粋七 さん プロフィール

  •  
粋七さん: 粋七日記
ハンドル名粋七 さん
ブログタイトル粋七日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/ikisiti/
サイト紹介文福岡市中央区大名、和洋折衷の『バー粋七(いきしち)』の情報を、つれづれなるままに書いています。
自由文福岡市中央区大名で営業しているBarのブログ。
酒や音楽はもちろん、グルメから日々のできごとまで、
幅広い記事です。
一期一会をモットーに、皆様のご来店を心よりお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/01/13 16:55

粋七 さんのブログ記事

  • 「うちのごはん」でお誕生日会
  • キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!バースデイケーキ!!先日、上の子の12歳のお誕生日会を、パパ友の店「うちのごはん」でやりました。そんなわけで頼んだのも、子供の好きなものばかり。 ポテサラに始まり…ガーリックピザ…唐揚げ…カルボナーラなど。相変わらず、どれも美味しかったです最後にはカワ(・∀・)イイ!!プレゼントも。こうして一緒に祝ってくれるお店があるのって、ありがたいですね。ごちそうさまでした!(J) [続きを読む]
  • Mr.スマイリーのお言葉
  • 出ました!伝家の宝刀、シェイカー2本振り!!片手でステアしながら、もう一方でグラスを冷やす離れ業も。昨日はPBOセミナー。今回は久々登場の東京・永楽クラブのチーフバーテンダーで、バーテンダー歴70年余、90歳を超えてなおバーテンダーとして第一線で活躍されている福島勇三氏のお話をお伺いしました。今回はナビゲーターに福島氏の愛弟子で、The Bar 草間 GINZA店主の草間常明氏も参戦。お二人の絶妙な掛け合いに、大いに [続きを読む]
  • 久々のフードフェア
  • 先日、久々にマリンメッセであったフードフェアに行ってきました。毎回感心するんですが、外食産業の進化っぷりには驚かされますね。美味しいものはより美味しく、なおかつスピーディに大量に。それだけではなく、職人さんの技の進化も楽しめるのがこの催しの良い所。細かい技術力の高さに目を見張りました。う〜ん、いい刺激。もっと頑張ろうっと!!(J) [続きを読む]
  • マルちゃん正麺の誘惑
  • 最近ハマってて、たまに食べちゃうのが「マルちゃん正麺 醤油味」。最初に食べた時、袋入りラーメンのあまりの進化ぶりに目を(舌を)疑いました。「今までとは全然別モンじゃないかっ!!」と。何といっても麺が違う! ぷるんと弾力があって、つるっと入っていく。太さもちょうどいいし、歯ごたえもいい。そしてスープがこれまでとは別次元!!あの粉スープのケミカルな感じも悪くないですが、この液状スープの旨味を知ってしま [続きを読む]
  • 良いです、シグナトリーのレダイグ
  • ポストアイレイ原酒として、スコットランドのボトラー間でも人気を得ているのが、マル島のレダイグ。実はレダイグの原酒は、2000年代後半では意外と出物も少なく、希少。そんな希少な原酒の中から、ピート、スモークなどアイラと共通するニュアンスだけでなく、アイランズらしさ満載の一本が入荷しました。シグナトリー レダイグ2009熟成年数7年と若いですが、その割にバランスの取れた味わいで、いろんなモルトファンにアピール [続きを読む]
  • バスクのワインには和食が合う
  • 昨日は白金にある「トレバンビーノ」という酒屋さんで、いろはワインの試飲会。ブルゴーニュのスパークリングや赤白ワイン、スペインのバスク地方のワインなど盛りだくさん。色々と勉強になりました〜中でもあのジャックセロスの甥が手がけたシャンパンはとてもクリアーで美味しかったし…フィリップロシニョールのフィクサンもいい感じでした。でも今回一番勉強になったのがバスクのワイン。スペインの海辺のバスクでは魚卵や青魚 [続きを読む]
  • カシスと甘夏のカクテル
  • 今の季節にお勧めのフレッシュフルーツを使ったカクテルの中で、最近よく出るのが甘夏みかんのカクテル。甘夏は、ビタミンC・クエン酸やビタミンB1もたっぷり摂れるので、「疲れ知らずの甘夏みかん」とも呼ばれます。そのスッキリした甘さとかすかな苦味はカクテル材料にぴったりなんですが、こんな一杯も美味しいですよ〜。カシスと甘夏のカクテル丸々一個分の甘夏ジュースをオーダー毎に絞り、カシスと共にシェイク。ちょっと [続きを読む]
  • 痴話喧嘩
  • 「そうそう、この間驚いちゃって」と話し始めたのは、カウンターで飲んでた常連のYさん。「どうかされたんですか?」と私が聞くと、「どうしたもこうしたも、痴話喧嘩よ一種の。私が自宅のマンションで一人で飲んでたら、隣から凄い怒鳴り声が聞こえてきて。どんどんどんどん、開けなさいよ、居るのは分かってんのよ〜〜!!って」「えぇ!?」「で、びっくりしてドアスコープからちょっと覗いてみたら…40代位の水商売っぽい女の [続きを読む]
  • 久々に百?
