シッカム さん プロフィール

  •  
シッカムさん: 浦和レッズ応援ブログ
ハンドル名シッカム さん
ブログタイトル浦和レッズ応援ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sickham/
サイト紹介文すべては浦和のために… 浦和レッズをこよなく愛する人々にお届けします。
自由文浦和レッズの表と裏(浦)。いろんな情報満載REDS☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2010/01/31 12:26

シッカム さんのブログ記事

  • オナイユに そんなことを言う
  • 正智深谷の選手時代に対戦したという後輩。 ディフェンダー目線で、オナイユとマッチアップして感じたことをこう話してくれました。 テクは、今いち。 身体能力は、ずば抜けている。 特にジャンプ力は、半端ないと感じたらしい。 おそらく、Jリーグで一番じゃないかとも言っていました。 さいたまシティで見た彼は、ボールをもらいに下がると、積 [続きを読む]
  • 代表に再挑戦 航が世界を渡る
  • リオ五輪代表キャプテンを務めた浦和の遠藤航選手がフル代表に追加招集された。 舞台は、慣れ親しんだ埼玉スタジアム2○○2。 28日のW杯アジア最終予選のタイ戦だ 出場が叶えば、ダブルボランチの一角を担うこととなる。 本人はインタビューで「アグレッシブさを出していけたら」と気合十分だ。 そう、失敗を恐れるサッカーは見たくない。&n [続きを読む]
  • 多くのエースを抱える 浦和☆
  • 今季浦和は、ラファ、矢島、長沢、菊地と背番号10番の選手を4人もかっさらってきた。 なのに、リーグ戦ではラファ一人しか出場していない状況だ。 前のチームで中心的役割を担っていても、ここ浦和じゃサブどまり。 チャンスすら与えられていないのは、どうも腑に落ちない。 フォワード陣全体を見てもそうだ。 今季、大幅補強して8人となった。 そ [続きを読む]
  • お熱いのがお好き ラフとラファ
  • 25年目のJリーグ。 手を使うプレーや後ろから危険な当たりが一向に減らない。 それどころか、逆に増えているように感じる。 ラフプレーについて、改めて考えてみた。 ラフプレー【rough play】とは、 スポーツで、規則にふれるような乱暴なプレーのこと。 かつて、エメルソンがボールを受けると激しい当たりで倒されたものだ。 何度か倒されてフ [続きを読む]
  • 引き込まれたのは 自分のせい
  • 電車の扉には、挟まれないようにと注意喚起のシールが貼ってあります。 駅のエスカレーターにもね。 景観を損ねるし、何をそこまでと思います。 何でも人のせいにする世の中、設置者も大変ですね。 その反面、自己責任という言葉も増えました。 相手に責任を問うのか、自己責任なのか? 「先に言ったもの勝ち」の風潮があります。 &nbs [続きを読む]
  • KFC サポーターが出来ること
  • Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country. 国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。 ジョン・F・ケネディの有名な大統領演説の一説です。 そう! クラブに何かを求めるのではなく、サポーターが出来ることはやるんです。 そ [続きを読む]
  • 攻守の両立は ムリなものか?
  • 代表戦があるので、Jリーグは3月いっぱいお休みです。 浦和レッズ応援ブログは、休まず営業する予定です。 試合がないと、ネタ探しに苦労しますが、「一日一レッズ」。 これがシッカムの基本です。 といっても、最近、ゴルフに現(うつつ)を抜かすシッカム。 先日もハーフ9ホールのショートコースを6回も回りました。 ベストスコアは3オ [続きを読む]
  • 4節G大阪戦 打てども々ドロー
  • いつも互角の戦いが繰り広げられるナショナルダービー。 今回は、2勝1分のガンバと2勝1敗のレッズとのプライドをかけた一戦だった。 ガンバは、代表キーパーでもある東口を欠き、久しぶりに藤ヶ谷を先発。 上海上港戦から復帰した柏木が、シャドーの位置に入った。 好調の青木を残し、武藤を外したのだ。 この采配が、どう転ぶか? 試合 [続きを読む]
  • 勝つ手に食い倒れ予想(J1 第4節A G大阪戦)
  • ACLでは、自分たちのサッカーができなかた浦和レッズ。 この悔しさを、ガンバにぶつけたい。 そこで、今回の勝つ手に予想は、「縦パス」。 くさびが入ってこそ、はじめて分厚い攻撃ができる。 中央からもサイドからもガンガン仕掛けたいところ。 パスは強めに、クロスは鋭くいきたい。 相手ガンバが立ち上がりにどう出て [続きを読む]
  • Jリーグ優勝賞金が 2倍3倍
  • 今さらですが、今年の優勝賞金は3億円。 去年までの年間勝点1位の8千万円や、年間優勝1億円と比べると格段に上がった。 配分金を合わせれば、18億5千万円を手にすることが出来る。 今まで逃した賞金を一挙に稼げるチャンスじゃないか! 子どもの頃、こんなCMが流行っていました。 マルハチ博士が、2倍2倍。 外国人力士の草分け、高見山関 [続きを読む]
  • 少し滑っただけの 上海上港戦
