でえくの娘 さん プロフィール

  •  
でえくの娘さん: でえくの娘 職人エステティシャンの独り言
ハンドル名でえくの娘 さん
ブログタイトルでえくの娘 職人エステティシャンの独り言
ブログURLhttp://aozen.noblog.net/
サイト紹介文「表参道 美容の秘密基地」の主、でえくの娘でございます。
自由文隠れ家エステなんて使い廻された、野暮な言い方は、好みませんので、使いません。
「毎日を楽しく暮らす」が信条の、
気力、体力、体重だけは自信がある、
お馬鹿なエステティシャンの、呟きのブログです。
明るく、あか〜〜〜るく、
「にんまり」or「あはは〜っ」と声を上げて笑う為に、
「ご休憩処」として、お立ち寄り下さい。
尚、性格が固めの方には、不向きかと、
思われます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/01/28 19:45

でえくの娘 さんのブログ記事

  • ヘッドスパ動画 まだまだ、遠き道のり
  • 長く1本ではなく、1分弱のヘッドスパ動画を幾つか作ろうと決め、只今、編集中。言葉、キャッチコピー、「毛根がある限り」は決めていたが、何故だか足踏み状態で、前に進めなかったが、先週、東商のセミナーを受けていて、閃いた。画像に言葉を載せよう。2年半ヘッドスパ&フェイシャルで、通ってくださっているお客様の、撮りためた、ビフォアー&アフター毛根画像。「動画の背景に、撮りためた毛根画像出しても良いですか?」 [続きを読む]
  • PLUS カッター ハンブンコ
  • 当初、チケットは印刷に廻していて、点線が入った1シート1万円分で、カット済みのものが手元に届いていた。消費税が値上げになり、このチケットが使えなくなると、「お金掛けたのにぃ」捨てる羽目となった。その後、PCを使って自分で印刷をし、ミシン目を入れて、1シートごとに切り分ける作業も、私の仕事となった。最初に買ったカッターが切れなくなり、「え、コンパクトで安い!!!」見かけた小ぶりカッターに買い換えるも、 [続きを読む]
  • GOMAYA  KUKI 表参道 胡麻アイス 
  • 内装工事をしているなと思っていると、開店祝いの花輪が並び、内輪のお披露目、マスコミが入っていた。暫くすると、行列が出来、芸能人のお店かなと思っていたが、人の少ない時に、見てみると、「胡麻アイス 専門店」お昼と夕食の間、おやつに食べたいなと思っていても、その時間に行き会うこともなく過ぎて、先日、セブンへの買い物に行き、「そうだ、胡麻アイス」と一足延ばした。場所は、まい泉、そして、セブンの先です。事前 [続きを読む]
  • 大人の丸亀
  • 青山オーバルビルで、丸亀ランチをしていると、目に入ってきた、「飲み放題」の文字。ん、と見ると、平日5時からの曜日、時間限定メニュー。うどんセット¥1000、あさりガーリックバターセット¥1100?¥1200?肉豆腐セット¥1300の3種類があり、てんぷら、お惣菜はお好みで2点付いてくる。はじっこに、「大人の丸亀」とも。ビール、チューハイ、ハイボールだったかな、30分飲み放題と出ていた。丸亀は、アル [続きを読む]
  • 牛カツ もとむら 原宿店
  • 11時だよね、まだ。朝ご飯、食べたよね、食べた食べた。8時頃。なのに、何でお腹すいているわけ?と、いささか自分の食欲に、辟易していた。午後から外出せねばならないのだから、早めのランチは、時間的に都合が良いには、良いのだけれど、残業だから、がっつりと食べてもおきたいなと考え、「そうだ、牛カツ」と思いだした。明治通り沿いに、「牛カツ もとむら」が5月に開店していた。行かねばと、行きたいと、日が過ぎて、 [続きを読む]
  • 2代目磁気ネックレス きらきら
  • 清水湯さんで、お風呂屋さん仲間に言われた。「ファイテンのネックレス、落としたでしょ!持ち主分かっているから、預かっていて、て、頼んだから」どうも、無いなと探していた。最後は自宅で外した気がしていたが、此処なら探しても見つからない訳だと、帰りにフロントに依り、「白のネックレス、忘れちゃって」と話すと、「どれですか?」「それ、その、白いネックレス」でも、お店の子は分からない。指を差して受け取るも・・・ [続きを読む]
  • 顧客満足度を上げるには・・・
  • 先日行った、経営セミナーで、「顧客満足度を上げるには、まず、従業員の満足度が上がらなければ、顧客満足度を上げる、は、果たせません」あ、そう、そうかもね。私は一人社長だから、思う存分、自分仕事満足度高いからね。ふんふんそうそう、で、結構好きなCM,日野のトラックCMを、思い出した。日野トラックの文章から転載したので、怒られるかもしれません。怒られませんように。とある運送会社の社長が、大勢のドライバーを引 [続きを読む]
  • 紙ちゅうぶ
