shidekubo さん プロフィール

  •  
shidekuboさん: Corvidae and Team Garden Birds
ハンドル名shidekubo さん
ブログタイトルCorvidae and Team Garden Birds
ブログURLhttp://shidekubo.blog108.fc2.com/
サイト紹介文カラス科の鳥やイギリスのワイルドライフ&ティットとマネージャーの日本再発見ライフを写真で紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2010/01/22 21:38

shidekubo さんのブログ記事

  • パフィット 日本の国鳥に遭遇
  • こんにちは わたしパフィットロビットでもホビットでもガネットでもティットでもないPuffin(パフィン=ニシツノメドリ)のパフィット どうぞよろしくみなさん お静かに わたし今身をひそめているのこの前 あばずれネコさくらちゃんのお家に行った時にNHKの ”ダーウィンが来た” と言う番組で見たのよ日本の国鳥のキジ 繁殖期に赤い色を見ると攻撃的になるって郵便配達の人がキジに追いかけられたリ つつかれたりしてい [続きを読む]
  • ティット 鉄道の旅を堪能
  • (前記事より 長瀞続き)おや あんなところを船が下っていくよこれが日本式のラフティングか! 木の船で急流を下るなんてスリル満点だ!川原の岩の模様よく見ると色がビミョーに違うんだね桜はあまり見れなかった・・・・・と思ったら長瀞の駅のプラットホームに咲いていたよこれから秩父線の電車に乗って熊谷方面へ すると・・・・・ちょっと待って 途中の寄居駅にこんな電車が止まっているここは東武東上線のプラットホーム [続きを読む]
  • ティット 撮り鉄 になる
  • こんにちは ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもないBlue Tit(アオガラ)のティット どうぞよろしく今日は Puffin(パフィン=ニシツノメドリ)のパフィットちゃんと一緒に岩畳で有名な埼玉県の長瀞までやってきました〜おや あんなところに鉄橋があるぞ 週末にはSLが走るんだって!そうだ ぼくは ”鳥”鉄・・・・・じゃなくて ”撮り”鉄になるぞ汽笛が聞こえたと思ったら もうやって来た!カヌーやっ [続きを読む]
  • ギリギリ間に合った
  • こんにちは ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもないBlue Tit(アオガラ)のティット どうぞよろしくPuffin(パフィン=ニシツノメドリ)のパフィットちゃんとさくらデート あ〜 もう散り始めているな 今回はどこへ行ったかというと日本さくら名所百選にも選ばれたという 熊谷桜堤にやってきました〜うわ〜 菜の花と桜がずう〜っと続いている! ギリギリ間に合ったね 記念撮影しようはいチーズ・・・・・ [続きを読む]
  • さくらデート
  • こんにちは パフィットちゃん この前はあばずれネコさくらちゃんの大歓迎を受けて大変だったね今日は新宿御苑で ネコじゃなくて本物のさくらを見せてあげるよおや これはさくらカラスさんだねここには さくらカイツブリさんさくらシジュウカラさんにさくらヒヨドリさんあれ〜 さくらから外れちゃったシロハラさんさくらカワセミさんもいるよそしてさくらパフィットちゃん一緒に記念撮影しよう さくらパフィットちゃん &  [続きを読む]
  • ティットさんの言う通りだったわ
  • さくらちゃん 初めまして わたしパフィットロビットでもホビットでもガネットでもティットでもないPuffin(パフィン〜ニシツノメドリ)のパフィットどうぞよろ・・・・・・・しく・・・・・ あ゛〜っ なにすんねん!ネズミじゃないのよ(色と大きさがいつも遊んでいるネズミのネコじゃらしに似ている)う〜 何だかよくわからないけど さくらちゃん今はテンションマックスみたいティットさんの言う通りだったわ あばずれ [続きを読む]
  • ダーウィンが持っていた化石だったらすごいんだけどな〜
