Tentl さん プロフィール

  •  
Tentlさん: 今日も本棚の中から・・・
ハンドル名Tentl さん
ブログタイトル今日も本棚の中から・・・
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/tentl/
サイト紹介文海外ミステリーや、翻訳物の作品を主に読んでいます。映画&海外ドラマも好きです♪
自由文書店・図書館はもちろんのこと、本棚を眺めていると時間を忘れます。
念願かなって壁一面マイ本棚を作りました♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/01/09 21:23

Tentl さんのブログ記事

  • [読書]『メソッド15/33』
  • メソッド15/33 (ハヤカワ文庫NV) 作者: シャノンカーク 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/11/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 【絶対に殺してやるから――。謎の男に突然拉致され、人里離れた建物に監禁された妊娠中の女子高生。どうやら人身売買組織がお腹の赤ん坊を奪 [続きを読む]
  • [読書]『その雪と血を』
  • その雪と血を (ハヤカワ・ミステリ) 作者: ジョーネスボ 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/10/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 【オーラヴ・ヨハンセンは殺し屋だ。この数年間、麻薬業者のボスに命じられて殺人を引き受けてきた。今回の仕事は、不貞を働いているらしいボ [続きを読む]
  • [読書]『傷だらけのカミーユ』
  • 傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4) 作者: ピエール・ルメートル,橘明美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/10/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 【カミーユ警部の恋人が強盗に襲われ、瀕死の重傷を負った。一命をとりとめた彼女を執拗に狙う犯人。もう二度と愛す [続きを読む]
  • [読書]『生か、死か』
  • 生か、死か (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 作者: マイケルロボサム,Michael Robotham,越前敏弥 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/09/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 【四名が死亡した現金輸送車襲撃事件の共犯として十年の刑に服していたオーディ・パーマー。奪われた七 [続きを読む]
  • [読書]『ロルドの恐怖劇場』
  • ロルドの恐怖劇場 (ちくま文庫) 作者: アンドレ・ドロルド,Andr´e de Lorde,平岡敦 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/09/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る 【いたるところから恐怖は我々を狙っている。殺人と処刑の場面を再現した蝋人形館での一夜、屋敷を取り囲む血に飢えた [続きを読む]
  • [読書]『道化と王』
  • 道化と王 (ヨーロッパ歴史ノベル・セレクション) 作者: ローズトレメイン,Rose Tremain,金原瑞人,小林みき 出版社/メーカー: 柏書房 発売日: 2016/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 【時は1664年、イングランド王・チャールズ2世の御世。王の犬を治して、宮廷に取り立てられた醜男が [続きを読む]
  • [読書]『ありふれた祈り』
  • ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 作者: ウィリアムケントクルーガー,William Kent Krueger,宇佐川晶子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/12/10 メディア: 新書 この商品を含むブログ (15件) を見る 【あの夏のすべての死は、ひとりの子供の死ではじまった―。1961年、ミネソタ州の田 [続きを読む]
  • [読書]『悲しみのイレーヌ』
  • 悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3) 作者: ピエール・ルメートル,橘明美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/10/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (30件) を見る 【異様な手口で惨殺された二人の女。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は部下たちと捜査を開始するが、やがて第二の事件が発生。カミ [続きを読む]