おの さん プロフィール

  •  
おのさん: Table Games in the World
ハンドル名おの さん
ブログタイトルTable Games in the World
ブログURLhttp://www.tgiw.info/
サイト紹介文ドイツゲーム、ヨーロッパゲームを中心に世界のボードゲーム紹介。
自由文国内外のボードゲームニュース、国内であまりされていないボードゲームのレビュー、日本語ルール、カタン・カルカソンヌ・ボーナンザなどのゲーム特集、投票・アンケートなどがあります。ボードゲーム愛好者の方も、ちょっと興味があるという方もどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供509回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2010/02/03 14:25

おの さんのブログ記事

  • スイスゲーマーズ賞2016に『大鎌戦役』
  • スイスのボードゲーム普及団体「ルデスコ」は、3月10〜12日に行われるボードゲーム祭に合わせて、スイスゲーマーズ賞(Swiss Gamers Award)2016を発表した。スイス国内のボードゲームサークル18団体による人気投票で、『大鎌戦役(Scythe)』が1位に選ばれた。スイスゲーム賞(Schweizer Spielepreis)に代わって始まったゲーム賞の7年目。サークル単位でベスト5を年末に挙げ、上から8,5,3,2,1点として集計して翌年に発表する仕組 [続きを読む]
  • フランス年間ゲーム大賞2017に『アンロック!』
  • フランス年間ゲーム大賞選考委員会は23日、カンヌ国際ゲーム祭の前夜祭にて、今年のフランス年間ゲーム大賞(As d'Or Jeu de l'année)を発表した。大賞には謎解きゲーム『アンロック!』が選ばれたほか、キッズゲーム部門に『ゴー・カッコー』、エキスパートゲーム部門に『大鎌戦役』が選ばれた。賞は昨年に引き続き一般、キッズ、エキスパートの3部門に分割され、各3〜4タイトルのノミネートの中から1タイトルずつ大賞が選ばれ [続きを読む]
  • 『電力会社カードゲーム』日本語版、3月25日発売
  • アークライトは3月25日、名作のカードゲーム版『電力会社カードゲーム(Funkenschlag: Das Kartenspiel)』日本語版を発売する。デザイン・F.フリーゼ、2〜6人用、12歳以上、60分、2400円(税別)。オリジナルは2016年秋に2Fシュピーレ(ドイツ)から発売された作品。電力会社のCEO(最高経営責任者)となって、オークションで発電所を手に入れ、発電に必要な資源を購入し、発電によって収入を得るというボードゲーム版の流れはそ [続きを読む]
  • ドイツ年間ゲーム大賞、少年院でボードゲームを推進
  • ドイツ年間ゲーム大賞審査委員会は17日、来年の社会貢献プロジェクトとして、少年院でボードゲームの推進を行うことを発表した。ボードゲームを文化財として認知してもらうことを目標に、これまでも小児科病院などでボードゲームを展開してきたドイツ年間ゲーム大賞審査委員会。少年院ではボランティアで職業訓練や社会トレーニング、余暇の活動を援助している団体があり、その中に加わって入所者に定期的にボードゲームを遊んでも [続きを読む]
  • ホビージャパン、3月の輸入ゲームリストを発表
  • ホビージャパンは3月発売予定の輸入ゲームリスト3タイトルを発表した。今回は北米の出版社の作品。英語などの外国語版だが、日本語ルールが添付される。ニューヨーク・スライス・ピザ(New York Slice)デザイン・J.アラーズ、イラスト・S.グスタフソン&J.カウフマン、ベジエゲームズ(アメリカ)、2〜6人用、8歳以上、30分、4800円、3月中旬発売予定。名作『もっとホイップを』のアラーズの新作。今度はケーキではなく、ピザの [続きを読む]
