クロちゃん さん プロフィール

  •  
クロちゃんさん: クロちゃんのページ
ハンドル名クロちゃん さん
ブログタイトルクロちゃんのページ
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
サイト紹介文秩父を拠点に山遊び・渓遊びを中心に日常の喜怒哀楽を綴っています。
自由文山や渓は遊び場である。自分の休日を利用して遊ぶのである。
故に楽しくなければ遊びとは言えない。楽しむために計画して準備をする。楽しむために労を惜しまず汗を流す。それが明日への糧となるのだ。これがクロちゃん流の遊びの哲学です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2010/01/31 12:56

クロちゃん さんのブログ記事

  • 花の美の山公園
  • 春の陽気に誘われて、ふらっと訪れた美の山公園は桜満開の見頃となっていました。もちろん、下から歩いて行ったよー。歩くと良いことたくさん待っている。辿り着いた美の山公園は老若男女、山ガール、山ボーイ、消防服姿の青年団体もいて賑やかだった。[画像]街では散った桜は、標高の高い美の山では満開の状態で気持ちを明るくさせてくれました。[画像]展望台から眺める秩父盆地も春の装いを感じる。[画像]カメラを持って、周囲を [続きを読む]
  • 秩父のとある風景
  • 秩父に関越自動車道・花園インターから国道140号を南下して訪れるほかは必ず峠を通ることになる。いえ、現在は峠をトンネルとなって通過している。代表的なのは…。国道299号線は正丸峠、山梨方面からは国道140号線雁坂トンネル、そのほかに出牛峠、定峰峠、志賀坂峠、土坂峠、二本木峠、有間峠などがありますが、秩父高原牧場を越える道もある。秩父高原牧場から美の山を眺める風景〜。[画像]もうすぐ、「天空を彩るポピ [続きを読む]
  • 春の花咲く道・堂平山から笠山
  • これはもう、花好き人間にはたまらない光景です。花に興味のない人はスルーです。(*^^*)里山を歩く人は結構速いペースで歩いていた。堂平山から笠山に続く道に咲いていた可憐な花たちを紹介します。キブシ…暖簾のように垂れ下がって咲いていた。[画像]タチツボスミレ…どこにでも普通に見られるが、山歩きで見つけるとカメラを向けてしまう。[画像]桃色のサクラ…可憐な姿でした。[画像]イワウチワ…これはもうイーワ、イーワの春 [続きを読む]
  • 雨の日に咲く花
  • 秩父羊山周辺で雨の日に撮影した花たちです。雨の中では「光が欲しいな。」と思ってしまいますが、これもまた良き経験でした。ほとんど失敗撮影でしたが…。それでは、失敗作品、オン、パレード〜。土手の上の桜(((((((((((o_ _)o ドテッ[画像]満開だけど満開に見えないところがポイント?華やかさが足りません。(#^^#)コブシの木[画像]満開だけど、バックの白に同化してその様子が消されています。サクラ・アップー。[画像]明る [続きを読む]
  • 赤い目をしたハナネコ
  • 秩父の渓に毎年咲くハナネコノメソウ。今年は少しお寝坊さんのようだ。まだ少し雪が残る沢筋に訪ねてみた。ハナネコノメソウはこんなところに咲きます。[画像]ρ(ーoー)♪赤い目をした美人さん 秩父で生まれた妖精だ♪ ρ(^o^)♪水辺(みずべ)の近くに着いた時 いっぱい涙を浮かべてた私は言葉が分からない 迷子になったら何としょう優しい日本の嬢ちゃんよ 仲良く遊んでやっとくれ仲良く遊んでやっとくれ♪[画像] ρ( [続きを読む]
  • 堂平山から笠山のイワウチワを求めて
  • 春爛漫♪久しぶりに空も心もすっきり晴れた土曜日でした。このところ、週末は「どよーん日」が続いていた。野暮用も続いて山が遠くに見えていた。今回の目的は、ズバリ!笠山に咲くというイワウチワです。時期は良し、顔良し、体調よーし。では、行ってみよう。でも、咲いているかな。一抹の不安。いやいや、いつものプラス思考・楽天主義で行こう。果たして…。車を剣ヶ峰の登り口にあるパラグライダー発着所の駐車場に置いて、つ [続きを読む]
  • 秩父・白砂公園のイチゲ&カタクリ
  • 今年はカタクリの開花が遅れていた。秩父の白砂公園カタクリの里に立ち寄った日、気温も低く天気もどんよりだったので、ほとんどの花は閉じていた。その中で、頑張って開いていた数少ない花たちです。アズマイチゲ[画像]春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種です。白い妖精だね。[画像]カタクリ[画像]早春に地上部に展 [続きを読む]
  • 猛毒ハシリドコロ
