余呉トレイル さん プロフィール

  •  
余呉トレイルさん: 中央分水嶺-余呉トレイル
ハンドル名余呉トレイル さん
ブログタイトル中央分水嶺-余呉トレイル
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yogo-trail/
サイト紹介文滋賀県北部の余呉トレイルの情報を発信していきます
自由文長浜市余呉町と福井県との県境は、降った雨が太平洋側と日本海側へ分かれる水の分岐であり、すなわちそれは本州の背骨「中央分水嶺」の一部となっています。関西の大動脈「淀川」の源流域であり、四季折々に楽しめる奥深い山々があるのです。
ウッディパル余呉では、そんな余呉の山々を皆に安全に楽しんでもらうべく、登山道を開拓・整備して行く事業を進めています。http://woodypal.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/01/06 15:37

余呉トレイル さんのブログ記事

  • 淀川水源の森をスルーする愉しみ
  • 登山口と下山口のちがう山歩きは送迎をしてもらってこそ可能で余呉トレイルクラブ例会ならではのもので、今年も淀川水源の森の名峰を踏破することができました。足並みも揃って昨年よりもペースアップで頼もしいかぎりです。池、ブナ林、岩尾根、山頂、急峻な尾根、山の田跡の谷道とアップダウンのある変化に富むルートは楽ではないのですが、やり終えた後の達成感は大きいものがあります。続いて28日(日)は登り下り以上に自然豊 [続きを読む]
  • 三方ヶ岳区間は快晴
  • 今回は集福寺下塩津神社奥から沓掛山を経て三方ヶ岳へ直接登り、孫持山へ縦走し新ルートの歩きやすい尾根を塩津県有林へ下りました。穏やかな登り下りと熱心な方々にきれいにササを刈っていただいた分水嶺トレイル歩きは快適で、「珍しく初級向」という声も。快晴のもとで若葉の出始めた山は目にやさしく、三方ヶ岳展望ポイントや孫持山からの絶景はいつになく素晴らしいものでした。孫持山ケルンも皆さんの協力で少し大きくなり、 [続きを読む]
  • 下見がてら孫持山へ新ルートで
  • この日曜の例会は三方ケ岳区間です。今回は集福寺集落からのとっておきの尾根道を三方ヶ岳へ直接登り、孫持山から新道野峠塩津県有林へ下ります。この区間の分水嶺は会員の方々がしっかり道の整備をしていただいていて快適に歩くことができます。雪融け後の様子を見るために今日は孫持山から三方ヶ岳近くまでの自然林の分水嶺を歩いてみましたが、孫持山山頂の琵琶湖全景や三方ヶ岳や北の山並はいつもながら素晴らしくオオカメノキ [続きを読む]
  • 桜開花の大崎峯山区間を踏破!
  • 朝の小雨も歩き始める前に止み、大浦湊や竹生島を望む大浦大門ノ浜を意気揚々とスタート。このコースは二次林のなかを峯山にダイレクトに登るもので、最初の急斜面も難なく突破し快適に山頂へ立つことができました。高い山ではないのですが、湖畔から594.6メートルの峯山は登りごたえがあります。山霧がかかる幻想的な山頂でさっそくトレイル弁当に舌鼓、冬のサンドイッチからおにぎりバージョンです。この山は地形図には東山とあ [続きを読む]
  • 湖畔から中央分水嶺へ、大崎峯山から新クールスタートです!
  • 昨日は見まわりで土倉鉱山口から尾根伝いに余呉ピークと呼ぶにふさわしい土倉谷と奥川並川リッカ谷の分水嶺ジャンクションピークへ行ってきました。上の写真の高い山が横山岳でその手前の樹林のピークです。八草峠から三国岳左千方に続く稜線に横山岳東峰からの尾根が合わさる場所です。道はない藪山なので残雪期にスノーシューというのがベストということで、土倉岳を越えてのロングコースを頑張ってきました。このあたりも立派な [続きを読む]
  • そしてブナ回廊下谷山も歩くことができました!
