ヒカラビの父 さん プロフィール

  •  
ヒカラビの父さん: ヒカラビ一家の花日記
ハンドル名ヒカラビの父 さん
ブログタイトルヒカラビ一家の花日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hikarabinotiti
サイト紹介文山の上に住む花農家です。魚沼発のあれこれを、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2010/01/07 12:16

ヒカラビの父 さんのブログ記事

  • リスとの遭遇
  • 毎朝、花切りに向かう道では色々な仲間と出会いますw。カモシカ、ハヤブサ、イタチ、テン?などなど、、、中でも、かなりの頻度で出会うのはリス、リスとの遭遇は、So good!  ピンボケだが。雨続きでポジティブなネタがほとんど無い中ではあるがこの時期お決まりの多品種攻勢が始まっている。まずはシスト、今日から出荷です。リアン、今朝2本切れた、週後半には盛りに。カステラー煮、続いてしまってる。今盛りなのはアステリ [続きを読む]
  • 50年に1度の大雨が今月2回
  • 16日の夜から大雨になった。17日にはあがったが花出荷もあったし週末に植えた球根の土かけを無理矢理決行。思えば、、、、、17日は結婚記念日だった。そんな時期によく式が挙げれたなと、、、、今は思う。当時オリエンタルユリはスターゲイザーが中心、カサブランカはまだ超高値の頃、すかしユリが終わってオリエンタルが始まるには10日ほどのタイムラグがあるころだった。今年の17日は季咲き作型最後の球根出庫日でした [続きを読む]
  • かつてない大雨、、、、前にもあったけど、、、、
  • すさまじい雨量だ。池があふれそうで消防団が土嚢を積みだした。問題はこれ、5年前と全く同じ状態になった。5年前も同じような水害が発生した。平成23年新潟福島豪雨。ttp://blog.goo.ne.jp/hikarabinotiti/m/201107大事なのは生き残ること。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショップはこちら    [続きを読む]
  • 1日1品運動
  • ハウスのコトパクシーに続いて露地作が切れ始めたのは水曜日。ザンベジ、バルベルデ、バーリンゴと立て続けにOT系の採花がピーク。日替わりで1品種ずつ。しかも1日でほぼ総切り。今日はOHのクリアウォーターがほぼ総切り。これじゃぁネ、くたびれますよ。ドカッと切れる原因は生育の遅れ。遅れていたものが雨と高温で追いついた。と言うことで、条件は皆同じ、つまりは価格に期待が持てないってこと。せめて評価を下げないよ [続きを読む]
  • オープンセール
  • 金曜日からスーパーマルイ内にうちのコーナーがオープンしてます。農家のインショップではなくて花のコーナーに乱入する形になってます。結果は1日で赤は完売、ほかはバケツ半分ほどの売れ行き。これって予想以上の売れ行きだ。オープン記念価格が受けたのかもしれないが。去年、仲間が地元Aコープに出店して、さっぱり売れずにすぐ撤退。ユリの町の住民はユリに慣れっこなのかと思いきや、そこそこ売れるじゃねぇか。3年前、店 [続きを読む]
  • ウルイ は友を呼ぶ、、のか
  • この他人じゃないような風体のおじさんはUXテレビのアナウンサーだかディレクターだかリポーターの近さんだ。1月のウルイ取材の時にユリの時期も取材したいと頼まれていた。来ちゃったね。体型と言い髪型と言い、、、まったく、、、、他人とは思えない。一緒に取材を受けたカエデちゃん(18歳女子)も濃いおじさんにたじたじ。採花の取材のあとは月岡公園の花広場に。女性を見つけるとすぐに声をかけるのはこのタイプのおじさ [続きを読む]
  • ユリのまちのおもてナッシー
  • 今年もやってます、魚沼ユリ飾り。これと言って特徴的な産業の無い街。しいて言えばユリ産地。立派な産業はあるんですよ、大きな肉缶の工場だったり、バルブ工場だっり。でも、地場産業ってのは地元の人が 「 ここはこれが有名です 」って言ってくれること。なので町の人に、この時期はたっぷりユリを飾ってもらってます。鋳物工場も昔はあったそうな。芋が採れました。7月いっぱいユリ月間です。 すると花農家仲間がた [続きを読む]
  • カステラ煮
