クロちゃん さん プロフィール

  •  
クロちゃんさん: クロちゃんのページ
ハンドル名クロちゃん さん
ブログタイトルクロちゃんのページ
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
サイト紹介文秩父を拠点に山遊び・渓遊びを中心に日常の喜怒哀楽を綴っています。
自由文山や渓は遊び場である。自分の休日を利用して遊ぶのである。
故に楽しくなければ遊びとは言えない。楽しむために計画して準備をする。楽しむために労を惜しまず汗を流す。それが明日への糧となるのだ。これがクロちゃん流の遊びの哲学です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/01/31 12:56

クロちゃん さんのブログ記事

  • 針ノ木大雪渓ハイキング
  • 「針ノ木大雪渓は、白馬大雪渓・剱沢雪渓と共に、日本三大雪渓の一つです。」よし、行ってみよう。(^○^)/(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/ハーイ♪参加メンバーの誰もが未踏で、下見もせず、事前の情報は乏しい中、朝5時に秩父を出発した。登山口の扇沢までは風まかせナビ任せであったが、このナビの案内がまた、持ち主に似て変わったルートを案内した。もしや、ナビも初めてで迷ったのか?「なんでこんな道を通るんだー。」高速を降り [続きを読む]
  • 尾瀬沼ブラクロさんぽ
  • 一風変わった行動が身上の私は尾瀬の代名詞、ミズバショウが終わった季節に尾瀬沼に「ブラクロ」して来ました。いつもより遅い時間帯で大清水に着いた時、異変を感じた。午前5時。駐車場が空いている〜。いえ、午前5時は普通の時間でしょうね。(*^^*)一ノ瀬まで車道をブラブラ、ブラクロでのんびりと歩く。車道の道が良く整備されていて、歩きづらいような…。満員の低公害車が何台も追い抜いて行く〜。歩くのがバカ気になってき [続きを読む]
  • 奥秩父の名瀑・丸神の滝
  • 埼玉県内では唯一日本の滝百選に選ばれた滝、それが秩父郡小鹿野町にある丸神の滝です。車でのアプローチには道が狭いので運転注意報です。(“▽”*)整備された広い駐車場には水洗トイレと自動販売機があります。もし、飲み物を持っていなかったら、ここで購入して持って行くことをお勧めします。[画像]丸神の滝は過去に何度か訪れていますが、今回はいつもと違う反時計回りで周回してみた。徒歩25分の案内板は正解でしょう。結 [続きを読む]
  • 武甲山の見える丘
  • 季節の移ろい、あれほど賑わった色鮮やかな絨毯は緑に覆われていた。人影の消えた風景の主役は秩父の主峰・武甲山だ。でっかい山容の武甲山の姿を見ると秩父と感じる。[画像]少し散策してみた。数は少ないが、季節の花が咲いていた。山に咲く花の名前は多少分かるようになったが、野に咲く花の名前を私は知らない。それでも、幾つか名前がわかった。ドクダミどちらかというと嫌われ者の印象ですが、シミが消えるというすごい効果が [続きを読む]
  • 秩父の鬼女伝説
  • 「その昔、上ノ山奥野の女、心荒く父母親類縁者にも疎み果てられ自ら懐胎の身ながらも追い立てられ久那の岩洞に住み鬼女如く振るまい里人に恐れられていました。女の子生まれて母に似ず神仏を尊び里人の助けにより、旅僧の持ちし観音像をまつり、母没後の菩提のためにこの地を霊地にしたという、これが寺の草創である。」[画像]うーむ。この説明文はむずかしい。(-_-)ゞまず、上ノ山奥野というのは地名なのだろうか。そういった地 [続きを読む]
  • 必殺・猫じゃらし物語