  • 久々に飲みながら読んでたら、止まらなくなっちゃいました。偏屈オヤジの名人芸的随筆に酔いつつ…作者の内田百?(うちだ ひゃっけん)は夏目漱石の門下生で、「冥途」や「旅順入城式」等の幻想文学でも知られる人ですが、何といっても図抜けて面白いのは随筆。ごつごつとした独特な文体で、すとんと落とす感じの筋立ては「もっと読みたい」と思わせる、まさに名人芸。特にこの『百鬼園随筆(昭和8年刊行)』は、彼の名を読書人 [続きを読む]
  • 母の日にシングルモルト
  • 今日は母の日でしたね。何か贈り物をしましたか?私は、こんなお酒を送りました。シングルモルト、クラガンモアの12年。オールドパーのメイン原酒のひとつですね。 香り豊かでコクがあり、飲み口がやわらかなスペイサイド・モルトを代表するウイスキーです。うちの母は73歳ですが、週に何回かは行きつけの飲み屋に顔出したり、妹や元同僚と旅行に行ったり、まだまだ元気です。ウィスキーも好きで寝酒に何杯か…昨年送った日本酒は [続きを読む]
  • スペイン産ベルモット
  • そうそう、これが美味しかったんですよね〜。先日の試飲会で見つけた、スペイン産のベルモット「ビエルム ブランコ」。醸造した白ワインにシナモンやオレンジ、フェンネルなど約20種類のハーブを漬けたもので、現在スペインではこれにレモンを添えてストレートやロック、少量の炭酸で割って飲むのが流行中なんだとか。確かにベースのワインの味がしっかりと感じられ、ハーブの風味も爽快だし、何より飲みやすい。これは流行るでし [続きを読む]
  • 嵐を呼ぶボウモア、再登場
  • 数年前に数量限定で発売され、当店でも大変ご好評頂いた「ボウモア10年テンペスト」が、ニューバッチで再登場です!ボウモア10年 テンペスト 56%「テンペスト」はファーストフィルのバーボン樽で10年以上熟成した原酒を使用したカスクストレングス。酒名は嵐、暴風雨を意味する言葉で、アイラ島の特長的な気候風土を表現すると同時に、力強い味わいを象徴しています。実際、グラスに注ぐとアイラ島のモルト特有の海風のよう [続きを読む]
  • オールドインペリアルバー
  • ゴールデンウィーク中に東京に旅行されたというお客様から、こんなお土産を頂きました。帝国ホテルのチョコレート。嬉しいですね その方、ご夫婦で帝国ホテルに泊まられたんだそうです。帝国ホテルといえば、やっぱり外せないのがオールドインペリアルバー。世界的にも名高い、帝国ホテル旧本館の趣を残すメインバー。今でも店内の一部はフランク・ロイド・ライトの設計した当時のままで、クラシカルな雰囲気が漂う空間となってい [続きを読む]
  • 津貫蒸留所のニューポット、あります。
  • 鹿児島県南さつま市の「津貫」にある本土最南端のウイスキー蒸溜所が「マルス津貫蒸溜所」。 焼酎造りで有名な本坊酒造が、2016年の11月からウィスキー造りを再スタートさせたことで、大きな話題となりました。温暖な気候と良質な水資源(蔵多山湧水)に恵まれる津貫は、本坊酒造発祥の地。 薩摩を代表する特産物「さつま芋」を使って焼酎造りを始めてから百有余年、この土地の水と気候風土を知り抜き、酒造りの伝統を今に伝える [続きを読む]
  • ガルフストリーム
  • 『ガルフストリーム』というカクテルをご存じですか?世界でも最大級の温暖海流、メキシコ湾流を意味する名前を持つカクテルです。その鮮やかな海流を彷彿とさせる色合いから名付けられました。レシピ的にも、ウォッカをベースにピーチリキュール、グレープフルーツとパインジュース、そしてブルーキュラソーと、とてもフルーティで飲みやすい。またアルコール度数も低めなので、どなたにでもお勧めできます。考えてみたら、こんな [続きを読む]
  • 休日にしゃぶしゃぶ
  • 先日、常連さんから私のお誕生日祝いに、鹿児島の黒豚 しゃぶしゃぶ用肉を頂いたので…やってみました!鹿児島スタイルのしゃぶしゃぶ。何が鹿児島風かというと、つけダレがそうめんつゆです。そういうと驚かれる方が多いんですが、これが実に合うんですよ。ぜひ一度お試しあれ。出汁は前の晩から漬けておいた昆布と事前に日本酒少々のみ。副菜には水菜・えのき・レタスなどを用意。もちろん豆腐は先に煮ておきます。さてそのお味 [続きを読む]
  • ちあきなおみは永遠に不滅です
