Kikki さん プロフィール

  •  
Kikkiさん: Kikki Stockholm
ハンドル名Kikki さん
ブログタイトルKikki Stockholm
ブログURLhttp://yaplog.jp/kikki-s/
サイト紹介文ストックホルムに住む家族4人。雑貨、工芸好きのkikki北欧流のんびり生活を写真とともに綴ります。
自由文元北欧雑貨のネットショップ*キッキストックホルムのオーナーです。北欧の伝統工芸からデザインモノ、アンティークが特にスキ。九州生まれで暑い国が大好きなのに、あちこち旅して流れ着いたのはこんな北の果ての国!これも縁と楽しんでいきましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/02/01 20:21

Kikki さんのブログ記事

  • 週末開いてるお城のケーキ
  • ちょこっと前、まだ子供達の春休みだった時のとある土曜日。どこかにドライブに行きたくなって、ストックホルムのネイチャーガイド本を見てみた私。いつもドライブに行ってる方面に、聞いた事ないお城があったのでネットで調べるとTårta café ( ケーキカフェ)と心惹かれるお店もあるとかで行ってみることに。Svartsjö slott (黒い湖城)と名前は不吉な雰囲気だけど、行くと普通のスウェーデン式のお城。スウェーデン式とわざわざ [続きを読む]
  • IKEAの10Gruppen
  • IKEAとデザイングループ10Gruppenのコラボ商品が出るという事で、5月5日の発売を待っていました。休みの今日、早速欲しかった丸トレイとキャンバスバッグを購入してウッシッシ〜と喜んで『そう言えば日本発売はいつだろう?』と思って日本のIKEAのサイトを見てみると・・・4月上旬に発売って!!!!えええ、本場より日本の方が発売早かったってワケ〜?!?マーケットの規模からすると、日本の方がいい市場なのか・・・な?!?★ [続きを読む]
  • 近所の意外な生きもの
  • 我が家は飛行場が近いので、離発着の航路に沿った場所は家が建たずに原っぱなどになっています。うちから歩いて10分ほどの、そんな原っぱにある本当にショボイ小川へ。小川と呼ぶのをためらうくらいの、小さな小さな川。手入れもされてないので、草ボウボウです。横には住宅街があって、ちょっとした木立が。近づいてみると・・・分かります?ピンときました?えええ〜って思うでしょ???そう、なんとビーバーの仕業ですっ!スウ [続きを読む]
  • 北欧の春ってやつは
  • ちょっと前までは雪が降ってました。そしてしっかり積もっていました。それが、それが・・・・急〜に本格的な春が来た!!!お日様燦々、花もどんどん咲いているのに・・・『でも、まだ油断はならんぞ・・・』 と思っちゃうのが北欧生活が長い人間の性。。。いや、ホントに5月で雪とか降っちゃうことありますから。用心深い性格になったもんだ(汗)。で、森の散歩で見つけた春がこちら。ほんとに小さい沼のような所には、カエル [続きを読む]
  • 悲しみに沈むストックホルム
  • Photo svenska dagbladet新聞より2017年4月7日 14時53分。ストックホルムの繁華街、目抜き通りのドロットニング通りでトラックによる無差別テロがありました。天気の良い金曜日の午後。イースター休暇に入ったばかりの通りには、たくさんの人がショッピングを楽しんでいたそうです。その歩行者天国の道を、車は猛スピードで駆け抜け、待合場所で有名なデパートの入り口付近に突っ込んだというの [続きを読む]
  • 偽エコカー?!?