  • 猫じゃらしって植物を知っていますか。子供の頃、猫と遊んだことがありませんか。若い猫は面白いようにジャレついて、ネコパーンチ!しかし、落ち着いた大人の猫は「フン!」と知らんぷり。[画像]正式名はエノコログサというらしい。夏の涼しい朝、草原に猫じゃらしを見かけた。ただ、それだけのこと。しかし、この猫じゃらしを使って最強猫を育てることができるかもしれない。[画像]では、最強育(さいきょういく)物語の始まり、は [続きを読む]
  • 黄金の紫陽花伝説
  • 秩父市街地の西に小高い尾根が続く秩父ミューズパークは四季折々の花が楽しめます。今現在はヘメロカリスと紫陽花の季節だ。(今はどちらも終盤戦)[画像]あちこちでアジサイの花便りが聞こえる季節、秩父もあちこちで見頃を迎えています。(今現在は見頃を過ぎている。)秩父ミューズパークはスカイロードに沿った車道沿いが紫陽花ロードとなっています。(今現在はだいぶ傷んできている。)[画像]アジサイは土壌によって花の色が変わり [続きを読む]
  • 秩父は猛暑の嵐と水不足
  • 毎日、猛暑の嵐が襲っている秩父地方はダムの貯水量も減っている。暑いぜー。(*´Д`)=з「浦山ダムでは水が少なくて、ダムに沈んだ建物が見えている。」という、まことしやかな噂を耳にして、興味津々行ってみた。結果は…。[画像]疑うことを知らない素直な心を持つ私である。用心深いが騙されやすくもある。そして、淡白な性格の人間にそういった現場を探すことはできず。ただ、水不足は深刻を進行中です。[画像]豪雨の被害に遭 [続きを読む]
  • 尾瀬で消えた想い出の場所
  • 夏が来れば思い出す 遥かな尾瀬 遠い空♪そんな尾瀬の中にあって、疲れを癒すひとときの休憩場所に素敵な小屋や休憩所がありますが、近年続けて3カ所の山小屋が営業をやめています。私にとっては想い出の小屋でした。富士見小屋[画像]富士見下の無料駐車場から長い車道歩きでアヤメ平の玄関口に位置する。2015年10月21日に82年の歴史に幕を下ろしました。中に入ると「お茶をどうぞ。」と優しい笑顔で迎えてくれた。食べたうどん [続きを読む]
  • 真夏の寒さを体感
  • まさかこれほどとは、想像していなかったー。登山口から風のない無風の不快指数100%の中、全身汗まみれになって歩いた。水分補給をしても、それ以上に汗が噴き出す環境だった。こりゃ、脱水症状になってしまうな。人一倍汗かきな私は、久しぶりの暑さに閉口した。あ、暑いじゃないのー。\(`o’”) コラーッそうして、辿り着いた大雪渓を前に、真夏の寒さを体感したのだった。[画像]さ、寒いじゃないのー。\(`o’”) コラーッ [続きを読む]
  • 紫陽花神社に人面石ミステリー
  • 雨降る土曜日の朝、この時間帯は不思議と雨は止んでいた。それじゃ、行ってんべぇ。此処は秩父郡小鹿野町にある紫陽花神社です。神社に向かう参道は白い紫陽花が並んでいる。[画像]神社境内付近は「紫陽花神社」らしい雰囲気で色とりどり紫陽花の花が咲いていた。[画像]ふと、案内板に目をやると「おかめ石」の文字に目が止まった。おかめ石?なんでしょう。これは確かめてみる価値がありそうだ。矢印にしたがって坂道を進んでみた [続きを読む]
  • 秩父荒川ハス園に蓮の花咲く頃
  • 梅雨空、雨模様の朝、ちょこっと蓮の花の開花状況を見に行った。花は咲いていましたが…。数はまだ少ない状況でした。[画像]美しく幻想的な蓮の花、仏教では極楽浄土に咲く花とされ、古くから慈(いつく)しまれてきました。花言葉は「清らかな心」です。[画像]心静かに手を合わせて…。(-∧-;)清らかな心になる。【心頭滅却すれば火もまた涼し】「心頭」とは心、「滅却」は消してしまうの意。心の雑念を払い、無念無想の境地に達し [続きを読む]
