belladonna さん プロフィール

  •  
belladonnaさん: 猫のベラドンナのバレエのコツ
ハンドル名belladonna さん
ブログタイトル猫のベラドンナのバレエのコツ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bella-donna/
サイト紹介文猫のベラドンナがイラストとGIFアニメでバレエのコツを紹介をガーデニングのお話も
自由文手作り記事も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2010/01/09 15:41

belladonna さんのブログ記事

  • ? 秋バラ第一弾。
  • 本当は、2泊の出張のところ、3日間、水やりができないのは、この季節、まだ不安なので、なんとか、1泊につめこみ。帰宅したら、バラ??が咲いていました。 「トイトイトイ!。」「ゲーテローズ。」ダダダダダッとたくさん咲いてくれると見栄えがするのですが。 「どちらも、香りが良いです。」ブログランキング、 してね [続きを読む]
  • ? コウモリランの株分け。
  • 「こうもりらん」プラティケリウム ビフルカツム ネザーランド。少し、窮屈そうになってきたので、株分け。板に、水ごけで留めようと思います。杉板が良いらしいのですが。「100円、300円ショップで見つけた、木のトレイ」これに留めつけてみよう。「株分けしたコウモリランを板に載せて、水苔を載せ、麻糸でぐるぐる巻き。 むりやり、株を引き剥がしたので、このままちゃんと、育ってくれるか少し不安。 ブログランキング、ク [続きを読む]
  • ? 赤いパプリカとプリエアップ。
  • 一昨日は、久しぶりの美容院。ヘアカラーと、パーマで5時間。 カラー後とパーマ後に"デトックス"をしてくれることもあって。「一気に赤くなったパプリカ」苦手なプリエアップ。バヤデールの影の第2バリエーションにプリエアップのアラベスク、アチチュードがたくさんでてきます。 どちらも、プリエを踏んだ時点で、動足をアラベスク、アチチュードに持っていくこと。。。脚が重い。ブログランキング、 してね [続きを読む]
  • ? 天使の拍手がようやく聞こえました。
  • あいにくのお天気の三連休。急に気温も低くなりました。今日は、フランスパン、バゲットをやきました。今回の分量は。強力粉 日清のカメリア 200g薄力粉 50g三温糖 3g岩塩 5g水 160ccドライイースト 3gをホームベーカリーにいれ、 パン生地コースで数分、10分程かな。そのまま、スイッチを切って、一次発酵。お出かけ。2時間。取り出して、2つに分けて、クルミとクランベリー、レーズンをいれて、打ち粉、成形、室温で二次発酵。 [続きを読む]
  • ? 小さな目標と大きな目標。
  • 「葉が全部落ちてしまったピエールドロンサール ルージュ。なかなか元気になってくれない。」先週のバレエのポワントレッスン。ピルエット アンデダンで上体が情け無いほど崩れ。トレーナーの先生に「ちっとも体幹強くならないんです」とイヤイヤ スクワットしながらぐちってみましたら。「。。腕立て伏せできますか」「できないんです。。」床から腕の力で身体を起こせない。。「壁たて伏せからですね」「それができたら窓たて伏 [続きを読む]
  • ? もぎたてきゅうりとパプリカ。
  • もう、秋だとおもってたけど、昨夜は、久しぶりに暑くて寝苦しい夜でした。お庭のパプリカがなかなか赤くならないので、いつもいく、園芸店に、肥料を買いに行くついでに聞いてみた。理由は、分からないけどあまり長く収穫しないままにしておくと硬くなってしまうので獲ったほうがいいですよと。 「今年は、ミニトマトもちっとも実がつかないんです。肥料が足りなかったのかな」トマト??は、もう終わりだから、肥料をあげても実 [続きを読む]
  • ? 幸せのパンケーキ風ふわふわパンケーキを作る
  • 5月に。定期検診の帰り、ランチに行ってみた梅田茶屋町の幸せのパンケーキのお店。 一時間近く待って入って食べたパンケーキ??は。期待したほどではなく。トッピングはおいしいけどパンケーキ??本体は、たまご??くさくて自分なら、バニラビーンズをたっぷりいれておいしいのが作れるのではないかと思い。夏休みは、毎日そして週末の朝ごはん??に挑戦。膨らむものの、なぜかお皿に載せると縮んだり、見映えがよくなかったり [続きを読む]
