yuji さん プロフィール

  •  
yujiさん: ジャンクワードの森
ハンドル名yuji さん
ブログタイトルジャンクワードの森
ブログURLhttp://blog.junkword.net/
サイト紹介文パソコンやガジェット、Webサイト制作や読んだ本など雑多に書いているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/01/25 15:25

yuji さんのブログ記事

  • 2017年6月の読了数は12冊 文春文庫のみ
  • 2017年6月は5月の読了報告の時に書いた通り「文春文庫」のみでしたが、読了数は12冊だったもののその前の中公文庫のときよりも(個人的に)選択肢が多かったようで、気になる本が多かった印象です。なんてことを7月の最終週に書いているあたり「おいおい(笑)」というところですけど、出版社縛りを2回やっただけで、出版社によって作品の傾向が違うことを改めて実感しているところです(そうでなければ数多くの出版社が存在する意 [続きを読む]
  • 2017年5月の読了数は14冊 ちょっと懐かしい
  • 今年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休めので、読了数が落ちると予想していたのですが、意外と読んでいて3月と同じ14冊になりました(GW中も数冊読んだのがよかったかな)。評価「5」をつける作品がなかったのは残念でしたけど、森博嗣さんの「ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η」と、機本伸司さんの「卒業のカノン 穂積沙羅華の課外活動」と懐かしいシリーズの作品が読めたのが印象的でした。森博嗣さんの「η [続きを読む]
  • 2017年4月の読了数は11冊 中公文庫のみ
  • 2017年4月は前回の記事で宣言したとおり、出版社縛りにしましたが、月初に読み始めたのが誉田哲也さんの「歌舞伎町ダムド」の中公文庫だったため、中公文庫縛りとなりました。結果11冊読むことができましたが、中公文庫は何気に発行されている作品が少なく(気が付かないだけかもですが)、作品を選ぶのに少し苦労しました。けど、新発見の作品&作家も多く充実していました。充実した、、、、といいながら、評価「5」をつけた作 [続きを読む]
  • 2017年3月の読了数は14冊 原麻希の新境地
  • 2017年3月の読了数は久しぶりに11冊超えの14冊。諸々あり(本業的に)読書時間が伸びていたこともありますが、読みやすいだけではなく引き込まれる作品が多かったのが読了数が伸びた要因だと思います。その証左ではないですが、評価「5」をつけた作品が2つ。その他でももうひと押し−−とくに後半の締め方−−があれば評価を上げることができた「4.5」の作品も多くありました。評価「5」を付けたのは三上延さんの「ビブリア古 [続きを読む]
  • 2017年2月の読了数は11冊 地獄八景
  • 気がつけばもう2017年も4月で、いまさら2月の話もなんですけど、自分の記録としては抜かさないようにしたいと思っているので、書いておきます(抜かしたくないなら早く書こうとういう突っ込みはなしで^^)。2月は28日と他の月よりも短いのですが目標の10冊はクリアして、昨年のアベレージでもある11冊に届きました。10冊ギリギリだとあれなので……なんて思いがどこかにあるのかもしれない(笑相変わらず評価は甘いな、、、、とは [続きを読む]
  • 2017年1月の読了数は12冊 総理の夫と刑事モノ
  • なんだかんだでレポートが遅くなっていますね、、、、2017年最初の1ヶ月となる1月の読了数は12冊と、正月休みがあったにもかかわらず昨年最も多かった読了数「11」を超える12冊となりました。幸先のいいスタートを切れたのは割りと読みやすい−−言い換えると若干ライトな−−作品が多かったことと、休日に自宅で読む時間が少し取れたことが要因です(その割にはブログを書いていないという話も……)。1月の読了のなかで評価「5 [続きを読む]
  • 2016年12月の読了数は11冊 事件は病院で?
