Serena さん プロフィール

  •  
Serenaさん: バイオリン職人のオランダ奮闘記
ハンドル名Serena さん
ブログタイトルバイオリン職人のオランダ奮闘記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tomokokoizumiviolins
サイト紹介文バイオリンの修理の様子や、バイオリンや弓の選び方、オランダで営む楽器店の様子などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/01/31 04:37

Serena さんのブログ記事

  • ギヨーム バイオリン弓
  • ギヨーム バイオリン弓 金黒檀 7000ユーロ (88万円くらい)久々にギヨームのバイオリン弓、それも金黒檀が入荷しました。今回の弓は、一見して数年前のものとスタイルが変わったな、という感じがします。ギヨームも50代半ば、以前のとがったスタイルから、数年前から始まったクラシック回帰がより強固になってきたようです。押しも押されもしない第一人者になったからこそ、個性を前面に打ち出す必要もなくエキセントリックを [続きを読む]
  • 満20年
  • 今日で、バイオリン業界に足を踏み入れて、満20年になりました。20年前、右も左もわからず、高い志があったわけでも、バイオリン職人になる夢に燃えていたわけでもなく、ただ自分の居場所を求めてたまたま受け入れてくださった工房にお世話になることになったことを思おうと、こうやって20年もバイオリン職人として生きてこれたのは、なかなかの奇跡のような気がします。 初めて入った工房は、今思うとよくそんなところに入れても [続きを読む]
  • 鑑定書の読み方
  • 鑑定書の読みカtお伝えします。弓の鑑定書は、持ってるけれど実は読んだことない、って方、多いんじゃないでしょうか。フランス語だったり、あまりにも達筆な草書体で何語かすらわからないありさまだったり、なかなか難しいですが、今日はちょっとためになるお話。画像は、ラファンの鑑定書。書いてあるのは、1 どこの誰が鑑定書を書いたか2 製作者3 スタンプ4 竿 材料と八角かまるか5 フロッグ 材質など6 ボタン 材質 [続きを読む]
  • 鑑定書の読み方
  • 鑑定書の読みカtお伝えします。弓の鑑定書は、持ってるけれど実は読んだことない、って方、多いんじゃないでしょうか。フランス語だったり、あまりにも達筆な草書体で何語かすらわからないありさまだったり、なかなか難しいですが、今日はちょっとためになるお話。画像は、ラファンの鑑定書。書いてあるのは、1 どこの誰が鑑定書を書いたか2 製作者3 スタンプ4 竿 材料と八角かまるか5 フロッグ 材質など6 ボタン 材質 [続きを読む]
  • フレンチ弓
  • AST CHANCE 今週中は、まだまだフレンチ&J.P. ベルナール、バイオリン弓ご覧いただけます。思想、ご購入希望のかたは、メッセージを頂けるか、080-40005599までお電話ください。J.P. ベルナール 2000ユーロ (日本の定価が40万をいま超えているので、4割ほどお手頃価格になります。)モリゾー・フレ 6000ユーロちょっと重め。先週仕入れたばかりのほやほや。ルイ・バザン 6800ユーロ古い弓!っていう音が [続きを読む]
  • フレンチ弓
  • AST CHANCE 今週中は、まだまだフレンチ&J.P. ベルナール、バイオリン弓ご覧いただけます。思想、ご購入希望のかたは、メッセージを頂けるか、080-40005599までお電話ください。J.P. ベルナール 2000ユーロ (日本の定価が40万をいま超えているので、4割ほどお手頃価格になります。)モリゾー・フレ 6000ユーロちょっと重め。先週仕入れたばかりのほやほや。ルイ・バザン 6800ユーロ古い弓!っていう音が [続きを読む]
  • 2017年1月弓のご紹介
  • もう12月、今年ももうそろそろ終わりに差し掛かっていますが、早速、来年の弓のご紹介予定です。来年は短い期間ですが、1月14日から19日までの間、首都圏でバイオリン、ビオラ、チェロ弓のご紹介をいたします。バイオリン弓はオールドフレンチを中心に本場ヨーロッパ価格でご購入いただけます。巷ではトランプ円安などと叫ばれていますが、やはりヨーロッパ価格だとかなり割安になります。わかりやすい例だと、ギヨームの銀黒檀は5 [続きを読む]
  • 2017年1月弓のご紹介
