へんおじ さん プロフィール

  •  
へんおじさん: 自然遊民
ハンドル名へんおじ さん
ブログタイトル自然遊民
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hennojiegoma/
サイト紹介文体に取り入れる大切な食材です。自分で栽培して、料理して食べる。そして食への感謝をしている日記です。
自由文自分の体のためなら自分で野菜を作り始めました。
今まで経験した作物はエゴマを初めとしてヤーコン、粟、モロコシ、小麦、ダイコン、白菜、カブ、クキタチ、韃靼蕎麦、里芋、ジャガイモ、サツマイモ、アピオス、落花生、キクイモ、ネギ、コンニャクイモ、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ナス、唐辛子、枝豆等です。これから挑戦したいのが小豆、ヒエ、キビ等です。楽しみがたくさん育ってきています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/01/31 11:14

へんおじ さんのブログ記事

  • いのしっしと霜降りです。
  • レンギョウの花が満開になりました。しばらくは芽を楽しまさせてくれるでしょう。畑の脇では自給自足いやp−まカルチャーを楽しんでいた名残のスモモの木が花を咲かせだしました。ゲストハウスではイノシシが植え木を盗もうとしてか?根回しをしていました。これは根の先に居る虫を食べたとです。この影響で植え木が枯れることもしばしば県ではイノシシは木所尾するよりもフェンスを張ることの方が効果的だとか?少し時代遅れな指 [続きを読む]
  • 咲いた咲いたチューリップの花
  • やっとチューリップの花が咲きだしました。このチューリップは周囲をスイセンなどの毒性のある植物に守られネズミの食害から守られています。今年こそは球根わけをしてあげたいですね。近くの山にある桜とコブシは共演中です。それぞれ競い合って大きくのっぽに育っています。そして今では森の主となっています。切ることない針葉樹にも負けないように大きな森の木です。見下ろすとエゴマの加工所脇の桜の木の横にはお隣の鯉のぼり [続きを読む]
  • 桜開花とルバーブ
  • 阿武隈山中でもソメイヨシノが咲きだしました。そして地時の早い木の新緑ものぞかせています。これから遅れている春を一気に取り戻す山の働きが忙しそうに訪れます。桜が咲くと農作業に追われますね準備完了時々イノシシに悪戯されるルバーブ畑です。これからは新脇芽が出たら切り分けて蕪数を増やします。エゴマ栽培で時間が空いた時の作業になります。 [続きを読む]
  • 畑の様子
  • 豊後梅がようやく花をつけました。基準値内でも梅が放射性物質を含む値となっていたので除染した梅の木です。幹をある程度切り、新たな枝を出させています。気の表面はできるあけけずることにより線量を落としています。さて三年目の今年、結果は如何にです。お麦はますます緑が濃くなり成長期に入りました。液肥を蒔きたいと思いますが時間がとれません。何とかしなくてはですね。ニンニクは成績優秀です。どんどん成長しています [続きを読む]
  • ジャガイモを植えなくては
  • 落としのジャガイモ畑の予定地です。ジャガイモの種芋を蒔く前にイノシシ対策が必要なのでmだかかれません。現在出没のイノシシは生まれたばかりのイノシシと親2匹の足跡を確認しています。畑を少し手を加えるとすぐにやって来て作業内容を確認しています。電柵を貼ってからの作業となります。 [続きを読む]
  • 台湾の輸入検査不合格多く日本農産物
  • 先にオリンピック・パラリンピックで選手に提供する日本の食品がGAPの関係で品不足になりかねないというニュースをお知らせしました。今朝のニュースチェックでは台湾の輸入品検査で2本のシソやミカンが不合格品の上位に入っているという記事を見ました。私たちは何を食べているのでしょうね?農薬に、化学物質に安易に依存しすぎている自分を反省します。参考のために記事を添付します。渡部 和男−−−−−−−−−−−−−−− [続きを読む]
  • アサツキとラッキョウ
  • 昨日はFB¥で見たあさつきが食べたくなったのでひっこ抜いて来ました。昨年コンニャクを作ったところに勝手に出て来ました。味噌をつけて生のままいただきました。幼いころ春の陽射しが強い日に弁当を持って親と一緒に山へ途中でアサツキを掘り、お昼御飯には味噌をつけて清水をかけアサツキで弁当を食べました。サクサクと口の中にいれ込むご飯がとても美味しい事が記憶に残っています。それがトラウマアサツキは生で食べる習慣 [続きを読む]
  • 小麦の農薬不使用は危険か?
