うおこ さん プロフィール

  •  
うおこさん: うおこのてづくり生活inどいちゅ
ハンドル名うおこ さん
ブログタイトルうおこのてづくり生活inどいちゅ
ブログURLhttp://deutschlandhenomichi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文ハンドメイド好き主婦が息子と関西人夫を趣味の世界に巻き込んで送る、楽しい&驚きの生活記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/02/01 05:04

うおこ さんのブログ記事

  • 小学校入学までの流れ―入学説明会と初顔合わせ会
  • 前回の記事でコタロウの小学校入学まで2週間を切ったという話をしました。後2週間、というその日に学校からお手紙が届きました。要約すると、「入学式まであと2週間だね。私たちは君の入学を楽しみに待っているよ♪」というもの。手紙にはキャラクターとなっている熊の足跡が描いてあり、それに1日ひとつ色を塗っていくと全部塗り終わった時に入学式になるというお楽しみ付き。こんなお手紙くれるんですね。いや〜、フレンドリーと [続きを読む]
  • シュールテューテ制作
  • コタロウの入学式まで後2週間となりました。入学式の日には「シュールテューテ」を持参します。中身はお菓子や文房具などの、入学お祝いの品。このシュールテューテはいろいろなキャラクターがプリントされた市販品を買うこともできますし、自分で一から作ってもよし。多くの保育園では卒園前に工作時間が設けられて、子供が先生と一緒に作ったり、親が参加して作ったりするようです。しかしコタロウの保育園では工作時間は設けら [続きを読む]
  • 祝・卒園(後編)
  • 保育園最後の行事は、各クラスの卒園する園児と先生だけで行く遠足でした。チャーターバスで向かう先は動物とのふれあい園兼遊園地。完全なるお楽しみ会です。コタロウはこれが何日も前から楽しみでならず、「あと〇日で遊園地に行く」と繰り返していました。どんな乗り物があるのかなぁと想像しながら描いた絵。ジェットコースターのつもりです。当日保育園はお休みです。卒園生のみ朝8時半に集合。真っ赤なバスに乗り込んで出発 [続きを読む]
  • 祝・卒園(前編)
  • 長男コタロウが無事に卒園いたしまして、小学校入学まであと3週間となりました。入学式までに学校指定の文房具を取り揃えたり、シュールテューテと呼ばれる、入学式に持参するお祝い袋の製作など準備に追われているうおこです。こちらの卒園は日本と違い「卒園式」なるものはなかったのですが、卒園に至るまでの行事等、記録に残したいと思います。前編は面談について、後編でお別れ会について書きます。卒園の2週間ほど前に最後の [続きを読む]
  • ドイツで初めて洋服のお直しを出してみた
  • 2009年からドイツ在住ですが、初めて洋服のお直しを出してみました。「Änderungsschneiderei」と看板を掲げているところもあれば、クリーニング屋さんの中でそのサービスを行っているところもあります。今回は子供の夏用薄手ジャンパーのファスナー交換。ドイツのみならず、私は日本でもジーンズの裾上げくらいしかお直しを出したことがありません。ドキドキしながら、まずは現物を持って値段の確認をしに行きました。店員:「15 [続きを読む]
  • miwamamaさんへのコメント返信
  • >miwamamaさんこちらは34℃まで暑くなったり、次の日は10℃下がったり、また29℃まで上がったりと、長くは続かないコロコロ変わる天候かな。雨はあまり降らずに天気はいいけどね。でもついていけないよ〜。肌の衰えか...水質の悪いこちらでの生活が長くなっているので、同年代の人達よりも衰えがでてきているかもしれないわ〜恐ろしや。 [続きを読む]
  • 自分へのご褒美