  • (前記事より シュルーズベリー ダーウィンガーデンツアー続き) ツアー当時 ワイルドライフトラストに購入される前もバックガーデンはきちんと管理されていましたお庭で堆肥を作るスペースもあります植物のほかにも紙類なんかも入れてありますね入れてからだいぶ時間が経ったもの ちょっと開けて見せてもらいました だいぶ分解されていますこんなお庭からセヴァーン川やシュルーズベリーの町を眺めながらダーウィンは暮らし [続きを読む]
  • Thinking Path こんなところで遊んでいたのね
  • (前記事 シュルーズベリー ダーウィンガーデンツアー続き)それじゃあダーウィンがいつも遊んでいたところへ行ってみましょうよって 連れていかれたのが・・・・・セヴァーン川に面した斜面を下る道 ダーウィンは毎日朝食の前に30分ほどガーデンを歩くことを習慣づけられていた そのことが結婚後ロンドンから移り住んだケント州の Downe House に隣接する林に作った砂利を敷いた小径 Sandwalk が 日々のウォーキングや [続きを読む]
  • チャールズが一番スリムかも
  • シュルーズベリーまではバーミンガム・ニューストリート駅から直通電車で1時間前後 駅があまりにも立派なので(◎_◎;)した記憶が何でもチューダー様式に似せたスタイルで 向かいにあるシュルーズベリー図書館を引き立たせるねらいもあったのだとかこの図書館 以前はShrewsbury School という学校で”種の起源” の著者 チャールズ・ダーウィンも通っていた!チューダー様式というと普通頭に浮かぶのはこういった白黒の建物で [続きを読む]
  • 橋がいっぱい シュルーズベリー
  • 地図でシュルーズベリーの中心部を見ると セヴァーン川にほぼ取り囲まれちゃっているように見える一番くびれているところなんて260m前後くらいしかないのでは??? ほぼ島かもそんな町だから橋がたくさんあるというか ないと困っちゃう地図に番号書いたので 順番にどんな橋があるのか見てみましょう1番 English Bridge橋の上はこんな感じ 駅の方から歩いてきたところ正面 奥の方の茶色っぽく見えるのがシュルーズベ [続きを読む]
  • 一緒に歌ってください
  • (^^♪ は〜るの うらぁらぁの せぇヴぁんが〜わ〜 (セヴァーン川)♪(滝廉太郎の ”花” のメロディーで) ? の〜ぼり くだ〜り〜の さ〜ぶりなごう (サブリナ号)??? と〜りの つがいも ?♪ が〜でんも ??? な〜がめ〜を な〜に〜に た〜と〜うべき〜?続いて2番 (^^♪ み〜ずや ごろ〜にゃぁん ど〜ろ〜あびて〜 (見ずや ゴロニャーン泥浴びて)? ?? わ〜れに もの〜いう (物言う) [続きを読む]
  • Grand View シュルーズベリー
  • アイアンブリッジからセヴァーン川をさらに上流に遡るとシュルーズベリー駅にたどり着く何とこの駅のプラットホームは川の上!右にカメラを振ればシュロップシャー州が一望できる遥か彼方にはナポレオン戦争でフランス軍の敗北を決定づけたワーテルローの戦いで活躍したウェリントン将軍が最も信頼していたシュロップシャー出身のローランド・ヒル中将を記念して建てられた円柱(高さ 40.7m)が見えますまたバーミンガム方面 [続きを読む]
  • セヴァーン川つながりで
  • いきなり冬景色に戻ってスミマセン前記事 ウスターを流れるセヴァーン川を遡ると世界遺産にたどり着くことができる!その名は アイアンブリッジ世界初の鉄橋だって!なにも雪の日に行かなくてもいいのにこの時は出かけなければならない用事があって立ち寄っただけで 悪天候ということもあり写真撮影だけして退散という状況でした にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • セヴァーン川から眺めるウスター大聖堂もきれいですよ
  • (前記事 ウスター続き)タルト食べて満足 ウスター市内を流れるセヴァーン川橋を渡って対岸へやってきました でもここにたどり着いた時には曇っちゃって本当にイギリスのお天気は1日のうちにころころと変わるからね〜ところでこの River Severn〜セヴァーン川 はイギリスで一番長い川なんですって全長354km ウェールズ〜イングランドを経てブリストル海峡に注ぐちなみにロンドンを流れる River Thames〜テムズ川は2 [続きを読む]
  • ミルクティーを飲みながら書きました
