爆発五郎 さん プロフィール

  •  
爆発五郎さん: 爆ちゃん吼える
ハンドル名爆発五郎 さん
ブログタイトル爆ちゃん吼える
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cordial8317/
サイト紹介文爆発五郎の時局厳正批判!
自由文国士舘大学在学中より、行動右翼・防共挺身隊に所属し、約30年間右翼活動家として邁進するも力及ばず引退。右翼絶望派。浪人。
『我が民族の将来と国家の前途を思うは人間の最も真剣なる感情であり、君国に忠、親に孝なるは最も現実なる道徳である。之を離れては人類愛も世界的正義も空想に過ぎない。』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2010/02/01 07:46

爆発五郎 さんのブログ記事

  • 勝って驕らず。藤井聡太四段が破竹の29連勝!
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 中学生棋士・藤井聡太四段が、長い歴史を持つ将棋界に於いて快挙を成し遂げた。勝って驕らず、対戦相手への敬意と感謝を忘れない姿は実に立派なものだ。これからも益々目が離せない。 戦後GHQは、日本弱体化の為にあらゆるものを監視し規制した。将棋もその一つで、軍国主義と結びつけ「こんな危ないゲームは無くすに限る」と日本将棋連盟(当時は将棋大成会) [続きを読む]
  • 朝鮮戦争と日本国憲法と自衛隊
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 我が国が未だGHQの占領下だった1950(昭和25)年6月25日、北朝鮮が突如として南朝鮮のソウルに侵攻する。これを機に同じ民族同士が相討つ戦争となり、数百万人が犠牲となる大惨事となった。 これを遡ること1945年8月9日、ソ連は「日ソ不可侵条約」を一方的に破棄し参戦。その三日後には朝鮮半島北部に侵攻した。 朝鮮への侵攻準備が出来ていなかった米国はこれ [続きを読む]
  • 憲法第九条に「その二」を新設するという姑息さ
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 自民党憲法改正推進本部は、安倍晋三の意向を忖度し、現行の第九条とは別立てで「九条の二」を新設し、「我が国を防衛する為の必要最小限の実力組織」であると自衛隊の存在を明文化するという。 九条の二の二項には、首相が内閣を代表して自衛隊の最高指揮官権を有するとする文民統制(シビリアンコントロール)も明確化するという。 抑々、日本国憲法が制定さ [続きを読む]
  • 国道289(八十里峠)開通と只見線の鉄路復旧が待ち遠しい
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 地元紙の一面トップは、平成23(2011)年7月の新潟・福島豪雨によって橋梁が崩壊し不通となっている只見線の会津川口〜只見駅間の鉄路復旧が、JR東日本と県は正式に合意し来年度早々に着工するとの記事が躍る。 平成23年といえば3月に東日本大震災に見舞われた年でもある。震災直後、福島原発事故によって放射線被害ばかりが騒がれ、要らぬ除染作業によって数兆 [続きを読む]
  • 安倍内閣の支持率の高さは無能な野党の責任でもある。
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 今日の地元紙のトップは、共同通信社の行った世論調査による結果を仰々しく載せ「安倍内閣支持率急落44%」のタイトルが躍るが、何のことはない、先月までの51.7%という数字が高かっただけのこと。敢えて44.9%を45%ではなく、44%と少しでも低く見せよう書くところが反安倍を標榜するマスコミらしい(笑) 安倍というのはベターなだけで、悉く保守派の期待を [続きを読む]
  • 右翼や活動家はアジテーター(扇動者)で在らねばならない
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 毎日の様に備忘録と暇潰しを兼ねて、徒然なるまゞに彼是と綴っている。政治的獅子吼もあれば、地元の企業や経営者のスキャンダルもあれば、趣味の釣りやパイプの話や自戒を込めた記事だったりと色々。 10年程前、コジマ電気で100円パソコンを購入しmixiをやり始めた頃は、自分と違う意見や批判に対し論争し、論破するのが好きだったが、最近はFacebookでもTwitt [続きを読む]
  • 行動右翼の雄としての防挺の活躍が全く聞こえて来ない寂しさ
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 昭和54年に国士舘大学に入学し、縁あって防共挺身隊・羽田支部に入隊した。その防共挺身隊(防挺)を辞めたのは平成21年6月のこと。 約30年間、微力ではあるが愛国活動に邁進し、「防挺の良識」などと言われもしたが、活動家として力及ばず、長年行動を共にしてきた盟友と袂を分つた。 その月末に 「右の者、民族活動家として上下の礼節を弁えず(略)理由は如 [続きを読む]
  • 退位特例法案は共産主義者による巧妙な「天皇制廃止運動」である