  • なんだかんだでまとめが遅くなってしまいましたが、2016年の読書まとめの締めくくりの12月。読了数は相変わらずの11冊と可もなく不可もなしと(まあ、これくらいがちょうどいいペースなのかな)。12月に関しては、大外しとは言わないものの若干期待はずれになってしまった作品が多くて、振り返ってみると充実感は今ひとつだったのは残念−−何気に読了数にも影響あり−−ですが、そういった経験も読書を続けられているからだと思っ [続きを読む]
  • 2016年の振り返りと2017年どうしようかと
  • ブログの更新が月1+αぐらいしかなかった2016年でしたけど、ブログを書いていなくても一応生きていたわけだし(おいおい)、来年に向けても振り返っておいたほうがいいかな……なんてことで。といっても、ことブログ(そしてブロガーとして)での活動はほとんどできていなくて、それはそれで反省点というか、2017年には少し復活させたい部分ではありますね。とにかく本業・本業の1年本業については「某企業の情報システム課」以 [続きを読む]
  • 2016年11月の読了数は11冊 犬と猫
  • 本業が……とか言い続けている毎日ですが(ブログには書かないけど)、11月も気がついたら読了数は11冊と平均値をキープすることに成功。やっぱりまとまった通勤時間は必要だな^^実は、2016年は1〜3月、5月以外の7ヶ月が読了数11冊となり(6月以降6ヶ月間連続)、一つの目標としている10冊ではなくて、ここがひとつの目安になっている感はありますね。そんな平均的な読了数だった11月ですが、評価「5」をつけた作品が2冊(結構久 [続きを読む]
  • 自前でアクセス解析を持つのはやっぱり重たいんだ……
  • このブログじゃなくて、サッカーくじtotoの予想と結果を書いている「蹴球ブログ」で使っているレンタルサーバーがサービス終了するということで、引越し作業を行ないました。ブログ(正確にはWordPress)の引越し術については、すでに色々なところで書かれていて特段難しいこともないので今回は割愛して、気になった部分だけを書いてみます。ちなみに引越し先に選んだサーバ「wpX(ダブリューピーエックス)」に引越しのマニュアルが [続きを読む]
  • 2016年10月の読了数は11冊 リバース
  • あいからず読了数以外のエントリーが書けていませんけど、読書は淡々と続けられていて10月も振り返ってみると11冊の読了を完了(実は小説のほかにビジネス系を2冊も読んでた)。なかなか高評価を付けきれる作品に出会っていませんでしたが、10月は五十嵐貴久さんの「リバース」に評価「5」を付けることとなりました。単発というよりも連作の中での評価にはなりますが……その「リバース」ですが、同じく五十嵐貴久さんの「リカ」「 [続きを読む]
  • 2016年9月の読了数は11冊 途中の一歩
  • 本業の慌ただしさに加えて若干体調を崩してしまった−−とはいえ仕事は休めず−−こともあり、読了報告が月半ばになってしまいましたが、なんだかんだで9月も11冊を読了。評価「5」を付ける作品には巡り会えませんでしたが、評価「4」がほとんどでいわゆる「ハズレ」がなく安定した読書生活が送れたことは良かったですね(冒険していないという噂もありますが……)。そんな評価「4」連発の作品群のなかで特に印象jに残っている [続きを読む]
  • 2016年8月の読了数は11冊 島と原麻希
  • 8月は夏休みがあったり、暑すぎて電車に乗ってすぐは何もしたくなかったりと読書時間が少なくなる傾向にあるのですが、なんとか11冊を読了することができました。しかも今月は評価「5」をつけた作品が2作品もあり、その他でも読み応えのある作品も多く久しぶりの当たり月となった感じです(といってもオリジナル評価ですが)。評価「5」をつけたのは、辻村深月さんの「島はぼくらと」と、吉川英梨さんの「警視庁「女性犯罪」捜 [続きを読む]
  • 2×4材&ミルクペイントで洗濯機収納ラックを作成
  • 大人(いやオヤジか)のDIYシリーズの第2弾として前々から作りたいというか、洗濯機周りの整理に困っていてこともあろ、洗濯機収納ラックを作成してみました。今回も材料費は2,000円ちょっとですが、ミルクペイントが意外と高かったり、ベンチよりもサイズが大型になったこともあり、作成自体は結構大変でした(そのため、作成中の写真がほとんどないです^^)。洗濯機収納ラックは市販のものがたくさんあって、それぞれ小洒落た感 [続きを読む]
