f さん プロフィール

  •  
fさん: どうしても漫画を買ってしまうわけだが
ハンドル名f さん
ブログタイトルどうしても漫画を買ってしまうわけだが
ブログURLhttp://nethon.seesaa.net
サイト紹介文BLコミック、TLコミック、その他お気に入り漫画などの感想、レビュー
自由文主にティーンズラブ、ボーイズラブの電子書籍化コミックスなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/01/24 10:28

f さんのブログ記事

  • BLコミック「星だけが知っている」
  • 星だけが知っている>>バイト先はつぶれ、彼女には振られ、落ち込むそらがぼんやり歩いてたどり着いた先には、先客がいて・・・・ほんとに偶然からそらが出会った、星を見る男性。ロマンチックですねえ〜(笑)その後偶然にも入ったカフェの店長だと分かって再び再会するんですが、確かに偶然が重なってるんですがご都合主義な感じがしないんですね。なんだか全体の雰囲気がさらさらと流れていく日常、その中にも驚きや悲しみや喜び [続きを読む]
  • TL「片思いリミテッド」
  • 片思いリミテッド久々ティーンズラブ、日生佑稀さんです。めっちゃかわいい>>姉の後輩で家庭教師をしてくれている海老沢に恋をしてしまったみひろ。大学に合格したら気持ちを聞いてほしいとお願いするも・・・・・まるまる3編、このカップルのお話です。大学には合格したけれど、みひろは海老沢の姉への気持ちに気付いてしまって・・・・というストーリー。ちょっとじれじれな部分あり、胸きゅんあり、かわいさも満載ですねー。海 [続きを読む]
  • BL小説「家政夫とパパ」
  • 家政夫とパパ子育てもの、家政夫ものです。安定のジャンルですね。大抵、子どもが可愛いことになってますが、これも例にもれず子どもがカワイイ、甘々仕様になってます。>>家政夫として働く千尋。紹介された次の勤務先へと出向くと、それは高校時代密かに想っていた昴の家であり、しかも彼はシングルファーザーで人気漫画家になっていた・・・・同級生再会ものでもあるわけです。千尋は高校時代、ひそかに思ってはいたものの、それ [続きを読む]
  • BL小説「法医学者と刑事の本音」
  • 愁堂れな「法医学者と刑事の本音」「法医学者と刑事の相性」の続編です。1の記事はこちら→BL愁堂れな「法医学者と刑事の相性」1巻で出会った、美貌だけど中身は男前な法医学者、冬城と、「もさいおっさん」刑事、江夏のコンビ。1巻は、事件そのものが結構複雑で、重い事件を追いながら二人の距離が次第に・・・という感じでした。2巻はやっぱり事件が起き、二人はそれを解決すべく協力するのですが、1巻に比べると事件よりも [続きを読む]
  • 「ホームレスサラリーマン3」
  • ホームレスサラリーマン3今市子さん「ホームレスサラリーマン」の3巻。1巻の記事はこちら→今市子BL「ホームレスサラリーマン」ガミさんの意外な、複雑すぎる事情が衝撃だった第2巻。しかし、とうとうゴッキーとは晴れて恋人同士にこれはもう、すんなり両想いでめでたしめでたし、か?・・・・・とはいかなかった、第3巻でした。第3巻、冒頭の第11話、のっけからなぜか「あけぼの荘」に下着姿の丸刈り小僧が。誰かが酔ってお [続きを読む]
  • In These Words3
  • In These Words3美しい絵とサイコミステリーな内容で衝撃だった「In These Words」の3巻。長らく待ちましたね〜〓前回記事はこちらIn These Words2In These Words以下、まだ1、2巻あたりを読んでない方はネタバレしますので注意です。1〜2巻で、殺人鬼篠原に捕らえられちゃった浅野先生・・・・、のはずが、2巻途中から話は数か月前にさかのぼり、、、プロファイリングで警察に協力している浅野先生、そしてその横で刑事さん [続きを読む]
  • 鈴木ツタ「BARBARITIES」
  • 鈴木ツタ「BARBARITIES」>>とある異国のお話。子爵のアダムはモンタギュー司法卿の警護の任務に就くことに。が、その甥だというジョエルとパーティーで出会うが・・・・架空の国が舞台ですが、西洋中世な世界観です。アダムはとにかく美貌ゆえに(それとも性格?)老若男女問わずだれでもOKな、なんというか、プレイボーイ?博愛主義?要するに美しくチャラい男(笑)このアダムのあっけらかんとしたキャラが面白いです。鈴木ツタ [続きを読む]
  • BL「アヒルの王子様」