  • 小麦栽培の一番の問題点はムギ類 赤かび病でしょう「デオキシニバレノール」という物質が産生されるのが問題です。いままでも麦を栽培してこのような菌が発生した経験が無いので特に注意をしています。この物質により画依拠する体調異常は消化器系の病気、腹痛や下痢です。良くラーメンやパン島に弱いのはこの物質が原因かも、あるいは小麦アレルギー、セリアック病等もあります。はたしてこの赤かび病が体内に影響することが問題 [続きを読む]
  • 霜柱
  • これが最後になってくれるでしょうか?霜柱を見る事が出来ました。サクサクと歩くリックスこの辺りの土は霜柱が出来やすいんですね出来やすいと言う事は登場し易い土壌と言う事です。肥料が多く必要かもしれませんね。今年もここに一ホールの畑のケーキを入れます。 [続きを読む]
  • 小麦が青く
  • 小麦が日に日に緑が濃くなってきています。今年は寒かったようで生育がいまいちです。いつもよりは小ぶりに感じるので昨年と比較しました。昨年4月5日の小麦の様子です。頑張れ小麦達、追肥はエゴマの液肥とエゴマの灰です。そして苦土石灰とミネラル、エゴマのぼかしを追肥します。 [続きを読む]
  • ルバーブ畑の整理
  • た高かった昨日は念願の畑の後始末と始まりの準備をリックスとジュペエ君も応援団で駆けつけて来ました(笑)人が良いんですねこの子達では作業開始です。重なり合ってしまった雑草を引き集めて山を作り搬出です。午後からはそれを集めて堆肥にするように積みました。雑草の枯れ草をはがすと赤いものが現れます。他にも座槽の枯れ葉を押しのけて出て来たルバーブの新芽真っ赤な茎がルバーブの証です。今年も目覚めてくれたルバーブ枝 [続きを読む]
  • 麦踏
  • 朝仕事は麦踏真ん中から左側が踏み終わったところです。踏んでいるとあちこちにモグラの通路がぶすっと足が下がります。踏むことにより霜で浮いた根が土の基盤面につきます。これから想定される中緯度高気圧の影響で雨が少なくなります浮いた根は栄養分を吸収することなく枯れる可能性があります。そのための踏み踏みです。あと一時間分ほど残っていますので時間が空いたらまた踏み踏みします。踏んでいる間は好きな詩に合わせてリ [続きを読む]
  • やさしいおやつ
  • 饅頭です。中華まんあんまんとエゴマを活かした饅頭です。小麦はこちらの畑の物国産、福島県産の小麦を使用しています。小麦は岩手県から購入したゆきちから福島県では官民癒着の構図が出来上がっているので買えるところが少ないので岩手県から購入しました。使い慣れるとこのユキチカラがふっくらのパンになったりtパンを役所言う人ごど六ほどの良品、麺にするとパスタ風のこしの強さになります。いままでユキチカラは農協さんが [続きを読む]
  • 小麦畑に雪
  • 今朝は深夜に雪が降りました。いつまでも続くなごり雪小麦を足踏みしたところだけが雪が積もっていません。今日は時間をもけて麦吹きの続きをします。これだけ効果が見えるとやりたくなりますね。この小麦で焼いたコッペパンが現在私の周辺でブームとなっています。輸入食材の危険性をアレルギー専門医が確認し始めています。医師自体が新たにアレルギー患者になってしまったために原因究明をしているとやはり輸入小麦にあるようで [続きを読む]
  • 動き出す春
  • スイセンに花芽がつきました。この蕾はいつ開くのでしょうか?糖分観察が楽しみですね。暖かくなると動物達も動き出します。それを狙って猫がネズミを捕らえて来ました。今年に入って3匹目のネズミのほさつです。良く働く猫ですね深夜にはイノシシが暴れ回り、餌の無いこの周辺の木の根周りを虫でも見つけたのでしょうか?堀あさっていました。犬は気がつかなかったようですが猫が気がついてイノシシの通過する方向を家の中から触 [続きを読む]
  • 小麦の様子
  • 現在小麦畑の様子はこんな感じです。美味しい小麦になってくれと願いを込めています。まだまだ貧弱な小麦ですが冬の間にどのくらい根を伸ばしたのか成長が楽しみです。ところでこの情けない小麦、心配なので昨年と比較してみました。3月3日の昨年のエゴマの様子です。4月5日の様子です。今年は少し遅れている感じがしますね。 [続きを読む]
  • エゴマの残渣積み積み
