枯野 さん プロフィール

  •  
枯野さん: KARANOがれーじ
ハンドル名枯野 さん
ブログタイトルKARANOがれーじ
ブログURLhttp://karano-garage.doorblog.jp/
サイト紹介文ニトロ携帯ポタリスト。自転車改造と気になった場所、好きな場所をちょっと皮肉も入ってご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/01/29 21:50

枯野 さんのブログ記事

  • 海が見たい
  • 初夏を通りこして、既に真夏の様相を呈している空梅雨の土曜日。毎度のことだが、この時期海が見たくなり九十九里を目指す。今までの、車で行ってベースを起点にするのではなく直接家からの往復にする。検索での予定走行138km。往路は御成街道をベースにするため、京葉道路から江戸川水閘門・行徳橋を渡り船橋に抜ける。本日最初の難関行徳橋。架け替えが進んでいると聞いていたが、まだ桁の一部ができているだけだった。歩道 [続きを読む]
  • さっぽろ紀行 番外
  • 札幌出張から半月。再度札幌に出張遠征。今回は10日間だが休みなしのため見れるところはどこもない。出発時は雲の厚い天気だったが、一瞬の晴れ間で眼下に檜原湖が一望できた。井上靖の短編小説『小磐梯』のテーマにもなった、磐梯山の水蒸気爆発によるMEGA土石流によって出現した巨大湖沼である。裏磐梯に魅せられ頻繁に訪れていたが、この十数年訪れていない。小磐梯山頂からの絶景と大磐梯の山頂からのパノラマに感動し、 [続きを読む]
  • 長い付き合いだなー‥‥けど腹立つのう
  • 今年も自動車税の納付時期になった。いつものごとくポストに入っていた。最近は自動車税や都市計画税などをキャッシュで払えるほど現金がないので、数年来クレジット払いである。また支払いをしようと開封する。「あれぇ〜っ、なんかたっけーな。」「あっ、そうか年式だ!」以前乗ってたグラチェロ並の高級車になってしまった。4リッターカーの税金に耐えかねて15%近く下がる1ランク下の3.5リッターで選んだのが今の車であ [続きを読む]
  • 関東三十六不動尊巡拝 Ⅰ
  • さて、第一回目の『関東三十六不動尊巡拝』である。スタートが5月なので残り7か月となっている。巡拝に合わせていろいろ見て回りたいところもあるが、今回は割愛。巡拝は特に順不同でよいそうなので都内から始める。ルート①目黒不動尊⇒②等々力不動尊⇒③目青不動尊⇒④中野不動尊⇒⑤石神井不動尊⇒⑥志村不動尊⇒⑦目白不動尊①目黒不動尊 天台宗泰叡山瀧泉寺(たいえいざんりゅうせんじ)慈覚大師・円仁の開基によるとされ [続きを読む]
  • 今年は関東三十六不動尊巡拝
  • 今年『酉年』はお不動さまの年。今年はカミさんの達ての願いで、『関東三十六不動尊巡拝』をすることに決めていたが、諸所の事情とスケジュールの都合で、5月の連休からのスタートとなった。仏教徒を自称しながら、仏教をまるで知らない不信心な親父としては,『関東三十六不動尊』てなに?、総開帳てなに?から始めなければならない。「関東三十六不動霊場会」の公式HPを見てもその辺を教えてはくれない。http://tobifudo.jp/36 [続きを読む]
  • 無謀 渡良瀬遊水池
  • ゴールデンウェークにどこも行かないのはもったいない。唯一フリーの3日にどこか走りに行こうと決めたのは5月1日夜。車+自転車は渋滞に巻き込まれるので、家から直接往復にするのは決めていたが目的地が決まらない。いくつか候補もあったが結局出るまで決まらなかった。京葉道路に突き当たる。右に行けば市原・大網方面、左に行けば多摩湖狭山湖方面。直進すれば荒サイ・江戸サイで埼玉茨城方面である。信号一つまって直進にす [続きを読む]
  • さっぽろ紀行下つ巻
  • 観光を市内に移す。大通りや駅前に車を止めれば見どころはたくさんあるが、駐車場代もかかるので、とりあえず市街の周辺を回る。札幌オリンピックで日の丸飛行隊が活躍した『宮の森ジャンプ競技場』。実は大倉山に行くつもりが、ナビをセットしていなかったので、間違えてきてしまったのだが。親父のほかにはジョギングしている人が一人だけだった。オリンピックのテーマソング史上一番の名曲(と、オヤジは思っている)、トワエモ [続きを読む]
  • さっぽろ紀行上つ巻
  • いきなりの出張で北海道へきた。前回北海道へ来たのは新婚旅行以来なので四半世紀以上昔である。しかもそろそろ還暦が見えてくるような歳で、札幌を訪れるのは初めてである。北海道へ飛ぶならやっぱこれでしょ。『北海道の翼』エアドゥ。直前予約で一番安かったという本音はここではなし。すすき野・時計台・丸山動物園にラーメン・ジンギスカン・海の幸など観光には・グルメには見どころ満載の街である。が、出張先は市内からはる [続きを読む]
