hid さん プロフィール

  •  
hidさん: ZRX1200Sツーリング城
ハンドル名hid さん
ブログタイトルZRX1200Sツーリング城
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/prizep1800
サイト紹介文広島よりZRX1200Sに乗り百名城から マイナーな城跡、神社などを巡る
自由文40代のおっさんライダーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/01/13 22:29

hid さんのブログ記事

  • 小方島神社 天明の狛犬 三原市
  • 小方島神社2 天明の狛犬 三原市丈助作の対座型で浪速風               尾道住 石工丈助 作 徳島県名西郡石井町の 新宮本宮両神社の丈助の狛犬が安永6年(1777)で尾道石工の銘がある国内最古です。丈助の作は燈籠、手水、鳥居など多岐にわたり高い技術が見られます 天明六(1786) 丙牛歳 春二月吉?表情豊かな対ですシンプルな [続きを読む]
  • 小方島神社1 三原市 尾道名工達の石仏
  • 小方島神社 三原市神社入口注連柱      注連柱は山根屋源四郎傳篤 作燈籠燈籠も山根屋源四郎傳篤 作坂上に一対珍しい肩に子を乗せた狛犬良い彫りです。典型的な幕末の玉乗りですが迫力あります阿形は玉に子尾道石工 金橋屋 喜右衛門喜右衛門は何代かいたらしく尾道御袖天満宮の臥牛など名作を残しています尾道、愛媛に多数作品が残っています。嘉永七年(1854)=安政元年参道を見る狛犬ここから緩い坂忠魂碑緩い坂を上 [続きを読む]
  • 糸崎神社 三原市
  • 糸崎神社 三原市神功皇后が西征の帰途、船を寄せられた際に水を献じたという故事によって、この地を井戸崎(後に糸崎)といい、郡を水調(後に御調)と称した縁により天平元年(729年)創建されました。境内には、神功皇后が軍船をつないだという「船つぎの松」の記念碑と、樹齢約500年といわれる市天然記念物のクスノキがあります。        明治四十二年(1909)神門は三原城下の侍屋敷の門で、三原城の数少ない遺構 [続きを読む]
  • 鳩崎八幡神社上蒲刈(かみかまがり)島 最後の山根屋
  • 鳩崎八幡神社上蒲刈(かみかまがり)島最後の山根屋源四郎蒲刈港蒲刈港正面の丘に鎮座石段は150段くらいですが地味にキツイやっと海が見えました石段の最上部あたりでしか海が見えません由緒境内山根屋最後の狛犬素晴らしい彫りの構えです大きく複雑な形の尾子もキリッとしています尾の線が阿吽で変えてあります慶應三年(1867) 江戸最後の年棟梁尾道 山根屋源四郎傳弘源四郎傳弘の狛犬はこれ以外ありません四代 川崎泰次 修 [続きを読む]
  • 亀山八幡神社 呉市蒲刈町宮盛
  • 亀山八幡神社 呉市蒲刈町宮盛祭神  息長帯日売命 品陀和気命 玉依日売命慶長5年(1600)重修、慶安2年(1649)勧請(芸藩通志)境内吽形右後足に子吽形の子は阿           阿形の子は吽左後足に子大正八年(1919)この対は山根屋源四郎傳弘のコピーです。広島市の石工(山本?松)が彫ったようです。境内のクスノキ拝殿内 色々飾っています歌仙図?本殿本殿裏から海が見えます [続きを読む]
  • 荘厳(しょうごん)寺 呉市蒲刈町宮盛
  • 赤谷山 荘厳(しょうごん)寺呉市蒲刈町宮盛河津桜 県民の浜亀山八幡神社にいくつもりでしたが荘厳寺に着きました凄い彫刻なので拝見させてもらいましたとても道が細く地元の人でないと上れません芸藩通誌に天文八年(1539)僧栄玄により開基されたとあります。山門見事な彫刻明治三十八年 呉の宮大工棟梁 中塩兵助の作山門の彫刻が凄い木鼻鳳凰と麒麟門内側 天女?本堂本堂の彫刻山門の前に家があるので海があまり見えません地元 [続きを読む]
  • 森之奥厳島神社 呉市下蒲刈町三之瀬
  • 森之奥厳島神社 呉市下蒲刈町三之瀬久しぶりに安芸灘大橋を渡る橋を渡ってすぐのお好み焼き屋 「きしな」ソバ肉玉 550円 旨し安しここに駐車狭い路地の奥に神社があります井戸民家の間を通り石段へ立派な石垣こちら側は近年補修されたようですこちらが本来の石組石段は一枚石25段くらいですがすべて継の無い綺麗な一枚石石段上から三之瀬の瀬戸、隣の上蒲刈島が見えます境内鳥居 祭神:市寸島比売命(いちきしまひめのみこ [続きを読む]
  • 真幡神社(黄幡社) 広島市南区
