ii.sora さん プロフィール

  •  
ii.soraさん: 青い鳥ことり 今日のあしあと
ハンドル名ii.sora さん
ブログタイトル青い鳥ことり 今日のあしあと
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/the-blue-bird303
サイト紹介文写真で綴るマメルリハの“そら”と私の日々。娘の自立、母の独居…ゆるりと行こう50代。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/01/19 13:43

ii.sora さんのブログ記事

  • 花束の時
  • 別れのシーズン・・・帰り道の電車で 花束を持った学生やサラリーマンを見かけます。 お花はいいね いい匂いだし・・・おいしいもんね よくよく食べられるお花を吟味してね*今や小学校でも 袴姿の卒業生が増えているんだそうな。長い裾仕様になっていない体育館の階段や ひな壇や シートに、着慣れない子供が転びやしないか、先生はハラハラなんだとか。別れを惜しむ最後の時に、ステ〜ンといったら悲しいもんね。大人なら [続きを読む]
  • こだわり
  • 「ちょっとそこまで出かけるときに ちょうどいいバッグ」という母の指令をうけいつものごとく行き当たりばったりで トートバッグを作成。 うちにある材料を確認財布を生地の上において、定規で線引っ張って… 適当ソーイング。 こんな感じに仕上がりました。 内側が暗いと物が探せないと言うので明るくね。母は、持ち手は短くと言ってたけど、転んだ時困るから肩にかけられる長さにしました。*私がトートバッグとつくるとき [続きを読む]
  • 愛すべき二人
  • そらは ふたを開けられないけど赤さんは開けられる。 そらは二本足で走るけど 赤さんは 4本足が得意そらは「いい子」と言えるけど、赤さんは言えなくて、赤さんは本をかじらなくなったけど、そらは相変わらずかじる。二人ともバナナと母さんが大好きで、二人とも鼻を拭かれるのがきらい。愛すべき二人 ・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • 安心の目安
  •  ねえねえ 輪っかの外は安全?目を患ってから、広いところで遊ぶのが不安な そら。新聞の上とか、フラフープの中とか、どこか目安になるものがあると安心みたい。*さてさて、いよいようちの娘と同じころ出産したお母さんたちの間では「職場復帰したいが、保育園落ちた」が現実問題となっています。もう一年待ってという手もあるけど、職が途切れればリスクは大きい。認可保育園がだめなら 認可外、それもダメなら・・・おばあ [続きを読む]
  • 春に一歩 未来に一歩
  • 三寒四温 節句を過ぎて天候の定まらない日が続きます。とはいえ冷たい風が吹いても、そこここに春の景色。歩きながら目を凝らせば、お日様に向かって背伸びする 青い小さなオオイヌノフグリに出会います。春に一歩!*さてさて、親子揃いのTシャツを着て、中学生の前にならんでご挨拶。港区の「未来の親体験」〜ここから始まる赤ちゃんふれあい事業 の一場面です。 娘も赤さんと参加してきました。もちろんお母さんと赤 [続きを読む]
  • そうは言っても にがーっ 
  • 分かってたんだけどね・・・ そうは言ってもおいしさの欠片くらい感じるんじゃないかと思ったわけよ。 ああ このチョコレートのことカカオ95% 動脈硬化予防に効果があるらしいカカオポリフェノールたっぷり ?非常に苦い って表記たしかに読んだけど、そうは言っても「チョコレートだし」ってどこかで思ってた。 私、甘かったよ。 あ いや、苦かったよ。すっごく(^-^;*そうは言っても、与党の党首で一国の首相、「美し [続きを読む]
  • しみじみ
  • 大きなお雛様を迎えて半世紀とちょっと 小さなお雛様は四半世紀ちょっと毎年この日を祝う、祝うというより 祈る「健やかに 穏やかに」。出して 祈って 片づける。 義務のようになっているこの行事だけれど、今年は なぜかしみじみと思う・・・大満足な子育てではなかったかもしれないけれど、そこそこ山も谷もあったけれど、よく育ってくれたなと。 でも今さら、湧きでるようなこの思いはなんだろう。そう そういえば…去 [続きを読む]
  • 見張り番
  • 桜の名所 弘前城では、渡り鳥のウソが蕾を食べてしまうから鷹匠(たかじょう)を招いての追い払い作戦を計画しているんですって。 実家の梅も ヒヨドリに蕾をつつかれたり花びらに穴をあけられたり気の毒なのだけれど、今年はパタが目を光らせています。*ウソの名は、口笛を意味する古語の「ウソ」がその由来だそう。蕾は食べても、嘘をつくわけではありません。*今や海外メディアも注目する「安倍晋三記念小学校」。首相は「 [続きを読む]
