 オランダって、こんなに寒い [続きを読む]
  • ベルギーでワッフルとチョコは必須♪
  • ベルギーのデュルビュイという街にランチがてら立ち寄ったんですが、ココとっても可愛い街でした 石畳の細い小道の脇には昔ながらの石造りの家が立ち並び、まるで絵本の世界にいるみたい 小さい街なので、歩ける範囲のあちこちにカフェや雑貨店などがあり、散策するのが楽しかったです。 そしてデュルビュイは、美食の町として有名! あ。ここは肉屋さんね。肉屋の肉をのぞくブタさん 街には高級レストランが数多くあって、ベル [続きを読む]
  • 「天井のない美術館」ブルージュ♪
  • ベルギーの街『ブルージュ』ここには2泊3日いましたが、とっても素敵な街でした どこを見ても景色が素晴らしくて、可愛くて街が全部まるまる美術館みたいなの 「天井のない美術館」ほんとうにそんな呼び名もつけられているそうで、ベルギーで最も人気の高い観光地なんです。 童話の絵本のページから抜け出してきたような景観で、中世ヨーロッパの風情がいっぱい 水の都とも言われるブルージュは、昔から水路がのおかげで、ヨー [続きを読む]
  • ブリュッセルの小便小僧はヒーローだった?!
  • ベルギーの首都ブリュッセルを訪れました ブリュッセルは、EUとか、NATOの本部も置かれる大都市! でも、意外と経済都市っぽい硬さがなくて、観光客がいっぱいの活気のある街でしたよ ブリュッセルといえば、美食の街としても有名。 以前からよく聞いてたんですよね。「イギリスはイマイチだけど、ベルギーはなんでも美味しいよ!」 (※イギリスさん、すみません!笑)美食家が集うらしく、チョコレートやワッフルはもちろ [続きを読む]
  • ルクセンブルクが世界一のお金持ち?!
  • ルクセンブルクに到着!! オランダとベルギーの陰に隠れて印象が薄いかもしれませんが、中世の古城や美しい街並みがあふれる神奈川県サイズの小さな国です。 ベルギー、オランダと併せてベネルクス三国という同盟を組んでいます。 そんなことを、学生の頃に習ったなぁ。って、そんなくらいしかこの国のことが思い浮かばなかったです、正直。笑 だから、勝手に『小さい国だから周りの大国に助けてもらってるのね。』なんて思っ [続きを読む]
  • ドイツからの4カ国周ってきます♪
  • うま!うままー!!(≧▽≦) 久々のドイツに来ました!本場ドイツビールでかんぱーいヽ(・∀・) 今回はドイツでも初めてのフランクフルト空港に降り立ってリューデスハイムに宿泊。 ベルンカステルクースとトーリアという小さな田舎町を散策しました。 木組みのドイツっぽい街並み並んでいるんですがよく見ると木のように見えていたのはペイントでした。笑 だまし絵的なかんじ?でも素敵ですよねー♪ カラフルな街並みも素 [続きを読む]
  • HISさんで最強の南イタリアツアー作りました♪
  • はろはろん 今回の南イタリアは、イタリア観光局さんとご一緒しながらの旅でしたがすごく楽しませていただいて、感謝、感謝です  なかなか自分だけでは行かないようなたくさんの初めて訪れる観光ポイントに連れて行ってもらって 新しい南イタリアを満喫できました。 パエストゥム遺跡もかなり保存状態がいい遺跡で見応えありでしたよ! そんな南イタリアの旅がHISさんのツアーになりました!! ここパエストゥム遺跡ももち [続きを読む]
  • 帰国は再びアリタリアのビジネスで(^^)/
  • 帰国の朝。またサレルノ観光局のアデノルフィさんがお見送りに来てくれました! 一緒に旅したみんなで海をバックに ずっと海に面したホテルに連泊させてもらって、毎日清々しい朝が迎えられました ナポリの空港に向かう途中で、富士山に似た山を発見!まあ富士山には劣りますが(笑)、天気がよくてキレイに見えていました。 名残惜しい。。滞在中は天気の良くない日が多かったのに、帰国日にこんなに晴れるなんてo(TωT) 晴天のア [続きを読む]
  • 絶品!海鮮イタリアンで最後の晩餐♪
  • しばらく滞在したサレルノは、穏やかで、人が優しくて、ほんとに癒される街でした 最終日の夜はやっぱりサレルノで!とガイドさんにお願いして、打ち上げがてらサレルノで評判のレストランへ 『Zig Zag』トリップアドバイザーでも4.5という高評価を獲得しているモダンでオシャレなシーフードレストランです。 入り口を入ってすぐに見えるピザ焼き釜。 ガイドさんとは知り合いだったみたいで、すっごくウェルカムなかん [続きを読む]
  • アマルフィ観光にぴったりの絶景ホテル☆
  • 今回ずっと宿泊させていただいたホテルが『LLOYD'S BAIA HOTEL(ロイズ バイア ホテル)』 サレルノ海岸の端の静かな場所にあるホテルです。 サレルノ街までは、車で5分。アマルフィの町までも、30分くらいで行けます。 プライベートビーチもあって、徒歩1分。だけどオフシーズンだったので、ビーチの良さは堪能できず(^^; アマルフィ海岸の崖の上に張り付くように建っているので、どのお部屋も景色は絶景 エントランス [続きを読む]
