blue tractor さん プロフィール

  •  
blue tractorさん: 隠れ家カフェ〜小径の向こうのセカンドハウス〜
ハンドル名blue tractor さん
ブログタイトル隠れ家カフェ〜小径の向こうのセカンドハウス〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kakuregacafe-bluetractor/
サイト紹介文花畑と菜園  果樹園と納屋  幼い日々のような  夢の世界が広がる小径の向こうの“隠れ家”
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/02/01 15:11

blue tractor さんのブログ記事

  • サプライズのドア
  • 東のドアを開けると、紫の花が咲いていました。低く切ったハナズオウ。もう一本見つけました!競走馬のような名前ですね。それから、咲き続けているピンクの椿の大木にも目をやりました。可愛いわ〜東の庭に続くドアは、サプライズのお花のドアです!開ける度に違った木々の花が咲いているのですから。紅椿・ピンクの椿⇒レンギョウ⇒ハナズオウ⇒紫陽花***************************我が家の他の庭には先週咲きだしたミツバ [続きを読む]
  • 嵐の後で、、、
  • 4日の嵐はすさまじいものでした。その後の真央ちゃんショックも。。。。。家の中を風が吹きまくるあばら家です。西の板戸が凄まじくガタガタと鳴った昨春4月。怖くて真夜中トイレに行けませんでした。今年は音はましでしたが、家の中に風が吹き荒れました。南の板戸が鳴ったのは初めてのケースです。寝床で『オズの魔法使い』の竜巻に吹き飛ばされる家ではないかと本当に思いました。満開の我が家の木々と花壇です。↓馬酔 [続きを読む]
  • ポストイットの木
  •  一気に木々の花が咲きました。サクランボの花は終わりました。その後に桃の花、紅梅、雪柳、木瓜、ミモザも黄色が濃くなっています。 東のドアを開けると、レンギョウが満開になっているのでした。まるで黄色いポストイット(米国3M社)が枝に沢山ついているような花でした。オットはよく行ったミネソタの3M社への出張では、-20度、30度の寒い土地で、タクシーから出られなかったとか思い出していました。外でタバコ吸えな [続きを読む]
  • 和室のナイトテーブル
  •  畳の部屋を寝室にするとナイトテーブルは使えません。それで、こんな風にしました。そして、もうひとつは、浅いバスケットに。中には、ハンドクリームとかが入っています。春の夜寒です。寝る前、子供時代の母の声かけを思い出しました。グンナイ!(№275) ★トップの小鳥にノックお願いします。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ「湖のカフェ」もよろしく。     http://mizuumi-no-cafe.at.webry.info/  コチラもお [続きを読む]
  • 開演前
  • 夜も春の寒さです。さて、お昼のこと。毎日球根の成長を見るのが楽しみです。少しずつ少しずつ土の中から伸びてきています。クロッカス。ちらほら。揃って芽が出て欲しいわ。水仙(右)は我が家は毎年4月に咲くのです。チューリップも出てます出てます。ワラの下から。ブラックベリー(右)。ここには数本。冬を耐えた葡萄酒色の葉。植え忘れたニンニクも力強く。そして3月下旬の白梅です。春の花の開演前のお地味な風景 [続きを読む]
  • モソモソ ソワソワ
  • 東日本大震災6年になります。復興をお祈りいたしつつ***************************** この前まで、春の微かな暖かさが流れ込む、甘さを含んだ春の宵だったはず。早春の中では、一段と寒さが鋭利で身に染みます。 アプローチを歩いてボーダーガーデンをのぞき込むと、クロッカスやチューリップの葉が出てきたのが分かります。少しづつなので、団体さんで咲いて欲しいわ。寒いので、土間のチューリップだけを撮影。右隣のヒュ [続きを読む]
  • 日向ぼっこ
  •  今日は曇りです。一昨日と昨日は晴れ。土間と玄関内の植木鉢を全て太陽に当ててあげました。右奥、ヒューケラ・スイートプリンセス。アップの今日は寒そう。↓よく陽が当たる室外機の上にも。クレソン、白い小花咲くカル―ナ、マサイの矢尻。あと、土間からのも含めて25,6鉢。腰にくるよな予感がしました。早く、地植えしたいわ〜(№272) ★トップの小鳥にノック願います。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ「湖のカフェ」 [続きを読む]
  • 荒れ野の春
  •  3月です!湖のおうちでは、クリスマスローズが重なった葉の下に隠れて、幾つか咲いていました。いつの間に? 雨上がりの隠れ家、やっと庭に出てみました。古参のクロッカスがもう咲いているのです。去年植えたのはまだ芽も出ていません。冬中、薄緑色で繁茂しているのは、ラムズイヤーというよりフランネル草かも知れません。  北の庭では、去年だったか一昨年かに移植したブラックベリーが紅葉した葉を付けていました。 [続きを読む]
  • パパ手伝ってぇ〜
  •  外は0度。この寒い冬にしたこ事といったら?つる薔薇の剪定が出来た事。家でお味噌を作った事。 味噌作り材料セット購入。腰を上げたのは先々週。1キロの大豆は煮ると多くなり、ホーローの容器を慌てて買い足しました。陶器の味噌壷は、庭の水撒き用にしてしまっていました。説明書のようにすり鉢ですり潰すのは大変。4年前(写真)に習ったのに。パパ手伝ってぇ〜(№270) ★トップの小鳥にノック願います。 ★2008年ウェブリブ [続きを読む]
  • エリカ・コレクション
  •  近頃のホームセンター、野菜の苗はなく、パンジーやビオラも寒風にさらされ萎れ気味。野外の売り場で寒さに震えながら、ふと目に留まったのが、プライスダウンになったエリカ達。誰も目もくれず、残されてひとつ30円也。冬はエリカと思っていたの。私育ててあげるわ。保護犬のように助けてあげる。隠れ家でもいくつか植えていたから。でも、クリスマスパレードは、寒さを避けて、まちのおうちに。今回保護したウインターファイア [続きを読む]
  • 目がどうかしたの?
