黒所長 さん プロフィール

  •  
黒所長さん: アルペンスキー研究所
ハンドル名黒所長 さん
ブログタイトルアルペンスキー研究所
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/lxn42214
サイト紹介文新しい技術を先取りし、他人を出し抜き、世界を狙おうとするblog
自由文新しい技術を先取りし、他人を出し抜き、世界を狙おうとするblog。長野県出身で3歳からスキーを始め、小1からは競技スキー…以来スキー漬けの人生。現在は選手活動ではなく、研究活動やスキー技術の指導に道を見いだす。国産M社のサポートを受けて活動中。  …という前所長に代わり「黒所長」が運営中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 272日(平均0.3回/週) - 参加 2010/01/28 09:21

黒所長 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日本スキー学会第26回大会…だ。
  • 山形から帰ってきた黒所長だ。日本スキー学会第26回大会(山形市・蔵王温泉スキー場)が閉幕した。メインテーマはスキーの sustainability(持続可能性)ー次世代へつなぐスノースポーツー今回は、例年以上に盛り上がったし面白かった。ひとえに、ゲスト講師の皆さんのおかげ。しかも非常に豪華なメンバーだった。基調講演、シンポジウム、ワークショップに講師として参加してくれたのはまず伊東秀人 氏山形市蔵王温泉出身の全日 [続きを読む]
  • ヘリでの救助が !? …
  • 日本スキー学会第26回大会が山形蔵王にて開幕する。(詳細はこちら→http://www.js3.jp/conference26)開幕を前に、プレセミナー(参加無料)が行われた。テーマは認定山岳医について知っているようで知らないことばかりでなかなか興味深い講演だった。「医」だけでなく「山岳看護師」ってのもいるんだな。そもそも、認定山岳医というのはヨーロッパではかなり制度が整備されていて国際山岳連盟や国際山岳救助委員会の医療関係のコ [続きを読む]
  • レッスンによって変えるべき所、変わる場所
  • スキーヤーの感覚と、実際のズレについては過去にも何度か記事にしているがhttp://blogs.yahoo.co.jp/lxn42214/64267443.htmlhttp://blogs.yahoo.co.jp/lxn42214/65027782.htmlいろいろな所でレッスンをしていると一番感じるのが谷回りのイメージの違いだろうか。「雪面を早くとらえたい」とか「トップで雪面を!!」とか、今も良く聞くフレーズだがいったい、どこから雪面を捉えたいんだ!?例えばこの画像。(圧倒的に判りやすい動画 [続きを読む]
  • ほんの数センチを変える方法…
  • いつになくハイレベルなスキーヤー、しかもリピーターを相手に仕事をしてきたというのは、前回書いた通りだがこちらも気付かされる事が沢山あった。とどのつまり中級以上のカービングターン大回りでは必ずといって良いほど、内脚の処理が問題となって技術に停滞が起きるようだ。こいつをブレイクスルーするにはhttp://blogs.yahoo.co.jp/lxn42214/19085377.htmlこんな特殊な練習が必要となる。ターン内脚外側エッジで " キレる " [続きを読む]
  • ほんの数センチの違い…
  • 岩原と池ノ平への出張も終わり下界でのんびりしている黒所長だ。今回、岩原と池ノ平はどちらも大学生が対象。小さい頃から競技スキーをやっていたり、大学でサークルに入っていたり中上〜上級スキーヤーが担当だった。有り難いことに、オレのレッスンを再度受けに来てくれたリピーターも数人いて、更に踏み込んだ内容まで伝えることが出来た。このレベルになると変えなけりゃならない部分なんて「重心の位置を、こっちにもう1cm」 [続きを読む]
  • 本気で変えたいのなら…だ。
  • 例えば大回りターン…多くのスキーヤーを見ていて中上級者以上なら「ターン内脚のたたみ方」が原因となって過度な外向や、腰折れ、腰が回るといったポジションが現れることが多く初中級者なら「谷回り局面のイメージの悪さ」が原因となってターン時の不安定性や、そもそも何処をどう変えたら良いのか判らない…なんていう状況になっていることが多いと感じているが…今の『滑走イメージ』のまま、いくら滑ったって…なかなか変わら [続きを読む]
  • 競技者、上級者の自覚…だ。
  • 最近、とあるプロスポーツの八百長疑惑が取り沙汰されているが何故『八百長』はイケナイのか…実はこの話『スキー』とも無縁では無いので、是非お読み頂ければ有り難い。あなたが『八百長』をイケナイと思う理由は?単に、ズルしている事が許せないから?「ヤ(国内)」とか「マ(海外)」のつく自営業の方々が暗躍しているから?誰かが裏で金儲けしているから?まあ、でもズル休みしたくなる気持ちも理解できるし誰かが暗躍してい [続きを読む]
  • 第20回菅平スキー科学セミナー、だ。
  • 週末に行われた『菅平スキー科学セミナー』に行ってきた黒所長だ。今回は第20回の記念大会!! なのだが、いつもと同じ穏やかな研究会だった(笑)現在は、雪氷関連以外の研究者も参加するので月・惑星探査ローバについての研究発表や彗星とアモルファス氷についての発表などもあって、知見を広げる意味でも面白い会だ。軟弱地盤と雪面、地上の雪氷とアモルファス氷(地球では天然に存在しない氷)とちょーっとだけ関連もあるのだが [続きを読む]
  • スキー場だより…だ!
  • 長野県に帰省中の黒所長だ。今年レベルの雪不足は何年ぶりだろう。29日、30日は滑りに行ってきたのだが、雪を求めてあちこちのスキー場を漂流しているスキーヤーが沢山いた。雪はあっても混雑していて滑れないとか雪が無くてオープンできないゲレンデがあるとか。皆、困っているがこればっかりは、どうにもならん。天に祈るのみだ。(東信地区では、標高の高い某スキー場がコンディション的に良さそうだが、地元チームに迷惑がかか [続きを読む]
  • スラッププレート、その後…
  • 久しぶりに更新のアルペンスキー研究所。年内にもう一本ウォーミングアップ記事をあげておこうか。昨シーズンからテンションが上がらなかった理由の一つを紹介。昨シーズン後半、研究中のスラッププレート( http://blogs.yahoo.co.jp/lxn42214/63832312.html )の調子がどうも芳しくなく、板がフラつく。ヒールフリー化したプレートの不具合なのか、板の不具合なのか…原因は確定できなかった。まずは滑走面がコンベックスになっ [続きを読む]
  • 未確認滑走物体…か!?
  • 大変お久しぶり。2015年始めから、どうもテンションがあがらず…研究所も放ったらかしになってしまった。アルペンスキー研究所など、どうなっても困らないかと思っていたが更新を楽しみにして下さっていた方々も、いらっしゃった様子。申し訳ない。まあ、ぼちぼち更新していけるよう努力する。さて今回は、ウォーミングアップということで詳細未確認情報ロシニョール社がワールドカップにて、面白いことを試しているという情報あり [続きを読む]
  • 過去の記事 …