ねこママ さん プロフィール

  •  
ねこママさん: 出会うべき本には、きっと会っている
ハンドル名ねこママ さん
ブログタイトル出会うべき本には、きっと会っている
ブログURLhttp://nekomama.hatenadiary.jp/
サイト紹介文読んだ本の読書記録と、私の思いを書いていくBlogです。
自由文タイトルを変更してみました。実際のタイトルは顔文字などを使っているので、縮めて登録しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/01/07 00:32

ねこママ さんのブログ記事

  • 読書管理よもやま話・その2
  • 昨日、ちょっとだけ悩んだ結果。取り敢えず、ほぼ利用していなかったブクログを暫く使ってみることにしました。それで、いくつかの設定に手を入れてみた訳ですが・・・どうなりますことやら。ここにも、ブログパーツの本棚を設置して、ちょっと賑やかになりました。本棚に設定しているのは今のところ積読本だけにしてあります。*1いやそれにしても、昔登録したものを確認しようかと思ったのですが、それをしようとすると恐ら [続きを読む]
  • 読書管理よもやま話
  • つい先日、私はTwitterで読書管理サイトについて、こんなことを呟いていました。5年近く放置してたメディアマーカーに久しぶりにログインしたが、恐らくもう利用しない気がするので退会しよう。ブクログも同じく何年も放置してるし、見直した方が良いかな。今更データに手を入れる根性もないし、そのまま削除になるかな。― ねこママ@心のままに (@nekomama) 2017年5月9日まあ、長いこと放置してきましたので。ブクログは比 [続きを読む]
  • 歴史街道 2017年 2月号
  • 歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2017/01/06メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る今回は、珍しく「おんな城主直虎」関係の記事を目的に雑誌を買ってしまいました。普段、私はそんなことをすることは無いのですが、井伊直虎という人のことは全く知りませんでしたし、彼女が生きた時代について知っていることはほんの僅かで深くは知りません。しかし雑誌に載っている簡略化した勢力図を [続きを読む]
  • A型自分の説明書
  • A型自分の説明書作者: Jamais Jamais出版社/メーカー: 文芸社発売日: 2008/04/03メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 10人 : 309回この商品を含むブログ (118件) を見る血液型占いで盛り上がるのは日本人くらいだと聞いたことがありますが、それは多分、当たり障りのない話題にしやすいからでしょうね。そして、それってA型っぽい人がついうっかり踏む地雷、かもしれませんよ?私、よくO型と周りから思われるA [続きを読む]
  • A型自分の説明書
  • http://www.honzuki.jp/book/book/no97085/index.html" target="_blank">http://ecx.images-amazon.com/images/I/41JXnW
    MG-fL._SL160_.jpg" width="109" height="160" border="0" />A型自分の説明書JamaisJamais
    文芸社1050円http://www.amazon.co.jp/A%E5%9E%8B%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8-Jamais/dp/4286050033%3FSub
    scriptionId%3D090596K8VFHWK71V2782%26tag%3Dnekomamasbook-22%26linkCode%3Dxm2% [続きを読む]
  • ゆるハムさん
  • ゆるハムさん作者: 藤本雅秋,坂崎千春出版社/メーカー: WAVE出版発売日: 2005/12メディア: 単行本 : 2回この商品を含むブログ (7件) を見る速星さんの日記*1で紹介されていた本です。思わず巻き込まれてしまいましたが、確かにカワイイ!特に気に入ってるのは、この文。口ぐせは、「今度こそ!」ハムスターの姿がアップになるのが良いです。毎日眺めても良いけれど、でも時々眺めるくらいが私にはちょうど良いかな [続きを読む]
  • ゆっくりとはやく (哲学のおやつ)
  • ゆっくりとはやく (哲学のおやつ)作者: ブリジット・ラベ,ミシェル・ピュエシュ,高橋啓出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2004/04/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る子供向けに書かれた哲学の入門書です。おやつでも食べるように、人生について考える、そんな時間も必要なのかなという気がしました。「よく生きる」って何だろう?ふとそんなことを思っていた頃を思い出せそうな本でした。でも子供だけが読 [続きを読む]
  • もしも義経にケータイがあったなら
  • もしも義経にケータイがあったなら (新潮新書)作者: 鈴木輝一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/06/16メディア: 新書 : 1回この商品を含むブログ (11件) を見る図書館で見かけたとき「面白いタイトルだなあ」と思ったんだけど、想像以上に面白かったです。この本は、源平合戦の頃の鎌倉方・平氏方を会社組織に置き換えて、義経が何故失脚したのかを「ビジネスマンの失敗例」に喩えて語っています。登場人物は歴 [続きを読む]
  • 竹取物語
  • 竹取物語 (角川文庫)作者: 星新一出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/07/25メディア: 文庫 : 53回この商品を含むブログ (9件) を見る星新一さんの訳ということで読みましたが、よくある現代語訳より面白く読めました。訳文のあとに星さんの解釈も加えられていて(御本人の解説によれば、「ほどほどの補足」だそうですが)、研究者が訳すのとは違った味わいがあり楽しめます。さすが、「物語の [続きを読む]
  • やる気のスイッチ!
