HIRO さん プロフィール

  •  
HIROさん: 八戸鉄道・バス研究会別館ブログ
ハンドル名HIRO さん
ブログタイトル八戸鉄道・バス研究会別館ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hayate_hiro
サイト紹介文青森県八戸市及び周辺地域のバス・鉄道に関する情報を発信していくブログです。
自由文八戸鉄道・バス研究会 http://8-bus.com/ の別館ブログです。青森県八戸市のバス、鉄道の他に、全国の路線バス、高速バス、鉄道ネタなど気になる情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/01/31 20:41

HIRO さんのブログ記事

  • 元東急バスのエアロスター
  • 南部バス(岩手県北自動車南部支社)三戸営業所に岩手県北自動車から元東急バスのエアロスターが来ていました。しかも、運転士募集の広告をフルラッピングしていたのに驚きました。登録番号は863号車。旧南部バス時代にも僅かながら三菱を導入していますが、エアロスターが来たのは初めてのことになります。三戸営業所でエアロスターを見られる時代が来るとは、旧南部バス時代には考えられないことでした。岩手県北自動車になった [続きを読む]
  • 西東京バスからも
  • 昨日の記事で、岩手県北バス南部支社(南部バス)へ京王バスからの移籍車が入ることをご紹介しましたが、西東京バスからの移籍車も工場で整備しているのを目撃することができました。西東京バスのエルガです。白い車体になっていました。これから赤く塗っていくのか、またはラッピングされるのか分かりませんが、バンパーだけ赤に塗られていました。南部バスにもノンステ車が増えてくることになりますね。八戸市営バスには都営バス [続きを読む]
  • 京王バスの移籍車
  • 南部バス(岩手県北バス南部支社)の車両更新が、いよいよ本格化してくるようです。岩手県北バスになったことで、旧南部バスの時には見られなかった京王バス南の車両がやってきました。京王バスで大量導入されていた日産ディーゼルのスペースランナーJP(KL-JP252NAN)、京王バス南の南大沢営業所にいたM40281で平成14年に導入された車両です。旧南部バスの時から初めての日産ディーゼル導入となります。西工ボディでいえば、高槻 [続きを読む]
  • ニコニコ町会議号
  • 8月12日に青い森鉄道の三戸駅前で「南部まつり」が開催されましたが、今年はニコニコ町会議全国ツアー2017の開催地に南部町が選ばれたことで、地元の祭りとニコニコ町会議がコラボして開催されることになりました。これに伴い、青い森鉄道では八戸〜三戸間で臨時普通列車「ニコニコ町会議号」を上下6本運行しました。運行ダイヤ <上り> 2号 八戸駅11:51発→三戸駅12:12着 4号 八戸駅13:20発→三戸駅13:41着 6号 八戸駅15 [続きを読む]
  • 南部バス三戸営業所で見たままの様子
  • 久しぶりに南部バス(岩手県北自動車南部支社)三戸営業所へ行ってきましたが、その時に撮影した車両をずら〜っとご紹介します。基本的に撮影当日に止まっていた車両のみを撮影していますので、写っていない車両があることをご承知のうえご覧ください。私が三戸営業所を訪れたのは、南部支社になってから初めてのことになります。たまに近隣を訪れたりする機会もありますが、営業所に立ち寄ることがありませんでしたので、いろいろ [続きを読む]
  • 11ぴきのねこラッピングバス2台目
  • 昨年10月から運行開始した「11ぴきのねこ」ラッピングバスの2台目が7月22日から運行開始となりました。昨年登場した1台目の詳細は、下記の記事をご覧ください。11ぴきのねこラッピングバス(2016/10/02:八戸鉄道・バス研究会別館ブログ)2台目のバスは黄色をベースにしたものとなり、岩手県北自動車南部支社になってから登場したことで、南部バスの表記方法が変更されました。使用された車両は、エルガミオ132号車です。南部バ [続きを読む]
  • 久しぶりに見たヴァンラーレ応援バス
  • 八戸市営バスに乗車したところ、偶然にもヴァンラーレ応援バスに当たりました。ヴァンラーレ応援バスは、てっきりヴァンラーレ八戸の広告が付いたエルガミオで運行されていると勝手に思い込んでいましたが、特に車両を限定している訳でもないようです。今回乗車したバスは、富士7Eの478号車という古参車です。この車両でもヴァンラーレ応援バスになるんですね。運転席背後には、ヴァンラーレの大きな垂れ幕が。車内もヴァンラーレ [続きを読む]
  • ロゴが変わった860号車
