でえくの娘 さん プロフィール

  •  
でえくの娘さん: でえくの娘 職人エステティシャンの独り言
ハンドル名でえくの娘 さん
ブログタイトルでえくの娘 職人エステティシャンの独り言
ブログURLhttp://aozen.noblog.net/
サイト紹介文「表参道 美容の秘密基地」の主、でえくの娘でございます。
自由文隠れ家エステなんて使い廻された、野暮な言い方は、好みませんので、使いません。
「毎日を楽しく暮らす」が信条の、
気力、体力、体重だけは自信がある、
お馬鹿なエステティシャンの、呟きのブログです。
明るく、あか〜〜〜るく、
「にんまり」or「あはは〜っ」と声を上げて笑う為に、
「ご休憩処」として、お立ち寄り下さい。
尚、性格が固めの方には、不向きかと、
思われます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/01/28 19:45

でえくの娘 さんのブログ記事

  • アカウント乗っ取り 明日は我が身だ
  • ヤフーニュースに、「アマゾンで異変?マーケットプレイス商品が届かない」高額な商品が1円で出品されていて、購入しても、商品が届かないと出てきた。読み、且つ動画があったので見てみると、アカウントの乗っ取りがあり、出品した覚えの無い出品者に、督促メールが来て、気が付いたと。要は、アカウントの乗っ取り。購入者には購入しても商品は届かないし、出品者は、覚えのない商品の督促をされる。マーケットプレイスには、過 [続きを読む]
  • シンクロパック
  • スパチュラで、シンクロを取ろうとして、何故か力が入り、大量に掬ってしまった。化粧品は、戻してはいけないので、仕方なく顔につけるも、顔は真っ白。かっさをする気力が無く、久方ぶりに、「シンクロパック」パックと言っても、目の周りにこってり塗り、軽く顔に馴染ませて、放置する、だけのこと。10分ほどして後、メイクをするにはてらてらだから、ティッシュオフしようかと思ったが、上からメイクした。なんとなく、目周り [続きを読む]
  • サンミュレUVブロック入荷
  • 日焼け止めの在庫は最小にして、夏の間に売り切り、需要の少ない冬の間は、欠品にしておく。なぜなら。白の日焼け止めでも、日が経つにつれて薄く色が付いてくる。故に、昨シーズンのものは使わない方が、賢明だと考えている。自身では、顔に日焼け止めを付ける事は殆ど無く、稀に、日焼けが考えられる長時間の戸外、の場合のみです。「じゃぁ、夏の日焼け対策はどうしているの?」下地クリームにも、ファンデーションにも、日焼け [続きを読む]
  • 5月のキャンペーン
  • 昨日は、定休日。休みなのに、朝6時にメールが入った。開けて見ると、「ご注文、受け付けました」印刷所からでした。その後、9時には、「問題が起こりました」と再びメールが。22日に注文をいれ、連絡が無いので、今回はスムーズだなと思っていたのですが、無理か、私では。「休みだから」と、放置していると、督促の電話が入った。何とか問題を解決しようとは思うが、頭が定休日で働かない。「今日は定休日なので、明日12時 [続きを読む]
  • Brotherはミシンだけにしておけ
  • 3歩で忘れる鳥頭、5月キャンペーンDMの印刷を始めて、今プリンターは、お馬鹿なのだと思い出した。結局、印刷所に廻して、多分、たぶん、印刷できる、多分間に合うと思われる。しかし、この腹立ちはおさまらない。ビックカメラで買ったけど、アマゾンではそこそこ高評価で売られている。嘘いうな〜、騙されるな、遅いぞ、紙送らないぞ、酷い商品だと、悔しさを、「Brotherはミシンだけにしておけ」と、アマゾンに、レビューでぶ [続きを読む]
  • 最大6時間2000円
  • 外から見るだけでしたが、斜め向かいに、安らぐような、昭和の香り漂う家があり、住むには寒いだろうなとは思うものの、結構気に入っておりました。昨年暮れ、住人が引越し後、売り地の看板が立てられ、そのうちに、家が取り壊しになり、更地のまま、日が過ぎて。先日、工事車両が入り、何ができるのだろうと伺っていると、あっという間に、駐車場が出来上がりました。此処神宮前に越した頃、沢山の駐車場があり、料金も格安で使え [続きを読む]
  • 可愛すぎる、韮
  • 「韮の苗って、滅多に手に入らないのよ」と、2年前に、韮と万能ねぎの苗を貰った。外に出しておくと、アブラムシが付き、かといって食べ物なので、殺虫剤は使えない。どうしようと探していると、「牛乳を薄めて、スプレーすると、脂分で虫が呼吸できなくなり、殺せます」やってみた、できたが、葱は余りに虫が付きすぎていて、ごめんなさいをし、その後も、韮だけ育てていた。韮は虫が付きにくいらしいのですが、苗が小さいと、虫 [続きを読む]
  • 窓辺の新緑 お榊
  • 出雲大社の東京分詞では、お榊を挿し木して、所々に鉢が並んでいます。挿し木で増えるのかなと思っていました。古くなったお榊に新緑が見え、東京分詞の挿し木を思い出し、水にさし、窓辺の明るいところに置き、毎日お水を替えています。根は付いてはいませんが、新緑が増え、挿し木にはならずとも、少しだけ、気分が高揚しています。お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか? かっさ かっさフェイシャル ボデ [続きを読む]
  • 朴槿恵元大統領の後姿