  • やる気のスイッチ! (Sanctuary books)作者: 山崎拓巳出版社/メーカー: サンクチュアリ出版発売日: 2008/11/21メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 14人 : 124回この商品を含むブログ (55件) を見るこの本を初めて見かけた時、ちょうど勉強の「やる気が出ない」と無意識で感じていたような気がします。その時に立ち読みを少しだけして購入を迷っていたのですが、誰かの日記を見て何となく自分の感覚に従っても良い [続きを読む]
  • ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ
  • ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ作者: 中西進出版社/メーカー: 小学館発売日: 2003/06メディア: 単行本 : 24回この商品を含むブログ (9件) を見る日本語は、かなり幅のある言葉であり、興味が尽きないものです。そのことを久方ぶりに振り返った気がする本でした。言葉に少なからず興味を持つものとしては、面白く感じた内容でした。日本にあった元々の「やまとことば」に漢字を当てる、そのことで意味が狭まっ [続きを読む]
  • イチロー式 集中力
  • イチロー式 集中力作者: 児玉光雄出版社/メーカー: インデックス・コミュニケーションズ発売日: 2007/11/21メディア: 単行本(ソフトカバー) : 16回この商品を含むブログ (11件) を見る図書館から借りた本です。何だか、引き寄せの法則が働いてました(・_・)......ン?この本は、イチローに偉大な仕事をさせている「集中力」にスポットを当て、それを発揮するしくみについて書かれています。それには、以下のことが挙げ [続きを読む]
  • うそとホント (哲学のおやつ)
  • うそとホント (哲学のおやつ)作者: ブリジット・ラベ,ミシェル・ピュエシュ,高橋啓出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2004/04/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る前作と同じ、子供向けに書かれた哲学の入門書です。このシリーズは全部で3冊だそうですので、残りの1冊も読んでみたいです。この本では、表題の「うそとホント」と「しあわせとふしあわせ」の2作が収められています。嘘をつかずに生きるなんて [続きを読む]
  • すばやく決断できる人の考え方
  • すばやく決断できる人の考え方作者: カレンオ ズ,Karen Okulicz,椿正晴出版社/メーカー: 主婦の友社発売日: 2005/09/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る例えば、この本を手に取った人が「やたら考え込むのが得意」な人だったなら、とっても役に立つ本だと思います。逆に、自分で物事をテキパキ決められる人には当たり前すぎることばかり出てくると思います。この本は、そんな本です。若い人向けに [続きを読む]
  • 天才柳沢教授の生活 27
  • 天才 柳沢教授の生活(27) (モーニング KC)作者: 山下和美出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/02/23メディア: コミック購入: 3人 : 13回この商品を含むブログ (19件) を見る旦那が購入してきたのを借りて読みました♪今回の作品も面白かったです(*^-^*)今回の収録作は、「ふたり」「永遠の一夜」「天才柳沢教授がおじゃまするペンギンの生活(前編・後編)」「一期一会」「幸福の王子」です。どれも面白いのですが [続きを読む]
  • The Missing Piece
  • The Missing Piece作者: Shel Silverstein出版社/メーカー: HarperCollins発売日: 2006/01/24メディア: ハードカバー購入: 10人 : 74回この商品を含むブログ (21件) を見る今日は、お久しぶりの英語読書でした。と言っても、この本は以前購入したものの、再読なんですけどね(^^ゞこの話を読んでいると、「完璧って何なんだろう?」と考えさせられます。足りないと思っているものが、自分を成長させるチカラになるの [続きを読む]
  • キッパリ!
  • キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法作者: 上大岡トメ出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2004/07メディア: 単行本購入: 1人 : 94回この商品を含むブログ (246件) を見る図書館から借りていたのをすっかり忘れていて、慌てて読みました〜(・_・)......ン? そういや、この本って以前話題になってましたね。その時には読まなかったのですが、たまたま見かけたので借りてみたんです。「自分の可能性はもっとあるのに、 [続きを読む]
  • スッキリ!
  • スッキリ!―たった5分間で余分なものをそぎ落とす方法作者: 上大岡トメ出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2005/11メディア: 単行本購入: 2人 : 24回この商品を含むブログ (63件) を見るこれも、『キッパリ!』と時を同じくして図書館から借りてこられた本でした(^^ゞ前作「キッパリ!」を読んだときにも思いましたが、ちょっとしたことで、自分を機嫌良くさせることが出来るのなら良いなと思いました。すぐに「スッキ [続きを読む]
  • 海馬―脳は疲れない
  • 海馬―脳は疲れない (新潮文庫)作者: 池谷裕二,糸井重里出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/06メディア: 文庫購入: 36人 : 434回この商品を含むブログ (329件) を見るこの本、ブックオフで購入してから暫く積ん読状態に置かれてました。で、いつだったか読みかけたのだけど、すっかり内容も忘れていたので最初から読み直しました(^-^;;;脳を使えば使うほど賢くなるっていう話なんですが、逆に使わなければ使わない [続きを読む]
  • 生きると死ぬ (哲学のおやつ)
  • 生きると死ぬ (哲学のおやつ)作者: ブリジット・ラベ,ミシェル・ピュエシュ,高橋啓出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2004/04/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見るシリーズの3作目です。哲学のおやつ、完食です(^^ 子供向けに書かれた哲学の入門書とは言え、これは考えさせられるシリーズでした。お菓子に喩えれば、甘いだけのお菓子というよりは様々な味がするお菓子なのかなという気がします。「哲学のお [続きを読む]
  • のうだま―やる気の秘密
  • のうだま―やる気の秘密作者: 上大岡トメ,池谷裕二出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2008/12メディア: 単行本購入: 18人 : 124回この商品を含むブログ (88件) を見る去年の末だったか、今年の初めだったかに書店で立ち読みしたので書名も中身も知っていたのですが、今月の初めによしべえさんの日記を見て、再度立ち読みして購入してしまった本です(^^ゞ・・・ということで、面白い本です♪気分としては、本当は図書館 [続きを読む]
  • グッとくる「はげまし」言葉
  • グッとくる「はげまし」言葉 (文春文庫)作者: 齋藤孝出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/01/10メディア: 文庫 : 9回この商品を含むブログ (4件) を見る説教というのは、時として力強い「はげまし」になります。そのこと自体に、凄いなと思いました。この本は、そういった言葉たちを集めている本です。とは言え、齋藤さんが「グッときた」言葉の数々なので、全ての人が同じようにグッとくるとは限りません。でも、 [続きを読む]
  • Clifford Makes a Friend
  • Clifford Makes a Friend (Hello Reader Level 1)作者: Norman Bridwell出版社/メーカー: Cartwheel Books発売日: 1998/10メディア: ペーパーバック : 2回この商品を含むブログ (2件) を見る大きな犬、Cliffordの話です。短いので、すぐ読み終わります。気分転換には、ちょうど良いです(*^-^*)この話に出てくる男の子も、そしてCliffordも何だか楽しそうです。そういや、この本は読んだことがあったかな?ちょっと思 [続きを読む]