  • 最近編み物など、何かものを作ることから遠ざかっていました。旅行にも行っていたし、夏休みで子供が家に居るというのもあり。編み物は休みが終わって落ち着いたら再開しようと思います。あ、でもその前にコジロウの誕生日があるのでその制作をしなくては。友人を招いてのパーティーはやりませんが、兄の真似をして自分も恐竜パーティーをしたいのだそうです。コタロウの時に作った飾りを加工して、かぶらないようにうまく利用しよ [続きを読む]
  • いつの時代の人間?人生初の薄型テレビ
  • 私たち夫婦は今年結婚8周年で「電気器具婚式」とも言う…という話を以前記事に書きました。「電気器具婚式」とも言うらしい、今年の結婚記念日」いや、正に家電に縁のある年になっちゃいましたよ。タイミング悪くいろいろ壊れたり、ついでにこれも買うか…と、どんどこ買う羽目になり。最近購入した電化製品:・テレビ・洗濯機・プリンター・ipad・電話個々の値段は昔に比べたらお安くなっておりますが、たて続けに購入となると、 [続きを読む]
  • セアガさんへのコメント返信
  • >セアガさんコメントありがとうございました。未だに自分のブログへ返信できない状況が続いております。もう本当に引っ越すしかない!7月中にはしたいかな〜と思いつつ。うーん、確かに職業をあまり知らないかもしれないですね〜。後数年後には?でも自分に置き換えてみたら、自分も小さい時将来の職業の憧れなんてあまりなかったような気がします。小学校高学年になってから初めてそう思えたものがあったかも〜。 [続きを読む]
  • かなりやっつけの七夕2017
  • 夏休み休暇をとっておりまして、バタバタの中、かなりやっつけ仕事で七夕行事をやりました。テラスの天井に吊るしてある枝に飾り付け。義母が来独しているので一緒に飾りを作ってもらいました。甚平着て七夕の歌を歌って終了!短冊への願い事コタロウ:イラスト入りで「ドラッヘ(竜)が欲しい。ハイ(サメ)が欲しい」コジロウ:「ご飯食べます、コーヒーも飲みます、チョコも食べます、おやつ食べます、椅子も食べます、….」や [続きを読む]
  • 残念な結果に終わったヒヨコの編みぐるみ
  • ヒヨコの編みぐるみを特注で作る依頼がありました。依頼主は私と同世代のご夫婦です。デザインの基となる結婚式のカップルヒヨコの編みぐるみがあり、それを見て気に入って下さったことがきっかけでした。デザインは基本的にお任せとの事だったのでラフスケッチを届けました。奥様が趣味で革細工をたしなんでいらっしゃる事をお伺いしていたので、本革と毛糸とのコラボレーションに挑戦。随所に革を盛り込んでみました。がっ、結果 [続きを読む]
  • 衝撃的なオジサンを見た!
  • マクドナルドに行ったんです、家族で。のんびり食べていたら歳の頃は50代後半かな〜と思われるオジサンが一人で入店してきました。夜の8時くらいだったので、この時間にこの年齢の方が一人でハンバーガー食べるのかぁ、なんて思いながら見ていました。で、このオジサン、結論から言うと人の食べ残しを漁って食べていた。食後のトレイを片付けるワゴンありますよね。入店後まっすぐにそこへ向かい、ゴミを整理し始めました。私の席 [続きを読む]
  • コメント返信記事です
  • >ポン子さんコメントありがとうございました。そうです。園児たちの親も参加しましたよ。事前にドイツ語のレシピを作っておいたので、保護者はそれを見て調理して、私はお手伝い程度でした。なので気が付いたらとても分厚く切られてしまったんですけどね・・・。 [続きを読む]
  • このパンは薄すぎるよ…
  • ドイツのパン屋さんでは1本で売られているパンを「切ってください」とお願いすれば半分にカットしたりスライスしてくれたりします。先日、干しブドウパンを半分下さい、と伝えました。いつもだと1本を真っ二つ(目分量だけど)してくれます。しかしこの日はそんな注文を受けたことがないアルバイトのお兄ちゃん店員。同僚に半分で売ってよいのかを確認していました。そしておもむろにスライス機にパンを投入。ああっ、そうじゃなく [続きを読む]
