wtr2 さん プロフィール

  •  
wtr2さん: INDYでバイオメディカル大学院
ハンドル名wtr2 さん
ブログタイトルINDYでバイオメディカル大学院
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/wtr2/
サイト紹介文米国中西部、Indiana大学でPhD(博士)課程に在籍。主に大学院での修行と娯楽のブログ。
自由文2014年現在Indiana歴11年。

映画ファンが高じて、大学では俳優を志すも一年で挫折(舞台経験有り)。そして、異文化交流への憧れから米国、Indiana大へ編入。卒業後、2年間は大学勤務。そこで、食ってく(世界で闘ってく)ために必要な何かを極めるため、同大の博士課程へ進学。Neuro(神経科学)専攻中はアカハラにあったあげく、Physiology(生理学)に移籍。

興味のあること「国際交流」「映画」「スポーツ」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/01/28 15:13

wtr2 さんのブログ記事

  • [Research] サマースクールの応募
  • Cold Spring HarborやMarine Biological Labでは、名高いサマースクールをやっている。このサマースクールを受けるために応募して選ばれないといけない。評判はすごくよい。5−10倍の競争率で、けっこう気合の入った人たちが応募するため、入るのは難関だ。去年は自信がなか [続きを読む]
  • [Research] 卒論
  • ついに書き始めました。大変、といっても文系の卒論よりだいぶ簡単。 実験はやり続ければキリがないし、時間使いたくないので、無理やり終了。 [続きを読む]
  • [Life] 通学バスのJ
  • 最近は通学バスで学校行ったりもするのだが、軽い旅にでる感じで結構たのしい。 バス仲間の一人によくはなすJくんがいるんだが、このJがいいキャラをしている。Jくんは来週はテストがあるとか、宿題がどれだけあるとか教えてくれる。週末は勉強を頑張ると言ってくる。 そし [続きを読む]
  • [Research] Job Search
  • 学校がいそがしいなか就活やサマースクールの応募などしています。先生などが推薦文を書いてくれるのは励みになるな。ノーベル賞受賞者とか、スーパースター的な存在の人たちに直接連絡とれるというのは不思議だな。いい返事がもらえなくても刺激になる。 そして友人の兄は [続きを読む]
  • [Life] Words
  • ”You don’t want to write what people like. You have to write what people don’t know yet that they like.” ”That’s why it has to be original, and come from you.” 「読者が好きなものを書いていてはだめ。読者が好きだということをまだ気づいていない、なにか新しい [続きを読む]
  • [Life] 友人の兄が行方不明
  • 1カ月ほど前、友人Bの兄、Rが行方不明になった。Michigan州の地元警察、そしてFBI、Private Investigatorまで動いてきた。そして地元メディアにも取り上げられたが未だに手がかりのない状態。 Bとは学部の寮からのつき合いで、Bの家族のことも知っていれば、BをとおしてRも [続きを読む]
  • [Current Event] Obama left White House
  • Obama大統領が退任してトランプの任期が始まった。Obamaは人種、政治の経験の少なさなど、様々なしばりもあって、結果としては期待以下だったかもしれない。それでも、景気は一時期より回復したし、ずっと問題であった、低所得でも入りやすい保険を作った。核軍縮は実現しな [続きを読む]
  • [Life] 2017年
  • 今年は、かなり最悪な経験をした大学院生活をおわらせて、就職(いま就活中)して新しい生活が始まりそう。 大好きなIndianaにバイバイするのは悲しいが、お世話してくれた人たちの親切、友人との楽しい思い出は永遠だ。自分のやりたいことをできるだけいい環境でやる、という [続きを読む]
  • [Life] Ann Arbor
  • ミシガン州、Ann Arborで先月、学部時代の友人、JとBとC、その彼女や妹たちと遊んだ。皆それぞれ大人になっているが、学生の心も持ちつつ、そしてお互いを思いやり、リスペクトしている感じがよかった。 週末だけなのであまりはしゃげなかったが意義のある再会。BとはNYCで [続きを読む]
  • [Research] SfN San Diego
  • SfNという神経の学会に去年に続けて行ってきた。就活も友人・知り合いに会ったことも、観光も全てがよかった。 今回は勉強が少し追いついてきた分、発表の内容が前より分かった。その分、充実感はあったが、前よりも難しいことを考えないといけなく、消耗も大きいので8日の [続きを読む]
  • [Life] T先生に電話
  • ひさしぶりにBloomingtonのT先生と連絡が取れた。近況報告すると、「自分も通って来た道で、あなたの大変さがわかるので、嬉しい」と言っていた。そしてまわりに助けてもらった分、「あなたも同じような人がいたら助けてあげなさい」と言われた。T先生と話せてよかった。 [続きを読む]
  • [Research] 就活
  • いま就活も同時並行でやっています。卒業まで、あまり時間がないので初めから第一希望の人たちに連絡とることにしました。 それにしてもメール一通だすのにも気合がいる(まだだしてない)。せめて一通だしてから寝るとしましょう。 [続きを読む]
  • [Life] Do you like prospective?
  • スタバでアイスティーを買うために並んでいた。 前に並んでいた姉さんは、興奮しながら店員となにやら話している。 ”You make my day even better!” ”I’m really happy!” すると、興奮した年配の姉さんが、満面の笑みでおれの腕を掴んで言った。 ”Do you know how happy I a [続きを読む]
  • [Research] 最近の研究
  • この前ふと面白い仮説が浮かんで、先週から数年前のデータと照らし合わせるとどうやらそれっぽい感じ。そしてその仮説を証明する実験も簡単なのでやるしかない。今月は、実験のまとめと論文作成。この作業は、いままで独立した点々が線でつながるような楽しさがある。 [続きを読む]
  • [Research] Robert Lefkowitz
  • 2012年のノーベル化学賞受賞者、Lefkowitzさんのセミナーがあった。何気にLefkowitzという名前がかっこいい。自分の前の専門分野の、”G Protein Coupled Receptor”の人なので話の内容はほぼ知っていた。個人的に数年間のブランクがあってこの分野の話をきいたのだが、基礎研 [続きを読む]
  • [Film] Blue Velvet
  • David Lynchの1986年の作品。半年前に見た時の感想。 『Blue Velvet』はDavid Lynchの他の作品と同じく不気味な雰囲気だ。映画に出てくるどのキャラも正気ではない。一見の価値は十分にありました。だが、もう見たくない映画だ。 [続きを読む]
  • [Film] Harold and Maude
  • Hal Ashby監督の1971年の作品を鑑賞。これもA先生に借りる。 面白い。人それぞれの境遇で、それぞれに追い求める自由が存在している。子供の時にアメリカへ亡命してきて、自由や自分というものを誰よりも大事にしてきた、A先生のメッセージでもあるような映画。他に同じ監督 [続きを読む]