  • むかし、昔、おおむかしの、女子高校生だった頃。「ほら、私、紙ちゅうぶ、だから、紙に向かうと手が震えて、字が書けない」などと、友達同士で言っていた。現在、周囲にいる殆どの人が、「紙ちゅうぶ」を知らない。昭和も昭和、神奈川の女子高生の造語なのだから、知っているほうがおかしい。故に、紙ちゅうぶは使えないので、今は「文盲です」などと嘯いて、文字、自筆を逃れようとしている。葉書きや一筆箋に、さらさらと文字の [続きを読む]
  • つゆくさ 2輪
  • 一輪は織部焼に、柔らかめの紫を挿してお手洗いに。「花泥棒ですか?」と聞かれて、「承諾を得て、戴いております。」カリトリックスの空き瓶には、濃い目な紫を、挿して、テーブルを華やかせています。同じ場所で戴いてきましたが、日当たりでしょうか?土でしょうか?お客様に、「利休…みたい?」と聞いてみましたが、苦笑いされてしまいました。お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか? かっさ かっさフェ [続きを読む]
  • (株)やまつ 辻田 柚子七味。
  • 禁を破って、久しぶりのお取り寄せ。封を開けると、ぷぅんと、柚子と山椒が香ります。出会いは、キンレイの冷凍うどん。冬の間、お昼用にとストックしていた、キンレイの九条ねぎとお揚げの京風うどんこの冷凍うどんに別添えされていた、(株)やまつ 辻田 柚子七味。食べ物って、「銭金の問題」が大きいでしょ。麺類好きだから、七味にはそこそこ敬意を払って、そこそこのものは手に入れていた、つもり、だったが。おうどんも美 [続きを読む]
  • 作り帯教室に行ってきました。
  • 日暮里駅で待ち合わせ、私と、もう一人の生徒さんと、コーディネーターの方と3人で、お教室の場所に2時に到着した。先生は、勿論和服で作り帯。「こういう風に出来ています」と、実際に作り帯を外して、付けてと、見せてくださって、さて、開始。帯の長さを計り、胴回りを測り、お太鼓の大きさを決め、長い帯は折りこむ様にして、その人に合わせて縫っていきます。これが表面で、見え難いですが、梅の花が、お太鼓部分と垂れ部分 [続きを読む]
  • 噂の女 奥田英朗さん
  • 奥田さんの新刊(小説のみ)が出ると、大抵買っていたのに、「噂の女」なぜだか、これはすっぽりと抜け落ちてしまって、未読でした。奥田さんの、「邪魔」&「最悪」系も、「家日和」「我が家の問題」系も、勿論、伊良部シリーズは、捨てないで、時たま引っ張り出して、何度も読んでいる。奥田さんの本で、悪女とか、女性の犯罪では、最近だと「ナオミとカナコ 」でしょうか。でもねえ、「変!しないわね、変!」読み進めはしても [続きを読む]
  • ちょっと今から仕事やめてくる 原作本を読んでみた
  • 眠れずに、買ったばかりの、「ちょっと今から仕事やめてくる」を取り出した、AM2:30「映画のね、『ちょっと今から仕事辞めてくる』を見て、その足で本屋行ったら、「ちょっと今から」本が並んでいたので、読んでみました」「如何でした?」「あっという間に、読めます」映画はあまり興味はないが、表紙の装丁、イラストが良いかな、で、アマゾンで中古本、送料込み約300円を購入した。読んでいると、映画「ちょっと今から」CMに [続きを読む]
  • 引き出しに、残り少ないカリトリックス
  • お化粧台?の引き出しを開けると、湿っぽい匂いがした。まあ、閉めてあるからね。それからは、朝の時間、気をつけて開けておくようにはしていたが、閉めている時間が長いので、匂いは薄まらなかった。コロンでも忍ばせるかと、手持ちをコットンに吹きかけ置いてもみたが、や〜だ、やだ、女臭い。嫌われない、高感度の高い香り・・・。浮かんだ。香りといえば、カリトリックスでしょう。残り1本となり、蛍の光が流れるカリトリック [続きを読む]
  • 只今、Ca強化中
  • 骨密度を測った。年齢から依る指数からは、90%と出た。何とかせねば。闇雲に食べても仕方がないので、Caの多い、摂取しやすい食品に的を絞り、すり替え等も含めながら、策を練る。此処はやはり、記録だな。今、多くの加工食品には、カロリーや、塩分等、食品成分が記載されているが、Caは書かれていない。食品成分表を引っ張り出した。小魚類、しらす、めざし等は含有率が高いのですが、塩分が高い。偏らないように、魚介、乳製品 [続きを読む]
  • カテゴリ 表参道菜園生活 更新
  • ミニトマトは、好きか、嫌いか?店頭でも買うことなく、中どこから、やや、嫌いに傾く。皮が硬いのが嫌なのかな。お榊を買っていたお花屋さんが閉店し、いつものお花屋さん&スーパーは売り切れで、3件目でようやく手に入れられた。「新芽の季節だから、こうなっているけど、枯れていないからね!」はいはい、存じておりますると、待っていると。鈴なりのぷちトマトの鉢から、強烈なアイコンタクトを受けた、「買って!買って!買 [続きを読む]