  • 風緒「アヒルの王子様」前回の風緒さんの作品がちょっと切なくて絵も好きだったので。今回は明るめのお話で、2CP入ってます。前回の記事はこちら→BL「これはきっと夢の中のキス」□「アヒルの王子様」>>小学生時はクラスの中心的存在だった亮介。しかし現在は地味なサラリーマン。そこへ、本社から出向してきたという小学校の同級生、穣と会社でばったり。チビデブで地味な存在だった穣は今やエリートイケメンで・・・・トイレの [続きを読む]
  • BL「僕らの食卓」
  • 三田織「僕らの食卓」>>会社員の豊は、公園で昼食のおにぎりを食べようとしたところを、稔と種という兄弟と出会い・・・・絵柄がいいですなんだかすごく心惹かれる絵柄です。そしてストーリーのほうも絵柄を裏切ることなく、ほのぼのとしながらもそれぞれが自分と向き合い乗り越えていく、癒し系ストーリーになってました。眼鏡男子な豊は、真面目そうで人もよさそうなのに、なぜか孤独な感じです。そこへ現れるにぎやかな種(弟) [続きを読む]
  • BL小説「猫屋敷先生と縁側の編集者」
  • 砂原糖子「猫屋敷先生と縁側の編集者」猫屋敷に惹かれて購入(笑)>>ファッション誌から突然文芸誌に異動になった編集の晶川。超人気作家の本屋敷の担当になるが・・・・クウォーターである晶川は、華やかな見た目に反して、中身は真面目。新しく担当になった作家の本屋敷は、古い日本家屋でたくさんの猫と一緒に暮らしている俺様作家。年下なんだけど不遜な態度で、猫と寝てばかりで原稿は全く書こうとしない。ところが偶然からゲ [続きを読む]
  • 「憎らしい彼 美しい彼2」
  • 凪良ゆう「憎らしい彼 美しい彼2」凪良ゆうさん作、「美しい彼」の続編です。前回の記事はこちら→BL凪良ゆう「美しい彼」1作目を読まないと二人の関係がよくわかりませんので1作目から読むことをお勧めします。晴れて恋人同士となり、同棲までするようになった二人。一見順調のようですが、平良は相変わらずキモウザワールド全開で、清居をキングとあがめ追っかけもやめない。同棲までしてる彼氏なのに、帽子に眼鏡にサングラ [続きを読む]
  • BL凪良ゆう「美しい彼」
  • 凪良ゆう「美しい彼」>>吃音があるため無口で暗い子ども時代を送る平良。高校になり、クラス最底辺としてパシリにされるようになるが、しかしそこには清居がいた・・・・一目で清居に恋した平良。彼を心の中でキングとあがめ、彼のためならパシリだろうが理不尽だろうが厭わない。清居からもらった小銭を「宝物」としてガラス瓶に飾り、たとえ彼が周囲から総スカンを食おうとも自分だけは最後の一平卒として彼のために献身する覚悟 [続きを読む]
  • BL「ねこねこダーリン」3
  • ねこねこダーリン3猫になっちゃう男子が可愛すぎる〓「ねこねこダーリン」シリーズ3巻目です。丸ごと次男の紗以ちゃんのお話になってます。前回の記事はこちら→BL「ねこねこダーリン2」いろいろ誤解もとけて晴れて両想いの二人・・・・のはずですが、紗以ちゃんツンデレですからねその先に、進みたいけど進めない、紗以ちゃん。善治のほうは直球で家へと誘いまくりますが(笑)なんかプライド?が邪魔する的な?なかなか素直に [続きを読む]
  • BL丹下道「恋するインテリジェンス3」
  • 丹下道「恋するインテリジェンス3」「恋するインテリジェンス」、3巻読みました。前回の記事はこちら→「恋するインテリジェンス2」とにかくいろんな意味で感心した1,2巻でした。3巻もエロバカな感じは健在なようですね・・・。□「恋するインテリジェンスclass:rookie 001.5」2巻でお目見えしていた武笠×深津のお話。前回はほんとにさわりだけ、なかんじだったので、どうなったのでしょう・・・。なんと、あの美人の深津さ [続きを読む]
  • BL愁堂れな「法医学者と刑事の相性」
  • 愁堂れな「法医学者と刑事の相性」はっきり言います。表紙買いです。でも面白かったです>>大学の准教授で監察医の冬城のもとに脅迫状が届く。その捜査に訪れた刑事、江夏。そこへ自殺と思われる遺体を司法解剖することになり・・・・はっとするほど美しく(イラスト参照)、遺体の司法解剖においてはカリスマ的な仕事ぶりの准教授、冬城、32歳。ところがこの冬城さん、パーフェクトなクールビューティーかと思いきや、口調は荒い [続きを読む]
  • ティーンズラブ「このまま」
  • 若菜光流「このまま」若菜光流さんの「ユウキとナオ」シリーズがかわいかったので、さらに可愛そうなこっちも読んでみた。「ユウキとナオ」の記事はこちら→TL「ユウキとナオ」若菜光流>>手芸屋でバイトをしている、ジュエリーデザイナー志望のやよい。ビーズを熱心に見ている常連の金田さんに声をかけたけれども・・・・ビーズアクセサリーをモチーフにしたお話です。おお、ビーズ私も一時凝りましたねえ。不器用なんでドヘタでし [続きを読む]
  • ファンタジーBL小説「闇と光の旋律」