  • 朴槿恵元大統領を見るにつけ、大量のピンをつけた後姿を、見るにつけ、「そんなにいっぱい付けなくても、夜会巻きコームなら、一個ですむのに」と、常々思っていた。「収監されると、ピンは付けられない」とのことで、夜会巻きコームも没収はされるだろうから、今となっては一緒かと、思っているのですが。髪を切った。「肩位でいいですか?」で、肩の長さに切ったはずなのに、引っ張ってみてようやく肩までの長さ、「切りすぎたな [続きを読む]
  • お手洗いの除湿君
  • 最近、お手洗いの黴が気になる。特に壁です。こんなに黴が増えるって、なんだろう。根本原因を解決せねば、と検索すると、「黴の除去」と並んで、「除湿」と出てきた。お掃除方法を習得後、お手洗いの除湿と探すと、アマゾンで、小型除湿機が出てきた。大体同じ値段、3千円代で、同じ容量500〜600ml、デザインも似たり寄ったりで、決め手は、レビューの数。でもね。メーカー名、ブランドは違えど、製造元は同じ会社なのか [続きを読む]
  • 改革の痛み
  • 朝一番、Cメールの着信音が鳴った。Cメールでの連絡は、2週に一度、背面トリートメント、ボディメイクのお客様か、従兄弟かのどちらか。開けて見ると、お客様だった。「脚、特に膝下が細くなっています。びっくりです。」Cメールは短文しか打てないので、「昨夜は、いい気になってオイルマッサージまでしちゃいました」と続いて、きました。まあね、金曜夜のご来店では、G5が痛い痛いって騒いではいたのですが、気にすることなく [続きを読む]
  • 「陸王」 池井戸潤さん
  • ネットでは評判の良い、池井戸潤さんの「陸王」を買ってみた。池井戸さんの短編集は何度か読んでいたが、意識高揚「NHK プロジェクトX」のような長編は読む気にならず、今回初の挑戦でした。第一印象は、「厚い、厚すぎ」読み始めても、評判とは違って一気に進まない。私がひねくれているのだろうか。銀行&大企業=悪、零細企業&職人=善、のような図式が見えてしまって、又、実際にも、ドラマ化されるようですが、直ぐにでも、ド [続きを読む]
  • c-?Vが・・・
  • 中周波のC-?Vが壊れた。ヒップの後、お腹に当てようとスイッチを入れるも、いつものぽちっ、ではなく、すかっと、手応えが無い。「壊れた」コンセントをなんどか差し替えたが、やはり反応が無い。そっか。先日から、そろそろ買い替えかと、売り込まれた機械や、ディーラーの冊子を捲って、心当たりをつけていた。「へそ曲げたんだ」スイッチだけのことと、翌日購入以来初めて開けてみた。「此処を押して」とやっていると、部品隅 [続きを読む]
  • なんちゃって、和裁
  • 何が原因で、始めてしまった、のか。つらつらと思い出すと、「帯揚げも枕も帯締めも使わずに締めるお太鼓」なんていう動画を見て、「やってみたい」病を発症した、です。結局、その絞め方は手持ちの帯では出来ず、ならば、作る?とネット徘徊しているうちに、「ミシンで作る、作り帯」に引っかかり、ミシンで何か縫いたい病にも良いのではと。色んなサイトや本を見て廻り、私が作ったのは、一体型で、これが一番簡単、且つ、安全か [続きを読む]
  • マイペット+科学雑巾
  • ドレッサー前の椅子が、本体に問題は無いものの、白が黒ずみ、グレーになっていた。白は白、黒は黒、グレーはいけない。勿論、マイペットで拭いたり、除光液で拭いたりしてはみたが、そんなものではびくともせず、汚れは落ちず、買い替えを考えた。ディーラーさんの冊子を見たり、ネットで探しても、中々、思い通りの大きさ、色、形、座面の高さが見つからない。床にマイペットを拭きつけ、科学雑巾で拭くと、きしきしとなり、汚れ [続きを読む]
  • 今週も黄色 菜の花
  • 「貰うね」とお花に一応、断わりを言い、手折っていただいて、参りました。お花屋さんで売っている菜の花のように、花弁が大きく咲いてます。先週に引き続き、黄色で、お手洗いが明るくなりました。お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足ですか? かっさ かっさフェイシャル ボディ ヘアエステ 東京・表参道 青山全身美容室お顔だけのフェイシャルで満足ですか?かっさフェイシャル 青山全身美容室 ナボカル、ジ [続きを読む]
  • Lion 25年目のただいま
  • ニコールキッドマン、好きではなかった。パディントンで、ちょっと良いかもと思い、今回、この映画を観て、好きになった。インドの貧困から始まる、2時間足らずの映画は、目を覆いたくなる、胸をえぐられるような悲惨さは、「想像して」と、画面には出てこない。辛くなりすぎるので、出さなかったのだなと思う。子役の子が上手くて、どうやって台詞と演技指導したのだろう。感心もし、又、可愛くて、心では、一緒に走って逃げまし [続きを読む]
  • 知恵の引き出し
  • 只今放映中の、SEIYUのCMは、ひそやかな楽しみ編。子達を寝かしつけた後の、ちょっと高級アイスを食べにキッチンに向かう、後ろ暗さを漂わせる丸い背中と、「やっぱ コスパ」と呟くお母さん。子に、見つけられちゃいますけどね。同じ商品なら、安い方が良いよね、意味のCM。そうなの、やっぱ、コスパよね。送料だって、安い方がいいわよ。何とかならないか、何かあるんじゃない。どうにかなるんじゃない、何か、なにか。「知恵と [続きを読む]
  • 押しサンプル、GO!