  • ( 真幡神社(黄幡社) 広島市南区白っぽい玉乗り昭和のものか? 三代十郎兵衛の碑拝殿本殿拝殿内からの展望クスノキ細い路地を走っていたらここに出ました広島陸軍被服支廠(ひろしまりくぐんひふくししょう)出汐倉庫の名でも呼ばれます原爆の熱で歪んだ鉄製扉もそのまま赤で囲んだ位置にありますL字型で残っています70数年前から時が止まっているような場所です [続きを読む]
  • 土穂石(つつぼいし)八幡宮  柳井市新庄
  • 土穂石(つつぼいし)八幡宮 柳井市新庄祭神:品陀和気命 割と大きな神社です忠魂碑石段途中の大きな対胴長の変わった型です 大きいです首ひねってます台座も立派です 台座の刻は全く見えません 大正かな?       阿形の前に並んでくれました長い参道境内社標の後に小さな対がいます小さいけど丁寧な彫り安政三年(1856)阿形拝殿前から拝殿陶製狛犬 [続きを読む]
  • 菅原神社(柳井天満宮) 柳井市
  • 菅原神社(柳井天満宮) 柳井市菅原道真公を祀る山口県下三大天神のひとつ  今から約300年の昔、柳井の豪商 貞末宗故(さだすえそうこ)が公用で大阪へ上ったとき、天満天神(大阪天満宮)へお参りしました。 そのとき履いていた木履(ぼくり)の歯にはさまった天神様の像を持ち帰って元禄十年(1697)に祀ったのが始ま [続きを読む]
  • 代田(しろた)八幡宮 柳井市
  • 代田(しろた)八幡宮 柳井市寛永十六年(1639)建立の鳥居手水舎手水鉢には盃状穴があります古い浪速風?よく見る型です文化十五年(1818)文政元年になります百九十九歳願主は武士らしいですよう残ってくれたね〜けっこうヒビきてます古狛犬に付きものの白い斑点亀趺 明治三十三年天長十年(833)の創建祭神は、応神天皇、仲哀天皇、神功天皇広い境内格調高い社殿拝殿神馬像大きなケヤキ拝殿前から本殿 [続きを読む]
  • 大帯姫八幡宮 柳井市日積大里
  • 大帯姫八幡宮 柳井市日積大里この山上に鎮座。ここからは想像も付かない広大な社域の神社です 入口石段126段の石段幅20メートル弱の広い参道が、真っすぐ東に向かって250メートル伸びています。吽形 拝殿は遠くはっきり見えません      大正十五年(1926)大正の尾道玉乗り      阿は大口後足が長いです境内が見えないほど長い参道由緒尾道型が守る昭和の尾 [続きを読む]
  • 榊八幡宮 岩国市
  • 榊八幡宮 岩国市鳥居前狛犬 なかなか勇ましい対です    昭和十四年十二月 まさに戦前石垣が立派です石段由緒拝殿 文政二年(1819)造替山口県でよく見る石製水桶本殿西から本殿脇に古そうな出雲風がいます吽形本殿の随神像と木製狛犬摂社と本殿東側、同じ所に阿形やや崩れています随神と木製狛犬拝殿摂社忠魂碑 [続きを読む]
  • 宇佐神社 呉市
  • 宇佐神社 呉市   この世界の片隅に  呉ポポロでまだ上映中   また見てきましたX5   呉で見るのはまた格別です歴史の見える丘護衛艦いなづまがドッグ入り呉市街 噫戦艦大和之塔大和、長門の砲弾宇佐神社入口神社前は狭く車を付けるのはほぼ無理です由緒石段と稲荷社狛犬は1対整った端正な対です尾道石工・大村喜兵衛      明治二十七年明治期の尾道石工の中でトップクラスの石工 [続きを読む]
  • 松戸八幡宮 柳井市
  • 松戸八幡宮 柳井市神社入口石段 こちら側の欄干はすべて一金拾弗の刻があります。移民した地元の人の寄進かな?由緒吽形 古い良い型です吽は特にいい造り出目の古い型いい佇まいです文化四年(1807)荒神社 境内は綺麗に掃き清められ足跡を付けるのが申し訳ないくらいです。摂社 篠原社本殿晴れていれば・・大畠瀬戸の海前は室津半島 かすんでます [続きを読む]
  • 比叡神社 岩国市玖珂町
  • 比叡神社 岩国市玖珂町延暦二十四年 (805) に創建され、鞍掛城主・杉隆泰や岩国藩主・吉川氏にも崇められたと伝えられています。神社入口石段と大杉参道を振り返る由緒樹齢1000年と伝えられ、高さ30数m、幹周囲7mに達する老杉があります。大杉前 角あり線は薄いですが良い佇まいです天保十(1839)乙亥か?阿形の奥の大杉の前の亀山口に多い亀趺?にしてはあまり背負ってません贔屓じゃなくて玄武かも古木が茂る林の221段の石段 [続きを読む]
  • 茶臼山古墳 柳井市
  • 茶臼山古墳 柳井市茶臼山古墳は、4世紀終から5世紀初めに造られた前方後円墳です。全長約90メートルで山口県では平生町の白鳥古墳に次ぐ大きさです。 この古墳は、明治25年(1892)地元の二少年が偶然発見しました。明治25年2月4日に塚墳の存在を初めて発見当時の村総代・森田愛輔は政府役人らを伴い2月11日に発掘、鍬で数尺掘り下げると穴の中に遺物らしきものがあり、その穴は大きな石で覆われていた皆が力を合わせ大き [続きを読む]