  • 横山岳スルーとともに余呉トレイルのハイライトコースといえるのが中央分水嶺のはるかなる下谷山。天気が危ぶまれましたが大崩れせず栃ノ木峠からスノーシューを駆って、予定時間通りに往復できたことは素晴らしいことです。下谷山や音波山の山頂近くのブナ原生林にも足をのばすことができ、改めて中央分水嶺の自然のすごさに感動です。例年以上に残雪が多く今シーズンのスノーシュー例会のとどめは快適そのものでした。お疲れさま [続きを読む]
  • 今年も雪の横山岳へ登ることができました!
  • 冬の余呉トレイルスノーシュー例会のハイライトは登りの横山岳、歩きの下谷山。その横山岳余呉頂上に今年も全員登ることができ、北尾根を下ることができました。今年は残雪が例年以上に多く、好天にも恵まれ余呉最深部の三国岳左千方・上谷山から奥美濃奥越から白山まで望むこともでき感動もひとしお。変化に富む西尾根、大パノラマの余呉頂上、ブナ林の北尾根と、素晴らしいループコースです。出だしは調子がいまいちでしたがギア [続きを読む]
  • 12日は横山岳スノーシューです!
  • 先週末は奥びわ湖ガイド協会菅山寺スノーシューのサポートで雪がたっぷり残る境内の森歩きを楽しむことができました。JR余呉駅集合の前には余呉湖の菊石姫伝説の新羅崎へ立ち寄り、12日(日)例会で登る横山岳とご対面。ここからの余呉湖と湖北の名峰の組み合わせは素晴らしく、何度訪れても見飽きることはありません。特に今年は山に雪がしっかりと残り美しいかぎりです。山上は左から余呉頂上、三角点のある頂上、東峰、そして余呉 [続きを読む]
  • 好天の墓谷山は盛り沢山
  • 余呉ではアルペンムードが濃厚な山として貴重な存在の墓谷山。菅並からの小市谷ルートは雪解け水で増水し渡渉が大変でつきあいきれないので、山頂ダイレクト尾根を予定変更して手前のノコ尾根へ突き上げる尾根を登りました。上部は急峻ですが大きな木があって難なく登り切ることができました。さらに稜線の細尾根も皆さんスイスィで余呉湖竹生島を眺めながら山頂へ、頼もしいかぎりです。雄大な横山岳と金糞岳に向かって腰を下ろし [続きを読む]
  • この日曜は雪たっぷりの墓谷山スノーシューです!
  • 上の写真は22日夕方の墓谷山です。山頂から延びるのがノコ尾根で、雪がたっぷりですから余呉では珍しい雪稜歩きが楽しめます。日曜は天気もまずまずの予報ですからおすすめです。多くのご参加をお待ちしています。今日は余呉中央分水嶺の福井側まぼろしの北陸道探しということで、16日の菅谷からホノケ山に続き元比田から山中山へ行ってきました。湖北から越前への北陸道は難所続きで古代からいくつもルートが拓かれています。余呉 [続きを読む]
  • 中河内塩買い道谷口から池河内越へ
  • 池河内湿原西側の峠へ敦賀側から雪を蹴散らしながら登ってみました。西谷入口は北陸トンネル入口のある集落谷口で、西谷林道の静地蔵先の二股からスタートです。自然林の苔むした谷は味わい深いものでしたが、古道は次第に不鮮明となり藪の谷登りとなり、雪も増えてきます。スノーシューを置いてきたのが悔やまれますが、ツボ足で頑張ります。何とか池河内側からお馴染みの峠へ登り切って、湿原と背後の河内山から大黒山までの絶景 [続きを読む]
  • 例会は雪どっさりの中河内ピーク718でスノーシュー
  • 皆さんの了解を頂いて今日の例会は雪がどっさり積もる中河内分水嶺ピーク718に舞台を移して、存分にスノーシューを楽しむことができました。いつもながら尾根取り付きの急斜面の登りは厳しいものですが、これを難なくクリアーして緩斜面のブナ混生林の尾根を進むと中河内をめぐる雪山の展望が広がる送電線鉄塔へ、予定通りの時間に到達です。ここまで来れば後は急斜面をひと頑張りでピーク718ということで、下谷山上谷山を望む山頂 [続きを読む]
  • 雪がどっさり、この週末はスノーシューを存分に!
