maruoshigeo さん プロフィール

  •  
maruoshigeoさん: 徘徊カメラ
ハンドル名maruoshigeo さん
ブログタイトル徘徊カメラ
ブログURLhttp://mokuu.cc/blog/
サイト紹介文耄碌じじいが気楽な気持ちで、何気ないものを、ちょっと写真に撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2010/02/03 05:45

maruoshigeo さんのブログ記事

  • 忘れていた写真
  • 【 色あせた 写真のなかは 昨日のごとく 】鹿児島県内之浦 Leica M5 × Summaron 28mm F5.6 / ILFORD 100 DELTA昨日の?徘徊カメラ?で鹿児島の内之浦で撮った写真を見てもらった。あの写真は1998年に撮ったもので、20年ほどの時が経過している。Y君との鹿児島撮影の旅は、一泊二日であった。そのときのネガを見てみると二日で6本撮影をしている。これはフィルム時代の私にとってごく平均的な撮影ペースだ。カメラはLeica M5二台に [続きを読む]
  • 風よ吹け
  • 【 夏が来て 短いスカート 風よ吹け 】※この句は、私の好きな映画『大阪物語』(監督:市川準/1999年)で沢田研二さん演じる霜月隆介の暑中見舞いに添えられていた一句。大いに気に入っているので拝借。歩くには暑い季節だ。私には、この季節、日除けに帽子は必需品。日陰を歩くときは帽子を脱ぎ、髪の毛を風になびかせる・・・と言いたいところだけれど、無い袖は触れないではなくて、「無い髪は風になびかない」である。風は写真 [続きを読む]
  • ランドセル
  • 【 暑い日は、冷たく甘いもので生きた心地 】福岡市中央区天神 Sony A9 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.今の時代、ランドセルも色とりどり。水色やピンクも珍しくない。いわゆるお嬢様、お坊っちゃまの通う学校なのか、地味に茶色のランドセル。想像するに、学校の指定なのだろう。私のランドセルは茶色だった。とは言っても、?名門?とは無縁で、近所のクソガキが全員通う公立の小学校だけど。にほんブログ村 [続きを読む]
  • またまた、蚊取り線香
  • 【 ねこに気を使いながらつける蚊取り線香 】広島市西区己斐 LEICA M9 × Biogon 35mm F2 ZM夏と言えば?蚊取り線香?。?蚊取り線香?と言えば、『金鳥の夏、日本の夏。』で、やはり金鳥かな。何でも蚊取り線香を最初に発売した会社らしく、当初、棒状だった線香を、今日のように渦巻き型にしたのも金鳥らしい。蚊取り線香は?アース製薬??フマキラー?などからも発売されているが、はやりトップ企業は?金鳥?なのだろう。しか [続きを読む]
  • また、蚊取り線香
  • 【 蚊取り線香の緑色は着色料の色だった 】大分県日田市 Sony A77 × DT 16-50mm F2.8 SSM蚊取り線香は無くなりそうだったので、買い物のついでに買うことにした。棚にはいろんな種類の蚊取り線香が並んでいた。こうなると、優柔不断さが頭をもたげて、あれこれ迷う。仕方がないので、一つ一つ効能等を読んでみた。決め手は・・『本品は植物成分だけで作られており、着色料、香料は使用しておりません』の一文。持ち帰って、中身を [続きを読む]
  • 蚊取り線香
  • 【 無煙無臭 電気香取の味気なさ 】福岡県糟屋郡新宮町 LEICA M8.2 × Summicron 50mm F2昨夜は蚊に襲われて、夜中に蚊取り線香に火をつけた。電気蚊取ではなくて、煙の出る渦巻き線香だ。線香の匂いは嫌いではない。子供のとき、祖母がいつも仏壇に線香をあげていたので、線香の匂は慣れっこになった。まだ、勤めをもっていた頃、夕方になると家の玄関口に火のついた蚊取り線香が置かれていた。出入りする者が、蚊を家の中に連れ [続きを読む]
  • 宇宙人
  • 【 宇宙人が手を振っていた 】大分県玖珠郡玖珠町 LEICA M9-P × SUMMARIT-M 50mm F2.5道具や機械類が取り払われて、がらんどうになった空間。そんな秘密基地のようなところに入り込んだ。機械に電気を供給していたのか、切り取られた電線がくねくね。三つの穴に、曲がった電線。それらを見ていて、「宇宙人」が私に向かって手を振っているように見えた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ねこと暮らす 8
  • 茶太郎 Sony A9 × Sonnar FE 55mm F1.8 ZAテーブルの上で腹ばいになって何かをじっと見ている。目の先はガラス窓を隔てて庭。蝶でもひらひら舞っているのだろうか。私は床に寝転がり、下から銀次郎を見上げていた。このところ、我が家のねこを被写体にすることが多くなった。つまり、ねこと一緒にボーッと過ごす日が多くなったということ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • のんびりと過ぎる時間
