ヒカラビの父 さん プロフィール

  •  
ヒカラビの父さん: ヒカラビ一家の花日記
ハンドル名ヒカラビの父 さん
ブログタイトルヒカラビ一家の花日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hikarabinotiti
サイト紹介文山の上に住む花農家です。魚沼発のあれこれを、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/01/07 12:16

ヒカラビの父 さんのブログ記事

  • 台風18号
  • 夜中の1時ちょっと前から吹き始めたのかな。籠の崩れる音、木をゆらす音。久しぶりの恐怖の一夜でした。寒冷紗はすべて巻いて止めておいたので難を逃れ、張れる所は防風ネットや厚手のビニールを巻いておいたのでほぼ被害なし。ビニールががんばってくれたので感謝感謝。日本中大変な被害、お見舞い申し上げます。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショップはこちら    [続きを読む]
  • 常時舞ひける
  • 去年も今年も花火さえ見に行かなくなった十五夜祭り。去年雨で流れた民謡流し、今年は台風が来そうと言う中で。毎年ぶっつけ本番。踊りだしてから思い出し出し踊る。今年も参加できたなと言う充実感を噛みしめて、、、、夜はふける。台風さん来ないで、、、 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショップはこちら    [続きを読む]
  • 魚が6匹
  • 昔々、福屋と言うスーパーがスーパー原信に変わった。他にもAコープやサカキヤ、コムラヤなど地元スーパーもたくさんある。街中の原信が郊外に移ってその周りに蔦屋やドラッグストアー、ゲーム店や電気店などが集まって一大ショッピング街になった。こんな過疎の町なのにと思ったが県内でも有数の売り上げらしい。他にも良食、業務スーパー、スーパーマルイなどが出店して、、、いったいどうなっているのかと思ううちに、、、、や [続きを読む]
  • Who are you ?
  • あなたは誰 ??? って言うか、こいつはなんなんだ ???去年と同じような記事だけどまったく同じものが育っている。植えたのはメロンだ。あまりの繁殖力に防獣ネットハウスは無残にも引き倒されてしまった。かぼちゃとは違う、、、、でもウリだ。切ってみても硬いだけで食えそうにない。継ぎ台が育ってしまったってやつですね。ちなみに去年のやつとは若干違うやつでした。http://blog.goo.ne.jp/hikarabinotiti/e/4165c [続きを読む]
  • バンクーバー五輪ピック
  • 珍しく2日続けて晴れ。もうクリスマスまで何も降らなくて結構だ。今年、ヨープ3連作後、終盤の3連作にバンクーバーを植えてます。赤が好きだねぇと言われるが、、、、赤が好きなんです。でもねぇ、、、、18/20なんだけどだいたい10輪付いている、、、、頂点花のぐちゃぐちゃだけでほぼ4輪、、、、、せっかくの早生系が早生でなくなっちゃうけど、、、、かえってフォーメーションは良くなったりして、、、、植える頃は箸のよ [続きを読む]
  • あげは
  • 今年はこの蝶が多い。雨が降らない日があまりないくらいに雨続き、、、、鳥が虫を見落としてるのかねぇ??最後のハウス作がいい感じに育ってます。トゥレイガの特大球を最後に持ってきた。葉焼け防止にカルシュームの上げ葉、、、、ネタはこれだけ。こちらのアゲハもきれいです。晴れた日はこんなにまぶしいのに、、、、昨日も今日も雨です、、、、、 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショッ [続きを読む]
  • ? 南の〜島の大王は〜
  • 遠い遠い南の島から真っ黒に日焼けしたたくましい男がやってきた。南国鹿児島県沖永良部島と豪雪地魚沼、まったく違う環境だが同じユリを作る仲間。鉄砲百合と山ユリ、カテゴリーは違うもののユリの原種が自生してるとこは同じ。そういえば数年前、同じ年に共進会で1等賞を取った仲だった。鹿児島県と新潟県、明治神宮の新嘗祭で会おうと言ったのだが会えなかった。何かしら引き合うものがあるのかもしれない。そういえば今年は春 [続きを読む]
  • 晴りる 穂 実っ地