  • (前記事 ウスター続き)ようこそ Museum of Royal Worcester へこんな鳥さん イギリスで見たことないわ食いしん坊のマネージャーさんこれならわかる ゴジュウカラさんでしょ それから奥の方にシジュウカラさんチャフィンチさんにベニバラウソさん あっ ロビンちゃんもチラッと見えるお探しのものはこれ?いいえ違います でもみんなとってもカワイイ シンブルわかった 探しているのはあれねハクチョウさんもきれいそれな [続きを読む]
  • 何がすごかったかというと
  • (前記事 ウスター続き)”ウスター大聖堂にはジョン王のお墓がある” と教えてくれたマネージャーの知り合いのイギリス人ジョン王のファンだったのかしら?ジョン王って何をした人? っていうくらいイギリスの歴史の知識がないマネージャーマグナカルタを制定した人 じゃあやっぱりすごい王様なんだ・・・・・まあ マネージャーはどうしてマグナカルタができたのか とかジョン王がどんな王様だったのかよく知らなかったのねB [続きを読む]
  • ウスターのハヤブサ
  • 3月7日から紹介している 過去に訪れたイギリス ウスターさて この写真をよく見てください・・・・・って また視力検査?!こちらは前記事のウスター大聖堂のタワーの上から見えたSt. Andrew's Spire(またはGlover's Needle)2009年 ハヤブサのペアが巣を作った市はウェブカメラを設置してインターネットで配信多くの人が子育ての様子を見守っていたそうです4羽の雛が孵り Charlie Bobbin Potter Tinker と名付け [続きを読む]
  • Climb the Tower ウスター大聖堂
  • (前記事 続き)こんにちは わたしパフィット ロビットでもホビットでもガネットでもティットでもないPuffin(ニシツノメドリ)のパフィット どうぞよろしくマネージャーと1回限りのイギリス女子旅の記録の続きよウスター大聖堂の前に紹介していたリッチフィールド大聖堂でタワーに登ることができなかったマネージャー今度はどうしても登りたいって聞かないのよ(2017年のスケジュールはこちらでご確認を⇒ Climb the T [続きを読む]
  • ”すごいから行ってみなさい”って言われて
  • 前記事の続きよ ハヤブサさんが留まっていた建物の名前は ウスターソース大聖堂・・・・・じゃなくて ウスターソーサラー大聖堂・・・・・おいおい ちゃんと発音しろウスター大聖堂でしょ!はい 大変失礼いたしましたバーミンガムから電車で1時間ほどマネージャーの知り合いのイギリス人に薦められて訪れたというわけすると 再びマネージャーの野性的な目が何かをとらえた今度は何? この中に何かがいるって おいおい  [続きを読む]
  • 視力検査
  • こんにちは わたしパフィット ロビットでもホビットでもガネットでもティットでもないPuffin(ニシツノメドリ) のパフィット どうぞよろしく実はマネージャーがまだイギリスにいた時に 1度だけ一緒にお出かけしたことがあるのいつも一緒に女子旅をしていたロビットちゃんが壊れちゃって(マネージャーが落とした) 代理で急きょ出動したというわけ ここからはその時の画像を使って今までこのブログに一度も登場したことの [続きを読む]
  • 彫刻がすごい
  • (前記事より続き)イギリス リッチフィールド大聖堂西側つまり入り口側にある彫刻がとても美しいんです モデルは中世の君主や 聖人や預言者(神様のお言葉を伝える)時には踏みつけられた生き物とか?女性の姿・・・・・あれっ 壁の中からJackdaw〜ニシコクマルガラスが出てきた!このあたり 外からは見えない所に巣があるみたいですよなんでもそのような美しい彫刻が ひゃくじゅうさん もあるんですって! すごいですね〜 [続きを読む]
  • ストウ・プールで出会った鳥さんたち
  • (前記事続き)再びリッチフィールド市内にあるストウ・プールにやってきました コブハクチョウさん もうちょっとくっつかないと?にならないよ カナダガンさんたちもたくさんいます前記事のセント・メアリー教会の尖塔もプールの南方向に見えますよ屋根の上にはカモメさんが並んでいますねモリバトさんやオオバンさんもいます 上の写真を撮影した時は冬でしたが春になるとこのプールに巣を作ってリッチフィールド大聖堂を眺めな [続きを読む]