  • 南部バスの書体が変わった車両である860号車が導入されて久しいですが、ようやく乗車、撮影することができました。岩手県北自動車南部支社になってから導入された車両で、愛称名となった南部バスの書体が斜体文字に変わっているほか、ローマ字のNanbu Busの書体も大きく変わりました。860号車はいすゞKC‐LV380Nですね。公式側にルーバーが付いているので、日野と見分けられます。三戸営業所に868号車という岩手県北自動車から来た [続きを読む]
  • 東北新幹線開業35周年記念号
  • JR東日本新潟支社では、1982年6月23日に東北新幹線が大宮〜盛岡間で開業してから35周年を迎えたことを記念して、新潟〜八戸間を直通する団体専用列車「東北新幹線開業35周年記念号」を運行しました。新潟発大宮経由八戸行きが7月9日、八戸発大宮経由新潟行きは7月10日に運行されました。運行ダイヤは、7月9日が新潟7:36発で途中、燕三条、長岡、浦佐、越後湯沢、高崎、熊谷、新花巻12:01着、盛岡12:13着、八戸12:43着、7月10日は八 [続きを読む]
  • JR八戸線に新車導入へ
  • 八戸線および新潟・秋田地区への車両新造計画について(2017/07/04:JR東日本プレスリリース)JR八戸線にE130系500番台を18両導入するとの発表がありました。導入は2017年8月以降に順次落成し、今年度中の営業運転開始を予定しているそうです。導入する車両の内訳は、2両編成×6本、1両×6本の18両になるとのことです。ついに念願の冷房化率100%が実現することになります。E130系500番台は、水郡線、久留里線に投入されている車両 [続きを読む]
  • 久しぶりに京急がやってきた
  • 各地からいろいろな車両が集められてくる十和田観光電鉄へ、久しぶりに京急バスの車両が姿を見ることができました。やってきたのは、いすゞエルガ・ワンステップの2台です。前面に紙で元の社番が貼り付けられていました。左はG1528で三崎営業所、右はF1526で久里浜営業所に在籍していた車両です。だんだんとエルガが増えてきますね。国際カラーと京急カラーとの並びを見るのは、新鮮です。毎度のことですが、十鉄向けなのか、岩手 [続きを読む]
  • おけいはんが来た!vol.2
  • また十鉄に珍しい個体がやってきたようです。京阪バスのセレガがやってきていました。しかも、社名、社番共残った状態でしたが、前面の「京阪」は取り外された状態でした。H3878は新宿・渋谷〜京都・枚方間の「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」などで使用されていた車両のようです。3列席なので、シリウス号の置き換えか、岩手県交通向けの車両なのか、気になるところです。そういえば、京阪から来た車両はエアロスター以来 [続きを読む]
  • 肉×博・北東北&北海道グルメフェスタ2017シャトルバス
  • 秋田県大館市で開催された肉×博「肉の博覧会 in おおだて」、「北東北&北海道グルメフェスタ2017」に行ってきました。イベント会場となったニプロハチ公ドーム(大館樹海ドーム)周辺には有料駐車場(500台収容)がありますが、郊外には無料駐車場が設置され、無料シャトルバスが2コース運行されるなど、パーク・アンド・バスライド方式が実施されていました。無料シャトルバスは、ホテルルートイン大館駅南横〜大館駅前〜ニプ [続きを読む]
  • たまには弘南バス、弘南鉄道など
  • 五所川原、弘前方面へ行った時に、弘南バス、弘南鉄道を見かけました。たまには津軽方面のネタでも投稿しようと思います。五所川原にあるエルムの街ショッピングセンターへ乗り入れるELM120円バスのダイヤ改正が、4月1日に行われました。画像の白色バスは、五所川原駅前〜ELMを結ぶもので、約30分間隔で運行されています。他に赤色バスが若葉環状線(東回り、西回り)、緑色バスがみどり町環状線を運行しています。日本でも有数の [続きを読む]
  • 続・京急リムジンがやってきた
  • 京急リムジンがやってきた(2016/11/21:八戸鉄道・バス研究会別館ブログ)十和田観光電鉄に京急リムジンのエアロバスがやってきたことを記事にしていますが、車両整備を終えて出場してきた様子を見ることができました。青森ナンバーを付けていたことから、青森〜十和田市線で使用されるようです。LED行先表示器も残されました。青森ナンバーは、1000番台に入っていたんですか?普段から八戸ナンバーを見る機会が多いので、気が付 [続きを読む]
  • 日野レインボーHRが増えてきた
  • 首都圏のバス事業者で主力車両として使用されていた日野HRが青森県南のバス事業者でも見られるようになってきました。八戸市営バスでは老朽化した車両の代替として中型ノンステップバスを大量導入している傍ら、2016年度には都営バスから大型ノンステップバスとして日野レインボーHRを初導入しました。特定の路線に絞ることなく、八戸市内の路線で幅広く使用されています(狭隘道路がある路線は除く)。十和田観光電鉄に導入された [続きを読む]
  • 新しいコンビ車の登場!