  • 時々、昭和歌謡を聴きながら飲みたくなる夜があるんですよね。特に深い理由はないんですが昨夜もレコード棚からザ・ピーナッツやら西田佐知子やら渚ゆう子やらを引っ張り出してきて、「富士山麓」のハイボールなんかと共に堪能してたんですが(つまみは魚肉ソーセージ。昭和だなぁ…)、やはり明け方の、仕上げの一枚はこれでキマリ!そう、ちあきなおみのベスト。彼女の場合、歌唱力もさることながら歌にリアリティを与える「演技 [続きを読む]
  • 「美女と野獣」にて
  • 流行ってますね〜実写版『美女と野獣』。当店のお客様でも観られた方続出なんですが、その流れで先日、常連の男性から面白い話を聞きました。その方、小学3年生の息子さんと二人で観に行ったらしいんですが、その帰り…「ハァ〜いい映画だった!パパ感動しちゃったな〜〜。 どうだった?」「う〜ん、まあ面白かったんだけど…そもそもさぁ、何で野獣が人間に戻らなきゃいけないワケ?」「へ⁉?そりやー嫌だろう、野獣のままじゃ」 [続きを読む]
  • シーバス、究極のブレンデッドモルト
  • 試飲会であまりの美味さに驚きその場で注文した、シーバスリーガルの究極のブレンデッドモルトウィスキーが入荷しました!シーバスリーガル アルティス 40%こちらは、シーバス5人の歴代マスターブレンダーへのオマージュとして、名高い5つの蒸留所のシングルモルトをブレンドしたシーバスリーガル史上初のブレンデッドモルトウイスキー。その内訳はシーバスのメイン原酒であるストラスアイラをはじめ、ロングモーン、トーモア、 [続きを読む]
  • 炙りチャーシュー、最高!
  • ラーメンの話って、ダメですね。話してると、絶対翌日とかに食べたくなっちゃう。しかも今回は、私の大好きな警固「おいげん」の、しかも炙りチャーシューの話題になったもんだから、うー、前の日からよだれが止まりませんでしたそんなわけで、翌日はしっかりおいげんへ。オーダーはもちろんチャーシュー麺。ここのチャーシューの何が美味しいかというと、そのとろとろに煮込まれた食感もさることながら、出す直前に炭火で炙った香 [続きを読む]
  • カクテルで世界一周
  • 新緑の季節にピッタリの、きれいな色でしょう?こちらはジンベースを代表するショートカクテルのひとつ、アラウンド・ザ・ワールド。カクテル名は「世界一周」の意味で、アメリカのバーテンダーの作とされています。レシピ的にはジンに爽快なミントの香りと、パイナップルの果実感・酸味が調和した絶妙なもので、なるほどスタンダードとして愛されてきたのが分かります。あとこのカクテルの面白いのは、いくつかのレシピが残ってい [続きを読む]
  • 5月のおススメ;KBPハイボール
  • 今月のおススメは、こちらのウィスキーのハイボール。先日の記事にも書きました、「熊本バーテンダーズ プロジェクト(KBP)」スペシャル ブレンデッド ウィスキー。ラベルの熊本城が目印ですね。2016年4月に発生した熊本地震で被災した熊本のバーテンダー有志が、地元復興を目的につくった特別な一本。中味はウィスキー文化研究所の土屋守氏と、マルスウィスキーの全面協力のもとに、樽を吟味してボトリングされた格別な仕上がり。 [続きを読む]
  • すっきりオペレーター
  • 「これって、どんなカクテルなんですか?」カウンターに座られた女性が、今月のおすすめメニューを見ながらおっしゃいました。「あ、オペレーターですね」と私。「白ワインベースにレモンとジンジャーエールを加えた、とても飲みやすいカクテルですよ。度数が低いので、お酒に弱い方にもおすすめです」「実は私、テレフォン・オペレーターの仕事してるんです。じゃあ、飲んでみようかな」「かしこまりました」早速、お出ししてみる [続きを読む]
  • 現代のシンガポール・スリング
  • 1915年にシンガポールのラッフルズホテルで生まれた、トロピカルカクテルの傑作といえばシンガポール・スリング。イギリスの小説家サマセット・モームが“東洋の神秘”とたたえた、世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを表現したカクテルですね。実際にラッフルズのロング・バーで飲まれた方はご存知かと思いますが、ご当地ではパインジュースや多種のリキュールを加えたかなり甘めの味。それをすっきりとまとめたのが、現 [続きを読む]