  • ?? 飛蚊症。
  • お庭のハーブ。お料理に使うことばかり考えておりましたが。なにも食べなくても。サシェや、ポプリにしてもいいなと思った。とりあえず。カットして乾燥させるよ。「左から、ティートゥリー、ローリエ、ローズマリー、レモングラス。」「レモングラスとローリエを小さくカットしてリネンの袋に入れ、枕元に。」月曜日に。急に、右目の眼球を動かすと糸くずのような影も、一緒に、動くように。「飛蚊症?」ネットで調べたら、急に現 [続きを読む]
  • ? 春に向けての準備。
  • 昨日の奇跡のレッスン。これまでのレッスン比べると奇跡というほどてまはなかったようにも思いますが。それでも、「もっと図々しく」「もっと柔軟性を。開脚、!」といった、コーチの指導は、とても気づきの多いものてした。ビオラの種まきは、8月末から。零れ種でとっておいたビオラの種があるので、春に備えて、まず第一弾。「たまごの??ケースに。」一気に全部の種を蒔くのではなく、時間差で蒔いてみます。ブログランキング [続きを読む]
  • ? 奇跡のレッスン。新体操。
  • 最強のコーチ。今晩は。新体操。これは、見ないと。NHK BS奇跡のレッスン「できなくても やろう! 新体操」(前編) - NHK 世界トップクラスの指導者が、短期集中で日本の子どもたちに特別指導する様子をドキュメント。今回は、新体操。ロシアの元代表コーチが、14歳の秘蔵っ子と一緒に来日! 「ローリエ。市販のものより、香りがよいみたい。」なんのお料理に使おうか。鉢植えのローリエの枝を少し切ってそのまま乾燥させてみた。 [続きを読む]
  • ? レモングラスと。レモンの香りのバリウム。
  • 今日から9月。ちょっと涼しくなってきたけど。たまには、おしゃれしようと思い、グレーのアンサンブルに、パープルグレーの麻のストールを重ねてみたら。やっぱりまだ暑かった。今年の健康診断は、バリウムを飲みました。去年は、スキップしたのですが。今年は、ちょっと変化がありました。バリウム、お好みでオレンジ??かレモン??の香りを選ぶことができるのでした。それと。台に乗ってぐるぐる身体を回すプロセス。腕の力が [続きを読む]
  • ?? 手作りドロリッチ。
  • 涼しくなったと思ったら。一瞬だった。ブルゾンちえみ ちゃんは、メイクが崩れるどころか、ちっとも顔に汗をかいてなくて、前髪もキレイに整ったままだったのがすごいと思いました。汗かきの私は、1時間のバレエのレッスンでも眉毛も前髪もなくなります。ブルゾンちえみちゃん、インタビューでは、多くの人や、カメラに見られているという意識だからかというようなことを、言っていましたが、気持ちしだいでコントロールできるで [続きを読む]
  • ? フィッカス ウンベラータ。
  • 6月頃、葉が、黄色くなって次々とハラハラと落ちて心配していたフィッカスウンベラータ。無用の心配でした。「葉が増えてきた」フィッカス類は、取り木で増やせると趣味の園芸の番組で言っていました。表皮を削って、水苔で覆い、乾燥しないように、さらにポリポットなどで覆って発根をまつだけ。今週末のバレエは代行の先生でした。淡々と進む中でも注意されたこと。パッセからのロンデジャンブアンレール。「パッセでお尻をあげ [続きを読む]
  • ? アゴというより、耳を、ひく。
  • 爽やかなお天気でした。突然の雨も心配ないというのもうれしい。「サルスベリの花。近所に薄いピンクのサルスベリを見つけて、ほしくなってしまいました。きりがありませんね。」夏休みにバレエのファイナス先生の レッスンDVDを見ていて。 耳をうしろに。疲れてくるととくに、顎がまえにでてくるのですが、アゴをひくもいうより、両耳をひくイメージ。 そうするとデコルテが主張して小顔効果が得られます。ブログランキング、 [続きを読む]
  • ?? ヨーグルトバークとタンパク質