  • 2016年7月の読了数は11冊 ほぼ評価が「4」だった……
  • 2016年7月も結構ハードな毎日が続いていましたが、読了数に関しては11冊と目標数はしっかりとクリアすることができました。通勤時間に読むことが多いので読了数は一つのバロメーターにはなっているな^^そんな7月は秀作揃いというか、突出して刺さる作品がなかったというか、11冊中評価「4」をつけたのが10冊という結果に。ちなみに、評価「3」のだった「スカラシップの罠: 警視庁行動科学課」も悪くはなかったのですが少し狙い過 [続きを読む]
  • 材料費2,600円ぐらいで室内ベンチを作成してみた
  • ブログの書き込みは圧倒的に少なくなっていますが、その代わりというか最近ハマっているのが、DIYで本棚の他にも靴箱とか、キッチンの棚とかを作っています。これまでは割と勢いというか、感覚だけで作っていたのですが(そのせいもあり紹介できないレベルだったりします)、今回は設計もしっかりと行いなんとか紹介できるレベルのものができたので紹介したいと思います。タイトルの通り作ったのはベンチで、屋外用ではなく室内用 [続きを読む]
  • 2016年6月の読了数は11冊 女性が強いと
  • 7月も慌ただしくて、今日(10日)になりやっと6月の読了数を振り返ることができるようになりました。まあ忙しいとは言いつつも11冊読み終えることができているのはよしとしようかなと。そんな2016年6月は評価「5」をつけたのは2冊で、いずれも主人公は女性でしたし、その後の3冊も女性が主人公で評価は「4」ですから、女性が強い作品が多かった印象といえます(狙ったわけではないですよ)。評価「5」の2冊は、原田マハさんの「 [続きを読む]
  • 県営権現堂公園 幸手権現堂桜堤の紫陽花
  • 幸手権現堂桜堤といえば、桜が有名な公園ですが、実は紫陽花も見応えがあると聞いて、桜は見逃しましたけど雨上がりの日曜日に愛でに行ってきました。今の家に引越してからすでに10年以上経ちますけど、近く−−クルマで約30分−−にこんな素晴らしいところがあるとは知りませんでした。地元情報をもっとしっかりとチェックしないとですね。雨上がりとはいっても、急激に気温も上がっていたため、あまり紫陽花に「雨雫」が残ってい [続きを読む]
  • 2016年5月の読了数は12冊 二重生活
  • 5月はゴールデンウイークがあるため、読了数が伸びないことがあるのですが、2016年はなんだかんだで12冊といい感じに読み終えることができました。12冊中評価「5」は1冊、評価「3」が1冊。ということは評価「4」が10冊と秀作が多かったというか、それなりに読み応えがある作品が多かった月でもありました。しかし、最近ブログを書けていなくて、この読了数報告のみの月イチ更新になっているのは自分的には気持ちが悪いので、6月 [続きを読む]
  • 2016年4月の読了数は11冊 前半が……
  • なんか気がついたら1ヶ月があっという間に過ぎていて、ブログの更新も3月の読了数以降止まっていました。原因は明らかに本業が忙しすぎなんですけどね(←愚痴るつもりはないです)。とはいっても、通勤時間を中心に読書は続けることができていて、2016年4月もぎりぎりとはいえ、月間目標の10冊をクリアする11冊読了することができました。11冊目の本谷有希子さんの「嵐のピクニック」が194ページとショートショートなので若干ズル [続きを読む]
  • 2016年3月の読了数は13冊 秀作揃いの1ヶ月
  • 2016年3月もなんだかんだで13冊読了することができました。しかも評価で「3」をつけた作品が1つもなく、全てが評価「4」以上(といっても「5」は1冊)と秀作揃いとなっていました。元々甘めの評価なのはわかっていますが、定番の作家さん以外も読んだ中で好評価の作品が並ぶのは嬉しいですし、それだけ充実した読書生活を送れたことになると思います。13冊中唯一の評価「5」をつけたのは、松岡圭祐さんの「探偵の鑑定1」。それぞ [続きを読む]