  • 早春の花を求めて歩いていたら、ハシリドコロがあった。「あなたには用はないのよ。」…..(((^^;そう心の中でつぶやいたのだが、なぜか近づいてカメラを向けていた。[画像]このあと、求めていた花はまだ咲いていなかったので、これがこの日の貴重な画像となってしまったー。ハシリドコロは猛毒であるらしい。誤食すると死に至る場合があるとか…。また、触った手で目をこすると瞳孔が開くという毒性がある。触る時は足にしましょう [続きを読む]
  • 秩父(横瀬)武甲山麓「花の郷うね」ハイキング
  • 歩いたコース横瀬駅8:25…8:35お天狗様…8:45愛宕神社…9:05天王山…宇根峠…9:55御製碑…10:25芝桜の丘…11:20羊山公園(昼食休憩)12:00…東林寺…12:30横瀬駅天候 曇りのちほとんど雨\(_ _)スタート時に雨だっタラ、雨が降ってレバ、たぶん中止にしたであろう。そんな「タラ・レバ」の山行レポです。(*^^*)[画像]スタート地点の横瀬駅です。田舎の駅は人影も疎らで静かである。というか、誰もいないじゃないかー。\(`o'") ん? [続きを読む]
  • 山にネギのススメ
  • 私の山友に刻みネギがある。(*^^)vカップ麺もネギを添えると一味違うよ。コンビニで安価で購入できるのも良いところです。[画像]熱湯を注ぎ、ジッと待つ大五郎のこころ〜。3分間待つのじゃよ。ネギもあなたのそばが良い。山であったかいものはとっても嬉しいご馳走だ。では、いただきまーす。ネギには疲労回復&スタミナアップ効果と美肌効果UPがあるそうですよ。(*^^)v [続きを読む]
  • 雨を呼ぶ武甲山
  • 「武甲山に雲がかかると雨が降るだんべ。」昔からの言い伝えである。実は、これが良く当たるのだ。科学の力を駆使したテレビの天気情報よりも当たる確率が高い?秩父人は武甲山を見つめて天気を予想する。(かな?)雨の近づく武甲山[画像]朝焼けは雨 (*^^)v富士山が傘をかぶれば雨 (*’▽’)アリの行列を見たら雨((-_-)ゞうーん。謎だ。)猫が顔を洗うと雨(ほんとかニャー)今日は朝から雨だス。o(_ _).。o○○[画像] [続きを読む]
  • 桃色の景色と道祖神
  • とある風景に目を向けた時間でした。ただ、それだけのことです。(*^^*)ピンク色に染まる桃色天国はこれからって雰囲気でした。[画像]周りの木々に隠されそうになって抱きしめる道祖神の姿は何を語ろうとしているのでしょう。人は人らしく、自然は自然らしくあって欲しい。[画像]「一連の風の…。」よ、読めん!(≧▽≦)[画像]閉ざされた冬から解放されて、春は飛び出そうと行動的になる。花を求めて歩いた先に、ほっと一息の光景で [続きを読む]
  • 小さな池の物語
  • 池・沼・湖、共通点は水が溜まった場所である。どんなに小さな池でも、そこには生物が居て、水絵が存在する。[画像]出てこい、出てこーい、池の鯉〜。そっと覗いてみたが、鯉の姿は確認できなかった。どこかに隠れているのだろうか。それとも…。確か、ここ宮崎公園の紹介では「鯉が住む池」とあったような気がする。ふーむ。(ーヘー;)瞑想の時間…。昔、むかし、山奥の小さな池に蛙(カエル)の夫婦が棲んでおりました。蛙の夫婦は [続きを読む]
  • ダイコンバナ咲く絵
  • どこにでも普通に見られる春の花にダイコンバナがありますが、普通に見られる花を普通じゃない私がダイコンバナ咲く絵と題してみました。[画像]えっ、やっぱり普通の花の写真ですか。普通じゃないですか。花は花として笑いもできる♪人は人として涙も流す♪花の上を春の妖精が待っていたら、きっと素晴らしい物語になるのでしょう。山を歩いて目にした風景を写真におさめた一枚でした。撮影日2017年3月28日 [続きを読む]
  • 上州・神成山に再訪
  • 「日本一きれいなハイキングコース」と紹介されている神成山(かんなりやま)に行った。ここを歩くのは昨年以来2度目です。車でスタート地点である宮崎公園に着いて歩き始める。この公園には駐車場に水洗トイレがあります。(*^^)v中学校に向かって歩き、校舎の横が山歩きの入口となっている。道案内があって迷うことはないと思う。[画像]すぐに右手上に不動様が見つめている。ニラメッコする人間は少ないと思うが、ちょっと休憩にち [続きを読む]
  • 小串カタクリの里
  • 春の陽気に誘われて、気になるカタクリの開花を確認に立ち寄った。結果、咲き始めたカタクリは元気いっぱいだった。(まだ眠っているカタクリもいっぱいだった。)[画像]横顔もキュートだよ。[画像]この日は平日ですが、駐車場は満車状態でした。幸運なことに、ちょうど一台出たところに到着して、しっかり駐車できました。休日はどうなってしまうのでしょう。[画像]まさか!「カタクリ」渋滞なんて起きないでしょうね。カタクリを見 [続きを読む]
  • オキナグサの乱れ咲き