  • さぁ9月だ。今月から晴れますw。夕べはつい最後まで見てしまった。9時に寝る身では朝が辛い。春の低温で心配された稲ももうすぐ実りを迎えます。どうやら今年も豊作のようだ。7月の豪雨でうちのユリが畑ごと流れ込んだ田んぼもいい感じになってきた。約1000本が流出した作も生き残ったユリが出荷を迎えてます。被害を哀れんでいただいたのか、今年一番の出来で仕上がっています。ヨープ、品種の強さを感じるなぁ。この後3 [続きを読む]
  • 17度
  • 今年は、、、、晴れた日は暑かったけど、、、、夏が無かったな、、、今朝は寒かった。ピンク系、エマニーが本年度終了でマレロに変わりました。初回は球根サイズ小さいのでボリュームイマイチ。さらに、新しい敵現る。イナゴだろうか?鳥だろうか?雨続きなのでニンジンは発芽が始まった。本日芋掘りを決行。キタアカリは結構な出来でした。でも、、、、メイクイーンって何?こんなのあるか?って感じで、指紋のように同じものは二つ無 [続きを読む]
  • あと1週間
  • 8月も残り1週間、、、、、って言うか、天候にいじめられた8月は異常に長かった気がする。球根植えは最後の鉄骨ハウスまで進んでおりまSu.以前はかなり遅くまで欲を書いていたのだが、最近は速めに切り上げて自分たちの出荷期の充実の方を大事に考えてます。10月末くらいで出荷は切り上げ、、11月は球根と苗の掘り上げと冬作の準備、12月からは山菜農家と割り切っていきますw。大雨で痛めつけられた作も、もうすぐ採 [続きを読む]
  • 俺たち いもだち
  • うちのじゃがいも、キタアカリ。結構いい感じの芋たち。こちらは5月の女王メイクイーン。へんなの。直売所恒例の夏休み行事、わくわく収穫体験が芋畑にやってきた。ユリの跡地に植えておくと残留肥料で芋くらい簡単に育っちゃう。子供だけでなく母親もジャガイモ掘り初めてなんて人もいる。芋は土の中、でも落花生はどこで採れるかを知らない人は多いそうだ。子供のうちから野菜のことを知ろう。食いものでできた絆を大事にしまし [続きを読む]
  • 三度目の、、、笑時期
  • この夏3度目の豪雨、、、こんな年もあるのかとつくづく笑っちゃう。一応被害には至らなかったけどギリギリの雨量だった。最初の豪雨で痛めつけられたユリたちの出荷がほぼ終わろうとしてはいる。決してよい出来ではないものの、よく育ってくれたなと思うのです。2度目の豪雨は大変だった。無理やり植えたものの土をかけられなかった圃場。ベラボンや厚い敷き藁で上根を保護しながら育てた。結構しっかり育ったマレロ。葉焼け出 [続きを読む]
  • 家計が食えん 問題
  • 間もなく植え付けを前にようやく天窓の修理。7月の豪雨の頃に風が吹いて壊れた。って言うか築25年だから壊れた?結構きつい出費だ。従業員休憩室のエアコンも、、、、これも20年以上のもの。かなり厳しい出費だ。お盆需要期には結構たくさん出荷はしたもののいくらになったかはよくわからない。20日には購買品の引き落とし期日、、、、春からの肥料農薬資材などなど。そういえば今年はハウスのパイプも新調したし、、、、 [続きを読む]
  • ? 大刈場 はっ みどっり〜
  • 我が家の前は緑の草原になってしまった。地元民にしかわからないタイトルだったが、目の前は雨池、その先は道前、そして大刈場、道の向こうは刈切り、、、畑にはブロックごとの名前が付いているのだ。7月の大雨のなごりによる作業の遅れ、、、、、草ぼうぼうは今年の特徴。洪水で流された畑は未だに水はけが最悪。しかしながらユリは順調に育ってます。さすがカサブランカ、強い。お盆前、ちょっと出荷が中だるみ、その代わりギフ [続きを読む]
  • やべぇ心臓
  • 御長寿台風5号は迷走の挙句適度の雨だけで風の害は無く去っていきそうだ。ありがたや、ありがたや。でも、全国には多くの水害に見舞われている方がおられます。お見舞い申し上げます。苦しい苦しい1週間。出荷最盛期と植込みの最終期が重なる季節。水害のなごりで圃場の順序が狂った挙句猛暑の毎日、外に出ると胸にギュッと痛みが来る。心臓がやばい感じのする暑さだ。それでもスケジュールに沿って植えていかなければ晩秋期に [続きを読む]
  • 追いつけるか
  • ようやく梅雨明け、朝の気温が20度を切るようになった。6月低温、7月ずっと大雨。生育の遅れと作業の遅れ、果たして取り戻せるのだろうか。一昨日はまだトラクターの入れないほど水を含んだ畑、人力で流れた土を集めて無耕起で溝切って植えた。根を張るスペースは限られるものの物理性はそんなに悪くない。同じ畑、昨日は一転してパサパサに乾く。植え遅れていた作型はこれにて終わり。明日からはまともな芽伸びの球根を植え [続きを読む]
  • でっカサ カサばる カサカサカサ