  • 携帯しましょ
  • 「災害大国」日本、防災を身近にという記事がありました。危機的状況の中で生死を分けるのは 水分補給と体温維持なんだって。それから何役もこなすスマホもね。でもバッテリー切れには注意。そこで「命を守る三種の神器」とは、水、保温シート、充電器の3点ですって。私のバッグに入っているのはコレ。3点で340gです。 僕の10倍の重さ水が極小ボトル110mlで少ないのはわかってるけど、重いの苦手なんだもん。もうすぐ東日本震災 [続きを読む]
  • プレミアム
  • 今日は、初のプレミアムフライデー さあ「早く帰ってお金を使おう!」 ・・・政府は知恵をしぼったんだろうけどねぇぇ うまくいくかなあ。お偉いさんたちは、庶民のくらしが見えてんのかなあ。*そういえば先日・・・買い物に誘った娘をふと見ると、お財布を無造作にレジ袋に入れています。いつもの手提げは、赤さんのものでいっぱい…  うぅぅむ。別のを買いに行く暇もないのだろうけれど、節約にも徹しているらしい。仕事 [続きを読む]
  • どれにしようかなぁ
  • そらにとって嬉しい苺の季節。昔と違って種類が豊富で、どれを買おうか迷っちゃう〜よーく吟味して買うんだけれど、そらが気に入るとは限らない。 うーん なんか違う ごめん それ好みじゃないのなんてことになったりもするのです。いずれにしても、自分でアレコレいろんな種類を選べるってのは楽しいね。*それにしても、北朝鮮の 金正恩氏が殺害されて8日になるけれどいまだにどのチャンネルでも、おなじ映像の報道が続いてる [続きを読む]
  • お雛様につぶやく
  • 雪が雨に変わり 春に向かっていく季節「雨水」この季節にお雛様を飾ると 良縁に恵まれる… んだとか。 ぼくの姉さんをよろしく!(*'▽')*お雛様の季節が近づいて、スポーツ界では女性陣の目覚ましい活躍ぶり ジャンプも 水泳も スキーフリースタイルも フィギュアもきらきら輝く彼女たちは素敵です。*さてさて、「女性が輝く社会」を目指す日本。娘の周辺では、育児休暇が終わって仕事復帰したいママたちがいっぱいです [続きを読む]
  • 我が家の男ども
  •  バレンタインのチョコレートが始まったのは、いつのことだったか。たしか、さかのぼること40数年、小学校高学年の頃だった気がする。それ以来すたるどころか、世の中チョコレートは過熱の一途。*さて一方、夫がありがたくも山ほどいただく「義理」チョコの甘さに、さらに上乗せすることもないかと、ずいぶんチョコ作りから遠ざかっていた私。でも、独立した娘たちから届くスイーツの写真に触発されて、久しぶりに・・・ ト [続きを読む]
  • 孫に甘い 婆たち
  • ある会合で、たまたま昨年孫の生まれた人たちが数人いらして、孫の話に花が咲き、互いの夫の想像を上回る爺バカぶりに爆笑でした。話のしめくくりは、若い世帯のお話。 見通しのきかない未来経済も教育も怪しい方向に進んでるとしか思えない、婆たちの等しい思い。・・・ああ、そう思うとついつい目の前の孫に何かしたくなる。本やらオモチャやら服やら 食材なんかも ちょこちょこ貢いでしまうのよね。気づけば思わぬ出費にびっ [続きを読む]
  • テーブルに春
  • 昨日の農協は、雪のせいか野菜の陳列棚はスカスカ。そんな中に、ほんの少しふくらみはじめている菜の花が数把。買い求め、家に帰って一度は冷蔵庫にいれたのだけれど・・・思い直してコップに挿しました。 ほらほら咲いたよ黄緑だった葉は刻々と緑濃く、蕾はふくらみ開花して  テーブルに春が来ました。   *テーブルには春、外の空気はどうだろう雪雲が去った空は、白いちぎれ雲が楽しそう。春は待ち遠しいけれど、このピリ [続きを読む]
  • そらの色
  • 今日は強い風が吹き荒れて、寒い一日でした。朝、洗濯物を干し終えて、窓の外をながめていたら、近隣の畑から土ぼこりが舞い上がり、あたりが茶色くけぶるのです。あわてて物干しざおからハンガーをつかみ取り、室内にひっこめました。やれやれ… だけど待てよ この景色、つい最近テレビで見たような? そうだ中国辺り一面 数メートル先がみえないほどの大気汚染 死者も出ているそうな。もしかして朝の土煙にこの汚染がまざっ [続きを読む]
  • 積んだら倒す