  •  朝目覚めて、土間のカフェカーテンを開けて自分の目を疑いました。色彩が全くなく、白黒写真の風景が眼前に広がっていたのです。目が色彩に反応しなくなったのかと一瞬思ったほど鮮烈な印象でした。 しばらく振りの隠れ家。フランクフルトに連れて行かれたハイジのように、恋しかった家です。(№268) ★トップの小鳥にノック願います。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ「湖のカフェ」もよろしく。      htt [続きを読む]
  • 明日は雪ですね~老舗旅館で新年会~
  • 著名人が訪れ、各旅雑誌でも紹介されることがしきりな老舗旅館で毎年新年会。夜のことで琵琶湖は見えませんが、道中湖面を月がスポットライトのように照らしていました。女将さんの着物姿も素敵!恒例のビンゴゲーム。もう商品が少なくなっています。まだリーチにならず、、、玄関を出て、別れは毎年いつもこの頃は「明日は雪ですね」になるのです。楽しかった!!!(№267) ★トップの小鳥にノック願います。 ★2008年ウ [続きを読む]
  • 雪の日は・・・
  • 遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。 微かな粉雪が、やがてうっすらと庭木にかかるパウダーシュガーのようになり、娘が作るスライスアーモンド、パンプキンシードがたっぷりかかったパンプキンタルトの上のシュガーのように変化してゆき、そしてもう積もっています。 こんな日は、大好きなバーバラ・クーニーの絵本を懐かしく再読しました。「ぼくの島」ニューイングランドの島に移った一家の末っ子マサイス。彼の [続きを読む]
  • はじめての寄せ植え
  •  今更ですが、はじめて寄せ植えをしました。もともと寄せ植えは、狭くてぎゅう詰めで可哀想という想いがありました。前の冬は、出来合いのを飾ったものでした。鉢はビオラが多かったですね。少し前、セールで何となく、蕾が多かったのでビオラ(50円)とスミレ(50円)を買いました。ちょっと寒い色だな。何か暖色を入れなければと思っています。シルバーリーフが一株あるだけで、簡単に寄せ植えらしくなるようです。繊細なシ [続きを読む]
  • ベツレヘムの羊さん?