  • 旬限定のでかいカサブランカ、箱詰めも苦しい感じですw。束作りはもっと苦しくて、ベテランでないとなかなか作れません。でかいと言えばリアンのつぼみ。手前の1輪は約18センチのつぼみ。奥のがだいたい切り前のつぼみで13センチ。咲くとこんな感じのいろ。もうちょっとインパクトが欲しいなぁ。色の良いのはエマニー。咲きかけは薄いのだがだんだん色濃くなってきて花持ち抜群。久しぶりのビビアナ。Mother Lee. この色にか [続きを読む]
  • カサブランカの季節
  • 朝が遅くなった。去年よりも10日遅れでカサブランカが切れ出した。一番大きい球根を春に使うのだから大きい。アステリアンが終了してリアンが始まった。アステリアン。シストは2日間で終了、カステラー煮も夕方切れて、朝ドバっと切れて、夕方総切り、、、で終わり。この時期のオランダ産球根は気前がいい。カステラー煮は蕾の時は下を向いているが切るころには上を向く。レイクキャリーもそうだったが年頃になると上を向く、、 [続きを読む]
  • リスとの遭遇
  • 毎朝、花切りに向かう道では色々な仲間と出会いますw。カモシカ、ハヤブサ、イタチ、テン?などなど、、、中でも、かなりの頻度で出会うのはリス、リスとの遭遇は、So good!  ピンボケだが。雨続きでポジティブなネタがほとんど無い中ではあるがこの時期お決まりの多品種攻勢が始まっている。まずはシスト、今日から出荷です。リアン、今朝2本切れた、週後半には盛りに。カステラー煮、続いてしまってる。今盛りなのはアステリ [続きを読む]
  • 50年に1度の大雨が今月2回
  • 16日の夜から大雨になった。17日にはあがったが花出荷もあったし週末に植えた球根の土かけを無理矢理決行。思えば、、、、、17日は結婚記念日だった。そんな時期によく式が挙げれたなと、、、、今は思う。当時オリエンタルユリはスターゲイザーが中心、カサブランカはまだ超高値の頃、すかしユリが終わってオリエンタルが始まるには10日ほどのタイムラグがあるころだった。今年の17日は季咲き作型最後の球根出庫日でした [続きを読む]
  • かつてない大雨、、、、前にもあったけど、、、、
  • すさまじい雨量だ。池があふれそうで消防団が土嚢を積みだした。問題はこれ、5年前と全く同じ状態になった。5年前も同じような水害が発生した。平成23年新潟福島豪雨。ttp://blog.goo.ne.jp/hikarabinotiti/m/201107大事なのは生き残ること。 すると花農家仲間がたくさん。ポチッと一回 してね。ネットショップはこちら    [続きを読む]
  • 1日1品運動
  • ハウスのコトパクシーに続いて露地作が切れ始めたのは水曜日。ザンベジ、バルベルデ、バーリンゴと立て続けにOT系の採花がピーク。日替わりで1品種ずつ。しかも1日でほぼ総切り。今日はOHのクリアウォーターがほぼ総切り。これじゃぁネ、くたびれますよ。ドカッと切れる原因は生育の遅れ。遅れていたものが雨と高温で追いついた。と言うことで、条件は皆同じ、つまりは価格に期待が持てないってこと。せめて評価を下げないよ [続きを読む]
  • オープンセール
  • 金曜日からスーパーマルイ内にうちのコーナーがオープンしてます。農家のインショップではなくて花のコーナーに乱入する形になってます。結果は1日で赤は完売、ほかはバケツ半分ほどの売れ行き。これって予想以上の売れ行きだ。オープン記念価格が受けたのかもしれないが。去年、仲間が地元Aコープに出店して、さっぱり売れずにすぐ撤退。ユリの町の住民はユリに慣れっこなのかと思いきや、そこそこ売れるじゃねぇか。3年前、店 [続きを読む]
  • ウルイ は友を呼ぶ、、のか
  • この他人じゃないような風体のおじさんはUXテレビのアナウンサーだかディレクターだかリポーターの近さんだ。1月のウルイ取材の時にユリの時期も取材したいと頼まれていた。来ちゃったね。体型と言い髪型と言い、、、まったく、、、、他人とは思えない。一緒に取材を受けたカエデちゃん(18歳女子)も濃いおじさんにたじたじ。採花の取材のあとは月岡公園の花広場に。女性を見つけるとすぐに声をかけるのはこのタイプのおじさ [続きを読む]
  • ユリのまちのおもてナッシー
  • 今年もやってます、魚沼ユリ飾り。これと言って特徴的な産業の無い街。しいて言えばユリ産地。立派な産業はあるんですよ、大きな肉缶の工場だったり、バルブ工場だっり。でも、地場産業ってのは地元の人が 「 ここはこれが有名です 」って言ってくれること。なので町の人に、この時期はたっぷりユリを飾ってもらってます。鋳物工場も昔はあったそうな。芋が採れました。7月いっぱいユリ月間です。 すると花農家仲間がた [続きを読む]