  • 亀居城3 天守台〜詰めの丸下から石垣を見る
  • 亀居城3 天守台〜詰めの丸下から石垣を見る本丸上 天守台東方、南方に細長の郭台が付いています天守台の大きさは高知城(現存)クラスが建てられる規模天守台海側の郭上から宮島大竹、岩国方面天守台の礎石天守台から宮島全景https://youtu.be/5RCbU_Gf02A本丸虎口 3度折れしコの字型になっている本丸と詰めの丸の間詰めの丸亀居城の一番の見所は詰めの丸の下だと思います本来は本丸に使われていた石のようですhttps://youtu.be [続きを読む]
  • 亀居城 大竹市 三の丸〜本丸
  • 亀居城 大竹市 三の丸〜本丸有の丸と三の丸石垣三の丸石垣の刻印三の丸石垣郭南側に立派な道路が天守台脇まで付けられています本来はありえない道です三の丸梅が綺麗でした。三の丸から二の丸へ上がる石段石段があったとしてもここまで立派ではなかったでしょう簡単に攻め上れます二ノ丸への虎口二の丸本丸本丸虎口本丸の多門櫓?台 天守台から東に延びる細長い台3分の2は後から積んだ石垣多門櫓?台と天守台 北側からほとん [続きを読む]
  • 亀居城址1(捨の丸〜なしの丸) 大竹市
  • 亀居城址1(捨の丸〜なしの丸) 大竹市福島正則は毛利氏の抑えとして慶長八年(1603)から築城を開始。五年後の慶長十三年(1608)に完成しました。 甥の福島正宣が城主となるはずでしたが、前年に亡くなったため山田小右衛門と森佐助の両名が城代として亀居城に入りました。しかし三年後の慶長十六年(1611)に、城は破却、廃城となります。非常に巨大な堅城でした。全部で11もの郭を持つ巨大な城です妙現丸コンクリを張ら [続きを読む]
  • 椎尾八幡宮2 岩国市
  • 椎尾八幡宮2 岩国市東側入口東の守りカラス天狗 平成十五年製岩国山の椎尾の地に古くより祀られていた猿田彦神を合祀紅白鉢巻の古狛犬新しい注連縄がいいです足が軽くなります。寛政元年(1789)変色してるが欠け無丁寧に捻った尻尾本殿はほとんど見えません神社からの展望がないのが惜しいです [続きを読む]
  • 椎尾(しいのお)八幡宮 岩国市1
  • 椎尾(しいのお)八幡宮 岩国市祭神誉田別命 (應神天皇) 足仲彦命 (仲哀天皇) 息長帯比売命 (神功皇后)岩国城が見えます本来はもう少し奥にありましたが観光用に下から見える位置に模擬天守を建てています模擬天守昔、岩国城の入口に白蛇がいたのを思い出しました。鳥居脇の大きな対昭和三十三年奉納 立派な台に乗ってます前に看板があるので撮影しにくいです尾道新地 大村石材店 大村喜兵衛を継ぐ石材店で [続きを読む]
  • 岩国護国神社 車道の狛犬
  • 岩国護国神社 車道の狛犬白崎八幡宮の隣です拝殿            明治天皇 御製神馬像慰霊碑車道の狛犬逆光で上手く写せませんでした蔓延元年(1860)尾道石工・大村喜兵衛の作野球小僧・おっさんがチョロチョロしてごめんね・奉納年が分かりません尾道が市になったのが明治31年(1898)岩国に明治35、36年(1902,1903)の大村喜兵衛の作があるのでその頃のものでしょう。大村喜兵衛は明治期の尾道を代表する石工です。 [続きを読む]
  • 白崎八幡宮 岩国市
  • 白崎八幡宮 岩国市白崎八幡宮は鎌倉中期建長2年(1250)時の領主、清縄左衛門尉良兼が遠石八幡宮の御神霊が白鷺と化して室木に垂跡することを知り、氏族の繁栄と領内安民守護の神として今津琵琶首に創建奉斎したのが始まりです。 南北朝時代の貞和4年(1348)には弘中堂内源兼胤を願主として現在地の白崎山に壮麗な社殿を造営、社領を寄進・奉遷し、旧岩国十七ヶ庄(錦見・川西・今津・室の木・牛野谷・中津・車・向今津・門前・ [続きを読む]
  • 白蛇神社・今津八幡宮 岩国市
  • 白蛇神社・今津八幡宮 岩国市何故かたまに白蛇を観たくなります。由緒拝殿立派な白蛇燈籠手水の白蛇本殿蟇股も白蛇本物も展示室にいます。何故か大きな一匹が小さな小屋を占有神々しい蛇です。隣の燈籠には5〜6匹いますずっと見ていたら燈籠の一匹が伸びて来ました南側は今津八幡宮の入口になっています均整のとれた尾道玉乗り明治三十五年真四角な手水鉢は元禄九年(1696)寄進石段を上がると白蛇神社正面対面に今津八幡宮今津天 [続きを読む]