  • 寒波もひと段落で余呉の雪の様子を見まわりです。全域で積もっていますが、中河内周辺はどっさり、他ははぼちぼちです。天気がよかったので分水嶺まで登ってみました。もちろんどっさり雪の中河内ピーク718で、リーダーダンジョーおすすめの山のひとつでブナ混生林尾根を手軽に登れて展望抜群。ひとり楽しませてもらいました。この日曜の例会は七々頭ヶ岳・新谷山で、年末のうっすら新雪とは違ってどっさり雪のスノーシューを楽し [続きを読む]
  • 山始めは大黒山へ
  • トレイルウォーカーの皆さん、新年おめでとうございます。本年も余呉トレイルをよろしくお願い致します。おだやかな元旦で山は雪なし状態、例会スタートの今日はスノーシューを背負って祈るような気持ちで椿坂峠からの道を登りました。急坂を登り終えるとうっすらとですが雪が姿を現し皆さん大喜び、ブナ林の山上でなんとかスノーシューを楽しむことができました。昼から雨予報ということもあって、山頂へ立って早々にトレイル弁当 [続きを読む]
  • 山始めは大黒山へ
  • トレイルウォーカーの皆さん、新年おめでとうございます。本年も余呉トレイルをよろしくお願い致します。おだやかな元旦で山は雪なし状態、例会スタートの今日はスノーシューを背負って祈るような気持ちで椿坂峠からの道を登りました。急坂を登り終えるとうっすらとですが雪が姿を現し皆さん大喜び、ブナ林の山上でなんとかスノーシューを楽しむことができました。昼から雨予報ということもあって、山頂へ立って早々にトレイル弁当 [続きを読む]
  • 新雪の東ヶ谷山で山納め
  • この冬の雪は降っては融け降っては融けの繰り返しで、今日の東ヶ谷山も新雪でいいものでした。山中から登ったのですが、雪が多くないと山頂からは何も見えないので近くのトレイルクラブ専用展望ポイントから湖北の大観を堪能。余呉西浅井の山ばかりか南は御池岳、霊仙山、伊吹山、金糞岳、北は鉢伏山までの雪をまとった山並と奥琵琶湖の大パノラマはこの山ならではのものです。これらを舞台にして余呉トレイルクラブ2016例会24回は [続きを読む]
  • 好天の下で七々頭ヶ岳から新谷山へ
  • 今年最後の例会は好天に恵まれ、新雪を踏んでの菅並から柳ケ瀬へ快適なスルーを行うことができました。瑠璃池、クマ棚ができるクリの森、林道脇の池、新谷山最高点ワンデリング、三角点へのヤブこぎと歩き納めは盛りだくさんで、大変お疲れさまでした。木立越しに四周の山や湖を存分に見ることもできてよかったですね。おかげさまで中央分水嶺と淀川水源の森の1年24回の例会を、無事終えることができました。来年もさらに見まわり [続きを読む]
  • 次回例会の下見を兼ねて柳ケ瀬から新谷山へ
  • トレイルクラブでは七々頭ヶ岳と新谷山をあわせて歩いています。七々頭ヶ岳の伝説の瑠璃池はよく知られていますが、新谷山への尾根には立派な池があることを地元の人から教えられてからは合わせて楽しませてもらっていて、長い往復を考えれば新谷山へ抜けて柳ケ瀬へということでスルーに。尾根には林道がありますが手入れされていないので歩行者天国状態で展望を楽しみながらで快適です。大黒山や妙理山とともに丹生川(高時川)流 [続きを読む]
  • 大浦越から万路越へチャレンジ