  • もう12月、今年ももうそろそろ終わりに差し掛かっていますが、早速、来年の弓のご紹介予定です。来年は短い期間ですが、1月14日から19日までの間、首都圏でバイオリン、ビオラ、チェロ弓のご紹介をいたします。バイオリン弓はオールドフレンチを中心に本場ヨーロッパ価格でご購入いただけます。巷ではトランプ円安などと叫ばれていますが、やはりヨーロッパ価格だとかなり割安になります。わかりやすい例だと、ギヨームの銀黒檀は5 [続きを読む]
  • ベルナール・ウーシャー
  • ブログなんてやってたっけというほど更新が滞っておりますが、今日は、バイオリン弓のご紹介。ウーシャー、 ベルナール銀象牙10000ユーロ (120万円くらい)実は、これ先月、ロンドンで唯一仕入れた弓。たった1本だけれど、いったかいあったという弓になりました。なんといっても素晴らしいコンディション。そして、音の深みがすごい。見た目からして、パワーはありそうにみえるんですが、まさかここまで深みをひきだしてくれるとは [続きを読む]
  • ベルナール・ウーシャー
  • ブログなんてやってたっけというほど更新が滞っておりますが、今日は、バイオリン弓のご紹介。ウーシャー、 ベルナール銀象牙10000ユーロ (120万円くらい)実は、これ先月、ロンドンで唯一仕入れた弓。たった1本だけれど、いったかいあったという弓になりました。なんといっても素晴らしいコンディション。そして、音の深みがすごい。見た目からして、パワーはありそうにみえるんですが、まさかここまで深みをひきだしてくれるとは [続きを読む]
  • オランダ店
  • 最近は、すっかりFBばかりで、こちらのブログはご無沙汰だったのですが、オランダ新店舗も少しずつ前に進んでいます。最近は、ようやく、バイオリンをかけるところを作りました。皆さんも、楽器屋さんとか工房とかいうとバイオリンがずらっとかかっているっていうイメージあるかと思います。引っ越し以来、そのバイオリンをかけるところを作ろう作ろうと思いつつ、時間ばかりが過ぎてしまって作っていなかったのですが、ようやく作 [続きを読む]
  • オランダ店
  • 最近は、すっかりFBばかりで、こちらのブログはご無沙汰だったのですが、オランダ新店舗も少しずつ前に進んでいます。最近は、ようやく、バイオリンをかけるところを作りました。皆さんも、楽器屋さんとか工房とかいうとバイオリンがずらっとかかっているっていうイメージあるかと思います。引っ越し以来、そのバイオリンをかけるところを作ろう作ろうと思いつつ、時間ばかりが過ぎてしまって作っていなかったのですが、ようやく作 [続きを読む]
  • 5月にご紹介の弓
  • すっかりおそくなってしまいましたが、5月にご紹介できるバイオリン弓です。今回は、オランダ新店舗オープンを記念して、この先絶対しない全品10%オフ!ユーロ安もあって、相当お手頃価格になっていますので、ぜひこの機会ご利用ください。ご興味ある方は、info@serenaviolins.com まで、ご連絡ください。 ルイ・バザン 5580ユーロ (73万円くらい)今回の一押し。なんといっても、音の深みがさすがオールドの風格出して [続きを読む]
  • 5月にご紹介の弓
  • すっかりおそくなってしまいましたが、5月にご紹介できるバイオリン弓です。今回は、オランダ新店舗オープンを記念して、この先絶対しない全品10%オフ!ユーロ安もあって、相当お手頃価格になっていますので、ぜひこの機会ご利用ください。ご興味ある方は、info@serenaviolins.com まで、ご連絡ください。 ルイ・バザン 5580ユーロ (73万円くらい)今回の一押し。なんといっても、音の深みがさすがオールドの風格出して [続きを読む]
  • オランダ、セレナバイオリン
  • このところFBばかりですっかり、ブログはご無沙汰していましたが、オランダ店、セレナバイオリン、ようやくお店らしくなってきました。先週末には無事にオープニングパーティーも終わり、家具も届いて、それなりになってきました。まだまだ、ウェブサイトが途中だったり、インタネット回線が届かずホットスポットをお借りしていたりと、軌道に乗ったとは言いにくい状況ですが、3月になって決まった新店舗オープン、一か月余りでど [続きを読む]
  • オランダ、セレナバイオリン
  • このところFBばかりですっかり、ブログはご無沙汰していましたが、オランダ店、セレナバイオリン、ようやくお店らしくなってきました。先週末には無事にオープニングパーティーも終わり、家具も届いて、それなりになってきました。まだまだ、ウェブサイトが途中だったり、インタネット回線が届かずホットスポットをお借りしていたりと、軌道に乗ったとは言いにくい状況ですが、3月になって決まった新店舗オープン、一か月余りでど [続きを読む]
  • 店舗探し