  • 街を歩いてると、遠目から何だか変な色だなあ〜と思う車が一台。近づくと・・・車の表面も、中も人工芝!!!どっかのミニサイズのゴルフ場の広告カーでした道端の花屋さんの店先も、すーーかり春色に溢れています。やっぱり春っていいな★↓ランキングに参加してます。ブログ、気にいって頂けたら よろしくお願いしま〜す★にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 15の春
  • 長女がこの日曜日、15歳になりました。周りから、子供がティーンエイジャーになると扱いにくいよとは聞いていましたが、意外とそこまで変化のない上の子。まあ、反抗的な態度を見せることもあるけれど、基本は変わらず甘えっ子ちゃん。「ママ〜」と、未だにひっついてきます。身長はとっくに私を越してるんですけどね(笑)。どっちかと言うと、下のミンミンの方がティーンのようにイケイケで反抗的・・・ま、そんな事はどうでもい [続きを読む]
  • 春近づくウプサラのカフェ
  • 日本語補習校が春休みなので、親も子も気持ちがずいぶん楽!宿題が無いって、こんなに世の中が美しく見えるものなのね(大げさな・・・)!でもホントにそんな気分になるほど、仕事の後に子供の宿題をみるのは大変なことなのです。周りの親御さんたちも、子供と喧嘩したり泣いたりしながら頑張っている方ばかり。私は二人目でだいぶん手抜きしてるはずなのに、それでもやっぱり辛い。。。と、話は逸れたのですが、そんなフリーな土 [続きを読む]
  • スタバがんばれ
  • スウェーデンも、どんどんスタバが増えて嬉しいのですけどオリジナルマグがちっともかわいくない!せっかくのデザイン大国なんだから、もうっちょっといいデザインにしてくれませんかねえ?★↓ランキングに参加してます。ブログ、気にいって頂けたら よろしくお願いしま〜す★にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 父逝く
  • ここ数年患っていた父が、この一月に逝きました。海外に住んでいる人は皆そうだと思うけれど、私も親の死に目には会えないだろうと心のどこかで覚悟はしていました。年末には最後のお正月になるだろうと聞き、そのうちもって春まで、それが二月の誕生日頃までかと言われたばかりだったのに、一月になるとお医者さんからスウェーデンの娘さんに早く帰ってくるようにと言われ、上の娘を連れて慌てて帰国しました。職場には前もって状 [続きを読む]
  • 歩いて国境
  • 西海岸の別荘からノルウェーまで車で1時間ちょっと。国境近くに死んだようなショッピングセンターがあると地元民が言うので、家族でドライブがてら見に行ってみた。いわゆる郊外型ショッピングセンターで、ノルウェーに比べたら物価が安いのでノルウェー人目当てに作ったものの、国境から物凄く近くでもないし、店のラインナップも半端な感じ。そのせいで無茶苦茶寂しい。。。閑散。。。寂しすぎて写真を撮る気も起こらん。50店舗 [続きを読む]
  • あさりが・・・・
  • 私がスウェーデンに引っ越してから、すでに17年(途中、日本に三年居たけど)が経ちました。その当時に比べて、スウェーデンの国も本当に変わりました。人の考え方、街並み、ファッション、嗜好などなど。食いしん坊の私にとっては、食材が乏しい国と感じてどんなに寂しい思いをしたことか。特に食の天国フランスから移住したもんだから・・・・その当時のスウェーデン人は、あまり食に重きを置いていなかったんですよね。皆、毎日 [続きを読む]
  • ヨーテボリ屋内市場
  • 1888年に建てられた屋内食料市場に、今回初めて訪れました。古い駅舎のような構造の建物が歴史を感じさせます。中は庶民的な店から、高級食材まで幅広い品揃え。このパン屋、内装やカゴがステキだったお菓子屋さんも、見てるだけで楽しくなるようなデコレーションがいいです。オリエンタルな食材もいっぱい。色んな種類、味付けのオリーブ。食べ比べてみた〜い★↓ランキングに参加してます。気にいって頂けたら よろしくお [続きを読む]
  • 年末だよ遊園地!
  • 有給はみっちり使ってしまったけれど、銭より休みだ!の私はクリスマス休暇を長々とりました。たっぷり二週間。ああ、一月の給料は寂しいゾ・・・そんな訳で、年末恒例でスウェーデン西海岸の別荘に行っていました。これまた恒例で30日に第二の都市ヨーテボリの遊園地へ。そうそう、遊園地に行く前にここ三年連続で通う美味しい寿司屋さんにも。今年は趣きを変えて、お膳風なもので美味しい天ぷらなども頂けました。嗚呼、年末の贅 [続きを読む]
  • イヴの夜は
  • クリスマスは親戚宅で数家族が集まっていつものスウェーデンらしさいっぱいのイヴを過ごしました。ストックホルムの高級住宅地にあるこちらの家、内装もクラッシックな内装で憧れだわ〜。フードジャーナリストの奥様&娘さんなので、もちろん食事はすべてお手製。バイキング形式なので、欲しくないものを食べなくて済むのは助かる(ジビエが苦手なワタシ)。こちらが特に美味しかった!ブラックキャベツと言うので何だろう?と思っ [続きを読む]
  • こんなクリスマスプレゼント!