  • 近くに行きたい でも・・・赤さんは そらのそばに行きたくてたまりません。だけどねー そら兄さんはガブッと噛むしねえ赤さんは ガチャガチャ触りたいしねえしばらくは、赤さんとそらの間に垣根が必要。小さいテーブルで二人を隔てています。*さてさてトランプさんは、壁の次は入国禁止令。同盟国から、相次いで批判の声があがってますね。そんな中、日本の首相の反応は? 「コメントする立場にない」ですか。いつものねこ [続きを読む]
  • 取り戻したい
  • クロゼットを片付けようと、封印していた写真の引き出しを開けたら懐かしい写真があふれ出て、一向に仕事がすすみません。 娘たちにも懐かしさのおすそ分け写真を送ったら、下の娘からVogueの表紙が返信されてきました。 おお このポージング!そうか 5歳にして目指すところは モデルだったのか?古き良きあのころ、今 夢はかわっても… 私の自慢の娘〜(^_-)-☆*あの頃に戻りたい、あの頃を取り戻したい そう思うことが多 [続きを読む]
  • 年をとる幸せ
  • 毎朝 同じ時間に見上げる空。日に日に早くなる明の刻。 三日でこんなに*店先の広告は、節分の恵方巻を飛び越え 早くもバレンタイン。 新聞にも ほらショコラ*端午の節句のころ生まれた赤さんは ただただ寝ていたあの頃から1年経たないうちに・・・ カーテンにもぐってかくれんぼ*ああ 時の経つのは早い。年とるのも早い!*そして人類絶命を午前0時になぞらえた「世界終末時計」の針も30秒進んで 残り2分半!対話を断 [続きを読む]
  • あっちより こっち
  • 風の強い一日でした。富士山を見に行った葉山の一色海岸では、砂粒が顔にビシビシと当たって痛いくらい。肝心の富士山も、気温が少し高かったせいか、ぼんやり・・・ ご機嫌斜めの原因は?近年、富士山頂周辺に広がっていた永久凍土が激減しているせいかしらん。* GIGAZINE そういえば南極でもひび割れがぐんぐん広がってる海面上昇の恐れもあるとか。地球温暖化のせいでしょうか?*こんな地球の悲鳴も、お国のトップにはまる [続きを読む]
  • 白い季節
  • ここ数日の急な冷え込み。早朝ベランダに出ると、身体がひゃっっとするこの感じ、実は嫌いじゃない。まだ月が明るい空に、白い息をふーっとひとつ。今日は、何をしよう。*だけど、こんなのんきなこと言ってる場合でない雪国のご苦労、さぞかし。どかどかと積もる雪は、父の転勤先の青森で経験したけど、半端じゃなかった。孤立する人や死者まで出る。高齢化の町ではますます。もっとこういう国内の厳しい状況に、税金をかけられな [続きを読む]
  • 前にすすむ
  •  うーむ なるほどこうやって動くのかただいま、じっくりながめて 指のしくみを研究中。脳細胞がぐんぐん増えて、あれもこれも吸収して、ワクワクたのしいね。*それに比べて私。脳細胞はぐんぐん減って、あれもこれも考えるのが少ししんどい。考えても、変わらない変えられない世の中が、ちょっとめんどくさい今日この頃。*アメリカは、どうなるのかな。まくしたて圧力をかけるトランプ氏にメディアがどこまで食い下がるか、見 [続きを読む]
  • 一歩ずつ踏みしめて
  • 気持ちいい青空。冬にしては強い日差しに、そらは日光浴もそこそこに日かげに逃げ込みました。 *いくつかの祝日がハッピーマンデーになってずいぶん経つけど、まだしっくりこない。私の中では成人式は15日なんだけどな。昨日9日は、晴れやかな空で、晴れ着にはもってこいの日になりました。*ちなみに昨年の横浜市の成人式の総額は、26,820,000円だったんだとか。横浜市によれば「大人になることの自覚を促すために開催している [続きを読む]
  • 飲んで 食って 歌へ
  •  昨日の朝ドラに出てきた「先代の書」どこかすれ違う父と息子、舅と婿、母と娘・・・ぎこちない関係の家族も、おじいちゃんの残したこの言葉で仲直り。それぞれに思いがあって、価値観も違って、すれ違いもおこるけど、互いを受け入れて、危なっかしくても次代を尊重して、未来を託す… そんな ちょっとホロリとする場面でした。*さてさて、お正月気分も抜けて通常に戻りつつありますね。我が家も、私の読む紙面の上でそらがオ [続きを読む]
  • 鳥の暮らし
  • いよいよ酉年 ボクの年誰がどんな活躍をするのかな。鳥たちの暮らしは穏やかに続くだろうか。* 久しぶりに恩田川を散歩したら見たことのない光景が・・・ ユリカモメがたくさん海から30キロ近く離れているのに、渡りの途中でしょうか?皇居あたりでは、街灯にとまるカモメも目にするけれど、恩田川では初めて見ました。*野鳥たちも、人の生み出す大気汚染やゴミ、インフルエンザなどなど生命の危機と隣り合わせ。のんびり暮 [続きを読む]