cocoパパ さん プロフィール

  •  
cocoパパさん: ピュアデジタルオーディオ
ハンドル名cocoパパ さん
ブログタイトルピュアデジタルオーディオ
ブログURLhttp://puredigital.blog66.fc2.com/
サイト紹介文PCとサウンドデバイスを使ったピュアデジタルオーディオのブログです。
自由文PCを使ったピュアデジタルオーディオのブログです。最近は安くて高性能なデジタルデバイスがたくさんあります。高級オーディオをよりやすく便利に楽しみましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/01/18 16:41

cocoパパ さんのブログ記事

  • 久しぶりにアンプを聞いてみた。
  • 久しぶりにアンプを聞いてみた。(耳をニュートラルに戻して)滑らかできれいな音。だが少々力強さに欠けるな。だからホーンが上手く駆動出来ないんだな。さて、どうするか。可能性としては  (1)電源トランスが非力  (2)初段(段間トランスのドライバー)が非力が考えられるか。今時点では初段の電源の問題(ノイズ)ではない様に感じる。まずは(2)を改善すべきかと思う。ドライバーを6SN7に変えて、パラにしてみ [続きを読む]
  • 連休中の成果?
  • つまらない結果ではあったけれど、連休中にスピーカーの音をあれこれ試して、今のところはこの組み合わせが最高だ。ホーンの駆動用には空間表現に優れたFPB-350Mを持ってきた方が楽器の立体感や空気感がきれいで楽しく聞ける。ヘッドホンで聞くとFPB-350Mはちょっときつすぎる感じなのだが。低音に関して言えば、FPB-350MでもX-350でも同様に素晴らしい感じだ。2A3 PP アンプはヘッドホンアンプとしては最高だが、もう一歩改善し [続きを読む]
  • ホーン駆動してみた。
  • アンプ直結でホーン駆動してみた。 残念ながら、イマイチだった。 ホーンは駆動力が要るからなー。 インピーダンス変えたり、負荷抵抗変えたりあれこれやったが、残念ながら透明感が出ない。KRELL や PASS の方が良かった。 何か他にホーン駆動のコツが有るのかなー? KRELLは空間表現は良いのだけど、中高音の滑らかさがイマイチで、PASSは滑らかなんだけど、 [続きを読む]
  • 良い感じ
  • 内部の配線を見直していたら、出力トランスの二時側が一時側のグランドに繋がっているのを発見。無帰還だから繋ぐ必要は無いし、繋がない方がスピーカーからの逆起電力をトランスで完全に絶縁出来るからベターだ。 外したら思ったとうりで、よりのびのびした音になった。どこにも引っかかっていない感じ。中高音では今までで最高の音になった。 ヒュージョンののびのびした感じも、クラシックの弦の滑らかな [続きを読む]
  • 無帰還アンプ凄し!(SICショットキーダイオードに交換)
  • 整流ダイオードを、SICショットキーダイオードに交換。やはり分解能高く綺麗な音に変貌。かなりレベル高くなった。中高音は我が家で最高レベル。 予想以上の完成度になってきた。使う部品のレベルを極限まで上げた2段構成無帰還アンプの音の凄さを実感。うまく表せないが、音が空間上で変にねじ曲がったり遅れたりしていない感じがする。ストレートでゆがみや滲みがない感じ。ボーカルやピアノに変な滲みもフォーカスの悪さも [続きを読む]
  • LS−55について
  • グランドの引き回しもあれこれいじって、このアンプますます素晴らしい音になってきた。以前使っていた真空管アンプと聞き比べてみたが、音の透明感が全然違う。真空管アンプとは思えないような透明で分解能の高い音だ。ヘッドホンで聞くなら、中低音も分厚くて無帰還とは思えない歯切れよさだ。(低音スピーカーの駆動は厳しいだろうが) KRELLと較べると分解能では負けているが、逆にKRELLは少し荒い感じにすら感じられる。念願 [続きを読む]
  • 2A3 P.P. の改造
  • いろいろ改造中。カソードのパスコンもFineGoldとPPSDのパラで付けたし、電源のコンデンサーが足りていない様だったので追加した。初段の電源も抵抗を左右で分離した。このアンプ、部品にはすごく凝っているが、配線はあまり良い状態ではないようだ。ヒーター(AC点火)の配線がよっていなかったり、ACのラインとDCのラインがインシュロックで縛られていたり、無駄に長い配線が有ったりで、ちょっと残念な感じだったので、分離する [続きを読む]
  • 2段にしてみたが、十分なゲインだ。
  • 試しに76を1段にして鳴らしてみたが、問題ないゲインだ。音もすごく良くなった。濁りが減って凄くきれいな音になってきた。Dレンジ、Fレンジは申し分ない。もう少し分解能が上がれば最高だ。もう少し手を入れれば、中高音用アンプとしては最高になると思う。まだカソードのパスコンははずしたままで入れてないし、電源も何もいじっていない。ダイオードもショットキーにしたいし、コンデンサーも増やしたいし、初段の電源にもチ [続きを読む]
  • 2A3 P.P. の音質
  • 一言で言ってしまうとまだまだの音。KRELLと聞き比べると(超無謀だが)分解能やセパレーションが全然足りないし、もたつき感もある。おそらく電源が非力なんだと思う。コンデンサの容量も足りないと思うし、左右で同じところから電源を引いているので、セパレーションは絶望的だと思う。それとハム音が結構ある。まずそれを解決しないとね。だが、素質の良さは感じる。音が刺激的でなくきれいな感じだ。安物部品だとどこか刺激的 [続きを読む]
  • この部品は何かねー?