  • 今朝は、未明の雨のせいか、涼しくて気持ちがよいお天気でした。でもまだまだ暑い。夏は、晩御飯には、ビール??を飲んでいたのを、この夏休みから、それをやめて、牛乳??に変更しました。バレエのお友達に言うと、「両方飲めばいいのに」いやいや。ビールを飲むと、お腹いっぱい。できるだけ、鶏の胸肉を食べるようにしているのに、まったく、筋肉がつく気配がない。プロテインを飲もうかとも考えたけど、人工甘味料がとても苦 [続きを読む]
  • ??収穫したアーモンドと。バレエの腕の使い方。
  • アーモンドの収穫のその後。どうやって殻を割るか悩みましたが。「ペンチと剪定バサミで端から少しずつ切り、何とか収穫したアーモンドの実を取り出すことに成功。」アーモンドの実は、ちょっと痩せ気味だけど、フライパンで、乾煎りして食べたら美味しかったです。苗木から、2年たらずのアーモンド。来年が、楽しみです。さて。夏休みのバレエのレッスンでの学び、その2。あらためて。腕の使い方。3段階の。肩から、外旋、肘は、 [続きを読む]
  • ?? ルルベの流れを止めない。
  • 「お庭のエキナセア。ピンクの発色がよくない」庭木が、成長してきて、サルスベリの陰になってしまうせいかもしれない。それぞれがきれいに咲くように整えるのも、難しいものです。限られた庭では。夏休みのバレエのレッスン。「ルルベの流れを止めないで。」"キープ、キープ、キープ ! "だとか、" かかとだけ、あげなーい!"だとか、" 上に、上に、上に!"など、いろいろと言い方は、ありますが。この、ルルベの流れを止めないと [続きを読む]
  • ?? ミニ雑巾を縫う。
  • 夏休みにしたかったことのひとつ。ミシンがけ。ふと思いついて。ミニ雑巾を作ってみた。本当は、もうちょっと本格的なお裁縫をしたかったんだけど、題材が、思いつかず。古いタオルを使って。「お雑巾。いつもは、タオルを適当に切ってそのまま雑巾として使っていたけど、あんまり、というか、全然かわいくない」分厚いと、うちのミシンだとしんどいので、2枚がさねで。適当に、柄のハギレを足して、引っ掛けのリボンは、引っ掛け [続きを読む]
  • ?? 青いミニトマトとルグリ先生とのパドドゥ
  • 夏休み最後。春に種まきした、庭のミニトマト。パプリカから、離して植え替えたものの。青い実は、1週間たっても、赤くなりません。「ミニトマト。ひとつだけ。まだ青いまま。」昨日は、フェスティバルホールへルグリ ガラを観にいってきました。お目当は、英国ロイヤルバレエのマリアネラ・ヌニェス。ぶれない軸と、華やかさ、オフの時の飾らない親しみやすさが好きで。マリアネラ・ヌニェスのチャイコフスキー パドドゥ、とって [続きを読む]
  • ?? 6代目ベラドンナ。と、ランベルセのこつ。
  • 5月の連休に作った5代目のベラドンナが、くたびれてきたので6代目を製作。しつこく。なかなか、思うようにかわいいにゃんこにならない。「右から、胴長過ぎた4代目、耳が小さ過ぎて、尻尾が大き過ぎた5代目。」6代目は、「右手と左手の太さがかなり違う。。」お盆休み、普段は、いけないお昼間のバレエのレッスンへ。初めての方もいるということでランベルセをていねいに分解して教えていただきました。クペ プリエから、足を突き [続きを読む]
  • ?? 蔓でかごを編む。
  • 夏休み後半の天気予報は、ずっと雨??でしたが、雨??は1日だけで、晴れ??に。庭の伸びた蔓でかごを編んで見ました。「かたちがいびつ」掘り出した球根入れにしようと思う。材料は、蔓。だけ。「だだのつる草なのか。ジャスミン系だと思っていたけど全然花は咲かない。不明。。」フェンスの隙間を埋め尽くすほど伸びています。お隣さんちまで、伸びていたので、「とりあえず、カット」編むには、細めだけど。「底の部分。竪芯 [続きを読む]
  • ?? 夏のスワン レイク。
  • ??????一昨日は、バレエの舞台鑑賞。白鳥の湖ジークフリート王子は、英国ロイヤルバレエの平野 亮一さん、オデットは、西野麻衣子さん。西野さんは、映画でみるよりも、うつくしかったです。平野さんは、身長に恵まれていますね。顔も濃いめで、ドンキのエスパーダや、ライモンダのアブデラフマン、海賊の奴隷商人が、似合いそうな感じ。オディールの衛藤ひなのさんもとても素敵でした。第2幕の結婚式の場、各国の踊りのとこ [続きを読む]