  • 新ルートということで多くのつわもののご参加をいただき、大浦越旧道ルートから点標国境、愛発越分岐ピーク、区間最高点点標中村を越えていいペースで進みましたが、寒さが厳しく昼頃から雪が舞う天候となり、石仏が見事な黒山へ下山となりました。それでも大浦越旧道の味わい、随所で開ける余呉の山をはじめとする大パノラマ、冬枯れの自然林歩きは好評で、中央分水嶺から琵琶湖湖畔へのルート例会初歩きとしてはまずまずの一日だ [続きを読む]
  • 大浦越万路越区間核心部を下見
  • 中央分水嶺から琵琶湖湖畔へ至る素晴らしいコースで、すでに踏破済の万路越から大浦峯山とセットとなるものです。琵琶湖を大浦側と海津側に分けて聳える大崎峯山をめざして起伏の少ない稜線を進むのはここならではのものです。この区間では点標中村571.6から庄村裏山あたりが地形が複雑で整備も進んでいないので、十一面観音立像で知られるから和蔵堂のある中村から登り点標岩谷463.9北側から庄村へ下るコースで下見をしてきました [続きを読む]
  • 晩秋の妙理山スルー
  • 天気も朝から回復し、ブナ落葉を踏みしめて快適に歩くことができました。高時川菅並から余呉川椿坂へのスルーは何度歩いてもいいものです。この山はトレイル整備以降登る人が増えてトレイルもよく踏まれてしっかりした道となってきました。日程変更で少人数催行となりましたが、倒木を片付け枝払いをしながらのんびりゆったりの一日でした。ブナ林尾根は葉をほとんど落として明るく、山頂展望ポイントからの横山岳、金糞岳、上谷 [続きを読む]
  • 好天の下で紅葉の栃ノ木峠区間を歩く
  • 予想を上回る素晴らしさで感動の連続の一日でした。こういう日はまずは栃ノ木峠から籾ヶ岳へ。予想通り新雪で真っ白な白山をを見ることができ、下谷山から上谷山の中央分水嶺はもちろん、敦賀方面では青葉山も姿を見せてくれました。南下して紅葉が盛りのピーク718では木登りすると左千方も顔を出し、トレイル弁当は特に格別なものでした。トレイル整備をしながらブナ混生林を送電線鉄塔へ抜け振り返るとと、歩いてきたピーク718か [続きを読む]
  • 金居原から菅並へ、錦秋の横山岳スルー
  • いつものことながら天気予報が外れて好天のなか元気な方々が集い、紅葉が盛りの横山岳を闊歩することができました。琵琶湖余呉湖から己高山金糞岳、三国岳上谷山、奥美濃と続く大パノラマはいつもながら圧巻。トレイルクラブにふさわしい金居原から菅並へのスルーは、この山の多彩な姿を存分に味わうことができるコースです。ブナ林に囲まれた山上の池や東峰岩場の憩い、東峰から頂上の快適な稜線歩き、三高尾根や鳥越の激下り、 [続きを読む]
  • 念願の己高山から奥川合山へスルー
  • 己高山へは今回は仏供谷登山道からで、鶏足寺跡からトライアルスタートということで藪をかき分けて直接山頂へ出て、早々に吊尾根へ突入です。この吊尾根は藪が深いことで積雪期に通るだけでしたが、今日やっと無雪期に通り抜けることができました。西側は拡大造林の不良林が続き、境界道はけものみちとなっていてふみあとは続くのですが枝がすっかり覆ってトンネル状態。己高山から下ったあたりで金糞岳白倉岳が望め、中間点のピー [続きを読む]