岡地東京投資相談部 さん プロフィール

  •  
岡地東京投資相談部さん: 商品先物取引「切り札をさがせ」
ハンドル名岡地東京投資相談部 さん
ブログタイトル商品先物取引「切り札をさがせ」
ブログURLhttps://okachi5.blogspot.com/
サイト紹介文商品先物大手、岡地東京投資相談部社員のブログ。日々、相場に関する情報発信をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2010/01/25 10:05

岡地東京投資相談部 さんのブログ記事

  • 白金 下げ止まらず
  • 【NY白金 日足】値崩れ以外の何物でもありません。「落ちてくるナイフは掴むな」の格言どおり底打ちするまで下げは止まりません。そもそも根拠なき上昇だったため、メッキが剥がれた状態。更に「金」が下がれば・・・。【東京白金 日足】 値頃買いの動きはありますが、それ以上に高値の因果玉がまた引かされて行き泥沼状態。「金」の下落により更なる下落が予想されます。値頃買い禁物。予想レンジは3,455〜3,350円。今後のセ [続きを読む]
  • 金 急落への序章
  • 【NY金 日足】今晩FOMC政策金利発表を控え、高値から本日9営業日目となります。この間の下落要因は米長期金利の上昇。米10年国債利回りで2.05%から2.25%まで上昇しています。北朝鮮の建国記念日前日に頂点となり、その後はインフレ指標の好転から追加利上げ観測が回復したことが一因とみられます。今晩保有資産縮小が決定される見通しですが、それとともにFOMC参加者による金利見通しが注目されます。一目均衡表の基 [続きを読む]
  • 米FOMC 金利見通しは?
  • おはようございます。米株式が8営業日連続高。NYダウは39.45ドル高の22370.80ドル。今晩のFOMCでFRBの保有資産縮小は織り込まれているようですが、肝心なのは今後の金融政策。年内利上げは?金利見通しは?に注目。ドル円は横ばいの111円台で手控え商い。米長期金利は債券整理の動きから債券が売られ上昇。米10年国債利回りは2.25%。今朝の米FEDウォッチでも年内利上げ観測が高まっています。9月1.4%、12月61.2%、3 [続きを読む]
  • NY金 米年内追加利上げ観測急回復
  • 【NY金 日足】NYでは調整入り。一目均衡表基準線も割り込んできて、次の下支えのポイントとなるのは遅行線と実線ローソク足が交わる辺り1,300ドル割れと考えられます。おそらく今回のFOMCでFRB保有資産縮小の決定がされる見通し。先週のインフレ指標も好調な物価上昇ペースを示しており年内追加利上げムードが高まると見られます。アヤ戻しを入れながらの下降を予想しています。予想レンジは1,330〜1,285ドル。【東京 [続きを読む]
  • 米追加利上げ観測再燃
  • おはようございます。米FOMCが今晩、明晩でr開かれます。追加利上げはほぼない予想ですが、FRBの保有資産縮小開始が決定される見通し。2008年に始まった金融緩和が完全に終結し新たなステージとなります。米国および世界経済はこれを受け入れる素地ができているか・・・。世界経済にとっても大きな転換点となります。【今週の予定】9月18日(月)祝日 <国内> 日本市場休場「敬老の日」 [続きを読む]
  • 北朝鮮は日本を挑発
  • おはようございます。朝方、また北朝鮮が日本上空を通過する中距離弾道ミサイルと思われる飛翔体を発射し、北海道襟裳岬沖2,000km付近に落下。この報道で一時109円台まで円高ドル安が進みましたが、もう慣れてきているのか市場の反応は限定的。昨晩の米株式は続伸。NYダウは前日比45.30ドル高の22203.48ドル。米8月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.4%とインフレ指標がぼちぼち伸び始めてきました。ドル円はこれを受けて利上 [続きを読む]
  • 白金 ドル高が重し
  • 【東京白金 日足】相場は完全に調整入りの動き。遅行線は実線ローソク足との交差に向かっています。小反発しても所詮アヤでは・・・?ドル高ランド安もあり動きは軟調。予想レンジは3,500〜3,420円。今後のセミナーは以下の予定です。 10月21日(土) 「外務員の相場展望 Vol.23」 (14日から変更となりました。) 10月28日(土) 上念 司氏 講演決定! さらに平日も開催! 毎週火曜日も初心者向けに個別相談会をおこ [続きを読む]
  • 金 ユーロ安ドル高のなかで水準を維持できるか?