  • 焼きまんじゅうは食ったことあるけど、、、カステラ煮 ??? イメージ湧かんなぁ。今日の山喜展示の カステラーニ。まだ咲いてない。アステリアン、そろそろかな。晩生の白系がそろそろ見ごろを迎えている。カサブランカも咲きだした。ここで知りたいのは咲足のスピード。プレミアムブロンドやガンダーラは比較的青い蕾で切らないと間に合わない。ロビン、コトパクシー、アステリアンなどは咲足が遅いので待ってから切る。国産 [続きを読む]
  • 朝のランジェリー
  • 一夜明けて早朝のランジェリー。初夜のランジェリーは白、フリフリ付、、、、と命名された品種だそうな。オランダの育種家にも おやじ がいるのだな山喜農園の品種展示もいよいよ晩成種が見ごろになってきた。夏の産地では晩生の品種の方が長寿で定番品種になるものが多い。シイラ、まだ咲いてない。マレロ、まだまだ硬い蕾だ。当然カサブランカやシベリアもまだまだ。夏の暑さの中で早く伸びちゃう品種は、根の張りと生育のバラ [続きを読む]
  • 夜の花
  • 夜はまた、、、、怪しげな色になる。明るい時はどうしても鮮やかな色だけを見てしまう。静かな時間には、花弁の厚さや枝の重なり具合、作業性や開花スピードなどなど、、、、何より大事なのは球根が買えるかどうか。昼間惚れたのはこんなアイドル系。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショップはこちら    [続きを読む]
  • 豪雨豪雨まガール
  • 日曜夜からの豪雨は九州、山陰ほどではないにしても結構な被害をもたらした。畑の土がそっくり無くなった所もあって、これから植えるところはどうしようかって感じだ。草は、、、、草原になっちまった。ここに最後のハウスを建てるんだけど、、、、トラクター入れられない。問題はこれ、雨に叩かれてオジギソウになってしまったカサブランカ。うちのGirlたちは 「 しっかりしてよ! 」 と声かけながら立ち直らせようとしてます。通 [続きを読む]
  • 半夏生
  • 半夏ってこいつです。夏至から10日ほどの半夏。田植えの疲れも出る時期で休みの日だったそうな。昨日休んで整体に行ったおかげで今日はよく眠れた。半夏生は豪雨の多い時期、言い伝えの通りの豪雨になった。あふれてます。ってことで後始末が大変になりそう。おまけで、管理機が水没しちまった。とどめに台風も来そう。千葉のお客さんがトウモロコシをみやげに持ってきてくれた。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッ [続きを読む]
  • シャー!!
  • 「 よう、兄弟、、、」   「シャー!!」「、、、、、、、」   「シャー ! ! 」「 こわっ 」7月に入った途端に豪雨。 シャーと降ってます。川もごらんの通り。今日から三山ユリ初出荷。最初はオバダ。素晴らしいボリューム。シュー品でもいいんじゃないかなぁって出来だ。こちらはうちのパルディニ。明日から切りますが、、、ボリュームないなぁ。輸入球、、、、シャーないか。 すると花農家仲間がたくさん。ポ [続きを読む]
  • グミ
  • 6月最後の日、グミの季節ももう終わる。完熟のグミは渋味もぬけて甘い。久しぶりにパイプ買っちまった、200グミ。傷んだものも多くなったし今年の球根はでかいのでハウスが足らなくなりそう。ユリも今年はでかいんです。魚沼三山部会の圃場調査。季咲き作型はどれもボリュームたっぷり。いきなり箱数たっぷりいりそうだ。ボリューム有るとどうしてもおまけが付いている。アステリアン、マレロ、コトパクシーにまで。これも [続きを読む]
  • 我の強い蛾
  • 昨日、市議会議員選挙に向かう間ずっと離れずに最後のお願いをされていた、、、、感じ。きっと姿を変えた候補者だったのだろう。到着してもまだくっついてた。って訳で、結果は出ましたが思わぬ人が当選してしまった。我の強い人だねぇ。頑固に拒んでいたのだがついに要求に負けてスマホデビューしました。ガラ携6年もったのだが、、、残念。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショッ [続きを読む]
  • ユリのページ
  • 今年最初に採花したユリは、、、Mothe Lee でした。咲くとこんな花。ちょっと線の弱い色だ。2年前にネット通販を申し入れたけど、食品だけしか扱って無いと断られた新潟直送計画さん。ようやく花の販売に踏み切ってくれた。うちのユリのページです。   https://shop.ng-life.jp/fukasawa/0068-003/ベンチャー企業なのですぐに飛びついてくれるかと思ったら予想外。ニンジン、サツマイモで実績を積み上げて2年、向こうもこち [続きを読む]