  • みなさま 新年明けましておめでとうございます。今年もノロノロ進行のブログですが、どうぞよろしくお願いします〜〜KIKKI新年も迎えたのに、今頃クリスマスの話題を書くところが私のブログらしさと言えましょう(ヤケクソ?!?)。スウェーデンのクリスマスは24日の朝にプレゼントを渡します。生木のツリーの下には、家族それぞれが持ち寄った贈り物の包みがたんまり。なんと写真を撮り忘れた・・・で、上の娘からの私達夫 [続きを読む]
  • 微妙〜な布地屋
  • 郊外のスーパーに行く途中に、前々から気になっていた布地屋さんがありました。店内数百?とかデカデカと看板もあるし、いつか行かねばと思ってた所でたまたま同じ建物に用事があったので足を伸ばしてみました。確かに広い店内!おお、これはもしかすると期待できる?と・・・・・・・思ったのもつかの間。よく見ると、なんじゃこりゃーーーっ!!!の連発。あの〜、誰がどのような目的でこれらの布を買うのでしょうかとどめに見つ [続きを読む]
  • 子供心を傷つける・・・
  • お菓子やパン作りをすることが多くなる季節。外が寒いから、どうしてもインドア活動が活発になっちゃいますね。で、家族全員が大好きなルッセカット(サフランのパン)を子供達が作ってくれました。ここんところ、私が手伝わなくてもお姉ちゃんがイニシアティブをとって二人でお菓子やら作るので助かりますまあ、自分達が食べたいから必死ってのもあるんですけど(笑)。サフランの香り漂うパン作り、もうクリスマスの時期だなあと [続きを読む]
  • NKのクリスマス・ウィンドー
  • ストックホルムのクリスマスの定番と言えばこちら。NKデパートのウィンドーディスプレイがクリスマス仕様になっています。毎年、趣向を凝らした機械仕掛けのディスプレイに、子供だけじゃなく大人も足を止めて見入っているのが印象的。今年は幻想的で、子供が喜びそうな可愛らしいイメージのもの。★↓ランキングに参加してます。ブログ、気にいって頂けたら よろしくお願いしま〜す★にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ちょっと異色のクリスマス・ビュッフェ
  • このクリスマスに向けての時期、街中の多くのレストランではクリスマスビュッフェが催されています。個人で行くのは勿論、まるで日本の忘年会みたいに職場の人と行く事も多いもの。これまではスウェーデンの伝統クリスマス料理のビュッフェがほとんどだったけれど、ここ数年は趣向の変わったビュッフェも増えてきてるのはきっと皆、変わり映えのしない伝統料理に飽き飽きしているからかも。スウェーデンではポスク(イースター)も [続きを読む]
  • クリスマスへの序曲
  • 先日の日曜日、最初のアドベントでした。イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことで、日本では待降節(たいこうせつ)と呼ぶようですね。クリスマスの日までの四回の日曜日に、ろうそくを一本づつ灯してお祝いするのです。去年まではアドベントカレンダーなるもので、24日間毎日プレゼント(全然高価でないものがほとんど。飴一個とか☆)を貰っていたミンミン。もう8歳になるし(お姉ちゃんは7歳で卒業)、今年からはアドベン [続きを読む]
  • まだハリーポッター狂
  • ハリーポッターの映画が公開されたのは、もう15年も前!もうそんなに経つんですねえ。でも我が家では、未だにハリーポッターはブームが続いてます。ミンミンは本を読んでる最中だから特になんだけれど、映画のDVDを何度も繰り返し観てるんですよ。で、今回は新刊「ハリーポッター 呪いの子供」のスウェーデン語版が発売されて、その記念ポップアップショップが中央駅にあるよ!と友達が教えてくれました。小さいから期待しない方が [続きを読む]
  • お気に入りはウルリークスダール
  • 我が家から車で10分ほどの所に、ウルリークスダール宮殿があります。17世紀に作られた王族のお屋敷で、周りは自然豊かな公園が広がっていてお散歩やピクニックにぴったりの場所。ここにあるウルリークスダール庭園は、今は園芸店とカフェ・レストランを併せ持つちょっと洒落た憩いの場所になっています。この日は秋晴れ、ダンナとミンミンと久しぶりに訪問しました。私の目的は”Självplock ”(自分で採取)。野菜や花を自分 [続きを読む]
  • 長々と使う
  • 気が付くと、長い間使っているものがある。20年前のセーター、コートなどなど未だに着れるのも流行を追わずにベーシックなものを選んだおかげ。先日、2006年から続くこのブログを消えないうちに残しておこうと思い立ち、本を製本してもらいました。まったく自分の記念の為なのと、膨大な量なのでまだ一部のみを。上の子がまだ小さく、丁度大阪に引っ越して行った時からのもので読んでいると懐かしくって、懐かしくって。日記はだい [続きを読む]
  • 意外や意外
  • いや〜〜意表を突かれましたね、今年のノーベル文学賞。各国各地で賛否両論。そりゃそーだわ。ボブ・ディランが好きな私でも、それってちょっと・・・な気分ですもん。歌詞を文学と見なすのなら、これから選考範囲がものすごく広がるって事?音楽の歌詞って普通翻訳される事が少ないだろうから、どうしても英語の歌詞が優位なんじゃないか?とか思っちゃう。で、町中の古本屋で見つけたディラン本。今年は世界中の本屋は、儲ける当 [続きを読む]