  • 深月ハルカ「闇と光の旋律」>>不可解な失踪事件が相次ぐなか、高校生の馨玉はその失踪者と思われる奇怪な集団に襲われる。そこに現れた虎山から、馨玉は体の中から剣を取り出され・・・・・一応現代設定なんですが、人間を魔族化させるウイルスが人知れず蔓延し、じつは秘密裏に教会はそれに立ち向かってきた・・・・という世界観です。ここで言う魔族って、ひとことで言えばゾンビっぽいですね。で、それを捜索して討伐する異端捜 [続きを読む]
  • BL「快感シェアリング」
  • 快感シェアリング−(株)愛愛玩具営業部−日向唯稀さんの「Bloody Life」に爆笑したので、他の作品もちょっと読んでみた。前回の記事はこちら→BL小説「Bloody Life」>>大手樹脂会社の営業マンの小暮は上司のセクハラに合い退職。が、その時であった天宮に誘われるままに転職した「愛愛玩具」なる会社は・・・・・表の会社として子供向け玩具を売る「ラブラブトーイ」。が、裏に回ればなんと、大人のおもちゃ会社「愛愛玩具」(読 [続きを読む]
  • BL稲荷家房之介「玻璃の花」第2巻
  • 稲荷家房之介「玻璃の花 紅蓮の章」蘆屋道満(鬼の子設定)と東宮の隠された双子の片割れの、壮大なる歴史ロマンBL、第二巻です。1巻目の記事はこちら→BL稲荷家房之介「瑠璃の花 雪花の章」1巻では若干、ついていけなかったわたくしめでしたが、今回はちゃんと理解できましたよ(えっへん!)それというのも、二人がどうして別れてしまったのか、どうしてスイがそんなん酷いことになっちゃってるのか、イツがどうして蘆屋道満 [続きを読む]
  • 十二支色恋草子2
  • 十二支色恋草子十二支神使たちのお休みどころを舞台に、宮司の正隆とにゃんこ憑きのコタロウカップルの可愛いお話、「十二支色恋草子」の2巻です。前回の記事はこちら→BL「十二支色恋草子」1巻は二人の出会いと猫とネズミを巡るあれこれが主軸になってましたて、一応決着を見たのでこれで終わりかと思ったらシリーズ化されてましたねー。2巻は二人のラブ度がアップして、ひじょーに甘い、そしてエロい第2巻になってました。シ [続きを読む]
  • BL小説「フェア・プレイ」
  • ジョシュ・ラニヨン「フェア・プレイ」海外ゲイ小説の翻訳シリーズ、モノクローム・ロマンスの「フェア・ゲーム」の続編が出ていたので。ミステリ×BLで、どっちも好きな私にはたまりませんでしたね〜前回の記事はこちら→BL小説「フェア・ゲーム」今度は、前作から半年ほどたったあたり、ということで、前回の事件の続きではないので単独でも読めないことはないかもしれませんが、前作の事件の影もちらちら出てくるし、二人の関係 [続きを読む]
  • BL小説「Bloody Life」
  • 日向唯稀「Bloody Life」これは、笑わずには読めない一応、人狼ものなのですが・・・・・こんな可愛らしい人狼ははじめてみましたよ>>吸血鬼と人狼のハーフ、雅斗は満月の夜には獣化する。が、その姿は・・・・ネタバレしたら楽しくないんでここで終わり(笑)予想を超えて可愛らしいんですしかし、満月の夜に獣化して吸血しようと(吸血鬼と人狼のハーフなので血を吸うんですね、一応)ウサギを追いかけていたらドジって大事な犬 [続きを読む]
  • TL「骨まで愛して溺愛先生」
  • 骨まで愛して溺愛先生駒田ハチさん作ティーンズラブ短編集。明るいコメディタッチでした。□「骨まで愛して溺愛先生」>>めばえが勤める病院の若先生、永久保先生はイケメンなのに骨フェチで、骨格模型の「花子」を異常に愛している。が、その花子が壊れてしまい・・・・骨を背負って病院内を歩き、骨相手にラブシーンまで演じる残念なイケメン先生。かっこいいのにこれはイカン〓〓その花子ちゃんが壊れちゃったもんだから、先生は [続きを読む]
  • BL「十二支色恋草子」
  • 十二支色恋草子>>神様にお仕えする動物たち、神徒のお休み処の宮司を務める正隆。そのお休み処にある日、猫憑きのコタロウがコマとともにやってきて・・・・十二支のお話で猫といえば、ネズミに騙されたおかげで十二支に入れずにそれを根に持ってネズミを追いかけまわすようになった・・・・というお話が有名ですね。そんな十二支をモチーフにした「十二支BL」です。十二支の動物たちから猫は嫌われているし猫も嫌っているんですが [続きを読む]
  • 「ホームレスサラリーマン」2
  • ホームレスサラリーマン2今市子さん「ホームレスサラリーマン」の2巻。1巻の記事はこちら→今市子BL「ホームレスサラリーマン」長森部長の仕事斡旋を蹴って、失踪してしまったガミさん。携帯はつながらないし、やっぱり長森部長の愛人が嫌だったんじゃないかとか(笑)自殺の恐れもありかとか警察に届けるべきとか、ガミさんの失踪を巡って右往左往な「あけぼの荘」の面々。ガミさん不在の中で、実はこういう人だったんじゃない [続きを読む]