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 天皇陛下の退位への特例法案が参院で全会一致で可決し成立した。新聞には「次世代皇室の幕開け」との文字が躍り好意的に報道しているが、これぞ共産主義者の目指した「開かれた皇室論」の結実でもある。 政府は天皇の在り方をこの法案によって「先例に成り得る」と悦に入るが、我が国の皇統の歴史に先例の無い汚点を遺したのは明らか。 今回の一連の報道にして [続きを読む]
  • 敬称・敬語不使用運動に与してながら呼称や称号を論ずる愚かさ
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 天皇陛下の退位への特例法案が参院で全会一致で可決し成立した。新聞には「次世代皇室の幕開け」との文字が躍り好意的に報道しているが、これぞ共産主義者の目指した「開かれた皇室論」の結実でもある。 特例法案を巡って、政府は頻りに憲法との整合性を訴えているが、陛下の御意向が今回の特例法案に繋がり、政治が動いたとなれば天皇の政治利用であり、憲法違 [続きを読む]
  • 安倍にしろ野田にしろ、インチキ保守が日本を滅ぼす!
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 天皇陛下の退位の実現を謀る特例法案が、良識の府であるべき参院本会議でも可決され、成立することとなった。「天皇制廃止」を綱領に据える共産党や、「生理的に嫌だ。ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない。もの凄く気持ち悪い」と言って憚らなかった辻元清美を始め、陛下が皇太子の折、沖縄を訪問した際に火炎 [続きを読む]
  • 安倍は保守政治家に非ず自民党もまた保守政党に非ず
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 陛下の御負担軽減という理由で「女性宮家」創設を急ぐのは、皇太子殿下〜秋篠宮殿下〜悠仁親王殿下の流れを阻止する策謀であり、「女性宮家」の創設とは共産主義者による反天皇制廃止運動というのが正しい。 そうした謀を見抜けずに法案成立を進める自民党は最早保守政党とは言い難く、左翼勢力以上にこうしたインチキ保守が国を滅ぼす。 国民は自民党が良くて [続きを読む]
  • 北朝鮮問題で中共に頼ったところで期待薄。対中外交を練り直せ!
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 今日は睦月朔日。朝まだきから身を清め、神饌を新しくし、畏くも陛下の弥栄と併せて心願成就を祈念した。扨て、今月もどうなるものぞ。 朝は先ず新聞に目を通す。我が家は早起きなので4時前には新聞が届く。一面には、昨年四月に発覚した違法賭博問題で出場停止処分されてた福島県富岡高校出身の桃田賢斗選手が復帰第一戦で優勝した記事が躍る。 復帰第一戦で [続きを読む]
  • 「女性宮家」の創設は皇統断絶への序章である
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 天皇陛下の退位を皇室典範に附帯すること自体が怪しからんことなのに、あろうことか特例法に「女性宮家」創設を明記することで合意したという。 自民党案は「安定的な皇位継承を確保するため、女性皇族の婚姻等による皇族数の減少等に係る問題」としていたが、皇室典範改正と女性宮家、更には女系天皇を謀る野党に配慮して「女性宮家の創設等」を明記した。 自 [続きを読む]
  • 正論SP第二弾「天皇との絆が実感できる100の視座」の便乗商法を嗤う
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 正論SP第二弾「天皇との絆が実感できる100の視座」を購入しようと書店へ。速読三級の技で立ち読みし、内容が好かったら購入しようと思ったが、極めて凡庸な内容で購入には至らず。 昨今の保守ブームで、所謂「保守派」と言われる学者や評論家が持て囃されてはいるが、そんな自称保守派や自称愛国者の彼等が保守したいのは皇統や国體などではなく、現在の歪な日 [続きを読む]
  • 5月27日「海軍記念日」に想う
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 5月27日は「海軍記念日」。明治38(1905)年の今日、ロシアとの「日本海海戦」が行われ、東郷元帥率いる連合艦隊が、当時世界最強といわれたバルチック艦隊を撃滅し奇跡的大勝利を収めた日である。 日露戦争の勝利は、欧米列強に日本の地位を認めさせることとなり、明治維新の真の目的だった「治外法権」「関税自主権」という二つの不平等条約の克服を達成する [続きを読む]
  • 前川前文科省事務次官は風俗ライターでもイケるかもよ(笑)
  • にほんブログ村←ブログ応援 御協力ありがとうございます! 学校法人加計学園の獣医学部新設を巡る記録文書について、女性の貧困を自ら出会い系バーに通って調査していたという立派な行動力のある前文科省事務次官の前川喜平が「確実に存在していた」と総理の意向があったことを認め「行政の在り方が歪められた」批判した。 野党はここぞとばかりに前川の証人喚問を要求し、前川も証人喚問の要請があれば応じる意向を示し [続きを読む]