  • 熊本県阿蘇郡高森町 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6牛がのんびりと草を食んでいた。「日暮れまでに帰れば良い。急ぐことは無い。」と、帰りを急ぐふうでもなく、ただただのんびりと。それでも、見ていると少しずつ少しずつ前に進んでいる。これぞまさに牛歩。人間ように?戦術?などと姑息なことではない。牛の動作を見ていると、周りの音は消えて、音の無い世界に居るようだ。音の無い世界では、のんびりと時が過ぎるのだろう [続きを読む]
  • 老いてはカメラに従え
  • 熊本県阿蘇市波野 Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.歳とともに目は衰え、頭の回転も鈍ってきている.。そんな老いぼれでも写真は撮れている・・つもり。今の時代、カメラはどんどん便利になり、露出もピントもカメラ任せで撮れる。しかし、カメラ任せだと、「私が撮った」という実感が伴わない。なんて偉そうなことは考えないで、?老いてはカメラに従え?だ。が、たまにはちょっと頑張って、マニュアルフォーカスのレン [続きを読む]
  • 歩いたら写真も撮れるで・・・
  • 熊本県阿蘇郡高森町 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6街頭で何かを配布していた。しかし私にはくれなかった。どうやらフィッオネスクラブの宣伝チラシであった。配布している人が「爺さんには無用」と判断したのだろう。このところ、運動不足を自覚しているので、フィットネスクラブで汗を流すのも良いかもしれない。しかし、「金払うてまで、運動せなあかんのかいな・・・」と、大阪人根性が問いかけてくる。「歩けばエエやんか [続きを読む]
  • 雲まかせ
  • 熊本県阿蘇郡産山村 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6写真を撮るとき、?雲?の扱いに苦労する。いや、どだい雲を扱おうなんてことは出来ない相談。雲は私のような凡夫の思惑など無視するかのように気ままに漂う。こちらは、頃合いを見計らってシャッターを押すだけ。雲任せである。雲が邪魔をして思い通りの写真が撮れないことは常である。稀なことだけれど、雲に助けられることもある。青空を背景に一片の白い雲があるだけで、 [続きを読む]
  • 牛と兎の黒い目
  • 熊本県阿蘇郡産山村 SA7SM2×ASNM50F2A牛の目が好きだと言う人がいた。黒々とした丸い目。なんとなく分かるような気がする。でも、牛の目を怖いと言う人もいた。奥の見えない深い穴ぐらのような黒い目。不気味な気もする。そんな牛の目に似た目をウサギも持っている。牛の目や、ウサギの目は無表情で、どことなく物悲しいさを湛えているように私には見える。にほんブログ村 [続きを読む]
  • どこ吹く風
  • 熊本県阿蘇郡産山村 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6草むらに牛発見と思ったら、なんと、作り物だった。作り物との遭遇は本物以上に興奮する。どうも牛に弱い。惹きつけられてしまう。「どこ吹く風」と鷹揚な態度が良い。見習いたいけれど、私には無理。なんとも牛が羨ましい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 風は気まぐれ
  • 大分県竹田市 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6本物より作りものの方に深く興味を惹かれることがある。随分と昔のことだが、作りもののある景色を写真に撮ることを考えたことがある。?模景?とタイトルまで決めていたが実現しなかった。カラスなどの鳥害避けなのだろう、鷹が舞っていた。紐で繋がれた作りもので、風が吹くと鷹は勢い良く舞い上がり、風がなくなるとだらしなく垂れ下がる。その動きを見極めながらチャンスを待つ [続きを読む]
  • 郷土の地形
  • 熊本県阿蘇郡高森町吉見 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6廃校になり手入れが行き届かなくなった学校。枯葉の積もった校舎の裏の方を歩いていてこの壁を見つけた。そこには有明海、金峰山、熊本市、白川、小山(?)、そして阿蘇山と、熊本県の地形が塀に描かれていた。山間の小学校。おそらく過疎で子供の数も減り廃校に至ったのだろう。しかし、この絵が描かれたころは、校庭をたくさんの子供たちが走り回っていたことだろう。 [続きを読む]
  • 白墨