  • 私の行く手を阻むもの
  • この美術館、近いのに知らなかった。行きたい♪と思えども、休館日 はい、お約束の月曜日。一緒、いっしょ、私のお休み、と。このお屋敷、見たい。日帰りで行って帰ってこられるじゃないと、乗り換え案内で、時刻を調べ、行ける、いくぞと、ご利用案内をみると、は?「土日、祝日のみ開館」古い建築好きなのに、古い建築物は、古いお休み、古いしきたり、古い休館日。「私だって、古い人間よ!何で受け入れないのよ!」などと、画 [続きを読む]
  • クエイ兄弟ー渋谷松濤美術館
  • 「今日は、ご活躍だわ」と、独り言ちた月曜日。午前10:20〜は、映画「花戦さ」一旦戻って、お昼食べて、午後の部は、松涛美術館の内覧招待。「今日じゃなくても、良いんだけどね」特別招待の時間は、午後3時から5時まで。以前オープニングセレモニーに時間通りに行って、区長&こんもり沢山のあざー挨拶を、こってり、たっぷりと聞いてしまったので、皆様のご挨拶が終わる頃を見計らって、到着した。あばうと、3時半。クエイ [続きを読む]
  • 映画「花戦さ」を観て来た
  • 「花いくさ」原作を読んでしまったので、「期待をしない、期待しない」と、心の中で5回ほど繰り返して上映を待った。読んだばかりなので、原作を忘れていないので、「ふうん」も「あ〜」もあるのですが、DVDになってからでも良いか、とも思いもしましたが、読んでいなければ、楽しいでしょう、か。着物を着慣れていない人が演じると、あんなにしっくりはこないかなと、(含む、亀治郎、あ、猿之助)伝統芸能に携わる人だし、野村 [続きを読む]
  • 顔本で、動画公開予定
  • 昨年、東商の無料セミナーで、「インスタに、動画アップしてみましょう」気持ちはあったが、色々な事情で撮影が遅れ、1年遅れの動画編集作業をしている。インスタは登録したものの、弄っていないので、分かり難い。そんなこんなで、戸惑っていると、「仲間、仲間」と、顔本が近づいてきた。「顔本って何?」名前を言うのもいやなので、す、が、ふぇいすぶっく!!!「いいね」と思っていないのに、いいねをしなければいけないシス [続きを読む]
  • ルリユール 村山早紀 さん
  • ルリユールって、なんだった?聴いた記憶があるような、無いような言葉。エリエール、音が近いけど。図書館の返却受付で、父親がらしき男性が「子供が破ってしまって、セロテープでとめたんですけど・・・」申し訳なさそうに、本を司書さんに渡した。受け取った、司書の方が、「今回は仕方ないですが・・・。次回からは直さないで、弄らないで、返却ください」と言い、続けて、「テープの接着剤が残って、綺麗な修復が出来なくなる [続きを読む]
  • よつ葉 とろっとなめらかヨーグルト
  • ダノンBIOも、好きは好き、なのですが、加糖では少し甘く、無糖だと寂しく、果物が混ざっているのも、好きではなく。純粋な、酸っぱ過ぎないヨーグルトを探していた。以前聞いた話、「これとこれ、どちらかにしようかなと思ったら、太った人が買った物を選ぶ」あ〜「美味しい物(人)は、糖と脂肪でできている」ってことね。ヨーグルト売り場に太ったお客さんを見かけず、ならばと、高い値段から2点選んで、成分表を較べてみた [続きを読む]
  • 花いくさ 鬼塚忠さん
  • 「花いくさ」映画CMを見て、「観たいな」と思い、予習を兼ねて、原作を読んでみたいとも思った。きっと多くの人も同じだろう、図書館でも、人気図書で借りられることは・・・、でも、ちょっと聞いてみる?あっさり、「どうぞ!」借りられた。受け取ってみると、「うすっ」本の厚さと軽さに驚き、ページを捲った。文体は決して上手とは思えないが、(だった。だった。たって、繰り返していて、ね)でも、読者に伝えよう、理解し易 [続きを読む]
  • うんてい できた
  • ご近所さんのお客様に、「OK近く(千駄ヶ谷)の児童公園で、うんてい、やってきました。」と話すと、「うんていって、何?」これこれ、こうこうの遊具ですよと説明すると、「あ、私得意だった。猿のようにやっていた」「小学生の頃は、棒上り、うんてい、逆上がり。何でも得意だったのに。ぶら下がるだけしか出来なくなった」と嘆かわしかった。「体、細いのに、腕太いよね。仕事柄?」と、何人かのお客様、知人に、言われる、言 [続きを読む]
  • ぶきっちょさんと言うタイトルに、
  • 自分でできるきもののお手入れ&お直し ― 和裁知識ゼロでも、ぶきっちょさんでもできます!と題された本に、図書館で偶然出会い、借りてみた。着物の直しなんて、和裁も和裁、高等和裁。ちょっと縫える位では、無理。構造を熟知し、布に精通する、相当な高等技術を持たなくては、と思っていた。一通り見て、見返して、裄の直しを見て、頭の中で反芻して、見返して、返却した。¥1728の本です。今、買おうかどうか、自分でできる [続きを読む]