  • 秩父華厳の滝でライトアップ
  • 秩父郡皆野町の山間部にある秩父華厳の滝でライトアップが行われている。6月30日から7月2日までの短い期間限定です。夕刻のライトアップは幽谷であった。[画像]滝の近くはまだ足元の明るい時間帯だけ近づけるのだろうか。[画像]徐々に暗くなり始めた頃、「そろそろ暗くなりますから。」と、その場を離れるように誘導された。ハーイ。(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/素直に従う。[画像]少し水量が少ないかな。華厳というには勇ましい [続きを読む]
  • 小浅間山の山歩記
  • 前夜の横川SAで車中泊は、暑くうるさく寝不足気味で、小浅間山の登山口にやって来たのは朝4時が少し回った時刻でした。これは失敗の失態の始まりだった。このあとも追い打ちをかけるようなことが続いた。スマホで調べた駐車場って、ここで良いのかな。スマホの画像でもう一度確認。オーケーで賞♪ちなみに道路の反対側に綺麗なトイレがあります。峰の茶屋の広い駐車場は有料1,000円の案内板があった。登山ポストの横にある [続きを読む]
  • 楽々で絶景な伝説の山
  • この山は、朝飯前、御茶の子さいさい、チョロイもんだったー。でもでも、素晴らしい景色が広がっている。登山口から40分で登れる山なのである。[画像]【本当のような嘘の伝説】浅間山の赤鬼伝説(著者:クロちゃん)昔むかし、まだ富士山と浅間山が同じ高さだった頃、富士山に棲む青鬼が浅間山の赤鬼に「山作りの勝負をしないか」と『やぎさんゆうびん』で持ちかけました。♪青鬼さんからお手紙着いた。赤鬼さんたら読まずに食べた [続きを読む]
  • 秩父の花便り・両神花しょうぶ園
  • 今年もちょこっと訪ねてみた。淡白な性格の私は特に拘りを持たず、適当パチリでさっと引き上げることが多い。この日は、そろそろ終盤かなと思う日でした。6月、梅雨の季節、両神花しょうぶ園に花が咲きそろいます。[画像]見ごろのピークは過ぎているようですが、まだまだ元気に咲きそろっていた。ところで、PCであやめを変換すると「菖蒲」になり、しょうぶを変換すると「菖蒲」となる。はなしょうぶを変換すると「花菖蒲」とな [続きを読む]
  • 入笠山の花の覚書
  • 6月は山に夏の花が咲き始める季節です。入笠山は花の百名山である。それなりに花が楽しめます。緑の中にクリンソウ発見♪[画像]ツマトリソウの群生が何ヶ所かで見られた。[画像]もちろん、近づいてパチリ♪[画像]入笠山の代名詞、スズラン♪ランランランと咲いていた。[画像]青空にパラグライダーの花♪[画像]信州の山って、本当にいいとこです。帰りは高速料金をケチって、韮崎インターまで一般道を走った。空いている国道20号 [続きを読む]
  • 大阿原湿原を訪ねる
  • 入笠湿原から入笠山の山頂を踏み、首切清水に降り立ったあと、高層湿原では日本最南端と説明書きのあった大阿原湿原を訪ねてみた。頭の中で「大河原湿原」と勘違いしていたが、「大阿原湿原」だったのね。「河」と「阿」の文字は似ているぞー。ヽ(^o^)ρそんなおバカさんは私だけだろうか。さて、大阿原湿原であるが、私の期待は見事に裏切られた。湿原といえば、お花畑と想像するのですが、花の姿はまるっきりなかった。足が向か [続きを読む]
  • 首切清水に心霊スポットを感じる
