swamp さん プロフィール

  •  
swampさん: RASBORARAS
ハンドル名swamp さん
ブログタイトルRASBORARAS
ブログURLhttp://lapwing.exblog.jp/
サイト紹介文コイ科、コリドラスなど小型熱帯魚の話題が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/02/02 17:10

swamp さんのブログ記事

  • 7月の定期撮影、そして・・・
  •  7月1日の60cm水槽。写真だとよくわかりませんが、右側のクリプトコリネの多くが溶け出しています。毎年夏になると溶ける傾向にありますが、秋、水温が落ち着く頃にはまた回復します。 さほど水温が上昇していないのに溶けるのは少し不安はありますが・・・・ 本日P.ゲリウスのこどもを親魚たちのいる75cmLow水槽に合流させました。一見親魚と変わりないようですが・・・・... [続きを読む]
  • ボララス3種の近況
  • ウロフタルモイデスBoraras urophthalmoidesのオスには以前もっと赤味の強いコがいたんですが、最近は見られなくなりました。春先に水槽内で生まれた”ミクロス・レッド”Boraras naevusは10匹前後生長しました。まだ若いせいかも知れませんが、発色がイマイチ。ヒレと尾柄に朱色がのる程度です。 繁殖を狙っていたブリジッタエBoraras brigit... [続きを読む]
  • 水草バックスクリーン
  •  ミクロソルムなどを背面にレイアウトして、バックスクリーンにしてみたいと思ったことはありませんか。そんなとき100均の猫除けシートを利用するとリーズナブルです。 猫除けシートには様々な形状がありますが、写真のような円が並んだ形状が良いかと思います。先ず水槽の深さに合わせてシートをカット。(必要なければこの工程はパス) 棘の無い面から水草を挿し込んでいきます。... [続きを読む]
  • クリプトコリネの移植
  •  60cm水槽の右前景に進出した。Cr.モエルマニィを撤去、これでボララスたちが観易くなるのではないかと期待しましたが、今のところあまり前に出てきてくれません。でも前景草Cr.ルーケンス(?)は生長の促進が期待できるのではないかと。  撤去したモエルマニィは45cmH水槽に移植しました。上手く育つか、それとも溶けるか・・・・●45cmH水槽濾過:エアーリフトによる底面濾過底床:... [続きを読む]
  • 引っ越し完了
  •  90cm水槽からの小型コイ科を全て75cmLow水槽に移動(一部45cmH水槽、30cmSlim水槽)完了しました。これでインディアン・グラス・ハチェットバルブ  1スポッテッド・ダニオ  1レッドライン・ラスボラ  3ラスボラ”アギリス”   5”プンティウス・ペンタゾナ・ジョホレンシス” 5ペティア・ゲリウス  3ちびコリ・・・・ 殆ど前に出て来ない! そして、ほぼほぼコリド... [続きを読む]
  • ”ミクロス・レッド”(B.naevus)爆殖中?
  •   60cm水槽の5月の定期撮影。B.”ミクロス・レッド”が自然繁殖しているため、流木を移動しながらの底床掃除、水草のトリミングなどはしていません。生長の早い水草が無いことも幸いしていますが、先月と殆ど変わり映えのしない水景となっています。 B.”ミクロス・レッド”稚魚について、殆ど放置状態でいつの間にかブラインを摂取可能の大きさになっていて、親魚や*同居魚も稚魚には全く無関心という状況... [続きを読む]
  • 75cmLow水槽 手直し
  •  先週立ちあげた75cmLow水槽を早くも手直し。先日45cm水槽も底面濾過にリニューアルしたんですが、砂利の厚みが足りなかったので、粒子が底面向きと思われるこの水槽の砂利をそちらに移動したのです。 新たに入替えた砂利は粒子が細かく、こちらはどちらかといえばコリドラス向き。 鬱蒼としたイメージですが、これは背面にミクロソルム・ナローを突き刺した”猫除けシート”が立て掛けてあるのです。 ボル... [続きを読む]
  • Desmopuntius hexazona
  • プンティウス・ペンタゾナ・ジョホレンシス・・・・正式な学名のように思われがちですが、最新の分類ではプンティウス属も細分化され、何やら面倒くさくなっております。 [続きを読む]
  • 75cm-Low水槽立ちあげ
  •  水槽、器具類全て手持ちのもので組んでみました。濾過:EHIEM2010照明:蛍光灯20w*2(今後直管式LEDに交換?)底床:砂利(礫L+ブラックホール)今後増量?水草:ミクロソルム・ソードリーフ、ミクロソルム・ナローなど、すべて流木などに活着   (90cm水槽からの移動) [続きを読む]
  • ボララス”ミクロス・レッド”オスの体色変化
  •  ボララス”ミクロス・レッド”(Boraras naevus)のオスがメスを追尾する時に見せる体色の変化です。一見赤みが消えて地味な色彩に見えますが、流木の陰など暗い場所に入ると、大きな黒斑の周囲、尾柄(尾ヒレの付根)黒目の周囲(虹彩?)が銀色に光輝いて見えます。 この体色変化は瞬間的で、メスから離れるとまた通常の色彩に戻ってしまいます。 [続きを読む]
  • 3匹のちびコリ、新天地へ
  •  生後ほぼ100日を迎えたコリドラス・パンダ3匹を大森のカフェ柴猫軒に届けて来ました。リリースされると早速水槽内を活発に探索していたので一先ず安心。彼らは新天地の環境を喜んでいてくれたでしょうか。 ちびコリたちを水槽にリリースすると今まで育成ケースで見ていた彼らの印象より小さかった・・・・なんてこともよくありますが、決して小さ過ぎないサイズでした。彼らが来店された方々を和ませてくれることを願... [続きを読む]
  • 1年経過しました。
  •  ピーコック・ガジョンが27日の日曜日でちょうど生後1年経過。やっと何とか一人前(一魚前?)になりました。だいぶ数は減ってしまいましたが、現在8匹まで確認できます。写真はオスで、確実に確認できたオスはこのコだけです。オスは卵が孵化するまで殆ど何も食べず守るため、繁殖可能なメスが複数いる水槽では衰弱死すことも少なくないのです。 [続きを読む]