  • オキナグサのこんな群生見たことなーい。驚きの興奮の光景だった。[画像]一面にオキナグサが支配している。一心不乱にカメラを向けたよ。[画像]咲き乱れる、咲き誇る、咲き競う、これぞ乱れ咲きだ。でも、たくさんありすぎて、シャッターを押すのが雑になっていた。[画像]カメラを構える私はもう満腹だよ。興奮のるつぼと化していた。[画像]そして、黄色の菜の花に春をいっぱい感じる時間でした。[画像]春だね〜。撮影日2017年3月2 [続きを読む]
  • この子に逢うために山歩きは神成山
  • 山の会で計画した目的の山は無情の雨で中止となった。でもでも、やっぱり「逢いたいなぁあの子に」で単独で出陣しました。頃は年度末の平成29年3月28日、期末の総仕上げの時期に掟破りの休みをとって、後ろ髪をひかれる思いはまったくなくお出かけです。「この子に逢うために」のこの子は「日本翁草」でーす。[画像]山の会メンバーも楽しみにしていた山なので、このことは内緒にしておこう。|・) ジー ( °o°)ハッあっ、もしこの [続きを読む]
  • あんずの花
  • あんずの花が咲いていた。あんずは杏と書くが、梅、桃、杏の花の見分けがむずかしい。特に咲く時期が一緒の梅と杏はわからないゾーさん。[画像]ここで、梅と杏の見分け方について、誰でも分かる超簡単な方法を紹介しましょう。それはね。ひらがなが読めれば誰でも分かる。こちらです。[画像]はい、「あんずの里」と書かれた案内板に咲く花は杏です。(*^^)v(;一一) ジロ ∞‘’‘ヾ(^o^ヾ)マテマテー詳しく知りたい人はネットで調 [続きを読む]
  • 春蘭(シュンラン)の目覚め
  • 春が近づくと逢いたい花のひとつにシュンランがあります。私にとって、子供の頃には野山で普通に見られた山野草ですが、しばらく目にしなくなった花です。ところが、昨年あたりからあちこちで見つけるようになった。今年も、あなたに逢いに行きます。結果、タイミング良く、綺麗なシュンランを発見した。[画像]山道を歩き「ようこそ美里町」が現れると、シュンランワールドは近い。美しい里と書く町には美しい花が咲くのです。(*^^ [続きを読む]
  • 棒ノ折山・白谷沢コース
  • 棒ノ折山に「関東ふれあいの道」である白谷沢コースで訪ねてみた。登山口に一番近い駐車場は6〜7台の駐車スペースです。狭いので、みんな斜めに止めている。真っすぐが好きな私も習って切り返ししてナナメ駐車〜。なんとかうまくいったぜ。(*^ー`) フ〜満車の場合は近くの駐車場を探しましょう。すぐに見つかると思います。他の人より朝の行動が早い私は、もちろん一番近い駐車場に車を置きました。道は沢が近いところから、徐 [続きを読む]
  • なごり雪
  • 目覚めて暗い外を確認すると、冷たい雨が降っていた。天気予報があたったな。おもむろに…。「本日の山行は降雨、山は雪が予想され中止とします。」山の会メンバーにメールを送った。当山の会は、基本的に雨天中止なのである。中止となった山は翌年にまた計画する。その季節にあった山選びをしているので、翌月に繰り越すことはない。[画像]今日は神成山の「日本一きれいなハイキングコース」を歩く予定だったのに残念である。外は [続きを読む]
  • 山頂は寛ぎの時間
  • 山頂を目指す山歩きで、辿り着いた目的地は達成感とホッと安堵の時間となって開放的な気持ちになる。この日も山頂にはそんな人たちがたくさん居た。まさか、この時期この時間帯にこの山の上に、こんなにもたくさんの人が同じ環境にいたなんて、正直、思いもしなかったが…。霞んだ景色、花も咲いていない。吹き抜ける風が冷たく、お世辞にも快適な空間とはいえない。[画像]でも…。みんな、良い顔しているねぇ。山の山頂には素敵な [続きを読む]
  • ハナネコノメソウは目覚める前だった
  • そろそろハナネコの目覚める便りが届く季節である。よし!有名ではないが、ハナネコが咲くあの場所に行ってみよう。きっとあどけない可愛い笑顔が待っているだろう。そう思って、ハナネコを目的に山を目指した。最初に目にしたのは、赤い芯が消えたハナネコだった。しまった。遅すぎたのか。少し焦った。でも、たぶん、おそらく、この先きっと咲いているだろう。そう思って、ここではカメラを向けなかった。そして、ハナネコワール [続きを読む]
  • 秩父・山の花道でセツブンソウ
  • セツブンソウは両神堂上の日本一の自生地が有名であるが、あまり知られていない場所にひっそりと、でも、個性を主張するかのように咲くセツブンソウがいる。[画像]この花は私です。やっと綺麗に咲いたのです。誰よりも先に、あなたに見せたかったのです。[画像]ああ綺麗だといってくれるでしょうか。それとも…。両手を広げて訪れし人を待っているようなセツブンソウ[画像]ケラケラと笑っているようなセツブンソウ[画像]木の根にか [続きを読む]