  • 入笠山の山頂から下山の道は「首切清水」という何とも物騒な地名に向かった。車道にでると、サルオガセが雰囲気を醸し出している。[画像]「みんなで歌おうゲゲゲのゲ♪」そのすぐ先に、首切清水はあった。[画像]自慢じゃないが、私は人一倍の霊感がある。( ̄^ ̄)「お前のは0「れい」勘だろう。」\(`o’”) ん!いつもの天の声が聞こえたような…。(^^ ; ^^)確かに、道迷い迷人で山を彷徨う、方向音痴の私は「0勘」が強い。時 [続きを読む]
  • 青空の入笠山を歩く
  • 私の山は「思いついたら吉日」で、事前情報も下調べもなく目的地に向かうのである。今回選んだ入笠山は何度めになるだろう。4〜5回めかな。入笠山は花の百名山なのだ。記憶の中で「頃はよし。いや、少し遅れたかな。」単細胞の思考回路が駆け巡る。これは半分当たっていたような…。人影のない入笠湿原が物語っている。(“▽”*)[画像]明るくなり始めた午前4時15分に自宅を出て、コンビニで食料調達したのち、雁坂トンネルを [続きを読む]
  • 八千穂高原で咲いた花の覚書
  • ここは花の宝庫だ。きっと誰もがそう思うだろう。賛成の反対の反対は賛成なのだ。とにかく多かったのがベニバナイチヤクソウだ。行く先、歩く先に咲いていた。ベニバナイチヤクソウ花言葉:恥じらい[画像]マイヅルソウ花言葉:清純な少女の面影[画像]クリンソウ花言葉:少年時代の希望[画像]カラマツソウ花言葉:さり気ない優しさ[画像]レンゲツツジ花言葉:あふれる向上心[画像]ギンラン花言葉:おとなしい貴婦人[画像]サラサドウ [続きを読む]
  • 日本一美しい白樺群生地を歩く
  • 八千穂高原自然園を満喫した杣みちの会一行は、白樺群生地の散策です。この道は、レンゲツツジの咲く優しい遊歩道になっていました。[画像]白樺の木々が美しい。風が心地好い。さわやか信州の代名詞みたいだ。(*^^)vほれ、歩け、歩けー。[画像]ベニバナイチヤクソウがたくさん咲いていた。立ち止まることは少なく…。ほれ、歩け、歩けー。[画像]レンゲツツジが満開だ。緑とレンゲツツジの色がとっても似合うね。でも、止まることは [続きを読む]
  • 八千穂高原自然園を訪ねる
  • 本格的な夏山シーズンに向けて訓練だー。(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/ハーイ杣みちの会では緩い企画が続いている。そろそろ本格的な山に向けて眠った心身を鍛えておかなければならない。しかし、そんな思惑はどこ吹く風で今回もゆるーい計画です。本当は内山峠越えで信州入りの予定でしたが、内山峠は橋梁工事のため全面通行止めです。事前に情報を入手していたので高速を突っ走りました。八千穂高原自然園は北八ヶ岳の山の玄関口にあ [続きを読む]
  • 野生との遭遇
  • それは突然のことだった。尾瀬アヤメ平から富士見下に向かう帰り道…。世界各地で異変が起こり、UFOらしき物体の目撃情報が多数寄せられる。偶然UFOと遭遇した人々は何かに導かれるように…。それは、「未知との遭遇」だろう。\(`o’”) 天の声を聞いて、先を見つめて歩く足が止まった。なんだお前は?[画像]そいつも立ち止まってジーッとこちらを見ている。カメラを取り出してシャッターを押した。次の瞬間!突然、突進してキタ [続きを読む]
  • スズランの山に行ってみた
  • 時は今 天が下知る 五月哉出陣じゃー。(⌒0⌒)/~~~早朝に出陣するが、その途上の柴野付近の陣で光秀は重臣達に信長討伐の意を告げた。「敵は本能寺にあり。」と、いうこととは全く関係ないが、朝4時に家を出てスズランの山に行ってみた。スズランは確かに咲いていた。しかし…。[画像]以前の光景とどこか違っていた。なんか、少ない。(-_-)ゞそれでも、人目を気にせず這いつくばって懸命にシャッターを押した。[画像]山頂はピカピ [続きを読む]