  • yozakura
  • 連日帰りが遅くなったので、短距離ながらジテ通を復活。前回から8日たったテニスコート。今日も終了前に来ることができた。ずいぶんと開いてきたが、まだ満開ではない。今年は結構長く持つかな。気温も上がってきて、平日でもささやかな宴会シートが数席設けられていた。横十間川は護岸工事が進んでいる。結構広い川だと思っていたがだんだん狭くなってしまうのは少し寂しい。クローバー橋から見るスカイツリー。この川こそが、か [続きを読む]
  • 桜と愚痴少し
  • ぐっと気温が下がり、山沿いでは季節外れの大雪となった今日。帰り道にときたま通る公園のテニスコート。桜が少し咲いていた。お〜、このテニスコートいつからナイトゲームできるようになったんだ?否。自分が今日早いだけだ。いつもはもっと遅くに通る道。ナイトゲームはおそらく21時までだろう。今日は久々に21時前なだけだ。今日は街全体が少しだけ明るく見える。テニスコートもそうだが、オフィスビルの光も多い。流石に月 [続きを読む]
  • 昼ポタ
  • 自転車通勤がなくなったため、年末の下野ライド以来の自転車出動となる。銀座の某リサイクルショップで買い物をしてから晩飯のおかずを買って帰るまでの時間、久々に少しこぐ。お茶してから、桜田門を通りBMCの故郷、赤坂の某大手チェーンのサイクルショップに物色しようと足を延ばしたが、店がなくなっている。HPみたら半年も前に閉店していた。他の店に行くのもつまらないので、このままポタに切り替える。六本木通りから麻 [続きを読む]
  • MIKADOROID
  • またまた懐かしい映画。1991年の東宝の短編SF。タイトルからすると何かとてつもないおそれ多いもんが出てくるのかと思ってしまうが、ストーリーの中にタイトルの名称・呼称はいっさい出てこない。ジャンルは『ホラー』になるようだ。劇場公開されないOVだった。主役ともいうべき怪物は『百二十四式特殊装甲兵ジンラ號』。鉄人同様、帝国陸軍の極秘兵器として開発されたが、戦況逼迫により研究施設ともども廃棄処分になった [続きを読む]
  • 唐沢山攻略
  • 下野の国分寺跡・国庁跡を見た帰り、少し足を延ばして唐沢山城址を訪れる。唐沢山城址は現在唐沢山神社となっている。唐沢山神社のご神体は「従四位下・下野武蔵守・鎮守府将軍『藤原秀郷公』」である。百足退治の逸話が有名だが、何よりの功績は天慶の乱を鎮圧したことである。唐沢山城はこの藤原秀郷公の築城といわれている。本丸は標高241mの唐沢山山頂から尾根を利用して展開され、自然地形を有効活用した縄張りは『関東7 [続きを読む]
  • 下毛野再び
  • 前回下野古墳めぐりで見逃した吾妻古墳のリベンジを兼ねて、再び下毛野へ。今回は前回とルートがダブるため自転車は積んでいない。6:30AMに出発して一般道で9:00過ぎに琵琶塚に到着。順調である。琵琶塚に寄ったのは、昨年末の発掘現場がどうなっているかを見るためである。前方部の周溝の発掘部分は埋戻しが進んでいるようだ。『天平の丘公園』の駐車場に車を止めると、すぐに復元円墳のような築山が見える。航空写真で [続きを読む]
  • 肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)
  • 前回よりはひらがなにしてもそれほど恐ろしくはない。相変わらず黒い蚊が視界の中をうろうろして居座り続けているなか、過日家事で少し腕をひねった際に『ぴしっ』っと腕に衝撃が走った。それ以来、肘がぐりぐりするのと小指がしびれるような感覚がなくなるような、何とも気になる症状が続いた。子供の進学も決まり、今年は何とか早々に、『下毛野古墳リベンジ』と『上毛野古墳制覇』をしたいところだ。やはり古墳探訪は晩秋から早 [続きを読む]
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 視界の中に何やら黒いものが居座り続けている。最初は本当に虫かと思ったが、すぐに違うことがわかった。虫ではなく、まつ毛が引っ付いたのだと思った。しかしそれとも違うことに気付いた。目薬をつけても取れない。絶えずそこにいて、視線をそらしても図々しくついてくる。「緑内障です。進行はしていないのですぐに影響は出ませんが、経過観察が必要です。」と診断されて2年。急に進行が始まったのかと不安になって、掛かりつけ [続きを読む]
  • 初詣