  • 先日から、急遽オランダの店舗探しをしています。はじめは、自宅に工房をもってそれでいいかな、と思っていたのですが、独立して10年、そろそろ店舗を出すころかもしれないと変わってきました。よく考えてみれば、中野時代、店舗を借りるか迷っていたころに、オランダ移住を決め、オランダに来てからは、何度となく店舗を構える機会があったのになんだかんだでそれを逃していました。いきなり事業の解散が決まって、いろいろと不 [続きを読む]
  • Serena Violins
  • 昨日、オランダでも正式にセレナバイオリンの屋号を登録してきました。10年前東京中野で開業して、そして、6年前にオランダ移住。今年は、オランダで、セレナバイオリンとして新たにやっていくことになりました。今は、新規にウェブサイトを作り中です。まだまだテンプレート作成中ですが、ぜひのぞいてみてご意見いただければ嬉しいです。http://serenaviolin.ccvshop.nl/ [続きを読む]
  • 再びセレナバイオリンへ
  • オランダに来てから早6年が経とうとしています。日本でセレナバイオリンとしてはじめてからもう10年余り。とにかく色々あって長かった気もしますが、振り返ってみるとあっという間でした。オランダに来てからこの6年はボームズマ&こいずみという共同事業形態で仕事をしていましたが、この3月から正式に解散へ向けて手続きを始めることになりました。共同事業ではとにかくオランダで店を軌道に載せることに終始した気がします [続きを読む]
  • オランダ戻ってきました
  • オランダに戻ってきました。今回は、生後4か月の娘をお留守番させているということで、たったの1週間の日本滞在でした。移動の時間もあるから正味はもっと短かったかも。そんな1週間でしたが、短かったからこその密度の濃い滞在となりました。今回は、以前にお会いしたお客様が2人もまた来てくださったこと。日本ではメンテナンス業はしていないので、そうそう買い替えなどしない弦楽器でリピーターとして来てくださったのは、 [続きを読む]
  • 弓試奏会
  • すっかりブログでも告知したものと思い、忘れていました。この16日土曜日池袋で、弓の試奏会します。こちらの会は、とくにご予約いただかなくても、いらしていただけます。時間が、1時から2時半と短い間になってしまいますが、一人で予約して真面目に試すのは、ハードル高いという方にお勧めです。お試しいただけるのは、バイオリン、ビオラ、チェロのギヨーム弓、バザン、モリゾーなどのオールドフレンチバイオリン弓になりま [続きを読む]
  • 2016年
  • オランダでも2015年終わろうとしています。2015年は、仕事では、現状維持以上のことをできない1年ではありました。 この18年間、バイオリン職人としてやってきて、私の一番の強みは、目の前にいる人、一人ひとりのニーズに100%寄り添いたいと思えること、、今私の前にいる人が本当に望んでいることをかなえたいと思えること。そして、そのために私のできることを全力でできることだと思っています。こんな音がほし [続きを読む]
  • 日程
  • 東京でバイオリン、弓の試奏がいただける日程が決まりました。16、17日の週末になります。16日につきましては、リストの中にあるものに興味はあるけど、一人で予約して試すのはちょっとためらわれる、という方にも、来ていただける時間を作ろうと思っています。ご紹介可能な弓リストバイオリン F.ロッテ 4000ユーロバルジョネ 3500ユーロモリゾー・フレ 5000ユーロP.マリン 5500ユーロギヨーム 銀黒檀 4250ユ [続きを読む]
  • フレンチバイオリン
  • 弓の話ばかりで、このところまったくというほど、楽器の話題がなかったのですが、実は、今、フレンチバイオリンが充実しています。そんな中でも、一番のお勧めというのが、A. ダルテ。1800年代後半にパリで作られた楽器です。いかにもパリっぽい、濃い赤のニスに、隆起や作りがパリでできました!と言っているかのようなバイオリンです。そして、音の方も、この時代のパリの楽器によくある、良く響いてくる強い低弦が特徴で [続きを読む]
  • ミステリー・ビオラ弓
  • 今日は、素晴らしいんだけれど、作者不明のビオラ弓です。このビオラ弓、フェティック作という触れ込みで、おおー弾き心地最高!と思って買ってみたものの、結局作者不明で終わったというものです。作りのきれいさとか、スタイルとか、弾きごこちとか、フェティック!という感じなんですが、微妙に違うということで、結局、その頃のフレンチ、フロッグはジレ作、ということに落ち着きました。ミステリー弓のいいところは、クオリテ [続きを読む]