  • ? 長酒〜は〜今日も〜ダメぇだぁった〜
  • お隣の南魚沼市の先進農業を視察。まずは最近大人気の八色しいたけ。みんなキノコ頭になって視察。徹底的にシステム化したブランド品作り。天下取るにはここまでやる必要があるんだね。すげぇ。すでに天下一の八色スイカ。圃場管理はお見事。でも。21日の強風でだいぶ被害が出たようだ。もまれた枝は治し、生育中のスイカはすべて摘果し、次の着果した球を育ててお盆用に仕立てるのだそうだ。転んだらすぐ起き上がる。農業は自然 [続きを読む]
  • 1日1分
  • 夏至、もう夏至になった。でも雨、、、、寒い。1日1分づつ日が長くなって半年。明日からは1日1分づつ日が短くなる。7時半まで明るいのが冬至には4時半には暗くなる。朝夕3時間づつ、合計6時間の差がある。日本は忙しい。お隣さんからもらったベンドームが咲いた。いい色だね。遅れている我が家のユリも1本色付いた、、、、でも、Mother Leeだ。出荷予定の日が来たけどまだまだです。パルディニ、やや膨らみだした程度。ト [続きを読む]
  • 采配蘭
  • 今年も逢えた采配蘭。家の裏の椿の森の中。陽の当たらない木の陰で、誰も見てないのに存在感だけを示す孤高の花。まるで、、、、父の日、、、、みたいだ。無駄になる花、、、、アステリアンの孫蕾をもぎました。これも同じだ。いらない花、、、これはメイクイーンの花。こちらはキタアカリ。誰も気づかない孤高の花。ナスは寒さで1本枯れてしまったけどピーマンは初収穫。菜はいらん! と言う訳では無いのでナス味噌を。父の日用 [続きを読む]
  • 目指せ5輪にピック、、、その後
  • 気候が定まりません、、気温一ケタの朝が結構あります。雨マーク出てなくても雨降るし、、、、露地作型のつぼみが数えられるようになったんすけど、、、、バルバルデ、、、、目指せ5輪の精子、、じゃなくて整枝作業を始めました。早生が早生でなくなりますけど、、、、ハウスのトゥレイガ、つぼみが膨らみ始めた。コトパクシー、先勝りでちょっと笹葉ですw。マレロw特大球、、、背丈を超えました。パルディニ、こちらも蕾膨らみ [続きを読む]
  • 奥から攻める
  • 7度の朝。もうすぐ夏至がやってくるのに、、、、昨日の嵐が冷たい空気を呼び込んだのかよく冷えた。雨風に痛めつけられたユリたちを朝の内に防除。朝風は爽やかに下を這う。ハウスの奥の方からバックしながら薬剤散布。人間にもユリにもストレスの少ない早朝防除。今のところ日曜日はお休み。朝仕事のみ。ピーカンがもったいないのでドライブ。正面の山は妙高山だ。黒姫山。信州のお山はすそ野がなだらかで、なんだか時間がのん [続きを読む]
  • ペニーレイン
  • ペニー?、小銭のような雨って意味だろうか。日本では小ぬか雨。ショボショボと出荷の続いた芍薬も滝の粧が終わると終了する。大した出荷量では無かったが例年よりは少し丈が伸びてくれたおかげで去年よりは切れた。わずかではありますが楊貴妃も出荷できた。なかなか片づけられなかった冬のウルイ栽培用具。ようやく片づけ終了。段ボールやごみも片付けて間もなく始まるユリシーズンを待ちます。ハウスのトゥーレイガ、5.6.7輪 [続きを読む]
  • 6月の怪
  • 6月、、、、だよなぁ、、、室内が9.5度。外は8度位か。異常な寒さだ。家のそばの道路法面に奇怪な足跡が。爪だ。何故かモグラが死んでる????ユリが黄ばんできた感じ。6月だよなぁ、、、、 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。 [続きを読む]
  • タニウツギ
  • タニウツギが満開ですw。 昨日の夏日ムシムシから一転、雨降ると寒い。山に咲くウツギはユキノシタ科だが、タニウツギはスイカズラ科、、、へんなの。後で咲いてくる コツクバネウツギ も スイカズラ科。ウツギと名の付く木は 空木 から来ているそうな。幹が二重構造で空洞にできるから、、、、オラの頭みたいだ。雨が降ると頭が空洞になって脱力感。ユキノシタ科の植物はとても多くて、大文字草やトリアシショウマなども [続きを読む]
  • 恰好の階段
  • 作業場とハウスを結ぶ階段。毎日毎日ウルイを抜いては運び、ぬいては運び、いったいどれほどの回数上り下りするだろうか。さすがにくたびれてきたので新調しました、アルミの階段。オークションで買ってみたけどさっぱりサイズが合わない、、、、失敗。で、足場ブリッジでスロープを作ったりしたけど滑るし、、、、失敗。で結局、こんな階段になっちゃいました。アルミの階段はと言うと、、、Qちゃんのお立ち台になりました [続きを読む]