  • 【NY金 日足】NYは9/3におこなわれた北朝鮮の核実験を受けた後の水準を回復できず下回ってきました。今週58万枚まで増加した総取組のなかでは地政学リスクを買った向きも多いはず・・・。北朝鮮問題が解決したとは思いませんが、この緊張状態を継続して買われ続けられるのも限界があると考えています。来週はFOMCが予定されていますが、今朝の米FEDウォッチでは9月利上げはほぼ100%ないものの、12月以降の追加利上げ [続きを読む]
  • ドル 巻き戻し
  • おはようございます。米株式は4日続伸。国際エネルギー機関(IEA)の報告により石油需給の引き締まり観測から原油価格が上昇。これを受けてエネルギー関連株などが買われNYダウは2日連続の最高値更新。NYダウは前日比39.32ドル高の22158.18ドル。ドル円も上昇し110円中盤。米卸売物価指数が前月から反転してプラスとなり、今晩のCPI発表に対してインフレ期待も浮上。米長期金利は債券売りが続く動きと、インフレ率の伸び [続きを読む]
  • とうもろこし USDA単収上方修正
  • 【東京とうもろこし 日足】USDA需給報告大方各社の予想通り単収が上方修正されました。このほか世界需給でも在庫増加。「豊作は売りなし」 の教訓を待つのみ。今後のセミナーは以下の予定です。 10月21日(土) 「外務員の相場展望 Vol.23」 (14日から変更となりました。) 10月28日(土) 上念 司氏 講演決定! さらに平日も開催! 毎週火曜日も初心者向けに個別相談会をおこないます。 また初心者向 [続きを読む]
  • 金 明日の足がポイント
  • 【NY金 日足】昨日、時間外日本の立会い時間中に安値をつけましたが、NY市場で戻りました。東京市場では北朝鮮一色といったムードですが、米国とはかなり温度差を感じます。これも上空をミサイルが飛び交う当事国と、かたや世界の果てとも言える極東の問題で危機意識には大きな差があるのでしょう。北朝鮮に対しての制裁決議案は米国が譲歩した内容と言われ、即発ムードは後退。北朝鮮は決議案の拒否を表明しており、問題が収 [続きを読む]
  • 史上最高のリスクオン
  • おはようございます。国連決議案採択で北朝鮮への警戒感が薄らぎました。ハリケーン「イルマ」も想定よりも被害が少なかったことで米株式が反発、米長期金利上昇で金融株も買われたようです。NYダウは前日比61.49ドル高の22118.86ドル。ドル円は110円台を回復。米長期金利は株を買い債券を売る動きから上昇となり、米10年国債利回りは2.17%。国連決議に対して北朝鮮の反応は“追加制裁決議を拒否”“米国は最大の苦痛を味わうこ [続きを読む]
  • 白金 根拠なき上昇のあと・・・
  • 【東京白金 日足】8月末、北朝鮮弾道ミサイルを受けた上昇から往って来いの水準に迫っています。本来白金需給から乖離した動きであったため、反動も大きくなっているように思われます。遅行線の抵抗帯は6/16安値3,275円から9/4高値3,576円の上昇幅の1/2押しにあたる3,425円を挟んだ3,450〜3,400円にあると考えています。予想レンジは3,520〜3,430円。今後のセミナーは以下の予定です。 10月21日(土) 「外務員の相場展望 Vol [続きを読む]
  • 金 調整避けられず・・・
  • 【NY金 日足】今朝の制裁決議案採決を受け、時間外では下落基調になっています。先週、米債務上限問題、そして本日、北朝鮮制裁決議案が大幅譲歩の内容となり『有事の金買い』の終焉を告げる見方もあり、「金」の地政学リスクはひとまず低下してきそうな流れです。次なる焦点は9月FOMCか・・・。予想レンジは1,350〜1,310ドル。【東京金 日足】 地政学リスク後退となり、ドル高NY金安。ただドル円とてリスク後退でドル高 [続きを読む]
  • 北朝鮮制裁 大幅譲歩
  • おはようございます。今朝方、国連安保理決議が採決され、同決議採択は全会一致。米国は大幅な譲歩をすることによって中国・ロシアの拒否権発動を抑え、形としては国連が一致団結する形で北朝鮮に対して制裁することとなりました。決議の内容は北朝鮮への石油輸出を現行の年間200万バレルに制限。また北朝鮮の繊維輸出を禁止するなどの案が盛り込まれました。繊維輸出禁止で年間7億2600万ドルの収益源を絶つことになる見込みですが [続きを読む]
  • 金 上抜け立ち上がりからの日柄
  • 【NY金 日足】本日はちょっと違った視点から・・・。一目均衡表で言う基本数値は、9・17・26を基本に33・42・51・65・76・・・と続いていきますが、直近の動きの日柄を数えるとご覧の通り。この道中にはさまざまなファンダメンタルズが働きますが、日柄が基本数値と合致するケースは少なくありません。週末に高値をつけた日は安値から45日目。その安値から45日を遡ると5月の安値、そこから基本数値17日の下げがあって26日の上げ [続きを読む]
