kimachan さん プロフィール

  •  
kimachanさん: 短編小説 個人的発表会
ハンドル名kimachan さん
ブログタイトル短編小説 個人的発表会
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/atsunk+kimakimachan/
サイト紹介文短編小説新人賞受賞のその後さっぱりですが、自分の作品を投稿するブログをつくってみました。
自由文以前、集A社短編小説新人賞で佳作入選し、「未来のスター作家めざしてがんばってください」とお褒めの言葉をいただきましたが、その後投稿はほとんどしていません。
みなさまのご感想、厳しいご意見などいただけたらとてもうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/02/02 13:55

kimachan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • [ひとこと]影響を与えてくれた人
  • 自分の作風に影響を与えた人とか、心酔する人など、物を生み出す上でみなさんある程度ベースになる人がいると思うのですが、逆にほとんど誰の影響も受けず、まっさらでクリエイティブたり得るものでしょうか?清少納言とか、ウォルト・ディズニーとか、手塚治虫とか、ジャンルも時代もバラバラですが、その道の開拓者のような人はどうやってその時々のインスピレーションを感じ、これまでにないものを創作につなげたのだろう?小説 [続きを読む]
  • [ひとこと]コバルトの休刊に時代を感じて
  • 集A社のコバルトが、5月号を最後に休刊し、今後は無料ウェブマガジンに完全移行するとありました。氷室冴子さんや唯川恵さん、藤本ひとみさんらが活躍し9万部を発行していた全盛期の頃、私は同誌の短編小説新人賞の佳作に入選したのですが、現在は1万数千部まで部数が低迷していたとのことです。悲しいような、でも時代の流れのような‥記事に、コバルトが少女漫画のような少女小説のジャンルを確立したとありましたが、私も掲載 [続きを読む]
  • [ひとこと]読解力の欠如
  • 花粉症&求職中のため、インドア生活が続いています。昨日はCSで「ゴッドファーザー」3部作をところどころ気を抜きながら観ていたのですが、登場人物が多く相関関係が掴みきれない、イタリア系の名前に慣れていない、老人の顔の区別があまりつかない、時代が遡ったり現在に戻ったりを繰り返すところがあって混乱などと、製作者泣かせの視聴者なのでした。思えば、学生のときのテストで、「作者の意図は4つのうちどれか」などとい [続きを読む]
  • [ひとこと]久しぶりに応募してみました
  • 先日、ほんとに何年振りか短編を書いてみました。Kブックスという出版社のショートショート大賞に、原稿用紙2枚程度を20分ほどで仕上げ、応募してみたのです。私のように、構成もあまりろくに考えず思いつくまま書くタイプは、長い小説ではボロが出るので、せいぜい30枚以下が限界のような気がします。発表は6月で受賞は4作品、ほとんど期待はしていないのですが、今は電子ファイルで応募できるなんて便利になったものですよね。 [続きを読む]
  • [ひとこと]尊敬する人
  • 高校生のときに書いた小説が集A社の短編小説新人賞の佳作に選ばれ、編集者から受賞のコメントを電話で求められたとき、「尊敬する作家は」「尊敬するマンガ家は」という質問に対し、私は「三浦綾子さん」「くらもちふさこさんと池田理代子さん」と答えました。今は亡き三浦綾子さんですが、6年ほど前に旭川の記念館に行くことができ、くらもちふさこさんとは20年ほど前、ファンイベントで隣の席に座りお話しすることができ、一生 [続きを読む]
  • 過去の記事 …