  • 熊本県阿蘇郡高森町吉見 Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.木の床に散らばったチョーク。廃校になった古い校舎の教室。チュークと言うより?白墨?と言った方が似合う。手作りの木箱から短くなった白墨がたくさん転がり出て散らばっていた。この一本一本が最後にどんな文字を黒板に記したのか・・そんな他愛もないことに思いを馳せながた構図を決めた。私も教室に向かう時に持って行った鞄の中にチョーク箱を入れていた。 [続きを読む]
  • 苦虫ベートーヴェン
  • 熊本県阿蘇郡高森町吉見 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6この写真を見て、おそらく多くの人が?音楽室?だとすぐに分かる。いまの音楽室にも、大作曲家といわれる人たちの肖像画が飾られているかどうかはわからないが、少なくとも私くらいの年代の人間には見慣れた肖像画だ。小学校のときの音楽の授業のことはあまり記憶にない。唱歌とリコーダーの演奏のテストがあったのは覚えている。唱歌のテストで?浜辺の歌?を歌ったとき [続きを読む]
  • 閉じもめられた夏
  • 熊本県阿蘇郡高森町吉見 / Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.廃校になって久しい、小学校の教室。そこに置き去られたガラス瓶。山間の小学生に海の生物を見せるための標本だったのか、中にはヒトデが。ヒトデ=海=夏。そんな勝手な連想をしたとき、瓶の中には夏が封じ込められていたかのように思えた。封じ込められた夏も、過ぎ去った時とともにすっかり霧散してしまい、瓶のなかにあるものは夏の骸。にほんブログ村 [続きを読む]
  • カレンダー
  • 熊本県阿蘇郡高森町吉見 / Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.私の部屋にあるカレンダーは未だに四月。事情があってのことではない。ただ、月が改まってもめくるのが面倒なだけ。職を離れ、社会との関わりが希薄になると、今日は何月何日、何曜日か知らなくてもさほど支障はない。故にカレンダーもめくる必要がないだけのこと。廃校になった小学校の教室に残されたカレンダー。11月のまま。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ?寄り道?や?回り道?
  • 福岡市東区 LEICA M8.2 × Biogon ZM 35mm F2 ZMできるだけ歩くようにしている。その理由は・・・若いときには写真を撮るため。いまは運動不足解消。身体が老いていくことは避けられないが、ここにきてちょっと悪あがきをしていることもある。万歩計を持ち歩くようになった。目標歩数の一万歩だが、写真を撮りに動き回ることも以前に比べると少なくなったので、目標をクリアするのは難しくなっている。散歩に出たら?回り道?や? [続きを読む]
  • 気付けば牛
  • のんびりと牛が牛舎の方に移動。そろそろ一日も終わろうとしている。熊本県阿蘇市 Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.自分が写真に撮るものや、人の写真を見て「良いな・・」と思うものに牛が写っていることが多い。自分が牛好きだと殊更自覚しているわけではない。何故、牛なのか分からない。のんびりとしているその姿に憧れるのか?それもどうだか分からない。牛といえば?天神様?。私の生まれたのは大阪。その大阪の? [続きを読む]
  • もわれ
  • 熊本県阿蘇郡高森町吉見 Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.廃校になった小学校の教室。窓に下がった白いカーテン。そこに枯れたつる草が。子供が居なくなってから、何度目の夏休みを迎えるのだろうか。壁には廃校になった当時のカレンダーが。なかなか上出来の木版画でキジが描かれており、11月、 キジ、 ジュンペイ ミサキ のクレジットが入っていた。表紙を目繰り返せば、制作年が分かるのだろうけど、敢えてそれはし [続きを読む]
  • モンドセレクションと世界遺産
  • 世の中には訳のわからないことや、ものが沢山ある。その一つが?モンドセレクション?というやつ。最高金賞だとか、金賞とか言われても、何が何だか分からない。ただ、「金賞受賞」を謳い文句に宣伝し、売上を伸ばそうとする下心は見え見え。それともう一つ。?世界遺産?。国連機関のユネスコが取り仕切っているのだが、国の政治力や、国と国との力関係があったりして、政治利用されている節もある。いま、福岡県の宗像・沖ノ島で [続きを読む]
  • 日傘?
  • 福岡県筑紫野市 Canon 5D MK2 × EF 28mm F1.8暑い。歩けど歩けど、レンズを向けるものに出会えない。でも、歩く。歩かないと何も起こらない。目の前を背中の曲がった老人が歩いていた。傘をさしている。天気の良い日の傘となると、日差しを避けるための日傘ということになる。しかし、その老人の傘は透明のビニール傘。日差しは避けられそうにない。ま、どうでも良いか。透明ビニール傘でも気分は日傘なのだろう。にほんブログ村 [続きを読む]