  • ネットショップでのお買い上げには、サンプルや、時期によっては、大量に貰った販促品を、同梱しています。サンプルは、ダンボールの隙間を埋めるべく、ゴミとして捨てる梱包剤よりは、良いのでは、位の気持ちなのですが。店もネットショップ共に、頑張って探さないと見つからない地味店なので、辿り着くと、押し売りならぬ、押しサンプルもお使いいただけるようで、「なにぃ、これぇ、つかってみるか、な」程度の気持ちで向かい、 [続きを読む]
  • 花散らしの、雨ですね。
  • テレビで桜について、各地でインタビューをしていた時、沖縄の女性が、「百人一首の、ひさかたの 光のどけき 春の日に、静心なく 花の散るらむ の意味がわからなかった」と言い、続けて、「沖縄の寒緋桜は、花毎、ぼたっと落ちる桜で、花びらが舞わない。東京で桜を見て、初めて『しずこころなく、花の散るらん』の意味が理解できた」意味のことを話していた。花散らしの雨に、道路に落ちた花びらを見て、沖縄女性のインタビュ [続きを読む]
  • 廃盤が続く
  • 好きな商品、認めた商品しか売っていない。世間的に人気があっても、「駄目だ、ファンデーション落ちない。能力低すぎ!」と思うと、業務で使ってはいても、「買わなくて・・・、買わない方が・・・」依って、5社化粧品メーカーを扱っていても、販売点数は少ない。CARITAの二層式、水のファンデーション。最盛期には6色あったが、2色となり、4・5年前に、4色と増えた。新製品発売のセミナーで、同席のサロンの方が、「今は、 [続きを読む]
  • 記念の1枚
  • 歯科医院の診察券を探していた。1年以上お世話になっていないので、区別して保管してある筈が、なぜか見つからず、深く探し始めると、いつもおありがとうございます。おかけさまで、1周年です。と、殆どひらがな、で書かれた、テレホンカードが、未使用のまま出てきた。今年が開店26周年だから、約25年、約四半世紀前のもの。懐かしいなと、思わずぱちり。記念の1枚です。お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘアエステで満足 [続きを読む]
  • 春の名を探して
  • 「お手洗いに活けるお花が欲しいのね」と言うと、「あそこの花、持っていって良いよ」と、お風呂屋さん仲間に言われた。故に、人家の花だが、花泥棒ではない。地面に咲く花は、土の力だけでなく、さんさんと太陽を浴び、前の恵みで育つので、お花屋さんで売っているものと違って強く、切花でも長持ちがする。「もう咲き終わりかな」と不安だったが、お手洗いに活けると蕾の咲き、花の名を探して「春の花 黄色」で、図鑑を見る。似 [続きを読む]
  • 60〜55へと、サイズダウン
  • 「簡易包装でお願いします。ダンボールに貼り付けても結構です」と。ネットショップのお客様からメールで依頼された。地域によっては、ぷちぷちも、燃えないゴミになり、迷惑なのではと、梱包材料も減らしています、が。昨今は、ぷちぷちの在庫も無く。新聞紙を梱包に使うのもね、そこそこの値段の商品なのに、夢が無い気がするし、毎回、こんぽう、紙、ぷちぷちと悩んでいた。「ぷちぷちはぁ、嫌われるから、梱包用に紙、買うか。 [続きを読む]
  • 花森安冶の仕事 世田谷美術館
  • 用賀駅からバスに乗る、世田谷美術館で開催中の、「花森安冶の仕事」チケットを戴いた。これは「行け」と言うことなのだと、よっこら足を運んだ。13時台のバスは1時間に2本。次のバスまで、後20分ある。待つか、タクシーか、歩くの三択。しかし、タクシー乗り場は駅の反対側で、又、流しのタクシーが捉まらず。交番で道順を聞き、歩くかと、歩き始めたのですが、やはり迷った。美術館の反対側に着き、依って、端から端まで歩 [続きを読む]