  • 見知らぬ真空管アンプを買う楽しみの一つは、どんな部品が使ってあるかを知る楽しみでもある。知らない物が多かったが、調べて分かったのは、カソードのカップリングコンデンサーは、SPRAGUEのベル型銀タンタル と言うものだね。すでにお亡くなりになっているが。これ情報が少ないが良い物らしい。値段もびっくり。  カソード抵抗はDALEのRH-25ボリュームは、Allen Bradley Type J Mono TrimmerBLOCKコンは、Mallory の FP 特 [続きを読む]
  • 2A3 P.P. アンプ届いた。
  • かなりきれいだ。良かった。TAMURAのトランスは全て新品の様にきれいだし、テスターで調べたが断線や変なショートも無いようだ。UTCのトランスは保護のためにビニールで覆われていて、かなりこだわりを感じる。(なので買ったのだが)配線もかなり手慣れた方の作のようで、線材も良さそうなものが使われている感じ。電源のコンデンサーはUSA製のフィルムタイプの様だ。真空管も問題なさそうだ。(多分) 一安心。回路は3極管(7 [続きを読む]
  • 最近、オーディオ絶不調。
  • 最近、オーディオ絶不調だったので、何とか打破しようと思ってオークション見ていたら、気になる真空管アンプが有って、遊んでいるうちに落札してしまった。このアンプ、見た目は普通だが、出力トランスがUTCのLS-55、段間トランスがTAMURAのA351、出力管がRCAの軍用2A3など気になる部品が使われている。いつものように鳴るかどうかはわからないが、多分大丈夫だろう??LS-55は最高の誉れが高い出力トランスで、お店では15万円 [続きを読む]
  • 久しぶりにオーディオを聞いてみた
  • 久しぶりにオーディオを聞いてみたが、なかなか良い音じゃなー。スケールがでかくて空間の立体感がすごいし、アタックも鋭いし、色々な細かい音が聞こえるし、かといって全くうるさくないし、今まで聞いてきた中でダントツ凄いと思う。だが、難点を探すならもう少し繊細さもほしいな。クラシックの滑らかさが今一歩かなという気がする。さーて、こんどはどこをいじろうか。。。 [続きを読む]
  • KBLの電源コネクタ
  • とりあえず、電源ユニットの出力電圧を調べた。どうやら電源はゼナーダイオードとパワートランジスタだけのシンプルな物のようだ。    1N5369 と1N5360  F15030 と F15031本体側の放熱器に付いたパワートランジスタも同じだった。  [続きを読む]
  • KBLの電源
  • KBLの電源ユニットと本体の電源部の写真。Webで調べたら、電源ユニット内に2段のレギュレーターが入っており、さらに本体の基板上に1段のレギュレーターが入っているそうだ。 ±77V ---> ±58V ---> ±48V ---> 本体へ ---> ±44Vと降圧しているそうだ。実機を測ったら、±49Vくらいの電圧が本体の基板上に来ていたので、記事の内容と合っている。本体に来ているのは、それだけなのか?こんな昔から多段レギュレー [続きを読む]
  • 名プリアンプ: KRELL KBL を入手
  • プリアンプ: KRELL KBL を入手。(写真には写っていないが電源ユニットが別にある)KRELL 中期のプリアンプの中で最も人気があり良いと言われるプリアンプ。 『KBL』 とは、KRELL BALANCED LINEの略。KRELLファンとしてはこれ以外には考えられない感じだ。オークションで動作未確認のものが安く出ていたので、一か八か修理覚悟で入手してみた。意外なことに何事も無く動作してくれたし、ボリュームも高そうなアッテネーターで [続きを読む]
  • プリアンプは高度な双方向ノイズフィルター か?
  • セパレートアンプを使う真のオーディオマニアの皆様は、必ずプリアンプを使わないと音が整わないとおっしゃる。私の様なデジタルなオーディオマニアは機能的に無くてもよい物は取ってしまえと考えがちなのだが、最近思っているのは、パワーアンプという究極のノイズ発生源たるアナログ機材に、繊細なデジタル機器であるDACの出力を直接繋ぐのはいかがなものかと思うようになってきた。という考えに至ったのは、デジタル系でもノイ [続きを読む]
  • デジタル信号を送っているアナログ信号のS/N比
  • しばらく仕事が忙しくてオーディオから遠ざかっていたので、久しぶりに聞くオーディオの音が凄く新鮮。この新鮮な感じは悪くない。やっぱり毎日のように聞いていると耳がマヒして来るのかな?仕事しながらもデジタル回路の音質悪化の事を考えていたけど、やっぱり下の図がキーポイントだなと思った。この図はメモリーの事を考えたけど、同じことがSPDIFなどのデジタル信号波形でも起きていて、デジタル的にはどちらも何の問題もな [続きを読む]
  • X350 vs FPB350M の続き
  • DACの電源を改良して、アンプの音の聞こえ方が変わったので再度ヘッドホンで比較してみた。かなり差が無くなってきたなー。X350はFETだからだと思うけど、中高域のきれいさが際立つ。FPB350Mはモノラルだからだろうが、セパレーションが凄く良い。FPB350Mの方が少し重心が低くダイナミックな感じだが、それ以外はかなり差がなくなってきた。項目X350FPB350M低域の豊かさ◎◎低域の歯切れよさ、充実感◎◎中低域の豊かさ [続きを読む]
  • あれこれ改善
  • ふと気になって、ドライバーへの配線をマグネットから離してみた。効果の程は分からなかったが、超強力な磁界の近くに配線を通してはいけないよね。 今のシステム全景。アンプが巨大だが十分価値が有った。パーカッションも弦もプラスもイケてるし、2WAYとは思えない綺麗な高音が出てると思うな。ツイーターは要らないね。 我が家のオーディオルームはいわゆるオーディオマニアの方々から見 [続きを読む]