  • 冬は庭仕事・畑仕事は出来ないなと思えた日々。今日は晴れた日です。煉瓦ひとつひとつ積み上げるより簡単と、連結ブロックで花壇の縁取りをしました。写真の倍ほど使ったのですが、花壇はだだっ広くてものともしません。まるでうわばみです! 園芸に夢中ですが、もうすぐクリスマスなんだ。クリスマスには「ベツレヘムの村に生まれ給う」とミッション仕込みの母は、家事の合間に口ずさんだものでし [続きを読む]
  • 紅絹(もみ)のタペストリー
  •  外は0度。ガラス4枚戸の側で寝ると、顔が寒くて眠れません。25度設定のエアコンの風が寒く感じられます。畑に出るにはちょっと・・・オットにタペストリーを飾ってもらいました。湖のおうちの樫の木の枝にシンプルな洗濯ばさみでぶら下げました。  縁側の黒壁に紅絹が映えます。縁の反対側の離れたところから、椅子と小テーブルでお茶を飲みながら、眺められるようにと掛けました。クセのない枝のラインも気に入っています。母 [続きを読む]
  • 君知るや南の国 ♪
  •  果樹というものは本当に歳月がかかります。寒くて今まで柑橘類はことごとくダメでした。秋の日、コンポストの横の忘れられた木に、緑色の小さな小さな蜜柑が出来ていました。先週、黄色みを帯びてきたので、摘んでみました。枝から離すと、辺りにシトロンの香りが広がりました。子供の頃に小さなネットに入った金柑を買ってもらったものです。きっと皮を食べるのが面白くて。金柑は大好きなんです。今日は雨、採りに行けないわ。 [続きを読む]
  • * ちいさな幸せ *
  • 秋の畑と庭、我が家の柿は高くなり過ぎて。辺りの家では、柿が残されたまま。キーウィがぶら下がっています。畑も忙しくて携わらなかったけれど、ご近所から野菜をいつも豊富にいただいて、重宝させてもらっています。 コンパクトな冷蔵庫に入る陶器の漬物容器。随分使わなかったけれど、糠床も売られていて、その野菜ほんの少しででお漬物が簡単に出来ました。今頃、良い奥様になれた感じ。恥ずかしながら。。。。。* ち [続きを読む]
  • 夜の湖畔
  • まちのおうち編  夜の湖畔は、噴水のライトアップやミシガン船の灯りが遠くに見えます。暗い湖面の静けさの中で美しい風景でした。クリスマスツリーもシンプルでいい感じ。いなかのおうち編 娘からはプレゼントが!セカンドハウスに優雅さはなく、野良仕事の古い館?で暮らす私。ユニクロさんにも通いだし、しま※らさんにも足繁く。包みを開けると、英国王室御用達のワンピースが・・・早速、LINEで I love yo [続きを読む]
  • 98円の夢。。。
  •  夜隠れ家に到着したのですが、朝、植木鉢の紅葉が真っ赤に染まっています。今月、植木鉢の散髪をしました。まず、ブライダルベール。そして多肉植物の朱蓮。恐るべき繁殖力。 小さなままの多肉がいいな。。。ミニミニ不死鳥、雷鳥、ゴーラム。98円の夢。。。(№259) ★トップの小鳥にノック願います。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ 「湖のカフェ」もよろしく。      http://mizuumi-no-cafe.at.webry.i [続きを読む]
  • 天使のし・わ・ざ
  •  背丈ぐらいの紅葉の植木鉢をふと見ると、カ、カ、カエルさんが細い枯れた小枝にささって死んでいました。 緑色の小さなアマガエル君、土間の植木鉢にもいたのに。メドウセージのヤモリ君のそば、小さなヒマワリの上にいたけど大丈夫だったじゃない。 モズを見かける隠れ家。これが、「はやにえ」なのだ。大きな木の枝にするのかと思っていたけれど。留守にしたからなのかも知れない。 アイラインの入ったような顔、美しいオレ [続きを読む]
  • ウリハムシ
  •  遅咲きの朝顔、ふと葉の裏を見るとすべての葉の裏に蛍を小さくしたような茶色の虫が、、、、整然と並んでいるように見えます。夜、風に吹かれる葉の裏が寝床なんですね。そのままにと思ったけれど、調べるとウリハムシ。被害をもたらすそう。 早速オットにガムテープで駆除を命じました。(№257) ★トップの小鳥にノック願います。 ★2008年ウェブリブログ推薦ブログ 「湖のカフェ」もよろしく。      http: [続きを読む]
  • 決まり!誕生日プレゼント
  • 曇りがちな先日、またまた草刈りをオットにうながしました。肩から掛けてする草刈り機です。ミーも鎌でイネ科の雑草に埋もれた植物を救い出しました。 やがて、オットは刈った枯草で小山を幾つか作っている頃でした。突如、サッと登場のご近所が草刈りを始められました。手押し車のような草刈り機で、楽々あっと言う間に。しかも刈り取られた草は同時に切り刻まれて排出されてゆくのです。我が家の提供する畦道を通 [続きを読む]
  • 軽トラと長靴
  •  台風が各地にまたまた被害を残して去って行きました。風が秋らしくなってきた夜です。 隠れ家にしばらく行かないと、アルプスを恋しがったハイジのような気持ちになります。テレビでは無農薬の農業に都会からUターンされた青年が語っていました。「農家に育って、軽トラと長靴というのが嫌だった」と。憧れて隠れ家でも過ごすようになった私達。考えさせられました。 隠れ家を初めて案内してもらった時、3面ある畑の一番 [続きを読む]
  • 秋の美術館
  • 時折小雨が降る日、県立近代美術館に行きました。最終日前日、閉館1時間前のバーナード・リーチ展。各地の美術館で、彼の作品はお目にかかっています。初めて英国人である彼の陶芸の素朴な美しさに遭遇した時の感動は大きく、たぶん娘時代に倉敷美術館ではなかったでしょうか。シックな世界です。 折しも、BSテレビの『美の壺』(その後録画で鑑賞)でイギリスの「スリップウエア」を特集していました。美術展のどろどろ [続きを読む]