  • 北朝鮮 国連安保理決議をけん制
  • おはようございます。週末は北朝鮮建国記念日の様子がTVなどでも報道されてました。土、日の間には弾道ミサイルを発射するなどの行動はなく、今朝は週末の巻き戻しでスタートしています。しかし、本日採決される新たな国連安保理での制裁決議案について、北朝鮮はかなり強烈に警告を発しておりまだ緊張は続きます。【今週の予定】9月11日(月) <国内>8月マネーストック(8:50)7月機械受注(8:50) <海外> 米3年国債入 [続きを読む]
  • ゴム 堅調推移
  • 【東京ゴム 日足】中国での日本メーカーの売れ行きは8月も増加していますが、全体としては・・・?国内の在庫増加が止まっているので国内の先高観はやや勢いがなくなっているように思います。目先相場は重いようですが、底値は切り上がってきていると判断しています。また銅の相場との関連性も参考に。今後のセミナーは以下の予定です。 10月14日(土) 「外務員の相場展望 Vol.23」 10月28日(土) 上念 司氏 講演決定 [続きを読む]
  • 金 金利低下と北朝鮮
  • 【NY金 日足】ECBはQEに関する決定を10月にするとして現状の金融政策は年内維持となりました。独国債の金利低下に伴い米国債も利回りが低下し「金」への買いが膨らんでいます。総取組高は依然高水準となっており最新9/6時点で56万枚。またSPDR金ETF残高も増加傾向となっており836.87トンと下値を支えています。トレンド継続の動きです。1,365〜1,330ドル。【東京金 日足】強いトレンドが継続中。トレンド下値レベ [続きを読む]
  • ECB 来年の金融政策10月に決定
  • おはようございます。秋の長雨が続いていますが、週末はカラッとしたいいお天気になりそうです。ECB理事会では政策金利は現状据え置き、金融政策も量的緩和は維持することで変更はありませんでした。来年以降の金融政策については議論を開始し10月には決定を下す見通し。また為替についての言及もおこないましたが、引き続きユーロ相場は堅調な動きを続けています。米株式はハリケーン「イルマ」による被害を警戒した動きとなり [続きを読む]
  • 原油 ハリケーンは週末フロリダ半島上陸
  • 【東京ドバイ原油 日足】ハリケーン「ハービー」で製油所が被害に遭い、製品高原料安という動きになりましたが、石油生産が徐々に回復に向かっていることから上昇。昨晩発表されたAPI原油在庫は前週比280万バレルの増加で予想400万バレル増加からは増加幅は少なめ。原油処理量は210万バレルの減少でした。次に向かってきている大型ハリケーン「イルマ」の進路は・・・ 週末フロリダ半島に上陸後、北上する予想となっています。 [続きを読む]
  • コーン 買戻し続く
  • 【東京とうもろこし 日足】 今月の米農務省需給報告USDAは12日。これに先立ち各社からの予想が出揃ってきました。(2017/18年度)           単収(イールド)  生産高予想米農務省需給報告8月発表       169.5bus     141億5300万bus    プロファーマー社クロップツアー 167.1bus     139億5300万bus調査会社インフォーマ社 169.2bus     141億2 [続きを読む]
  • 金 米デフォルト懸念は回避
  • 【NY金 日足】米債務上限引き上げが与野党で合意され、デフォルトが当面回避されました。SPDR金ETF残高も昨晩はやや減少し837.12トン。ただ相場に打撃を与えるようなことには至っていない様子で高値を維持しています。残るは北の将軍様がどう出てくるのか・・・。予想レンジは1,350〜1,325ドル。【東京金 日足】小動きとなり大幅上昇から価格ではなく時間で調整されています。国内では相変わらず一般投資家の売り姿勢は [続きを読む]
  • 米債務上限引き上げ 与野党合意
  • おはようございます。昨晩、トランプ大統領と民主党側で債務上限を12月まで3ヶ月間引き上げる内容で合意に至ったようです。9月末に利払いが滞ることが懸念されていましたが当面回避されます。「ハービー」の水害支援のための緊急予算作成という面目もありスムーズにことが運んだ様子。米株式は反発の動きとなり、NYダウは前日比54.33ドル高の21807.64ドル。ドル円も109円台を回復。フィッシャーFRB副議長の辞任が伝えられまし [続きを読む]
  • 白金のデッドライン
  • 【東京白金 日足】白金は「金」に連れての上昇となっているため、強い相場とは判断していません。「金」の勢いが弱まると反動は大きくなると考えられます。上昇の勢いを続けるのであれば3,500円死守が条件と見ますが、3,500円はボリンジャーで+1αにあたり、ここを下回ると中心線または一目均衡表基準線の3,460円を目安に下げる可能性があります。白金とパラジウムがNYでは差が50ドルを下回り接近していますが、米株安の影響は [続きを読む]