  • 今年は娘の受験があるので、家族で初詣に行く。学業の神様といったら天満宮である。近くには亀戸天満宮もあるのだが、倍率が高い??とのことで、実家に近いところの葛飾区の『熊野神社』に行くことにした。熊野神社は葛飾区立石にある。葛飾というと最近の人は両さんの『亀有』、ちょっと前の人は寅さんの『柴又』がメジャーであるが、ここ立石は葛飾区役所・公会堂・税務署などがある、まさに葛飾区の中枢なのである。熊野神社が [続きを読む]
  • 下野古墳めぐり〜2016走り納め 下つ巻
  • 茶臼山古墳から細い谷を挟んで東側の台地の中腹に『神徳大神宮』という神社がある。この裏手に県下最大の円墳『富士山古墳』がある。最大直径86m。ここも大型埴輪をはじめ複数の埋蔵品が発掘されている。麓から見学ルートがあるのだが、知らないで神徳大神宮に行ってしまった。掃除のオジサンに尋ねたら「ここからは上れないんだ」といいながら「横の灯篭と石垣を乗り越えていくと看板のある場所に行くよ」「県で管理してっけど [続きを読む]
  • 下野古墳めぐり〜2016走り納め 上つ巻
  • 今年秋から予定していた下野古墳ライド。転勤・子供の受験・親の入院、そして自分のぎっくり腰のため、ついに年末までもつれ込んだ。しかしこの季節は古墳探訪にはうってつけの季節だ。午前6時半、『小山総合公園』到着の計画が8時半を過ぎた。帰省渋滞の影響はさほどなかった。単なる「寝坊」である。午前9時、を出発。腰の状況も不安で、全行程110km越えの予定距離を70kmに短縮。湿布とコルセットを装着しての走りだ [続きを読む]
  • 初めてスマホ割
  • 愛用のガラケーF−09Bがいよいよダメになってきたので、遂に機種変更をすることにした。『らくらくホン』というだけあって流石に使いやすかった。11月にFOMA販売中止が発表され、本来はこれからがガラケー所有のレアプライドの真骨頂なのだが、SPモードでガラホが幅を利かせるとガラケー持ってる希少プライドが希薄になるし、同じく不調のデジカメの代用にもしたいので、とりあえず使用実績のあるものを基本にした。新 [続きを読む]
  • スポーツ電チャリ考
  • サイクルモードにいって『ヤマハYPJ−R』を見て、乗って結構な衝撃を受けた。電チャリもここまでスマートになっているんだねぇ。ジテ通から車通勤になった影響が大きいのかこのところの体力減と体重増が著しい。自転車は鍛えるためや、フィットネスとして乗っているわけではない。何か目的を持って新しい発見もしたいし。何より終わった後に楽しかったなぁと思えるのが趣味サイクリングである。持病もちの親父にとって、高いパ [続きを読む]
  • 結局きました『サイクルモード2016』
  • 昨年散々ケチつけて「今年はやめよっか」と思ったサイクルモードだが、結局来てしまった。今回は特に見たいもの・ほしいものがあるわけではないので特に焦点を定めずにぶらつくことにした。予期せぬ朗報というか、事前には気にもしていなかったが今回は『スペシャライズど』が出展していた。最初に来た頃は出展していたと思うので、もう5〜6年ぶりか。こじんまりしたブースだったが、いずれにしろ大手メーカーの復活は喜ばしい。 [続きを読む]
  • IQレポート
  • 我が愛車も6回目の車検となった。今回はスケジュールの関係で1週間の入院となるので、ディーラーに代車をお願いした。「ちょっと小さいですけど」と言われて出てきたのは『IQ(知能指数か?)』という車。何この可愛い車、面白そう。どう見てもチョロQだ。プレミアムコンパクトカーというコピーで、スマート路線を狙った車である。幅が5ナンバーフルサイズの1680mmあるのに、長さが2985mmしかない。国産車ではミ [続きを読む]
  • 加瀬山(消失古墳ライド再び)
  • 神奈川県には大型古墳がないからつまらないというイメージを僅かながら変えたのは、先年90m級の逗子長柄桜山古墳をライドしてからである。探訪基準の100m以上のものはないが、神奈川県にも70〜90m級のものがいくつかある、近隣サイクル古墳探訪としては最後の宝庫もである。今回はぐっと近い川崎の加瀬白山古墳に行く。R1多摩川大橋を渡る。多摩川は関東でも十指に入る大河川であるが国境をなしてはいない。対岸の川 [続きを読む]
  • 豊洲から築地へ
  • スーパービバホーム豊洲にお買い物のついでに、久々に豊洲市場を通ってみた。おやじが駆け出しの営業マンで清掃車の埃にまみれたこの地域を回っていたころ、ここには東京電力の発電所や東京ガスのガス工場があった。工場閉鎖後、ここは東京でも数少ない広大な荒野『OUTBACK』が残った。ここが福島第一原発の放射性残土なんて問題にならないほど有害な土壌だってことはわかっていたことだから、市場はきっと来ないと思ってい [続きを読む]