  • WILLER EXPRESSの関東⇔八戸・青森便に新しいコンビ車が登場しました。新車はエアロエースで、シートクラスが独立3列席のコモド(旧グラン)と4列席のリラックスNewのコンビ車となっています。まず弘前・青森便に投入され、次に盛岡・八戸便で使用開始となる予定になっているそうです。今回導入された新車は854、855号車で、残り2台導入されてNBマークの入ったコンビ車であるセレガを置き換えると思われます。新車には残念なが [続きを読む]
  • 八戸駅前で見かけた小さな変化
  • 八戸駅前でバスの小変化を見つけることができました。南部バス株式会社から岩手県北自動車株式会社へ事業譲渡が3月1日に実行されてから、約1ヶ月近くが経とうとしています。本社や八戸営業所で新たに岩手県北自動車(株)南部支社の文字を見たり、外看板から南部バスの後に書かれていた株式会社の文字が消されていたり、WILLER EXPRSSの南部バスの文字から(株)が消されていたりという変化がありましたが、いよいよ一般路線車に [続きを読む]
  • 八戸市営バスに日野レインボーが登場
  • 3月23日くらいだと思われますが、八戸市営バス旭ヶ丘営業所へ今年度導入分の中型ノンステップバスが納入されていました。今回納入された車両は、日野レインボーで昨年5月にフルモデルチェンジしたもので登場しました。ナンバープレートは希望ナンバーを採用しており、1601〜1613号車の13台が納入されています。希望ナンバーを採用した理由は明らかにされていませんが、個人的には2016年度を表しているのではないかと予想しています [続きを読む]
  • 旧南高校前
  • かつて青森県立八戸南高校があった頃は南高校前だったバス停は、2013年4月ダイヤ改正で旧南高校前に変わりました。「旧」が付く前に・・・(2013/03/21:八戸鉄道・バス研究会別館ブログ)それから4年を経た今年4月ダイヤ改正で、旧南高校前から高等支援学校前へと再びバス停名が変わることになります。バス停名は変更されたものの、今でも使用されているバス停は南高校前のものと同じで、シールで名称を貼り替えたので日焼けによ [続きを読む]
  • 八戸市営バス2017年4月1日ダイヤ改正
  • 八戸市営バスで毎年4月1日に行われるダイヤ改正の概要が広報はちのへで発表されました。広報はちのへ平成29年3月号(2月20日発行) No.1303今回のダイヤ改正は、比較的小規模な内容になっています。1.バス停の名称を変更 ●旧南高校前→高等支援学校前 ●千葉幼稚園前→八太郎山2.八戸高等支援学校の下校時間帯の便を設定 南高校跡地に八戸高等支援学校(旧八戸第二養護学校高等部)が開設されることに伴い、下校の時間帯に高等 [続きを読む]
  • 南部バス2017年4月1日ダイヤ改正
  • 南部バスの公式サイトにて4月1日ダイヤ改正の情報が掲載されました。PDFにて路線全体の時刻表が公開されています。今回のダイヤ改正は、3月1日に南部バス株式会社から岩手県北自動車株式会社への事業譲渡が行われたことを反映してと思われますが、僅かな内容にとどまっています。主な改正内容を引用しますと、◆路線の廃止 八戸北高校南郷校舎の閉校に伴い、南郷事務所〜南郷校舎間1.1kmを廃止 これまでの南郷校舎経由の便は、経 [続きを読む]
  • 山陽バスのキュービック
  • 何回か見かけたことはあるものの、なかなか撮影できずにいた南部バスの838号車です。こちらの車両は、山陽バスから来たKC代キュービックです。山陽バスからの中古車とは、珍しい。山陽バスから来たキュービックといえば、十和田観光電鉄にも651号車がいます。こちらは、主に鉄道代替バスなどで運行しています。ピンクのバスのウィラー [続きを読む]
  • 愛称となった”南部バス”
  • 南部バス株式会社から岩手県北自動車株式会社へ事業譲渡が3月1日に実行されました。これにより、新生南部バスは岩手県北自動車南部支社となりましたが、3月1日以降も以前と変わることなくバスの運行は継続されています。「南部バス」の名称や車体カラーも変わっていませんが、細部を見ていくと変化が出ています。八戸営業所に設置されている南部バス株式会社の看板は、株式会社と本社の部分が消されていました。本社の総務部、営業 [続きを読む]
  • さようなら、淡路交通キュービック
  • 今年も八戸市営バスでは車両の体質改善を進めるため、大量の廃車が発生しています。八戸市営バスの廃車を見てきた(2017/01/15:八戸鉄道・バス研究会別館ブログ)この中で八戸市営バスで長らく活躍していた淡路交通から来たキュービックが全て廃車されることになったようです。前回見に行った時には、残り3台が残っていたのですが、その後に相次ぎナンバープレートが外されてしまいました。696号車は整備工場の方へ移動していま [続きを読む]