SAM さん プロフィール

  •  
SAMさん: 風と旅人(千日絵包)
ハンドル名SAM さん
ブログタイトル風と旅人(千日絵包)
ブログURLhttp://sketchnote.exblog.jp/
サイト紹介文4年かけてヨットでの世界一周を達成。現在、千日絵包(1000日間絵を描き続ける)を実施中
自由文定年を迎え、興味のあった水彩画を始めた。最初の数年は美術書の模写で勉強する。その後半年ほど美術スクールで基礎を教えてもらう。友人二人とヨットで5年かけて、世界一周をし、2012月12月に無事達成しました。き先々の思い出を何かの形で残そうと水彩画にしたためている。また、帰国後はかつての思い出や日本の良い風景を描いている。一日一画を千日続ける予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/02/02 22:50

SAM さんのブログ記事

  • 浄瑠璃寺の春
  • 絵画クラブの友人たちに誘われて、浄瑠璃寺に写生に出かける。黄色の菖蒲(?)を目立たすのに苦労する。背景が暗いところに配置すべきであった。浄瑠璃寺は何回も来ているが、境内で写生ができるとは思ってもいなかった。境内での飲食は禁止ですが、なかなか書きごたえがあるお寺です。 [続きを読む]
  • 奈良・西の京の桜
  • 奈良・西の京にある医療センター内にはたくさんの桜が咲き誇っていた。                                                               [続きを読む]
  • 奈良公園の桜
  • なら公園の桜が満開でした。風が吹くと桜吹雪が見事でした。(下図:制作途中での先生の指摘)1。桜並木の下辺がはっきりしすぎて、上下にえが分断される → 両端をなじませ一体感を出す。2。手前の二本の桜の幹は色目を変えること(絵の基本だそうです) → 右を薄くした。3。同じく日本の木の根っこが歪(スコップ見たい) → 修正(完全には修正できず)4。左の桜が中心なのでもっと太く、堂々と... [続きを読む]
  • 盛秋(F40: 京都水彩店出展)
  • 第34回公募 京都水彩展に出展しています。時間があれば覗いてください。場所:京都市美術館日時:3月21日(火)〜3月26日(日)  9時〜17時作品名:盛秋出展作品の講評を受けて修正をする1)下辺(階段あたり)を暗くすべし。一般的に下辺が明るいと上部の重さを支えられず、不安定になる。2)玄関付近の黄色い樹木が単調すぎる。(下図:出展作品) [続きを読む]
  • 奈良公園(円窓亭と梅)
  • さらに、建物の屋根の色と背景の樹木の色が薄すぎるとの指摘で、修正してみる。下のアドバイスを受けて完成させる(参考:途中経過)先生のアドバイス1)左の自然石と橋の欄干の色味を変えるべし。 → 茶系統を入れる2)左の林に赤みを入れる(右の桃色とバランスをとるため) → 赤みを入れる3)橋の手すりはあまり強く入れないこと → 軽く手すりを入れるその他、梅を完成させる [続きを読む]
  • 石膏デッサン(ヒギエタ:9時間)
  • さらに、建物の屋根の色と背景の樹木の色が薄すぎるとの指摘で、修正してみる。下のアドバイスを受けて完成させる(参考:途中経過)先生のアドバイス1)左の自然石と橋の欄干の色味を変えるべし。 → 茶系統を入れる2)左の林に赤みを入れる(右の桃色とバランスをとるため) → 赤みを入れる3)橋の手すりはあまり強く入れないこと → 軽く手すりを入れるその他、梅を完成させる [続きを読む]
  • 人物(女性)
  • 久しぶりの人物画です。2回目のアドバイスを実行する。多少良くなったか!先生のアドバイス。1)構図の問題;ほんの少し、右に寄せた方が良い2)足が向こうに流れているように見えない。短足に見える。   → スカートの裾からストッキングにかけて、明確に描かないこと(鈍く描くと向こうに流れてくれる)3)腹部が立ち上がっている  → 反射の白い色は奥の方は鈍く描くこと  → 白以... [続きを読む]
  • 静物(花々)
  • 講評:1、ツボの途中で切るのは、構図上よくないと教科書にあるが、敢えて切ってみたところ、先生は違和感はないとのコメント。2、下の三分の一の空間が余ってしまい、テーブルクロスをあえて描き込んだところ、必要ないとのコメント。空間のままの方が良い。背景として処理するようコメント。 → 少しの濃いめの背景に変更。3、紅梅の枝ぶりに動きがない。 → 右上に向かう枝を強調する。 [続きを読む]