  • 薄切り肉を知らない人たちとの日本料理会(後編)
  • 子供が通う保育園の行事で日本料理会をやることになり、メニューを考えたのが前回の話。本日はいよいよお料理会の日。で、タイトルの「薄切り肉を知らない人たち」なんですが、ドイツ在住の日本人の方ならよくご存知でしょう。とかくドイツのお肉は分厚い。日本のような薄切り肉はスーパーでは売っていないのです。ドイツ料理に薄切り肉を使うことは殆どないようです。つまり、薄いお肉を知らない人たちが多い。ベーコンは破れそう [続きを読む]
  • 薄切り肉を知らない人たちとの日本料理会(前編)
  • コジロウの保育園より、園児とその保護者たちと一緒に作る、日本料理会をやってほしいとの依頼がありました。ここの保育園では保護者の出身国のお料理会を保育園イベントとしてやっているのが恒例だそうで。それだけ国際結婚や移民の方が多いということですね。過去にはアラビッシュ料理、タイ料理、ポーランド料理会などが開催されたようです。この保育園にはドイツ人の旦那さんと国際結婚した友人の子供もいます。その友人と二人 [続きを読む]
  • 初のクルーズ旅行!−クロアチア・ドゥブロヴニク編
  • 本日は最後の寄港地、クロアチアのドゥブロヴニクへ。ギリシャとはまた違う景色が迎えてくれました。山には緑が溢れ、赤い三角屋根の家並みが続いています。その家の壁はクリーム色というかアイボリーのような色で落ち着いた雰囲気。今日の観光はオプショナルツアーではなく、フリープランで行くことにしました。フリーとなると毎回問題なのが港から観光地までどうやって行くか。バスで行けるとの情報だけ持っていたので、まずは下 [続きを読む]
  • サッカーな週末
  • コタロウがサッカーを習い始めて1年になります。所属するチームは下は3歳半から上は7歳までの幅広い年齢構成になっており、技術的な指導はほとんどありません。まずはサッカーを楽しもう!がモットーなのかな。コーチもほぼボランティアでやっているようです。おかげ様でコタロウも楽しくサッカーに親しんでいる様子。週に1度行う練習の他に、他地域のチームが数チーム集まっての交流試合が年に何度が開催されます。自由参加なので [続きを読む]
  • 初のクルーズ旅行!−こどもクラブ編
  • クルーズ船の船内では、子供を預かってくれる施設もあります。3歳から6歳までの「ミニクラブ」、7歳から11歳までのジュニアクラス。そしてこれは保護者同伴となりますが、1歳から2歳までの乳幼児が遊べる施設など(航路や船によって異なると思いますので詳細はご確認を)。そこではアート&クラフト、グループでのアクティビティ、スポーツ、ダンス教室など様々なプログラムが組まれており、無料で1日何時間でも利用することができ [続きを読む]
  • かっこいいと思うんだね
  • 夫が、不要になった本をコタロウに譲りました。バイクのカタログみたいな本なのですがね…夫:「コタロウ、パパが持っているバイクはこれだ」コタロウ:「すごーい。かっこいいーー!」夫:「そう?かっこいい?(* ̄ー ̄*)」(夫、ご満悦)で、後から見てみたら…自分がかっこいいと思うバイクのページに付箋を貼ってました。へー…バイク見てかっこいいと思うんだねぇ。(^-^;そんなコタロウに縄跳びを教えてみました。日本ではメ [続きを読む]
  • 泣ける絵本
  • 私は物語に感情移入しやすい性格です。絵のある漫画や絵本、ドラマや映画ではもちろんのこと、小説など文字のみであってもその場の光景は色鮮やかに頭の中に映し出され、あたかも自分がその台詞を発しているかのような感覚になります。悲しい場面で主人公が泣いていれば、私もシクシクシク…。楽しい場面ではニヤニヤ顔。これまでに何度、本屋さんで立ち読み中に鼻水をすすったり無表情を装ったことか(←立ち読みするなよ!ってい [続きを読む]