  • ナポリの最高のナポリピッツァを♪
  • ナポリにやって来ました って、なんでしょうね。この看板。日本語で『がんばれナポリ!』って書いてある。笑 「ナポリを見てから死ね」という有名なことわざがあるほどナポリは、風光明媚な土地として知られる観光都市です。 カンパニア州の州都で、都市圏人口は約300万人。ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市! 旧市街は「ナポリ歴史地区」として、世界遺産に登録されています やっぱり今までの場所より人が多いし、道も [続きを読む]
  • 南イタリア最強のワイナリー『アントニオ・カッジャーノ』
  • この前に行ったサン・サルヴァドーレが新進気鋭のワイナリーだとすればこちらは老舗で不動の人気を誇るワイナリー 『アントニオ・カッジャーノ』 カンパーニア州に1990年に設立したワイナリーで、タウラージ村を代表するアリアニコや、土着品種のフィアーノ・ディ・アヴェッリーノを手掛けています。 せっか近くにいるので、有名ワイナリーにも立ち寄ろうということになりこちらにもおじゃますることにヾ(@°▽°@)ノ タウラー [続きを読む]
  • セレブ感たっぷり!サヴォイ・ビーチホテル
  • ワイナリー サン・サルヴァトーレのオーナージョゼッペ・パガーノさんに、美味しいお食事をご馳走になって ちょーご機嫌な私たち、視察団一行 みなさん、今回の旅のお供さんたちです。イタリア観光局の方に、HISさん、フォトブロガーkyahさんなど。 パガーノさんの情熱あるお話に、私たちメロメロ。 もうさ、どこでも付いていきます!って感じ。笑 パガーノさんはホテルも経営しているということなので ぜひ見てみたい! [続きを読む]
  • 大注目ワイナリーの水牛モッツァレラに感激!!
  • イタリアのオシャレなレストラン ・・・といっても納得してしまいそうなこの空間。 実は、今イタリアで大注目のワイナリーなんです サン・サルヴァトーレ1988 (San Salvatore 1988) カンパニア州のサレルノ県、前回紹介したパエストゥム遺跡の近くに位置するワイナリーです。 まだ歴史の浅いサンサルヴァトーレのワインですが、初リリースで瞬く間に高い評価を受けて、現在イタリアで脚光を浴びている注目のワイナリーなんで [続きを読む]
  • パエストゥム遺跡でオシャレな写真を☆
  • パエストゥム遺跡 を見学してきたワン。 やっとイタリアに来て晴天で暖かくて、うれしいワンワン遺跡に青空が映えるぅ パエストゥム遺跡 は、イタリアのカンパニア州サレルノ県を代表する古代ギリシャ、ローマ遺跡で世界遺産にも登録されているワン ワンワンワン。 やっぱりお日様最高 にゃんてね〜 この遺跡に到着したら、ニャンコにワンコがたくさんいて可愛かったので、ずっと写真撮ってました 遺跡と動物ってなんだか似合 [続きを読む]
  • 憧れのアマルフィに行ってきたよ♪
  • アマルフィ♪*:・( ̄∀ ̄)・:* 聞いただけでウキウキしちゃうココは、南イタリアで世界遺産に登録されているアマルフィ海岸の中心の街 以前に織田裕二さん主演の映画「アマルフィ 女神の報酬」で、アマルフィの海岸沿いの素敵な街並みがロケ地になっていて、日本でも有名になった場所です。 ここに来るテンションを上げる為に、私もイタリア渡航の前日にしっかり映画見てきましたよ 私の泊まっているサレルノからは南西に15キ [続きを読む]
  • サレルノの街の美味しいレストラン☆
  • カンパニア州は、ナポリピザやモッツァレラチーズなど食べ物が美味しいことでも知られていますが サレルノの街の美味しいレストラン紹介しちゃいます( ´艸`) 『13 Salumeria e cucina』 ランチで行ったレストランミシュランガイドでもおすすめの店として紹介されている地元でも人気のレストランです。お店の入り口から可愛いくてワクワクする オープンキッチンに、木を基調とした内装でめっちゃくちゃオシャレо(ж>▽<) [続きを読む]
  • 南イタリアのサレルノって癒される?
  • 今回の視察旅行をコーディネートしていただいたのがイタリアのカンパニア州サレルノ県の観光局さん。 初日の朝に、その観光局のアディノルフィーさん(エラいお方です。笑)が、ホテルまで来てくださいました お土産に、この辺りのガイドブックとか、地図、サレルノ聖ジョルジョ教会で録音されたCD等頂いちゃいました ありがとうございます(*´ω`*) 日本の観光局からお渡しした虎屋のようかんにめっちゃ感動するアディノルフィー [続きを読む]