  • アウェイ感たっぷりの上海。その上、ピッチがスリッピー。 相手のプレスを受け、生命線である縦パスもあまり出せなかった。 激しい当たりと早い攻めに、レッズは試合入りから落ち着かない様子だった。心配されていたディフェンスは、アンラッキーもあって3失点。 それでも、好調な攻撃陣なら逆転。 いや、追い付くことが出来ると期待したが、2点どまりだった。 考えようによったら [続きを読む]
  • 上海上港戦は ありのままで〜
  • ACLで好調な浦和レッズ。ウェスタン・シドニーに4-0、 FCソウルに5-2と、いずれも大勝している。 ここ最近は、失点があるものの、大量得点をあげている。 甲府戦でのFW陣の活躍に、破壊力抜群の浦和“四銃士” を イタリアのメディアが「ファンタスティック4」と命名したらしい。 URAWA POINT@URAWAPOINT 破壊力抜群の浦和“四銃士” 伊メディアが「ファン [続きを読む]
  • 上海上港戦は 前進か撤退か?
  • 明日は、アウェイで上海上港戦だ。 その"上海上港集団足球倶楽部"は、(あー、なげぇー)元ブラジル代表MFオスカルをはじめ、日本でもプレーしたFWのフッキら強力な選手を擁するうチーム。 ここまで、2勝全勝、勝点6でURAWAと並び好調を見せている。 このあと、4月11日にはホームで対戦。連戦となるわけだ。 URAWAは、アウェイでガンガン攻めに行くのか? & [続きを読む]
  • 【浦和】迷い人のお知らせです(笑)
  • 浦和市役所から迷い人のお知らせです。  1月10日、午前5時13分頃から浦和地内より、高木 俊幸さん、25歳の行方が、わからなくなっています。 高木さんの特徴は、身長170センチメートル。 やせ形で、赤い服を着て、鋭いドリブルと正確なキックを持ち合わせています。 高木パパも大変心配しています。 見かけた方は、浦和レッズ応援ブログ警察署に連絡してくだ [続きを読む]
  • 3節甲府戦 ラッシュDaゴール
  • 性急過ぎる攻めの浦和。前からのプレスもいけてない。 相手のリズムに合わせて時間だけが過ぎてゆく。 寒さが身にしみる前半となった。 だが、このまま終わらないのが、今年のレッズ。 興梠が口火を切れば、FW陣が次々と決め始める。 終わってみれば、4得点と大量得点。 「KLM盛りに R添え」 腹いっぱい満足!大満足! 甲 [続きを読む]
  • 浦和レッズのおいしい食べ方
  • 今季の浦和レッズって、どんな味付けなんだろう。 ここのところのゲームをみると、守備が薄めだが、 新たな選手を加え、スパイが効いてきている。 阿部、柏木両選手に頼らなくても、料理ができている。 青木選手が頼もしくなったのは、チームにとって大きい。 地味だけど、しっかり出汁がでている感じだ。 もっと点がとれるのに [続きを読む]
  • 失点deセレモニーは ごめんだ
  • 「ゴールdeセレモニー」は、ゴール裏にあるオーロラリボンアドボード(電光掲示板)に“セレモニー”が表示されている間に、レッズの選手が得点すると、チームに強化費などが贈られるイベントで、1ゴールにつき、チームに30万円の強化費やスポーツバーの貸切権が贈呈されるものなんです。 2013年10月から始まりましたが、10ゴール全てで勝利を飾っています。 現在、2017シーズンの第1号ゴールの得点者を当て [続きを読む]
  • ラファエルシルバは 若かった
  • 最近、ゴール裏を見渡すと、平均年齢が下がってきているように思えてならない。 より高く跳んでる。 より熱く吠えてる。 自分もそんな時があったと、昔を懐かしく思う。 若いもんには、負けられない。 ちょっと固い話になるが、日本では70歳から高齢者と呼ぼうとしている。 人手不足を解消し、経済の低迷を食い止めたいという思惑があるのだ [続きを読む]
  • 浦和のために 己が出来ること!
  • ホーム開幕戦だというのに、観衆は43,826人。 5万人に満たないのは、寂しいものです。 それでも、火曜日のFCソウル戦の18,727人に比べれば、よく入ったと思います。 おかげで、売店やトイレは大混み。 帰り道もスイスイとはいきませんでした。 2万人だろうと、4万人だろうと、声で後押しするだけ。 その声を効率良く出せる方法を最近知りま [続きを読む]
  • ホーム開幕 連勝の始まりだぞ〜ん
  • 武藤の思い切り振り抜いたシュート。 こぼれ球を冷静に流し込む興梠。2点とも、らしいゴールだった。 ただ、手放しに喜べない。なぜなら、今のレッズじゃ2点リードでも安心出来ないからだ。 後半、右足の内側でトラップ、浮かして流し込むラファエル。 ボール奪われたら取り返す。前からもプレスをする。 ハーフコートの練習試合を見ているようだった。 [続きを読む]
  • 勝つ手に予想(J1 第2節H C大阪戦)
  • ホーム開幕ともあって、明日は遠いところから参戦する人もいるようですね。さて、勝つ手に予想ですが、爆発的な得点力を見せる浦和レッズ。 その反面、大量失点で自爆しています。 相手セレッソは清武、柿谷が戻ってきて、J1でも上位を狙えるチームです。 昇格組だと甘く見ていたらやられる。 開幕に負けて、ホームだし勝つのが当たり前。 そんな考えも捨てなき [続きを読む]
  • 揺るぎない 浦和ファースト
  • 職場の先輩の女性(65歳)が、トラちゃんどこまで壁を作るのかなー? 何て意味不明なことを言っていました。 「ふーてんの寅さん」じゃなくて、アメリカの大統領をトラちゃんと呼んでいるのです。 ディフェンスの壁が、今一つ頑丈でない今シーズンの浦和レッズ。 浦和第一主義を貫けるか? 25年目にして、このところの大量失点で、正直自信がなくなって [続きを読む]