  • ゲームマーケット、今秋から2日開催に
  • アークライトは、国内最大のアナログゲームイベント「ゲームマーケット」を2017秋から2日開催にすることを発表した。ゲームマーケット2017秋は12月2〜3日(土・日)に東京ビッグサイトにて開催される。昨年12月には12000人が参加したゲームマーケット。年々急速に規模を拡大する一方で、参加者からは「会場が広すぎて回りきれない」「全部のゲームを見ることができない」、出展者からは「もっと体験していただきたい」「もっと販売 [続きを読む]
  • ドイツ・メンサ賞2017に『コードネーム』『オルレアン』
  • IQテストで上位2%の成績優秀者のみが入会できる国際団体「メンサ」のドイツ支部は、8回目のドイツ・メンサ賞(MinD Spielepreis)を発表した。2つの部門で会員の投票の結果、「短時間ゲーム部門」に連想ゲームの『コードネーム』、「複合ゲーム部門」に中世の都市開発ゲーム『オルレアn』が選ばれた。数多くのボードゲーム賞と違い、対象を過去5年間の新作にしているところがこの賞の特徴。運だけのゲーム、知識だけを問うゲーム [続きを読む]
  • 日本ボードゲーム大賞2016:投票13日まで
  • 昨年12月から行われていた日本ボードゲーム大賞2016の投票が、今月13日(月)で〆切となる。まだ投票されていない方はお忘れなくどうぞ。ネット投票では、投票時にメールアドレスを入力し、自動返信されたメールが届く。ここに記載された確認アドレスを してはじめて有効となる仕組み。確認アドレスにアクセスせず投票が無効になっていないかチェックしよう。定かでない場合は再投票すれば、前の投票が有効でも再投票が優先 [続きを読む]
  • 第3回ゲームデザイン討論会、2月12日渋谷
  • 日本デジタルゲーム学会は2月12日(日)、朝日新聞社メディアラボ渋谷分室(渋谷駅徒歩9分)にて、ゲームデザイン討論会第3回公開ディスカッションを開催する。14:00〜16:00、入場料1000円、学生無料。ツイッター上で定期的に行われ、デジタルゲームとアナログゲームの共通点と差異を探っているゲームデザイン討論会の拡大版。今回のテーマは「アート&ゲーム:ゲームは"芸術"たりえるか!?」で、芸術という観点からゲームをど [続きを読む]
  • 朝日新聞beにアナログゲームコーナー
  • 朝日新聞の「be」土曜版(1月28日)から、「かしこく選ぶ 買物指南」としてアナログゲームの連載が始まった。担当はゲームマスターのあだちちひろさん。『ドブル』『ワードバスケット』などが紹介されている。第1回は「入り口を間違うと面白くないんです」として、あだちさんはまず、説明書を読むか、知っている人に説明してもらって、ゲームの概要をしっかり知ることを勧める。第2回は、あだちさんがアナログゲームにはまったきっ [続きを読む]
  • ニュルンベルク'17:ツォッホ
  • ★お尻にノミ(Floh am Po)デザイン・P.ヴィヒマン、イラスト・V.ボーデン、2〜4人用、4歳以上、15分。犬に乗ったノミたちは楽しそうです。快適で早い犬バス。ノミたちが毛皮に移ると、四足の仲間が通りを駆け抜ける。こうしてスピードは上がり、犬の飼い主たちは忠実な飼い犬の首輪と尻尾の間に乗客をくっつけてダイスで競争するのだ。滑稽で子どもでも遊べてとてもエキサイティングなカラーダイスゲーム。★タブラ・ラサ(Tabul [続きを読む]
  • 第5回ボードゲーム川柳大賞:結果発表!
  • 先月に募集しました第5回ボードゲーム川柳大賞の選考が終わりましたので、結果を発表いたします。今回は前回の1108首を超える1752首と、多数のご応募を頂きました。ありがとうございます。選考は酢豚さん(豚の鳴き声)、タナカマさん(テンデイズゲームズ)、ふうかさん(ふうかのボードゲーム日記)、メビウスママさん(メビウスゲームズ)、渡辺範明さん(ドロッセルマイヤーズ)、当サイト管理人おので行いました。各自、大賞 [続きを読む]