  • 昨日はたまったエゴマの茎の残渣で堆肥罪をしました。中に米ぬかを挟んで発酵し易く施しました。そこにエゴマの油粕も挟み、唐箕選のエゴマの残渣も間に入れ、完了です。気温も上がったので外の仕事が楽しかったです。しかし花粉の飛散で目が痒くなり、悲惨でした。 [続きを読む]
  • 巨大資本が合併、農薬を手中にマスコミを誘導し易く
  • 米ダウ・ケミカルとデュポンの合併計画、EU競争当局が条件付き承認Bloomberg 3/28(火) 1:49配信 米ダウ・ケミカルとデュポンの770億ドル(約8兆5000億円)規模の合併計画を、欧州連合(EU)の反トラスト(独占禁止法)当局が条件付きで承認した。デュポンが世界的に展開する農薬事業の主要部分売却を含む大幅な譲歩案で調整がついた。ダウとデュポンの計画は、世界の農薬業界地図を大きく塗り替えるとみられる3つの合併・買 [続きを読む]
  • 春よ来い
  • 今日も霜が降りた畑です。間もなく準備を始めなくてはと思いますが朝の寒さがやる気をへし折らせます。先ずは苦土石灰散布をして油粕を撒いてトラクターで耕転小麦とニンニクには液肥を撒いて追肥昨年、成長の良く無かった畑には昨年摘んでおいた植物堆肥を施します。そして今年は10aほど放棄農地を救いたいと願っています。では頑張りましょう。 [続きを読む]
  • 忘れ物はなんだろう
  • 雪降りの阿武隈山中です。花も終わりに近付いている福寿草の葉にも白い雪が積もっています。強い花ですね福寿草軒先のヒヤシンスはその姿を染め始めています。まだ香りは発していませんが間もなく強い香りを発してくれます。スイセンは雪を消しながら地下水を汲み上げています。間もなく花芽が出てくるでしょう。このヤマザクラはいつ咲き始めるのでしょうか?跡一月ほどかかるんでしょうか?冬将軍の忘れ物は何だったのでしょうか [続きを読む]
  • ぶどうの接ぎ木
  • 昨日は3月気温も上昇が始まるのでぶどうの接ぎ木をしました。親魏の方の真ん中を咲いて接ぎ木の方をひらたい矢のようにして挿しこみました。そこを凧糸でぐるぐる巻きに固定して水分が通じやすく施しました。はじめてのことなので失敗してもいいように7か所施しました。このブドウは神奈川県から挿し木が来ました。さてうまく行くでしょうか?消毒等は施していません。 [続きを読む]
  • 小麦とエゴマの物語
  • エゴマの裏作として小麦を作っています。有効利用と土壌バランスを良くするつもりでもあります。そのエゴマと小麦銀河のほとりのブログ心と体と地球のための「銀河のほとり」 NPO百笑屋敷 | Facebookさんや空色cafe.のお菓子工房 | Facebookさんのような健康趣向のお店で使われています。本当にうれしいかぎりです。エゴマや小麦、全粒粉は遠慮なくお問い合わせください。よろしくお願いします。日本エゴマの会・ふくしま - 福島美 [続きを読む]
  • ニンニクの強さ、これだ
  • 凍てつく土の中、頑張るニンニクです。その任にうの周りだけ凍みていません。ニンニクが土の深くまで値を伸ばして凍らないように水分を汲み上げているからでしょう。ニンニク自体も糖分をしっかりと貯め込み、寒さと闘っています。この寒さがニンニクを強くするんですね暖かくなると一気に成長を始めるでしょう。たくさんのミネラルを取り入れ球根に貯め込み、私たちにその栄養を提供してくれます。過保護に育てない分だけニンニク [続きを読む]
  • 小麦の様子
  • 昨日は雨降りでした久しぶりに暖かい雨を感じました。春雨の暖かさにはまだほど遠いですがいい感じの雨降りを感じる事が出来ました。小麦も新芽が出て来たんぼでしょうか緑の色を出して来ています。何かホッとする小麦の様子です。でも昨夜から雪が降って真っ白な畑になっています。一歩後退で二歩前進の日が続いている阿武隈山中です。早く熱くなると良いですね。 [続きを読む]
  • 今度はモロコシ
  • 今度はモロコシの脱穀です。まだエゴマの脱穀が終わっていないので使えませんが暖かくなる前に種を保存しておく必要があります。湿気を持ち温度が上がると発芽を始めてしまうからです。このモロコシは人間が初めて栽培を始めた穀物の可能性があります。原産地はアフリカ、人類の誕生と移動と共に世界にその種子は広がりました。そしてヒエになり粟になり、麦になり米になりトウモロコシになり、色々な穀物と結びついたかもしれませ [続きを読む]